2017年03月27日

会社嫌い系のリタイア願望は、退職後の環境に要注意

昨日、町内会の新旧役員交代があり、私はめでたくお役御免を果たして夜は打ち上げ宴会を楽しんでまいりました。
そんな町内会宴会の席では、リタイア世代のご家庭が、いったいどんな気持ちで日々過ごしているのか?を知る上でチャンスなので、私は宴もたけなわになった頃、何人かのご婦人に雑談インタビューをしました。

その結果、予想外に・・・
「うちの夫は定年が無いから・・・」という人ばっかり。
「うちも!」「我が家もそうやで・・・」とか、リタイアメントの夫を抱えるご婦人が私の傍には居ませんでした。

なぜか・・・
皆、自分で事業しているご主人だということで、ご主人は定年退職することが無いようなのです。サラリーマンのご主人を持つ人はまだ若い現役世代のご家庭の奥様しかいません。
私がインタビューで狙った「リタイアメントの夫を持つ奥様」は、ついに昨日の宴会では発見できませんでした。

どうしてそのような方々ばかりだったのか・・・
「たまたまそうなった」にしてはおかしいので、そうなった理由を考えてみました。
きっと、リタイアメントのご主人を持つ奥様は、昨日の宴会に、来たくても来られなかったのではないか?
来られた人は、皆自由に自分の時間を使えるご婦人で、そのような時間の自由は、旦那様が退職しないで働いているから持つことができた、のではなかろうか?と仮説をたてました。

おそらく、ふつうの家庭では、お金がたくさんあるほど自由な時間も取りやすい、と思います。時間はお金で買うこともでき、例えば奥様が町内会の宴会で留守するから旦那様は外に飲みに行くとかです。そのためにはお金が必要です。

さらに、先日読んだ下記のネット記事内容も、上述の宴会に出て来られた家庭には“まだ縁の無い”ことだったからではないかとも思われます。
↓↓↓
夫が「会社より疲れる」と思う家庭の特徴5つ 記事へのリンク

私は思いますが・・・
自分が日頃イライラしてストレスを抱えていると、妻が自由に振る舞っているのも見逃せず、つい妻の行動を制限させるような言動を吐いてしまう。こういうことがあると思います。

しかし現役会社員や自分で事務所を構えて毎日そこへ出勤し、夫婦が「顔を合わせない時間が長い」場合は、まだこのイライラによるストレスが起きません。仮に土日などにそういうことが起きても短時間なので、心の疲れは軽微で済むでしょう。

それが旦那の退職と毎日家にいるリタイアメントライフ突入で、徐々に旦那も、上記リンク先記事にある「5つ」によって妻に疲れさせられるのでは?と想像できます。
その結果
「あたし今日の夜は町内会の宴会やから・・・」
「なんやとぉ・・・ほな俺の晩飯どうすんのや! 一人で勝手に食べとけって言うんか・・・」
みたいな悪い雰囲気が漂い始め、宴会出席を断念する奥様が、選択的に昨日は来なかったのではなかろうか。だから私の傍には気持ちに余裕があり、お金もあって時間の余裕ができやすい家庭の奥様だけが来ることができたのでは??

昨日は宴会も終わり、家に帰った私は、また一人で酒を飲みながら、そんなことを想像していました。

でも私の家庭はそうなっていない、と自負できます。
それは結果的にですが、私のリタイア後にも夫婦が一緒にいる時間が少ないようにできているからです。私のリタイアとほぼ同時期に、もう子供が独立した妻は自分の仕事に出だしたので、一日中夫婦一緒にいる日は限られました。
さらにここ2年ほどは私もNPOの活動や町内会の仕事で外出する日が増え、さらに夫婦一緒の日が減りました。

現実のところ、私の妻は上記リンク先記事にある「特徴5の 夫に依存してくる妻」に該当するのではないかと思われ、私も妻と一緒の日々ばかりだと、きっと「疲れる」ことは間違いありません。

また以前から妻は「亭主在宅症候群」に悩まされ続けていると訴えていますから、
両方の相乗効果で事態はまさに「最悪」になってしまうでしょう。だけど、リタイアメントであるけれど「合わない時間」によって救われていると言えると考えています。

このようなことを強く感じるので、「夫婦がなるべく一緒にいない工夫が必要だと」私は今後リタイアメントになる方々には、そう伝えたいです。

リタイア後の生活にはお金は必要だけど、お金の他にも忘れてはならないチェック項目があります。そのひとつは「環境」です。

環境にもいろいろ要素はあるけれど、上記リンク先記事の「5つ」に当てはまる家庭環境を持つ場合には、対策を考えた方がいいと思うし、もし何の対策を考えないままリタイアメント生活に突入したら「こんなハズではなかった・・・」になる可能性があります。

対策とは、お金で自由な時間を買って疲れを避ける方法や、私がそうなったようにお互い別々の仕事や活動をして「合わない時間を長く持つ」とか、リタイアするのを先送りして勤め続けるなどなど。

リタイア後にどんな暮らしぶりが予想され、
それを視野に入れたとき、
自分はどうなるのが一番良いかを考えておく。

これは重要なことだと、私は思います。

特に会社が嫌でリタイアメント生活に憧れを抱くときには真剣にこれを考える必要があります。私もそうでしたが、このような「会社嫌いな方々」は、リタイア後の暮らしに、まさに幻想の「薔薇色」を期待するからです。これキケンです。


Sponsored Link


posted by 大庭夏男 at 13:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

花粉症、だるい、痔、リタイアメント

このところ花粉が飛びまくっているのでしょうか、体がだるくてしょうがない。
以前は花粉症といえば鼻が詰まったり、目が痒くなるのがふつうだったけど、最近では自分の体が変化したのか、それとも新型花粉症なのか、鼻詰まりは軽くなったけど、体がおかしくなってしまう現象に変わりました。

どのようにおかしくなるかというと、
まず、朝から夜までだるくてしょうがない。
もうひとつの自覚症状は、胃腸の具合が悪くなり、痔になる一歩手前のようにお尻の出口のあたりが充血してしまう。それを放置すると本当に出血してしまうから、ボラギノール塗ったりしていますが、なかなか治りません。昨年もそうだったし、一昨年も春になって天気予報で花粉注意報始まるといつも痔を心配しなければならなくなってしまいました。

花粉症の季節に痔だなんて、なんの因果関係があるのか私には分かりませんが、経験則としては確かに花粉と痔は最近連動しています。試しにネットをググってみると確かに同じこと訴えている人が発見できました。

痔はボラギノールで進行を防げるけど、体のだるさはなんとも収まりません。
他の季節は週に1日ぐらいは体が軽々している日があるものですが、花粉の季節は息切れするように、ゆるい坂を犬に散歩させられて付き合って歩くのにも息切れするようになりました。ビタミンドリンク飲んでも効きません。コーヒー飲んでも飲んでもシャキッとしません。夜は12時まで起きていられないほどダル眠くなるし、朝はスマホの目覚ましを5回スヌーズさせてもまだ眠気がとれません。

そういえば「春眠暁を覚えず」というのがありますけど、昔っから春は花粉症で?朝の眠気がひどくなるということを表しているのでしょうか。

ブログを書いていても、書いた傍から「こんなのダメやんか・・・」になってしまい、何回も書き直しては、また書き直し、アップしてもまだ気に入らない、頭が鈍くてへんな文章しか書けないほどだるいので、今日は思ったことを書き並べるだけの純粋日記にしました。
こんなふうに頭から出てくることを書いていくだけなら書けます。
だけど、筋を通してとか、役立ちそうなことを書こうとしてもうまく考えがまとまりません。

こんな具合ではパソコンの前に座っていても時間ばかり過ぎていくし、何か体を動かしたらいいのではなかろうか?と、パソコン机用の椅子を手直しすることをやりました。体を動かせば少しはスッキリするかと思い・・・

私のパソコン机は、以前に記事に書きましたように、使い古しのタンスを改造して机風の台にしたものです。縦長のタンスを横に倒して引き出しを全部取っ払って・・・みたいに自分で改造して0円で作ったものです。しかし完成した改造机は高さがけっこう高いです。

椅子は捨てるつもりだった古いダイニングテーブル用の椅子をそのまんま使っていましたが、椅子は低く、机は高いので、今までは子どもが大人用の机にしがみつくみたいな恰好になってしまい、具合悪かったので、椅子の足の下にかませ物を入れて8センチ高さを上げる日曜大工をさっきまでやっていました。

材料は近くの建設屋さんに「ご自由にどうぞ」の貼り紙がある箱の中の材木の切れ端です。
これを以前いただいてきて、ストックしてあったものにノコギリを入れて切り、椅子の足の下にネジで取り付けて、ただそれだけの日曜大工でした。

使ってみたら、椅子を8センチ高くしたおかげで、足のかかとが床に着かないようになって座り心地が悪くなりました。しかたなく足置きのための横の棒を追加で取り付けて・・・不細工な恰好の改造椅子になったけど、机との高さ関係はちょうど良くなりました。

それで机と椅子の試運転で、今日はこんな純粋日記を書いてアップしました。

ずぼらな日曜大工をやって、少しは体を動かしたから、少しは気分爽快になっても良さそうなのに、やっぱり今日もだるさは消えません。
2月の寒さとどんより曇った冬空は恨めしかったですが、3月の花粉のシーズンもだるさが溜まって恨めしいです。

来週の週末から4月になって、年度が変わります。リタイアメントに年度の変わりは関係ないと思われるかもしれませんが、けっこう変わることもあるんです。
去年の秋以降ずっとヤル気下り坂だった町内会は、期が変わって私は役員御免になるし、その代わりに違うことを引き受けることが決まったし。
気分が変われば今のだるさが無くなるような、何かいいこと起きるでしょうか。

きっと思うほどいいこと無いだろうけど、期待だけは持っています。


Sponsored Link


posted by 大庭夏男 at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

65歳になったら、とにかく年金事務所に行って尋ねてください、と言われた

とにかく65歳の誕生日には夫婦そろって地元の年金事務所に行き「なんか、忘れている手続きない?」と尋ねることを強くおススメします!と、年金事務所の担当者は私に語りました。

過日「特別支給の厚生年金の受け取り忘れ、時効で消える」という記事を書きましたが、昭和41年4月1日以前が誕生日の人には、妻に「振替加算」が、届け出したら付きますよ!というのもあります。これは旦那の65歳の誕生日というのがポイントです(妻の扶養家族の旦那の場合は逆なので、そう読み替えてください)。

この件について記事にもう一回書こうと思い、間違っちゃイカンとも思い、地元の年金事務所に電話して聞きました。

特に「姉さん女房」の夫婦は、“旦那様が”65歳の誕生日になったら(正確には誕生日の前日から)地元の年金事務所に足を運び「振替加算の手続きに来ました」と言い、振替加算の支給手続きをしてください、と電話の担当者は言いました。姉さん女房の人の場合は加給年金がありませんが振替加算はあります。この存在を忘れてしまっていて、支給手続きしなかったら、時効前に手続きするまで受け取れません。

対象者には旦那の65歳誕生日近くにお知らせがくるそうですが、その知らせを見逃し、あるいは忘れ、もしくは「なんじゃこれ?」と意味不明だと無視したら、5年を過ぎると時効成立で、もはや永久に受け取れなくなります。

私は昭和33年生まれなので、年額3万円ちょっとが「妻の」年金にオンされるようです。
これが振替加算という制度です。
金額はちょっとですが毎年オンされるからバカにできません。忘れると「ヤバ!」と気がついた年の5年前分までは受けられますが、それ以前の年月の権利は消えて無くなります。

ちなみに、昭和33年生まれの支給額はそんなものですが、もっと生まれが早い人はオンされる額がデカく、反対に若い世代はどんどん支給額が小さくなり、昭和41年以降は、もうゼロになる、そんな制度が振替加算です。

年下女房の場合はこれとは別に「加給年金」があります。これと「振替加算」はセットです。なので旦那が年金受給年齢になったら、たぶん間違いなく加給年金を案内され、セットになっている振替加算がくっ付いてきますから忘れることは無いと思うのですが、姉さん女房の人は「加給年金」が無く、いきなり「振替加算」だけ到来しますし、これ自体かなり知名度低いですからお知らせ来ても「なんじゃこりゃ???」でホッタラカシ・・・になってることもあしそうですよね。

上記に限らず、老齢年金は65歳から本格支給が始まりますから、65歳になったら年金事務所に一度出向いて、必要な手続きは無いのかチェックを受けるようにした方が損しないで済みそうです。

ちなみに「振替加算」という制度は、昭和41年4月1日以前が誕生日の人だけが対象です。
↓↓↓
日本年金機構 加給年金額と振替加算へのリンク


Sponsored Link


タグ:振替加算
posted by 大庭夏男 at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする