2017年11月16日

アーリーリタイア前に治療すべき妻のSAS

SASは「睡眠時無呼吸症候群」のことです。

かつて私はアーリーリタイア後の妻に起こる更年期障害には気をつけろ!という記事を書いたことがあります。実際問題、退職後は自宅に居っぱなし、妻と夫は顔突合せっ放しになりがちなリタイアメント夫婦では、妻の更年期障害によって引き起こされる妻のイライラや八つ当たりには「カンベンしてくれぇ~」となってしまう恐ろしさを実感することがままあります。

その更年期障害は10年以上にわたりリタイアメントの夫を苦しめることになるからたいへんです。

しかもアーリーリタイアメントではそもそも人さまの夫がまだ会社に元気よく?通っているにもかかわらず、ウチの旦那は朝からゆっくり起きて株三昧なんて・・・と元々妻はアタマにキテいますから更年期障害がそこに加わる爆発威力の凄まじさは言う間でもありません。

ところが・・・
更年期障害を上回る規模の伏兵もあったのです!
それが妻のSAS。
コイツは夜の睡眠中に呼吸がしばしば止まるというもので、太り気味の方に見られる呼吸の障害のようです。ただ必ずしもポッチャリ妻にだけ現れる現象というわけでもなく、鼻から喉にかけての生まれつきのカタチや肉付きなどによって起きる場合があり、ウチの妻の場合も特にポッチャリではないけれど、ときどき寝ている最中にいびきがグワー、グワー、グワ・・・・・・・・カカカカ、グウォーみたいに・・・・・の区間が呼吸停止になっていることが発覚したのでした。

これは妻とたまたま一緒に旅行に行ったウチの子が「そんなの放っといたらアカンのちゃうん?」と言い出したのをキッカケに病院に行き「奥さん!たいへんですよ」と医者に指摘されてしまい、治療することになりました。

医者は、この症状を直すには寝るときに呼吸補助装置が必要で、その機械を死ぬまで使い続けることになる!とショッキングなはなしを妻に語ったそうです。
最初に一泊二日の入院で徹底検査して「うーん、こりゃやっぱり治療が必要だな」と医者が妻の症状のヒドさを認識し、
それから約2週間後に再度二泊三日の入院で呼吸補助装置の設定やら、それを装着して寝る訓練や様子見などを行いました。
今では毎日機械からホースを鼻まで伸ばして寝る妻の寝顔を眺めるのが私の日課になりました。この装置、健康保険適用になりますが、毎月医者に行って調子見しながら月5千円ぐらいのレンタル料がかかります。

これから死ぬまで毎月5千円。1年間で6万円。今後死ぬまで30年間使い続けたとして180万円のコストがかかります(後期高齢者になったらもうちょっと安くなるかな?)。

ありゃー!!エライこっちゃ、と最初は悲観しましたが・・・
妻がその機械を使って寝るようになって1週間が経ちましたが、だんだん妻の機嫌が良くなってきたのですね!
おそらく睡眠中に呼吸できずに苦しくなって睡眠が浅くなってしまう頻度が大幅に下がり「良く眠れるようになった」ご利益だろうと思います。

そういえば昔にテレビでこんなのを見たことがあります。
水を張った水槽の中に檻を入れ、中に猫を入れます。猫はやっと座れるぐらいの小さな台の上に座らされていて、そのまま一昼夜置いておきます。夜になって猫がうつらうつらうたた寝を始めると台から足が落ちて水で濡れてしまうという寸法です。
こんな熟睡できない猫が翌日どんなだったかを撮影した場面を放送で見たのですが、なんとも狂暴猫になっていたのです。

妻の場合もこれと同じで睡眠中に何回も呼吸障害で起きてしまい熟睡できなかった妻は「狂暴妻」になってしまっていた。こういう事実が今回分かりました。

わたしんとこでは、私がアーリーリタイアした怒りと、更年期障害と、このSASの三つ巴で狂暴化された妻が毎日私を悩ませる日々が続いていたのでした。
しかもアーリーリタイアした怒りは3年も経てば収まり始め、更年期障害も10年ガマンすればまあなんとか収まるでしょう。しかしSASは一生モンです。

SASを持っている妻を持っている旦那は、たとえアーリーでなくても通常リタイアやレイトリタイアでも「狂暴妻」のいけにえになる可能性があります。だからこの妻のSASは軽く見ないで、たとえ毎月5千円かかっても自分のリタイア前に「機械装着」に漕ぎつけるのが正しいです。

機械装着後の妻は「やや」穏やかです。
「やや」と書いたのは、我妻は元々そういう気質だからしかたがない一面があります。しかもそういう妻にもう私は40年近く一緒に暮らしているので「慣れ」という強みも持っているから少々妻が狂暴を演じてもな~んともありません。しかし「こんな毎日でいいのだろうか・・・」と内心じくじたるものがありました。

今回の機会装着によってそういう「じくじたる思い」はなんだか一掃された感じがします。
このまま妻が、結婚直後の、あの優しかった頃に戻ってくれたらなぁ~と期待を抱いてしまうほどです。そのぐらいに、その程度にSAS治療用の機械は効果を毎日生んでくれています。・・・いとおしい呼吸補助の機械・・・

機械の大きさはCDプレーヤーほど。
そこからホースが伸びていて妻の鼻のところにプラスチックの器具をあてがって固定するようになっています。だから妻の寝顔は長い鼻の像さんみたい。
まあこういうのもいいですね。

どうかこれから会社をリタイアして毎日自宅暮らしを満喫するつもりの方々は、是非奥様のSASを甘くみないで欲しいと思います。
月5千円出しても治療する価値はあります!!

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:56| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

「アーリーセカンドライフ」っていうタイトルもアリだった

「リタイア」には「セカンドライフ」という紛らわしい言葉がありまして、この二つの言葉は境界が曖昧で違いがよく分かりませんが、なんか違う気がします。
思うままにネットで検索してブチ当たった記述と自分のイメージでコイツらを分けてみたら、

「リタイア」のイメージは・・・
会社を退職してマレーシアやタイに外観小綺麗なコンドミニアムを借り、夫婦水入らず毎日ゴルフ三昧して暮らす、あるいは現地日本人会のオフィスで同志日本人ロングステイヤーと交わり稽古事や囲碁マージャンにふける。または都市近郊の築30年4LDK自宅を売り払ってローンも完済し、残った700万円で軽トラと田舎の畑&古家付土地を購入し、嫌がる妻を説得して半自給自足ライフをおくる。こんなイメージでしょう。

それに対して「セカンドライフ」は働き方を変えるというイメージな気がします。
ここで言うセカンドライフは一時期一世風靡した仮想空間に暮らすネット上のゲームのことではありません。リアルなはなしの元祖セカンドライフの方を指します。
例えばサラリーマンを辞めて傷ついた野生動物救護なんかの財団を作ってライフワークとして今まで気になって気になって仕方が無かった活動に没頭しながら、実はそれを通じてリア充を図っているひと。

まとめてみたら・・・
内容が違うのではなくて「リタイア」のイメージはなーんとなく「隠れていたい」「ほっといてくれ」「なんかオモロイこと無いやろか」な暮らしに対して「セカンドライフ」は「ただ仕事が変わっただけよ」「自分でやりたい事を始めたのさ」「あくせく稼ぐ時代とはもうサヨナラして」というような鷹揚で金持ちなニオイを感じます。

だから・・・
会社を辞めてからの中身はどうあれ「俺はリタイア暮らししてます」と言うより「セカンドライフとして〇〇を始めましたの」と言い切る方がそれを言った相手の受ける印象は違うでしょう。「セカンドライフ」という言葉はキザな感じが少し伴いますが、相手を煙に巻くマジックワードかもしれません。私の「アーリーセミリタイアメントです!」と言い切って今まで自己紹介してきた経験と思い出から言えることは、誰かに「リタイアしてまんねん」と言ったらまず間違いなく相手は多かれ少なかれ、それを言った当人を哀れみます。

「え、リタイアなの・・・どーして? あ、リストラでね・・・」と、これは私の場合ですが、こんな感じになります。私は脳天気なのか感受性が鈍いのか分かりませんが、こう反応されたらリストラを契機にリタイアしたのは事実なのだから「そういう理解で良いのだ」と考えますが、どうも他の人々は嫌だそうです。過日も私と同年齢の59歳の人が「・・・当然ながらまだ会社に勤めていますが・・・この活動にも参加した次第で・・・」と『俺はまだリタイアしていないんだぞ』と強調する含みを持たせて自己紹介しているのを聞いて私は「みんなはそうなんだなぁ」と感心しました。

そういうことに気づいてみると・・・
「アーリーセミリタイア」じゃなくて「アーリーセカンドライフ」にしておけば良かったかと今さらにしてタイトルつけ間違えた反省をしました。

私は一応個人事業主であり、現物株しかやらない気弱な個人投資家ですが対外的には「セミリタイアメント」だと名乗っています。これは、まあそういう名乗り方をした方が相手も納得できるだろうと思ったからですが、リタイアメントで株をやっているイメージと、「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」と名乗った違いは実際にあるのではないか!?と思います。

リタイアメントで株をやっていると、私は現にそうですが「まあボチボチ儲かれば見っけもの」の域を脱することは難しいです。信用売買をやっている人の話を聞くと全然やっている世界が違うのだなぁ、リスクの受け止め方からして違うのだなぁ、と実感させられます。きっと最初から「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」というブログを立ち上げていたら・・・人間は強く思うと実際にそのようになる!という説もありますから、今頃は近所の方々からも「あーあの株やっている変わり者のオッサンね」より上を飛ぶ存在になていたかも知れません。

なんで「セカンドライフ」という言葉に今まで気付かなかったのか、アホでしたが、下記リンク先記事を一昨日読んでみたら「あ!セカンドライフはセミリタイアと同義語か!!」と納得しました。
↓↓↓
"定年後"も稼げる「シニア自営業」のコツ(プレジデントオンライン記事)へのリンク

今さらもうブログのタイトル替えは遅いですが「セミリタイア」とこれから書く頻度を下げて代わりに「セカンドライフ」と書くことにします。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:33| Comment(0) | セミリタイアについて | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

調子わるい日

なんだかワケも分からずにこのところ調子が悪い。

昨日の夕方、交差点で右折待ちをしていたところ。反対車線の走ってくる路線バスが車線を右に変更したので、てっきり『左折だな』と思って、こっちもそれに合わせて右折開始したらバスに「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)

その帰り道、狭い道路から左折して幹線道路に出ようと発車しかけたら、すぐ左横に知らない間に原付がいて、そいつと危うく接触するところだった(;´・ω・)

そして今日、明日は台風で投票会場に行きたくないから期日前投票しに行ったら、会場は混んでいて駐車場に入れず、駐車場近くで妻と子をとりあえず降ろそうとハザード点けて停止したら、横で路駐していた車に「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)。でもこの車のヤツはなぜ「ビビーッ」って鳴らしたのかまったく分からない。邪魔なのかと思ってすぐ発車させたけど・・・そいつの車は依然路駐のままだった。

こんないつもの風景みたいな事がいちいち気にかかってしまうだけなのか、調子悪いから判断力鈍って焦るような事してしまうのか、よく分からないけど最近なんだか調子がよくない。

こんな体調というか気分がよくない理由として思い当たることに、最近なんだか「人疲れ」したような感じがします。

人疲れ・・・
このところ何かと多くの人に囲まれた、と言ったら聞こえがいいですが、私個人にしたら多くの人の干渉を受けるような事を多くしてしまっているから頭が疲れているのではなかろうか?という気がしています。

今週は地域のイベントがあり、その前週にはとある50人規模のセミナーに参加したし、地元の小学校の先生と話し合いもあったし・・・
サラリーマン時代にはそんなぐらいのこと何でもなく日常的に過ぎてしまったような、人と会って話し合いして、そこで決めたことをやろうともがいて、何とか時間に間に合わせて、あーよかった。みたいな事がリタイアして独りパソコンの前で空想や妄想にふけってブログや株取り引きなどにいそしむ生活をするうちに、たかがそんな「みんなと一緒の仕事」というか楽しみの範疇でやっている人づきあいまでが脳ミソのストレス要因になっているのではなかろうか・・・という気がするんです。

それで脳ミソが疲れたもんだから、バスの行動を早合点したり、注意力散漫で横の原付に気づくのが遅れ・・・今日の期日前投票場の駐車場のビビーッの意味はよく分からないけど、たぶん何かあったんでしょう。知人がその車に乗っていて挨拶したのかも知れんし。。

こんな調子わるい日々に限って悪い夢も見るのですね・・・
私の見る悪い夢の代表格は、昔勤めた製造業の生産現場でロクでもないトラブルが出たときの夢です。

最近あっちこっちの製造業のカイシャで問題が発覚して社長さん達は頭を下げまくっていますが、あのようなカイシャで社員達は私が今も見る悪夢のモトを脳内に焼き付けているのかもしれないです。

きっと調子が悪いと睡眠の質も悪くなって夢を、しかも「もう二度と関わりたくないなぁ」と思っている事を、こともあろうに夢で見てしまうという、余計にウンザリして更に調子悪くなることに向かってしまうわけです。

今年からブログや株の他にリアルの活動も広げたのですが・・・
私にとってはこれはちょっとリスキーかもしれません。
もともと「孤高」が好みなんだから、やみくもに人づきあいは他チャンネル化しない方がいいのかも。。

そう思って・・・
過日に参加したセミナーで知り合った人達にメールするのは遅らせることにしました。
今はしばらく独りで自由な気分でマイペースで好きなことだけやりたいです。
タグ:調子わるい

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:10| Comment(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN