2016年06月27日

興味ある「アンチ アーリーリタイア」記事

「アーリーリタイアなどするものではない」という記事を読み、アーリーリタイアしたい人は、この記事を読んで自分の心の中を探る必要があると思い、リンクを張って紹介しておきたくなりました。
↓↓↓
アーリーリタイアが幸せという幻想 へのリンク

上記リンク先記事の中で、最重要な個所は・・・

ひとつめ
「マジでヒマで死にたい」となった、と書いている部分です。
このようになる人は、間違いなくアーリーリタイアするべきではなくて、65歳リタイアもすることなく、一生現役で仕事する方がいいと思います。

大庭夏男も!仕事が無かったら「マジでヒマで死にたい」と思うかもしれません。私の場合は「ブログを書くのが仕事」になっているから「毎日する仕事がある!」から、その仕事が楽しくて楽しくて楽しいからヒマではないわけです。

ただサラリーマンの場合「一生現役で仕事する方がいい」と書いたら、それイコール「ずーっと今の会社で今の仕事をし続けることがいい」と直感しがちではないかと、私の過去を考えるとそう思えてなりません。でもそれは違うでしょう。

ふたつめ
"やりたいことをたくさん見つける力"と書いてありました。これは「創造力」です。
これを活かすにはアーリーリタイア、セミリタイア、ハーフリタイアしないことと上述記事の著者は書いていますが、その意味は「仕事を続けていることが創造力を活かすことになるから充実を感じる」なのだと思います。これもホントだと思いました。

ただ・・・
上述記事ではアーリーリタイア、セミリタイア、ハーフリタイアを同一に書いてありまして、確かに辞書にはそれぞれの定義が載っていません。つまりどの言葉もあまり意味を正確に伝えることができず「若くして仕事ぜずに遊んで暮らす日々」を始めるとに収束して意味づけされてしまっています。
大庭夏男はこれは問題だと考えているので、以前からアーリーリタイアとセミリタイアは意味を分けて使っていました。

以前の記事でも言葉の定義を書きましたが、当ブログでは、
アーリーリタイアとは、まだ会社勤務できる年齢で会社生活を辞めて生活すること。
セミリタイアとは、衣食住という基本生活は貯蓄と年金で賄い、それ以外の贅沢するためのお金稼ぎだけのための「楽な仕事」をしながら暮らすライフスタイル。
としています。

私の場合はセミリタイア生活を52歳という、世の中では多くの人がまだ会社勤めを継続している年齢に始めてしまいました。なのでアーリーセミリタイア生活です。それで「早くして始めたセミリタイア活動で、創造性を活かすこと」に取り組んでいるところ、と、こんな感じです。

私は上記リンク先の記事内容は、約半数の人々にそのまんま当てはまる真実だと思います。
残り半数の人も仕事から逃避するためにリタイアに駆け込むことは良くないです。
ここまでは断言できますが、場合により、やり方により、個性やタイプによっては「今まで会社生活を続けて来たからといって、今後も会社員であり続けるより、そこから脱出して違うことを始める方が楽しい」人は絶対にいると思います。

そういう方々は「仕事をする」イコール「会社に勤める」と考えない方がいいのではないか?というのが私の意見です。

ただ、会社勤めしないと収入が大幅ダウンするのはほぼ間違いないです。
その対策として上記リンク先記事の著者のように毎日粛々と仕事して生活する「本当の仕事」をしていくか、
大庭夏男のように「ここから先の基本生活費は貯めてしまって」仕事は気楽に稼働率低くても大丈夫なようにして暮らすか、
選択肢はひとつではないと思います。

前述著者は「リタイアしたくならない、楽しめる仕事を早く探したほうがいい」と書かれていまして私も賛成です。が、大庭夏男式のニュアンスは、
「お金ができたからと完全リタイアする前に、会社員時代にできなかった、生活は支えられないけどプチ起業を」セミリタイアして始めるのって、どお?
なのです。

一方、前述著者と大庭夏男の決定的に違うことは・・・
大庭夏男は「会社員時代に失われてしまった機会をセミリタして得てやろう」という昭和的価値観満々だということです。

でもやっぱり若い人のパワーにはかないませんわ!

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:26| Comment(8) | TrackBack(0) | セミリタイアについて | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

来月ぐらいに「BIG tomorrow(ビッグトゥモロウ)」デビューだと思います

今日、青春出版社 月刊誌「BIG tomorrow(ビッグトゥモロウ)」の記者から電話取材を受けました。テーマはセミリタイア関連だそうで、セミリタイアを思い立った理由や実現方法、そのための資金準備手段やリタイア後の暮らしについて電話で1時間半に渡って取材を受けました。

今後近い内に特集記事の中のひとつとして誌面に記事がデビューするのだと思います。(来月ぐらいか?)

もう2年ほど前にテレビ局の取材を受けたときは、大庭夏男はそのつもりではなかったのですが、アーリーリタイア後の暮らしぶりに焦点が当てられ「やっぱり早期リタイア生活は大変ですね」的になり、番組司会者からは「あの人は恵まれていますからねぇ~、だからできたんでしょ」というあまり意味をなさない感想で締めくくられていました。

今回の取材では単なるリタイア生活の感想ではなく、セミリタイアを構想し、準備し、実行するまでの手順を記事の全面に出して編集してくださるように「どの段階で(何歳のときに)何をしてきたか」という説明を記者にしました。

同時に、この記事を読んだ読者が「大庭夏男みたいなのがやれるんだから、俺もやれるだろう」と勘違いして“やってはいけない早期退職やセミリタイア”をしないよう、お金さえ貯まればセミリタイア可能というものではない、という説明も書いて欲しいと要望し、その説明もしました。

これから記事が作成されると思いますが、誤解のないように読者に伝わることを期待しています。それに合わせて、相変わらず巷ではリストラ関連ニュースが伝わっているので、リストラの悲惨な面ばかりでなく、セミリタイアを計画してきた人にとっては千載一遇のチャンスとなることも読み取れるような記事であれば、僅かな人達だけかもしれないけど、セミリタイアメントに移行できるチャンスを精一杯活かすことにつながればいいなぁ、と念じて取材の電話を置きました。

BIG tomorrowという雑誌は、私も20代の頃に頻繁に書店で買って読んでいました。当時と今とでは内容が異なっているのだそうですが、ネットの評判を見る限り「仕事などで行き詰ったときに読み、気分転換をして、少し元気が出て、また仕事に励む力が出てくるような雑誌」「しかし読んだ内容自体はそのうち忘れてしまう」などと書かれていました。

私自身もかつてBIG tomorrowを読んだときにはそのようだったと思います。
でも、それがキッカケで株に興味を持ち、実際にミニ株を恐る恐る電話で証券会社に注文を入れる「活動」を始めました。ほんとうはBIG tomorrowだけじゃなくて、他の雑誌も読んで「株は儲かる」とか「株をやれば世界経済が分かるようになる」とか、いろいろ記事に「洗脳」されて今に至っています。それは単に株を始めたキッカケが雑誌だったというだけで、株の売買の仕方や、ポートフォリオの持ち方は試行錯誤で自己流でやってきましたから、そういう意味ではBIG tomorrowに多分書いてあった細かな説明や先人のノウハウは頭を通過してしまって何も残っていません。

なので、きっと私への取材で書かれるだろう記事も、似たような運命を辿ると思いますが、アーリーリタイアでも65歳引退でも、とにかく将来どこかの局面で会社勤めを辞めて、全然別な暮らし方を始める時期は、必ず来ますから、そのときのために「準備を始めようか」と「キッカケ」にばれればいいなぁ、と思います。

他方、サラリーマンの夫を抱える奥様の立場では・・・
ぜったい「夫は元気でいつまでも会社に勤め・・・」がいいに相場が決まっています。なので旦那様に「この記事だけは読んで欲しくない」と思ってもらえればいいかと。

先手を打ってBIG tomorrowを奥様自身が読み、自分の旦那がセミリタイアのキッカケづくりをしないように、先手を打って対策を仕掛けることが大事かもしれません。

でも残念ながら、BIG tomorrowの記事はおそらく「どうやってセミリタイアを準備するか」で打ち立てられるハズなので、どうやって阻止するかは書かれていないです。

なので、夫のセミリタイア阻止に向けた有効?方策をここで書くとするならば・・・
「あなたの日頃の会社での頑張りのおかげでこんな立派な暮らしができているのよ」とウソでもいいから夫に感謝し、夫を煽て、夫に家庭生活のためには会社勤めが絶対欠かせない!と思わせることが一番ではないかと思います。それが無くなったとき、初めて夫は目覚めます。

しかし夫婦でそんな戦い?をするのはどうかと思うから・・・
子育てに目鼻がついたら、夫婦共稼ぎで二人で「共にたいへんじゃない仕事ができる会社に勤める」を目指したらどうかと、私は本音では、それが一番波風立たずに心身消耗しない暮らしができるのではないかと、そんな気がします。

そのためには奥様も仕事に出ることを画策しなければなりませんが、旦那は、ある程度会社に長く勤めた後は、肩書きや給料の額や年功序列などを気にしないで会社生活が送れるように変身する必要もあるような気がします。

BIG tomorrowの記事がどのような姿で披露されるか、今から私は興味津々です。今回は実に久しぶりのマスメディアの取材になりましたが、次の取材オファーが果たしてあるのかどうか、次を期待して、またブログ記事を書いていきたいと思いました。
タグ:雑誌の取材

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 出版 | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

AEDは、いつか私に使われるかも? でも結構こわい「勘違い」

アラ還世代が近づくにつれ「いつか自分の心臓が急停止するかも・・・」な予感が頭に漂うようになりました。母は一昨年に「心臓急停止」で他界したし、母に限らず私のご先祖は「こたつでうたた寝中に心臓急停止」とか「出勤しようと自転車にまたがった途端に心臓急停止」など、急転直下他界する人が珍しくありません。なので私も・・・

今日たまたまAEDの講習会が町内会やPTA主催で開かれたので出席しました。以前の会社員時代にはそんな町内会行事は全部不参加で押し通しましたが、アーリーリタイア後は、そういうのに“受動的に、仕方なく参加”したもので結構面白い拾い物ありましたから、今日も仕方なく参加しました。

今日の「拾い物」とは・・・
以前にAEDの使い方を習ったときは、そこまで教わらなかったのですが、AEDは心臓を再び動かす機械ではなくて“心臓を止めるための機械”だったのですね!ってことを知りました。
止まりかけてピクピクのケイレン状態になった心臓を電気ショックで完全に止めてしまう道具がAEDなのだそうです。改めてネットでググってみたら、AEDが心臓を止める道具なのは「ジョーシキ」みたいです。知らなかった。。

止まりかけてピクピクの心臓は心臓マッサージ(これも名称が変わって「胸部圧迫」と呼ぶのだそう)をやっても再び自力復活しない可能性が高いから、いっぺん完全に心臓を止めてから「胸部圧迫」をエッホ、エッホと1分間に100回ペースで繰り返すと、自力で心臓が動き出す場合が多くなる。こういうことなのだそうです。

このAED講習会で私がしたいくつかの質問は・・・
AEDで電気ショックをした後に胸部圧迫し続けなかったらどうなるのでしょうか?
答え:死ぬのだそうです。
これ想像すると怖いです。単純な怖さは、私がもし今日のAED講習会に行っていなかったら「AEDは電気ショックで心臓を再び動かすもの」と、てっきりそうだと信じ込んでいましたから「電気ショックしたから、これでもう大丈夫!」と安心して救急車来るまで待っていたら相手はお亡くなりになってしまった・・・とか起こったのかもしれないです。

大事なのはAEDが有っても無くても胸部圧迫をエッホ、エッホと1分間に100回ペースで救急車が来るまで繰り返すことだそうです。

二番目の怖さは、もし私がどこかで心臓ピクピクのケイレン状態で倒れたら・・・
誰かが親切にもAEDを持って来てくれたとしても、私のように「電気ショックやったからもう大丈夫」と思ってしまって、肝心の胸部圧迫エッホ、エッホやっていただけるのかどうか。それで死んでも私はその人達を恨むじゃないけど、倒れた私はもはや周囲の人に「知ってる?」って聞けないのが心残りかも。

AEDは電気を体に通す「パッド」を二枚、倒れた人の体に直に貼りつけます。
講師の人は、たとえ相手が女性であっても上半身裸にしてパッドを貼り付け、胸部圧迫をしなきゃダメですよ!と念を押していました。

もし相手がイスラム教の女性だったら?
答え:そんなの関係なく救命するにはそれしかありません。
講師の人はこの質問に答えられませんでしたが、来ていた消防署の人が「空港にAEDがたくさんあり、各国語で解説する仕様になっているけど、今までそのような理由で救命できなかったなんて話聞いたことはない」と言っていました。

今日は人形相手に救命の練習をしましたが、本番はきっと突然にやって来るでしょうけど、そのとき本当にできるのかな?

本日は70歳ぐらいの方も講習参加していまして、練習にも加わっていました。でも「膝が痛くて・・・」とAEDの使い方練習は無理みたいでした。脇で見ていただけでした。
一方、講師の人は「本当は高齢者が一番AEDのお世話になるから、町内会やPTAだけじゃなくて高齢者の会みたいな団体にも来て欲しかったんだが・・・」と言っていて、でももしそのような方々が来たとしても、果たして練習やれるのかどうか、やれないのではないかとおもいました。

私はまだ体が言う事聞く年齢なので、今日はちゃんと練習できたし、使い方が分かったけど、果たしていつ来るか分からなくて突然来た「本番」のときに「えーと、どうやるんだったっけな・・・」になってしまうんじゃないかと、記憶力の方の自信がありません。そんなわけで、ぐずぐずしている間に肝心の胸部圧迫エッホ、エッホをやるのを忘れてしまって・・・なんて考えたくないです。ので、来年も再来年もこの講習会には行ってみようと思います。

もしかしたら、胸部圧迫とかAEDで電気ショックする相手は、妻じゃないかと。AEDうまく使えなくて妻を先に逝かせてしまった、となったらその後の私の余生は暗いものになるかも。

一方、妻は将来に私へAEDするのかもです。
だから来年は意地でも妻を講習会に出させます。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN