2017年05月24日

「退職適齢期」というチャンスの捉え方?

“定年退職”の記事を眺めていたら、今から30年以上前に「結婚は、最愛の相手とではなく、適齢期に付き合っていた相手とする確率が最も高い」という俗説に似ていると思えてきました。ひと昔前は60歳が「お勤めご苦労様」とみんなから認められた「退職適齢期」でした。

しかし現代はどうも「60歳は通過点」のように思えてなりません。なので「退職適齢期」について改めて考えてみたいと記事にしました。

いわば官製「退職適齢期」の金字塔だった「定年退職制度」とは、会社が就業規則で定めている従業員と会社との労働契約満了に基づく退職のことで、お役所主導で「60歳が相場です」と常識が決められてきましたが・・・
最近ではこれとは別に最近では、サラリーマンは何歳まで勤め続けているべきかという世間の常識?から「みんな○○歳までお勤めするものですよ」となっている年齢の存在があると思われます。その年齢は現時点では65歳です。公的年金支給開始年齢ですね。

65歳前に辞めてしまうと「あのひと、なに!?収入も無しに家で何しているんだか・・・」と実際にご近所さんからささやかれ、生活実態を詮索され、アルバイト紹介しましょうか、と大きくお世話されます。私はさらに非常識?な52歳開始でしたから、それから何年間かご近所さんからそのように“珍しがられた”ことか・・・。

一方、実際に会社勤めするサラリーマンが「俺の会社が○○歳定年だったらいいだろうなぁ」と思う「夢の定年退職年齢」は何歳?が、このリンク先記事にいろいろ書かれていました。

このリンク先記事内容が正確だとしたら、会社員が本音で退職したいと答えている年齢は実に30歳から70歳までと幅広いです。前述65歳はこの一点でしかないので、適齢期で退職できる人は記事のよると12%と少ないです。

ふり返って30年以上前の「結婚は、最愛の相手とではなく、適齢期に付き合っていた相手とする確率が最も高い」という俗説が有った時代の結婚適齢期は確か25歳でした。だから当時は私でも社内の他部署へ用事で行くと、そこの適齢期付近だと思われる女性社員に頭からつま先まで値踏みされるような視線を感じた怖い経験があります。実際、私は25歳の社内彼女とその後結婚して今に至りました。まあいろいろともかく、私のアーリーリタイアに反対しなかったことだけは私は妻に感謝しています。

現代は「結婚したい年齢」は25歳ではなく、もっと幅広くなっているようです。
では彼ら結婚したい年齢の男女がどうしているか?
彼らが「結婚したい」と思ったら、相手との出会いを探し回ることです。出会った候補を頭からつま先まで値踏みしてトライするか見送るかを判断する。これが出会いの次にすることに違いないでしょう。

だとしたら、退職したいと思った人ができることは「定年」も含めて「都合の良い機会」を探し回り、出会った「機会」を値踏みして、これは行けそう!と思った機会との出会いを使って円満に止められそうか「値踏みする」ことです。

どのような会社を辞める「機会」があるでしょうか?
1.役職定年
部長や課長の肩書きが消えて、机は社窓からの風景が楽しめるところに移り、お仕事も急がないものばかりになってホッと肩の荷が降りる頃。会社によっては退職金など退職条件にプレミアムを設けているところもあるので、この時期との出会いは値踏みに値すると思われます。しかし家族からは「まだ辞めることないでしょ」と突き上げられる時期尚早感もつきまとう、迷える機会との出会いでもあるでしょう。

2.定年退職
この言葉の今は、悠悠自適へのハッピーリタイアメントの機会ではなく、再雇用・再就職への面倒な段階。場合によっては不安が募るアンハッピーな通過点になったのでしょう。でも基礎年金保険料の法的な支払いの終わりが迎えられるし、支給される公的年金(厚生年金の特別支給部分や繰上支給の年金)や確定拠出年金には公的年金控除が適用できるようになるため、60過ぎれば税金面で優遇されることはポイントを上げて値踏みできます。しかし再雇用制度ができてしまった今は「え!おたくのご主人、もう勤めへんの?」とご近所さんには首を傾げられるでしょう。さらに、その声が無くなるのと引き換えに「お宅のご主人、もうお勤めしてないんやったら、町内会長やってくれへん?」と変わってくるのが吉なのか凶なのか・・・。

3.リストラ
ある日突然、会社からリストラ計画が発表されると不安でならないと、思いますが、リストラは会社から肩たたきにしろ直接にしろ「おまえ会社を辞めてくれ」と強い要望されるところだけが定年退職と違うところです。これは裏を返せば「会社から辞めろと迫られた」という強い追い風が吹いていることですから、役職定年や会社定年で辞めるのと比べると、関係者を「しかたないね」と諦めさせる効果が高いです。割増退職金や会社都合退職という退職金が跳ね上がる「良い退職機会」でもあるので値踏みする価値は高いと思われます。一方、リストラで“辞めさせられる”という不名誉感の後遺症が欠点な辞め方でもありますので、他人の目線が気になる人はこの機会の点数は低く見積もった方が安心感が出ると思います。


ここまで書いてみて、ありきたりな機会しか書けないなぁ、と感じてきました。結婚の機会もそうみたいですが、社内恋愛や同窓会や友人の結婚式での出会いみたいな「よくある出会い」だけでない「予想もしなかった出会い」が少なくないでしょう。そのように会社生活では目を凝らせばもっと退職機会との出会いはあるのでしょう。

思い起こせば前前職で「第二人事部」みたいな仕事をしていたとき、海外赴任したある社員が現地女性と「ねんごろ」になり、失踪した事件がありました。その失踪した国は生活物価水準が日本よりケタ違いに安いため、きっと当人は今までの貯えで一生幸せに暮らせると値踏みしたものと想像できます。

そういうことを考えると、60歳到達とかリストラとかの機会よりも、結婚したら相手の親の経営する酒蔵の後継者に就任とか、へき地に飛ばされたら、そこの地元の漁師に一緒に漁やらんかとスカウトされたとか、ネット動画が炸裂して副業収入が本業を超えたとか、私の経験ではとても書けない「機会」を退職のチャンスとキャッチしていかに的確に値踏みしてトライするかで、ぶっ飛んだ人生になるか、手堅く賢い人生になるか、まさに結婚相手によりにける状況と似ていると思います。

だから機会との出会いは、いかに「これは退職の機会だ」と認識できるアンテナの感度にかかっていまして、値踏みは「何が自分にとって大事で見過ごせないか」と意識できる分析の的確さにかかっていると言えましょう。

ちなみに私が52歳でセミリタイアに踏み切ったときの「値踏み」の大事だった点は・・・
1.その後の生活費が貯蓄と年金で十分であること
2.好きなことを好きなときに好きなようにできること
3.家族と親戚から邪魔になることを言われないこと
以上だったと思います。

このうち1.は今も順調。2.は70点。3.は親戚付き合いは別の事情で切れたためOK
。しかし家族からの風当たりは辞めた後の5年目ぐらいから強くなりました。もっと家族のことを思って家事をちゃんとやれ!と言うのです。
タグ:適齢期

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

小学校の総合学習ボランティア、中間雑感

小学校の先生から町内会関連グループが受注?した「総合学習のお手伝い」というお仕事。完全手弁当のボランティア仕事は、ご近所のママ友の協力があったので、昨日第二回授業を無事終えました。お金をいただく仕事ではないけれど、けっこう“頼られている感じ”がするので私も含めて参加者は悪い顔はしていません。

同じようなボランティア考えているリタイアメント層の方々が他にもいるかも知れないので、ここで中間レポートをまとめて記事にします。

1.総合学習ボランティアは無償なのですか?「そうです。無償しかないのです」
全国あまたある小学校の総合学習が全部無償での地域ボランティアに頼っているのかどうかは今のところ分かりませんが、私の住む関西地域では広範囲で、総合学習の先生役を地域の人がやっても報酬を支払うことは無いらしいです。

はたして報酬は有った方がいいのか?無い方がいいのか?

報酬が有る方がいいと言う意見・・・
「その方が人が集まるじゃないか」「車やバスで来る人の交通費が賄えるじゃないか」「ボランティアだからタダってことないだろう・・・」
私は2つの小学校の総合学習にボランティア参加していますが、最近始めた近所の小学校は無報酬です。が数年前から先生役メンバーに加わっている別の小学校では、1年間にだいたい10時間ほどの先生役をやって5000円程度の報酬をもらっています。半分ぐらいは交通費で消えますが少しは儲け?が出ますので、これもちゃんと確定申告してます。

何でこの違いが出るのか?と聞いてみたら、実は報酬が出る小学校では、学校が払っているのではなくて、PTAがそのお金を出しているのだと知りました。PTAが理解があるということなのでしょう。

報酬は無い方がいいという意見・・・
「めんどくさい」
「報酬があると面倒になってかなわん」というのが、上述の報酬をもらっている側のボランティアの何人かから聞きました。
どういうことなのかと突っ込んで聞いてみたら、お金を受け取って保管して、ノートに記録して、毎回の授業のときに誰が何時間手伝ったのかも記録して、お金をその配分で分けて、袋に入れて、会って渡して、受け取りのハンコももらって報告書を書く。年間一人あたり5000円のことで、こんなことは面倒だという意見でした。全員が面倒になるのではなくて、誰か一人がお金管理の余計な仕事するから面倒だということのようです。

2.報酬は無くていいけど、必要な小銭はもっと手軽に使わせてよ
自然観察の授業なので、虫を捕まえて見たり、池の水をすくったりします。そのための容器や材料はホームセンターや百均でボランティアの私が買い、学校宛先の領収書を持って「払って」と先生に言ったら「ダメ」という答えでした。

以前そういえば言われていて、その後例外会計があったので忘れていましたが、学校で物品を買うときには「指定業者」から購入せねばならない、というキマリがあるのでした。

だから正しい買い方は・・・
まずホームセンターや百均に行き、そこで学校に買って欲しいモノを品定めして、型番・名称・サイズ・メーカー・値段、できれば写真を撮って「購入希望リスト」を作成し、購買担当の先生に渡すと、そのリストをもとに指定業者がそれらを手配して学校宛てに送付し、私に納入の連絡が来るから、私がそれを取りに学校へ行く。このようなプロセスが必要なのだそうです。

かつて一回だけその仕組みを使ってモノを手配し、1週間後に学校に受け取りに行きました。
時間に余裕あるならこれでもできるけど、かなり面倒くさいよ!コレ。
だけど学校がこれでなければダメで、先に買って領収書が有っても払えないよ、と言うのですね。私にはこんなのやっていられません。たぶん年間にほんとうは学校に払って欲しい「自腹」は数千円になると思われますが、私は自腹で行くことにしました。こんな面倒なことするより自腹した方がずっとマシです。

だから欲しいものは「もらってくる」「拾ってくる」「家の不要品で作る」「町内会にうまいこと言って買ってもらう」こんな方法も駆使している。これが今のところの実態なのですね。まあ先生も分かっているから色々と他の手を調べてくれていますが。。

3.やる気が出るかどうかは、先生次第
以前にも1回だけ全然違う小学校の総合学習に手伝いに行ったことがありました。そのとき校長先生にまずはボランティアみんなで挨拶に言ったら、校長は何だか挨拶も面倒な様子で「早く済ませて帰ってちょうだい」と言われているような印象受けました。案の定その学校はその総合学習をその年限りでオシマイにしました。その校長はやりたくなかったのでしょうね。何か気に食わなかったのでしょう。

現在、先生役をやっている2つの小学校では、1校の校長は「協力的」もう1校の校長は「やたら積極的」です。校長の態度は日本の組織上そのまんま先生にも反映されます。当然ながら先生役を引き受けようとする住民ボランティアも先生がやる気になっていたら「まあ、それじゃ人肌脱ぎましょうか」となります。

ただそれだけの違いですが、無償でやるとなると、相手のやる気がメンバー集めに大きく影響します。それと「やりたい時に参加してくれたらいいんですよ」という“拘束しない感”が必要です。授業を企画する側は、それでもやれる人員を集めるために東奔西走しなければなりません。ここがカイシャとボランティアの決定的な違いなのです。

4.先生方はPTAがお嫌い!??
上述のように、話の分かるPTAだったら、お金の面でもヒトの面でも手助けしてもらえるんじゃないか?と、過日校長先生に「PTAとタイアップしてやったらどうか?」と打診しました、が、私はその言葉を発した直後に校長の顔が曇るのをハッキリ見たような気がしました。

しかも校長の返答は何とも歯切れ悪く「そんなことやりたくない」と顔に書いてあるじゃありませんか!

何があったか知らないけど、たぶん過去か、現在進行形で校長はPTAを避けたがる事案があるのではなかろうか?と推測しました。

それがどういう内容の事案なのか・・・
今後学校をよく知る立場の町内会役員に聞き取りしてみたいと思っています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

セミリタイアメントの「余裕資金」とは、いったい何を指す?

金融機関に行くとよく聞かれる「余裕資金」は投資信託や株といった「危ない橋」を渡るようなモノを買おうとするときに登場してきます。今日は現役を辞めたセミリタイアメントが「危ない橋の渡り方」を考えるときに忘れちゃいけない「余裕資金」とは何ぞや?を記事化してみました。

世間には「余裕資金」という言葉があって、銀行で投資信託を買うときなんかに「このお金は余裕資金ですか?」などと聞かれることがあります。このとき「いいえ」と答えたら、もしかしたらお目当ての投資信託は買えないかも知れないです。なぜなら投資信託は元本保証が無く、大事なお金が減ってしまう“可能性”があるから。だから“余裕のないお金”でそんなキケンな投資信託を買わせると、後でお客から訴訟を起こされたときに銀行は困るから、買わせる前に、この資金は“減ってもOK”な余裕資金です!とお客に宣言させておく、こういうときに専ら「余裕資金」という言葉が登場して来るのがいつもです。

他には登場しません。
投資信託よりずっと高価な車を買ったときも、もっと高額な家を買ったときも、海外旅行のために旅行会社にお金払ったときにも「このお金は余裕資金ですか?」と聞かれたことはただの一度もありません。どれもこれも買った後はみるみると価値が下がってしまいますが、誰も買う時に心配しません。考えてみると不思議ですが・・・

まあともかくセミリタイアメントになるなら、自分の余裕資金と、そうでない資金とはよく区別して迷わないようにしておかなきゃならんな、と思ったもんだから、今日あえて記事にしました。

「余裕資金とは」をネットでググると「当面は使う予定の無いお金」みたいな言葉が出てきますが、現実は「もしその価値が減ったら、減ったときに何とかそれで対応できる資金」と考えるのがいいんじゃないかと、そんな気がします。

たとえば銀行に預けておいた50万円を1年後に降ろして、そのお金で海外旅行に行きたいと思う場合、普通預金ならそっくりそのまんま50万円引き出せて、予定していたヨーロッパ旅行に行けるでしょう。
もし銀行で50万円の投資信託を買い、1年後めでたく70万円に増えていたらスイスにも寄って氷河特急の旅も追加できるかもしれません、が逆に30万円に減ってしまったならばヨーロッパ旅行はヤメにして東南アジア旅行に切り替えれば、とにかく海外旅行ができる。そんな具合に“何とかできる”ような目的のお金であれば「余裕資金」と呼んでいいのではないか!?なのです。

海外旅行の場合はそれで済むかも知れませんが、例えば遅かれ早かれ入居するかも知れん「介護施設」の場合はもうちょっとシビアでしょう。今は「まあそんときに持っているお金で入居できるところに行きゃいいんだ」と余裕で考えていても、イザ自分の番が来たとき「こんなハズじゃなかった・・・」と悔やんでみても遅いからです。であれば将来の介護のために貯めているお金を「余裕資金」と考えていいやらいけないのやら・・・。分からなくなってしまいます。

でも現役を退いたからには、投資信託や株やFXをやるのなら、私は「余裕資金」しかそれに費やしてはいけないと思うのですね。だから上述の介護施設はもとより、海外旅行なんかでも「俺は死ぬまでにゼッタイにオーロラを拝みに行く!じゃないと死ぬに死ねない」なんて本気な人は、フィンランド旅行費用は余裕資金にはならないのです。減ってしまっって仕方なく東南アジア旅行で代替しても意味ないですからね。

そう思っても、将来10年先とか20年先のことまで「必要だ」とか「ぜったい必要だとは言えない」と決めることは無理だ!と大勢の人は思うのでしょう。私はけっこう先々のことまで決めたがるタチですが、私の家族は正反対のタチで「そんな先のことまで決められるワケないじゃん!」と真顔で、しかも青ざめて、そう言います。

「決められない」となると、上述の「余裕資金」がいったいどれであるかも決められません。だから投資信託なんか買わないで、みんな安全な預貯金の口座に入れておく、みたいになるのが筋道なのですが・・・よく分からんことに、私の妻もそんな口叩きながら株と投資信託にはずいぶんなお金をつぎ込んでいるから、私から見たら論理がメチャクチャです。

ただそれでも妻が投資信託や株をやっているのは「それで得しているから」。間違いなくその理由です。たぶん「将来どう使うのか分からないけど、とにかく益出しできているんだから、やらない手は無いでしょう」みたいな。

反対に買った株や投資信託が損を出し始めたら、どうなってしまうのか・・・私ん家もそれは心配です。

私としては家族に「将来のことなんて決めるのがムリ!」と断言されているので、決められないのなら代わりに上述海外旅行のはなしのように、そんとき持っているお金の範囲で柔軟にやろう!しかできなくなりました。なので柔軟にできそうな事に使うお金は「余裕資金」。そう考えて、なるべく事を柔軟に済ますようになろう!。これを方針にしようかと。

既に我が家で「柔軟」に決めているものは、例えば「お墓」がありまして、父母が建てた「大庭家のお墓」がありますが、維持管理がキツいとなれば私は墓を畳んで共同墓地に移る気でいます。

こういうような事をもっと増やせないかと考えていますが、今のところここに書けるような良い例がありません。

なぜ「余裕資金」にこだわるのか?
ここまで余裕資金にこだわっている理由は、投資信託と株を続けるためです。

私は銀行に言われる間でもなく、価値が減って困るお金ならそんなものに使えないと思っています。だから真剣に余裕資金の額をはじき出して、その何分の一かで投資信託と株をやり続ける気なんです。両方とも含み損が出ています。利益確定して儲けも出ました。損益を差し引きするとかなり儲けが出ています。なので死ぬまでか?認知低下でやれないところまでやり続けようと決意しました。お金が湧きだしてくるのは金鉱掘りみたいで楽しくてしかたがありません。私が死ぬかお金が分からなくなる認知症になったとき、そのお金が余裕資金なら減ってしまっていたとしても困ることにならないで済むでしょう。減って悔しがるのは、悔しいと思うことすら失った私しかいないのですから。

このような性分は他の人には当てはまることは少ないかもそれないけど、しばらくは銀行の預金というものは「お金の保管と引き落としサービスをタダでしてくれるところ」でしかありませんので、増やすなら何か少しは危ない橋を渡るしかないと思います。

であるならば「危ない橋の渡り方」として落ちても絆創膏貼ればいいや!程度で済む「余裕資金」とは何だ?について考えることが要るんじゃないかと思いました。
タグ:余裕資金

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:44| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN