2016年09月28日

政府が始めた「働き方改革」の雑感

政府は「働き方改革実現推進室」を立ち上げて、安倍総理大臣と加藤大臣が訓示をしたのを見ました。が、大庭夏男の考える理想的働き方とはずいぶん距離がありそうだなぁ、と思いました。

ただ政府のやろうとしていることは「遠い」と言っても良い方向だとは思います。長時間労働の撲滅を目的のひとつにあげていまして、私もかつて「第二人事部」みたいなところで業務したとき、サブロク協定(労働基準法第36条)は、時間外労働を、やろうと思えば青天井にすることができることを知っていました。これは骨抜きの法律だと思っていましたし、会社も労働組合も「常識」とか「理性」は当時あったからあまりヒドイ残業時間協定は作らなかったけど、ここにはせめて上限を決めたらいいと思います。

でも非正規と正規についてはなーんとも言えません。私の思う働き方の理想は、現代の日本でそれを個人で実行しようとしたら非正規でなければ実現できそうもない、というのが現実だと思うからです。

大庭夏男の思う「こんなだったらいいなぁ」の働き方のモデルは、かつて通った英会話スクールのカナダ人の先生がやっていた「暮らし方」です。
その先生は男性で奥さんがいまして「日本にちょっと住んでみようか」と意気投合して来日して英語の先生をしながら日本生活していました。でも授業を受けてから半年後ぐらいに「今度カナダに帰ることになった」と言いました。

帰国後は奥さんがカナダの警察署の仕事に就けることになったから、奥さんが働いて自分は学校に通うと言っていました。そこを卒業したらまた別のところに住むのだそうです。

大庭夏男の「こうなりたい!」は、たぶんこの話を聞いてからアーリーリタイアとかセミリタイアに傾倒していったと、そう思います。土地にも会社にも職業にも縛られない自由な暮らし方が私は好きです。

そういう暮らし方が好きなので、同好者に参考になればと当ブログを起こしましたが、それを推し進めようとも思いません。人は百人百様なのだからそれが嫌いな人がいるのも当然です。だから政府の「働き方改革」でやろうとしていることが、私から見れば遠いのだけど、万人向けの改革としたら良い取り組みだと思います。

先日、近所に住むかつての先輩同僚が、就職活動を始めたらしいと妻から聞きました。
65歳までの再雇用も終わって、だけど更にどこかに勤めようと努力しているらしいです。「ほんとに人さまざまだなぁ」と私は思いました。もしこのような方々がメジャーであれば政府の目指したい「シニアの方々も働きやすい・・・」はトレンドに合っているでしょう。

そして大庭夏男の「こんなだったらいいなぁ」の働き方は、働き方改革をやってもかなり置いてきぼりを食らうことになるのは間違いないと思います。もしかしたら前述カナダ人の先生の住むカナダではもうそれが実現しているのだろうけど、どうも日本では・・・

副業禁止規則がなくなればいいのになぁ、と思います。私にはもう関係ないけど、私の子ども達にはこの規則が邪魔になるし、実際その規則の無い会社へ入社しようとしたため、会社選択の範囲が狭まってしまうと言っていました。

安倍総理もかつてはたしか働き方の多様性を理由にして非正規社員を是認していたと思うけど、今月開かれた「働き方改革実現推進室」の訓示では「世の中から『非正規』という言葉を一掃していく」と直言していました。やっぱり。

非正規も活用によっては便利だと思います。私の妻はデパ地下の販売員の仕事を非正規でやっています。それも非正規社員でもなく、客から見たらデパート社員の振る舞いと見分けがつかないような恰好で、でも実態は「請負販売業者」という個人事業の形態で働いています。

もし「請負販売業者という個人事業の形態で働かされています」と表現したら、まるでそのデパートが悪徳だ、みたいに思われるでしょうけど、少なくとも私の妻がその仕事を続けている理由は、それがたいへん便利な働き方だからなのです。

もしデパートの社員になってしまうと、決まった日にデパートに出勤することが義務付けられてしまいます。有給休暇はあるけど雇用主は休暇を別の日に移動するよう要請できるから長期連休がいかに取りづらいかは誰もが知ることでしょう。そうできないからもし長期連休を取ると周囲の同僚の目も冷たくなるとか。

一方、個人事業の「請負販売業者」であるとそんな心配はまったくありません。
長期連休にしたければ休暇ではなくて「休業」です。つまり「都合により○日間仕事は受けられません」と意思表示するだけで万事解決できる非常に便利な機能が備わっています。だから休みたいときに“理由をつくって”休業して海外旅行に二週間行っていられます。同僚(同業者ですが)も何も苦情言いません。みんなそういう使い方をしているからです。

私は私が今しているセミリタイアや、妻の個人事業が日本の中ではほんとにマイナーなことで、いかにここでノウハウを書いてみてもあまり参考になる人は多くないように、アクセス数の推移を見てもそう感じています。

でも記事をアップすると、検索ヒット数は増えないのにアクセス数は半日程度いつものように増加するので、日本(日本語の読める人)ではマイナーであっても読者がいらっしゃるのだと思われるので、どこまで参考になっているのか分からないけどしばらくブログを更新し続けてみようと思います。

話は横にそれましたが・・・
私は大勢が「こっちの方いいと思う」とは違う少数派、かなりマイナーな方向に進むことを決めてしまったので、そういう指向では自分の暮らしは自分で手作りするしかできません。とにかく他の人とはずいぶん違うことを実感します。

「セミリタイアメントは自由時間が多いから、その時間を活用して関西から東京まで一般国道だけを車で走って往復した」と先日近所の人に話したら、しばらく目をまん丸にして絶句していました。たったそんなことでもそういう反応になってしまいます。

このようにすいぶん“ふつうの人”とは違う大庭夏男なので、その視点から眺める政府の「働き方改革」は、なんだか遠いなぁ、と見えてしまうのでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | リタ活 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

合理的リフォームにはいくらかけるべきか、考えて計算してみまし

過日、旧実家のボロ家リフォームにかかわる記事を書いたところ、いかにも私らしく「経済的合理性を考えてみたら?」というコメントをいただきました。
ので、早速「そうか!その手があったか!」と思い、あれこれネットをググり、調べ、考え、いくつかの合理的な手掛かりを得たので記事化しました。

1.まずコメントいただきました計算手法に沿った経済合理性のあるリフォーム予算を計算しました。
利益÷利回りによって収益還元価値を計算することをコメントは教えてくださいました。
コメントを引用させていただくと・・・
>たとえば(家賃収入が)月7万円でしたら7万円×12カ月÷5%=1,680万円がその自宅の収益還元価値です。

ではいったい、私の東京の旧実家がリフォームすることによって収益還元価値がどれだけ上がるのか?というザックリな検証をしようと思い、ネットでその地域の不動産価格をググってみました。

旧自宅と同程度の床面積で同程度の築年数の戸建賃貸物件を探し出した結果、月7.9万円の家賃が見つかりました。築37年とありました。私の旧実家よりもっと古いです。そんなに古くても家賃はずいぶん高いもんだ!と感心し、次に築3年の戸建賃貸物件を探しました。そうしたら月14.5万円でした。広さはまったく同じではありませんでしたが、築3年という新品同様?で築37年と比べて2倍程度の家賃差しかないのは、私は意外でしたが、そんなものなのでしょうか??

でも、ザックリ試算する上での情報収集はまあこのぐらいの努力に留め、
「リフォームすることにより家賃は14.5-7.9=6.6万円上がるのだ」と思うことにして上述の式で収益還元価値を計算すると、1584万円と出ました。

なので、この試算では、私の場合は1584万円が合理的な収益還元価値となるので、ここまでリフォーム費用を出したもかまわない、となるでしょう。

2.次に、せっかくリフォームした旧実家を売りに出す場合を見ました。
私も妻も関西が生活拠点になっているから滅多なことで東京暮らしで再出発しないだろうと思います。まして子ども達は先々どこに定住するのかしないのか、はたまた外国に飛び出して行ってしまうことも視野に入りますから、せっかくのリフォーム済自宅を売ることも見ておく必要があるでしょう。と思いました。

上と同じくネットで築30年超えの木造戸建ての「古家付き土地」と「リフォーム済物件」の価格差を見ようとググりました。この価格差の分はリフォーム予算として出しても売却して戻って来るから損は無いと考えたからです。

その結果・・・
まず、物件は「中古」か「新築」しか検索にひっかからず、リフォーム済かどうかはうまく検索できないので、「築30年超えの“大古”」と「新築後浅い築年数の中古」を比較しました。

分譲価格は場所により価格にばらつきが大きくてネットで素人がパパッと比較することが無理だったかもしれないけど、一応旧実家のすぐ近くではないけど同一地域の似たような広さの戸建分譲価格を見たら、
1985年築の物件が2980万円、2012年築が4780万円でした。
ということはリフォームにより「新築そっくりさん」すれば1800万円程度高く売れる??だろうから、そこまでリフォーム費用かけられると、とりあえずそう思うことにしましょう。

3.最後に、本命の「リフォーム後にずーっと住み続ける」場合を計算しました。
私は戸建の不動産を2つ所有しているため、私が死んだらその2つの不動産価格だけでもう相続税の基礎控除額をほぼ満たしてしまうから、現金などを所有していたら必ず「相続税申告」というお金も時間もかかる手続きを行わなくてはならないです。リフォーム費用で生前に所有する現金を使い果たせば、リフォームした家屋は減価償却が効くから年々価値が下がります。これで相続税の基礎控除以内に収まり、死後は遺族の誰かが税務署の「お尋ね書」に遺産明細を書き込むだけで済み、お金も時間も節約できる。この節約額はいったいいくら?というのを試算します。

なのでリフォーム費用を私が全額出したら、私の財産には死後に相続税がかからない、として、節税と節約額の合計を見積もってみました。

まず、相続税自体は“正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた残りの額”に定められた税率がかかります。
仮にその額が1000万円だとしたら、税率は10%なので、相続税100万円を支払わなければなりませんが、基礎控除額に収められれば、相続税が出ないから、これを節税と見て、私の場合ではリフォームによる節税で100万円節税できる、と見積もることにします。

相続税申告は自分でもできるけど、信用性が低くて税務署の調査が入り易いということのようだから、相続税申告に長けた税理士に申告業務を依頼することを考えます。
この費用は一昨年に母の他界で発生し、その依頼費用は付帯する仕事の費用を入れて約100万円でした。

それに一昨年の私のケースでは、土地の登記が古くて完璧でないことが発覚し、土地家屋調査士に境界確定という仕事まで依頼しなければなりませんでした。費用は登記まで入れて約80万円。これはどのケースでも発生するわけじゃなくて、私の旧実家はもう完璧な登記をしたから同じ仕事は起きないと思いますが、一応新たな、他の手続きが、同額で発生すると見積もりました。相続税申告時には予想しなかった何かがきっと起こります。

相続税申告を外部に依頼するのはこのぐらいですが、税理士とのやりとりで、私自身が調べたり、書類を役所に取得しなければならない仕事がかなりたくさん出てヘトヘトになりました。だいたい週に丸1日はこの仕事に駆け回り、そういう事態を合わせると3か月間そうなったと思います。なので1日10時間、週に1回、3か月間相続税申告のための仕事をしたと仮定し、私のかつてのサラリーマン時代の時給換算額を約5000円としたら、60万円分の時間を私は相続税申告のために費やしたと考えていいと思います。

なのでリフォーム費用を出して私のお金財産を減らし、相続税申告しなくて済むようになれば、残った遺族は上述の合計で、100万円+100万円+80万円+60万円=340万円は節約できると見積もれます。

さらに、東京の家がキレイになり、快適にそこで暮らせるようになると、私も年に何度かはやや長めに東京滞在を繰り返すことが楽しくなるでしょう。そうすれば楽しみの基地として家屋の一室を使えるから、同じことをするためにホテル代を支払わなくて済むでしょう。そう考えて・・・
20年間、毎年1週間滞在を3回繰り返すホテル代節約額を計算すると、ホテル代一泊6千円として、合計252万円になります。

そのように計算すると、節約だけに注目したら340万円+252万円=592万円しか出せないことになってしまいます。

私が今考えているリフォーム予算はこれでははみ出してしまいますが。リフォーム後に売るつもりも貸すつもりも無いので、592万円でなんとかリフォームすることが合理的となるのでしょうか?
これでは家族が納得するリフォームは、まあ無理です!

しかし事の発端を思い出すと「リフォームしなければ、きっと私の子が、住みづらくて、文句タラタラで、だからリフォームして終生そこに文句無く住まわせるようにしよう」でした。もし私の子が旧実家に住めない!と言い出し、家から飛び出して、家賃5万円の賃貸ワンルームに生涯たとえば20年間住んでしまったら、それだけで1200万円の大庭一家収入のロスになるでしょう。

そう考えると、私の還暦付近で実行するであろうリフォームの予算は最大1200万円+592万円=1792万円かけても損はないのではないか?となります。


何だか強引だけど上述1,2,3とも似たような見積り額になりました。
なので1700万円近辺が、私がかけられるリフォーム費用の合理的な限度額ということでしょうか。
それだけの予算を組めるかというと、現在の私にそのお金をポンと出せと言われても、そりゃ酷です。もう他のお楽しみができません。

私としては、べつに「リフォーム命!」でもないわけですから、リフォーム費用は、上述の半額ぐらいになんとか抑え込みたいです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:02| Comment(5) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

自宅リフォーム計画を家族に告知したところ・・・

みんな大喜びでした。。ヽ(≧▽≦)ノ.

私には関西と東京にふたつの自宅があります。関西の自宅は私と妻が住んでいて、もうひとつ、母の他界で相続した東京の旧実家を私名義で子が住んでいます。「お金かけてリフォームするぞ!」と告知したのは後者の旧実家の方で、築30年を超えた小さな戸建で、子が帰省するたびに「お父さん、あの家の中が臭くて頭痛くなりそう・・・」と苦情が絶えないことをキッカケにリフォームしよう!と私は決心し、先週東京に行きました。

リフォームするための資金は、現在は投資信託や株に化けています。
これらを売却・解約して、3年後ぐらいには、かつての私の年収ぐらいのお金を出そうと思います。が、私はすぐにでも工務店に出かけて相談するつもりはありません。
良いリフォーム構想が家族の中で合意形成されるまで1年でも2年でも3年でも時間をかけようと考えていて、ある程度それができたら、そこで初めてネットを駆使して評判のいいリフォーム業者を探し出し、2つぐらいの業者の意見を聞き、構想が実現できると確信した後に、慎重に発注しようと考えています。なので5年越しのリフォームかもです。

というのも・・・
「リフォームするぞ!」と私が言い出し、
「いいね!それ!」と子が大喜びした後に、子の口から出て来た言葉は・・・
「家は自然素材で作りたいし、ソーラーパネルをつけたい。だって東京は今後震災があるだろうから、そのときエネルギーを自給できるじゃん・・・」と、こういう切り口から希望を切り出しました。間取りを考えるでもなく、私から見ると『そんなこと後で考えることじゃない?』と思えるようなことが子には優先みたい。私はたぶんこう来るだろうと思いました。

一方、妻は・・・
一階と二階をそれぞれ切り離した独立のアパートみたいな構造にして、二人の子がそれぞれ独立してそこで暮らせるようにし、片方が空くなら賃貸できるようにしたら!?と来ました。
私は「それじゃあリフォームを超えて建て替えになっちゃうんじゃない?」と思いましたが、まあその考えも一理あるとも思います。

私としては・・・
まず、何のためにリフォームをするのか、この先50年とか長期間使うかもしれないので、その間にどんな使われ方を想定するのか、という家の使い方の目的を決め、予算内で最高の機能を発揮するような間取りや改造する箇所を決め、仮住まいや家具の新調など付帯費用も入れて予算を精査する・・・と、こういう順番でリフォームプロジェクトを進めて行きたいと考えています。
なので、今考えている予算ではだいたいどの程度のリフォームなら可能なのか?をネットで探し回ることから手をつけるべきでしょ!と、こう言いたいのです。

そういうことなので、家族のリフォームに対する期待は今は歯車が全然かみ合っておらず、きっと「じゃあ、しょーがない、これで行こっか」と折衷案が決まるのは私の還暦を済んでからになると、そんな気がします。きっとそうスグには何も決まらないでしょう。子と妻にはお互いに話し合うように言っていますが、両者とも「先々のことまで今決められるわけないでしょ!」というタチなので、リフォーム構想は紆余曲折するでしょう。途中で「じゃ、いいや、リフォームしなくていい、自分はもう他に住むから」と、こうならないようにしなければなりません。

なんだか私が52歳でアーリーリタイアを企てたときと似ています。
あの時も最初にリタイアして何するのか目的決めて、予算を決めて、その予算が溜まるまで勤めて、それで辞めて・・・とやってきました。
だから今回のリフォームプロジェクトもうまく進められると予想していますが、違うところはリフォームした「結果」を使うのは私ではなくて子とか、もしかしたら妻になるかもしれないという点です。だから彼らが「そんなんだったらもうやらない!」と言い出さないようにしなければプロジェクトは失敗です。

失敗したら・・・
リフォーム工事する前に「やらない!」となれば、使うハズだったお金は残るから「つまらないなぁ」で終わります。
でもリフォームした後に「こんなんじゃ住む気しないわ!」になったら、お金は使ってしまったわ、家族は住まないわ、じゃあ仕方ない賃貸にでも・・・と厄介な追加プロジェクトをひとりで開始しなければならないので、これは避けたいです。

私の密な希望は・・・
リフォーム後に、私がほぼ占有できる小さな部屋をそこに一室作り、ときどき別荘のように東京にちょい住みできるようになることです。

現在のリフォームしていない旧実家にはそんな部屋を確保はしましたが、カビのニオイとか、埃とか、たぶんダニだろう血を吸って痒みを残す虫だとかが居るので、落ち着きません。それに、先週もその家に1週間出かけて居ましたが、毎日毎日掃除と不要品整理で、まったく「ほっ」とすることができませんでした。私の子が「お父さん、あの家の中が臭くて頭痛くなりそう・・・」と訴えるのもよく理解できます。古い家は一旦カビ臭くなると掃除して掃除してもダメです。次々に新しいカビ菌が繁殖するからでしょう。カビ菌が侵入した床下のコンパネや押入れの壁材は取っ払って新品にして、ついでに床下になんかカビ防止薬剤をぶちまけるしかないと、そう思っています。だからリフォームが必要なんです。

それに・・・
そんなボロ家では、これからいつか、そう遠くないうちに起こるだろう大地震で潰れてしまうかもしれないです。なので耐震補強必要です。
さらにボロ家は昔の木造なので、これもリフォームを機に準耐火構造に変更したいです。火災保険料はそうしたら少し安くなるでしょう。
だから内装も外装も、さらに子の言う自然素材だとかソーラーパネルとかに果たしてお金がまわるでしょうか?

たぶん今考えている予算では無理でしょう。
ではどうするか・・・
こんな具合に「リフォームするぞ!」宣言したことで、いっぱい考えることができました。家族ともいっぱい相談することができました。きっと大部分はあまり楽しい相談ではないでしょう。ビフォアアフターのように「うわぁ!こんなに見違えるように!! お父さんやっぱりスゴ~イ」なんてなるハズが、我が家に限ってはありません。

「実際的なプランはこうなんだから、これで納得してもらいたい」
「・・・」(家族は「シーン」 そして諦めの空気が・・・)
とこんな家族会議で締め括られることになるかも。もし私のアーリーリタイアしたときの戦法と同じ進め方をしたならば、のはなしですが。
今回は、子がその家の住人なので、それはできませんから難易度はアーリーリタイアプロジェクトより上がりそうです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN