2016年10月31日

軽自動車を持つことはほんとうに安上がりなのか?計算してみました

リタイア世代が今まで慣れ親しんでいた「車のある生活」を捨てることは、意外に簡単で、しかも車が無いぶんタクシーを使う方が安上がりだった!という記事を読み・・・
↓↓↓
リタイア世代にとって車は金喰い虫そのもの(ニフティーニュース)へのリンク

それでは「軽自動車でも金食い虫になってしまうのか?」計算してみました。

メディアの記事やニュースを読むと、なぜか「ふーん!そうだったのかぁ・・・」と妙に即納得してしまい、書いてある通りの行動をとりたくなってしまうと思いますが、時によりウソや誇大や場合による違いなどが混じっていますから、計算して分かることは自分で計算してみた方がいいです。

なので「軽自動車」について、という前提で計算してみました。
今の車が古くなったので、新車の乗用車タイプ軽自動車に乗り換えて10年乗り続ける場合を考えると・・・
車の新車価格を150万円(税諸費用込)として、
車検は10年間に4回で、一回あたり13万円かかる(正規ディーラーフル車検価格)とすると4回合計で52万円。
自動車税は軽自動車だけが増税で毎年10800円になったので10年間合計で10万8千円。
ガソリン代は月に400キロ走ったとすると、だいたい一か月6千円程度かかるので10年間では72万円。
自動車保険は60歳、優良運転者、車両保険なし、運転者限定など駆使して節約しても1年で3万円程度はかかるから10年では30万円。
バッテリーは4年程度で交換に迫られるから10年間では2回更新が必要になるので安めのヤツを選んだとしても3万円。
タイヤ交換は少なくとも1回は必要。安いのもあるけどそういう安物は燃費が悪いです。さらに冬用タイヤも必需だから8万円かかるでしょう。
他にも駐車場代や高速利用料金、修理代など必要かもしれませんが、それはとりあえず考えないで、以上を全部合計したら・・・
10年間では325万8千円!!

駐車場代や高速利用料金、修理代など必要かもしれない費用を加えたら、もっと高くついてしまい400万円ぐらい必要になってしまうでしょう。
軽自動車ですら!です。

上記リンク先にある記事を参考にすると、
老後に軽自動車ではないふつうクラスの車を所有すると1000万円ぐらいかかるのではないか、と書いてありますから、軽自動車で10年間325万8千円という数字は安いことは確かみたいです。

ところが、上記リンク先に登場する川辺氏(仮名)の証言?によると、車生活を捨ててタクシー利用中心の生活にしても年に30万円かからないのであれば、10年間で300万円かからない。つまり上記計算結果よりちょい安いことになります。

ただ年に30万円のタクシー利用中心の暮らしってどんな?と想像してみると、実はあまりタクシーに乗らないのではないでしょうか?

だって年に30万円であれば月に2万5千円しか使えません。
私のところでは、タクシーで行きたいかもしれない病院やJRの駅や繁華街まで行くことを考えると、それらは自宅から10キロ以上離れているから片道3500円ぐらいかかります。
そうすると往復にタクシーを使えば月に3回か4回ぐらいしか使えません。週に1回もタクシーで外出できず、きっとバスと電車をいつも使って、たまーにタクシーに乗るような暮らしなのでないかと想像できます。

そうであれば車を持つ便利さを考えると、軽自動車を選択することは悪くないんじゃないのかなぁ。私はそう考えます。

ふつうの大きさの「立派な車」を持っていると高くつきますが、軽自動車では公共交通機関利用でたまにタクシー利用のライフスタイルとほぼ同等コストでやれる、と分かりました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:43| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

カンタンに老後破産はしない、は本当だけど「ラテマネー」に注意しろ!

二人のコラムニストがほぼ同時に似たような記事を投稿しているのを発見しました。
ひとつは東洋経済オンラインの記事
↓↓↓
「サラリーマンは、そんな簡単に老後破産しない」へのリンク
もうひとつはビジネスジャーナルの記事
↓↓↓
「老後貧困は、誤解だらけ」へのリンク

どちらも共通して、65歳から平均寿命の80歳過ぎまで夫婦で暮らすには6千万円程度あれば“平均的に”足りるし、“平均的な年金受取額”もやはり6千万円程度だから、基本的に年金だけで暮らせる。というような論調に見えます。

これは多分、平均的にはほんとうなのではないでしょうか?
私は52歳から今の58際まで脱サラセミリタイア生活を続けて、それを実感しました。
この調子で生活を続ける限り公的年金だけで普段の生活に困ることは無いでしょう。私どもの予定年金額は夫婦で年間250万円です。きっと年金カット法やインフレなどで死ぬまでには実質20%減ってしまい年間200万円にダウンすると想像していますが、それでも大丈夫です。

老後のお金に不安を抱く原因は、退職後の生活にいくらかかるか分からないから。だから不安に駆られるのではないかと思います。
でもよく考えてみれば、今後に何が自分に起こりそうかはだいたい予想がついて、それぞれの「起こりそうなこと」にいくらかかりそうかも想像がつきます。普段の生活費は退職してから大きく変わるものではないし、それが1年いくらかかっているかは家計簿を集計したら分かることです。ですからこれから死ぬまでの年表を紙かエクセルシートに作って、毎年いくらかかるか書き込み、それを集計したら、きっと上記の6千万円だとかの数字に近いのではないでしょうか??

実際少し違っていても「ああ!このぐらいしか必要ないんだ」ということが理解できるので、漠然とした「お金が足りないんじゃないか」不安症候群は緩和されます。

そうは言っても今までサラリーマン時代には年収ウン百万円あった世界から、年金250万円の世界に変化するので多少節約しなければならないことはあるでしょう。

ところが、年金のように収入が少ないと、自動的に税金や健康保険料が節約できてしまいます。夫婦で250万円程度だったら夫婦それぞれの公的年金控除と基礎控除やら他の控除の合計額に年金受取額が収まってしまい、きっと所得税も住民税も出ないかもしれません。そうなると国民健康保険料は激安です。さらに大病した場合にかかる高額な医療費は、高額療養費制度を申請して使えば低額で済ませることも可能です。

なので、年金250万円生活といっても、サラリーマン時代であれば年収500万円程度稼いでいたときと同じぐらいの生活水準が可能で、歳とった分「おとなしい暮らし」になるからお金も自然に使わなくなることも期待できるかもしれません。

つまり「ムダ使い」しない程度のゆるい節約生活をしていれば老後破産は“平均的には”そう簡単に起きないでしょう、と実感します。

ただ「ラテマネー」には要注意です!!

ラテマネーとは、ついカフェに入ってしまい、ついカフェラテを注文してしまうような、そのときのムードに押されて必要でないモノを衝動買いしてしまうことです。しかもカフェラテのように大した金額でないモノを買ってしまうことが積み重なって、これが1年続くとかなりの大金が財布の中から出て行ってしまったことになる怖いものです。

ではラテマネー流出をさせないためにはどうしたらいいでしょうか?

1.普段の日(ケの日)と特別な非(ハレの日)に分けて、ケの日にはラテマネーを流さないように「心掛ける」のがいいと思います。
ハレの日は旅行中やみんなで飲み歩きするような特別な日で、そういう特別な日は月に何度もあるわけではありません。もし月に何度もあるようなら「月に2回まで」とか決めるといいと思います。その程度のハレの日ならラテマネーが流れても痛くないし、むしろハレの日はラテマネーは生活に彩を添えるために必要です。

でもケの日のラテマネー流出は止めた方がいいです。ケの日は月に30日ほどもありますから、そこにラテマネー1日1000円が垂れ流しになると月に3万円、年に36万円も無くなります。

2.自分にとって何がラテマネーなのか、考えましょう。
ラテマネーは喫茶店のカフェラテだけではありません。ついふらふらっと立ち寄るとことで、買うつもりではない買い物をすることですから、コンビニでスイーツ買うのも該当するかもしれませんし、私の場合はホームセンターで「こりゃ便利そうだ」とつぶやきながら工具を買うのがラテマネーになってしまいます。他にはレジ横に並んでいるサプリを薬局で買うとか、ランチ食べるついでにビール飲むとか、駅の売店でフリスク買うとかもそうです。新幹線乗る前に週刊誌買うのもです。

3.でもやっぱり買いたい場合はどうするの?
買わないでガマンしましょう。
でも全部ガマンするのも酷ですから「月にいくらまで」と決めておくことが実際的だと思いますし、サラリーマン経験者であれば毎月の「おこずかい」をもらって会社に出掛けて行っていた習性が退職後も身に着いていますから、引き続きラテマネー予算がおこづかいなのだ、と思えばうまくいくと思います。


このようにラテマネーを無くすか、それ用の予算をつけてやることによって、退職後の暮らしは「そんなにお金がかからない」で済むようになり、そのような暮らしを習慣づけることによって、上述したリンク先記事に書いてあるような“平均的な年金内”で暮らせるようなライフスタイルは実際にできると、私は実感しています。

もしそうでないとしたら、他にネット上や週刊誌にたくさんある「老後破産」記事のようになってしまうのではないでしょうか?
上述リンク先記事の“平均的”な老後生活像は、きっとラテマネーを節約した人ができることだと思います。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:18| Comment(5) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

リタイアメントが、思った以上の「タダ働きターゲット」にならない方法

サラリーマン時代には「タダ働き」という概念はありませんでした。もちろん?サービス残業や、付き合い飲み会のような実質タダ働きがありましたが、それらは「慎まれるべき事」という基本合意があったと思います。しかしリタイアメントになり、地域のみで暮らすようになると、忘れたはずの「タダ働き」に直面することがあります。

今日は、そのような「タダ働き」を“ほどほどにしておく”奥義を経験に沿ってまとめてみました。

なぜリタイアメントに「タダ働き」がつきまとうのでしょうか?
この基本は、美しくも高貴な「奉仕の精神」を「貢献活動」がかかわっています。リタイアメントになり現役を離れると「今までお世話になった地元に貢献したい」という願望が湧いてくると思います。この気持ちの裏にあるのは「自分が会社から離れ、社会の役にたたないと思われるのは嫌だ」という心理があるのかもしれません。よく思い出すと会社が社会に役だっていたかどうか?非常に疑問があることに気づきますが「社業を通じて社会に貢献する」はずの会社を辞めてしまったので、まずは地元への奉仕活動に希望をつなぐことはよくあるパターンです。

そこで地元の町内会活動や、自治会が窓口をしているボランティア活動に参加することになるでしょう。そして早速頑張って活動に精を出し、早く自分がやった実績を出せるように努力することでしょう。ちょうど転職後の新しい会社で頑張るのと同じセンスでです。会社では頑張ればまた仕事が来て給料と役職が上がっていきます。しかし奉仕活動ではそれはありません。頑張った結果また新しい仕事が来ることまでは会社と似ています。給料はもともと無いし、しかし役職は「まとめ役」とか「副会長」とか「理事補佐」のように上がり、それが努力と時間がかかり無償奉仕を増幅させるキッカケにもなり得ます。

実際、私のまわりでそのような立派な無償奉仕をされている人はたくさん居ます。でもその誰からも「タダ働きばっかりや」みたいなグチは聞いたことがありません。そういうものだと納得しているのだと見えます。

しかしこのような奉仕活動参加のイメージは、私は万人向けではないと思います。

上述のような、まさに身を捧げるような奉仕活動で良ければそれで問題ありませんが、そこまで献身的になれない人もいるでしょう。私はそうです。ときどき“パートタイムで奉仕活動に参加してもいい”、でもやる日は頑張ってやりたい、そんな感じです。
そういう「パートタイム奉仕活動参加者」のリタイアメントはいったいどう振る舞ったらタダ働きへの誘いから距離を置くことができるでしょうか。

1.「あの人はどうも忙しいようだ」と周囲に思わせておく
地域口コミ情報ネットワークは恐ろしいもので、会社を辞めるやいなや「あの人はいつも自宅に居るらしい」という情報は広い範囲に伝わってしまいます。奉仕活動グループはそのような人の中から活動をやってくれそうな人を探し回っています。このようなグループから「お誘い」があったら、まずはホイホイ安請け合いして話に載らない態度が「パートタイム奉仕活動参加者」の処方箋です。いかにその奉仕活動が面白そうでも、まずは5回に1回ぐらいの参加に留めておき「活動は興味あるけど、私は別のこともやっているので・・・」と「どうもこの人は忙しいようだ」と思わせるのがコツです。

2.一つに集中しないで「別の世界」をもいひとつ持っておく
「どうもこの人は忙しいようだ」と周囲が思うためには、自分が別の世界をもう一つ持っておくことが効果的です。二つとも奉仕活動でも、一つは関西の団体、二つめは東京の活動としておけば毎回の活動できない理由や役が引き受けられない理由付けができます。特に町内会活動ではその歴史の長さのせいで「なんとかかんとか委員会」という関連団体がいっぱいあり、そこの役員に成り手がいないもんだから「大庭さん是非お願いしますよ~、まだお若いし、でももうお勤めじゃないって聞きましたよ」と言ってきます。そのとき「もう○×▽委員会の役をやっていますからもうそれ以上は出来ません。安請け合いして活動参加できないとご迷惑かかるから引き受けられないです」と諦めさせることも可能でしょう。さらにアルバイトや派遣の仕事のような出勤を伴うお仕事を持っていれば相手を諦めさせる力は増しますが「自宅には居るけどネットで仕事をしています」では効果が薄いです。「とにかく自宅には居るのなら引き受けられるでしょ」と相手は思ってしまうみたいです。

3.タダ働き以上に、自分のお金持ち出しもあるんだよ
これはボランティア活動では「よくあること」です。
ボランティア活動は「手弁当の無償奉仕活動」という考え方が日本では?普及しているようで、この「手弁当」の意味は文字通りのお弁当だけでなく交通費や電話代や活動に行くための服とか靴とかホカロンとか、その他のもろもろの道具も実は「含まれるのだよ」という暗黙の理解があります。

これも一般的にはこれで問題は見えません。自分が好きで参加している活動なら多少の交通費を払っても電話代がちょっと増えても、自分で使う道具を自分のお金で買っても全然嫌ではないのですが、これが進むと「ちょっとぐらいなら身銭切ってもいいかな・・・」と思い始める分岐点に差し掛かります。

特に「なんとかうまくやりたいな」と思ったとき、身銭を切って「みんなが使う道具」を買ってあげることが始まり出します。でも実はこれが後々になって「お金を頼られる人」として暗黙に認識されてしまう危険があります。「あの人に頼めば何とか手配してくれるでしょ、今までもそうやっていたから・・・」そうなります。

奉仕活動で自分の時間をいっぱい過ぎて捧げるのが嫌な人は、見えない出費を奉仕活動から頼られるのはやっぱり嫌でしょう。仮にその活動自体はとても好きであっても。

過日、おそらくそのような“痛い目”に遭ったであろう人から私は強いアドバイスを受けました。
「少しであっても奉仕活動に自分のお金を出したらいけない」
やむを得ず自分が出費する場合でも「少なくとも自分がお金を出したことを相手や仲間が分かってはいけない」
アドバイスはこのようなものでした。
一旦お金を出したことが分かると、そのときは感謝されますが、それがクセになり次回も同じことを期待されることになるそうです。

会社を辞めてリタイアメントになると奉仕活動が魅力的に目に映り、実際それに参加することは良いことですが、思った以上のタダ働きや、それ以上の過度な期待には、ときには「冷たい態度」で接することが必要です。
でも、その冷たさは、自分でやりたい事をするためです。
タグ:奉仕活動

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:17| Comment(1) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN