2017年06月30日

シュヴァルの話の続き

過日2017年6月17日土曜日の「美の巨人たち」で郵便配達人フェルディナン・シュヴァルが、とりつかれたように一人で石を積み上げ、33年の歳月を費やして、夢の宮殿を完成させたというはなしが放送されました。私はすごく感動し、下記のように本まで購入しました。
JosephFerdinandCheval17063001.jpg

本は絵本で、小学生向けですからものの15分で読めます。

その中に書いてあり「美の巨人たち」のナレーションでも語られていたことの内、私は次のようなことにとても好感しました。
シュヴァルは空想好きで、いつもの見慣れた郵便配達途中の景色を眺めることはしないで、歩きながらひたすら空想し続けていたこと。
40歳を過ぎてから「一人では無理だろう」と誰もが思う風変りなことをたった一人で始めて完遂させたこと。
仕事の上司や妻がシュヴァルの風変りな行いを邪魔せず見守ったこと。
仕事と「好きなこと」を両立させていたこと。

フェルディナン・シュヴァル作の夢の宮殿はフランスのオートリーヴという場所に今でもあり、「美の巨人たち」によるとピカソも絶賛したという出来栄え。ひとりで専門知識もないままにこのような巨大な芸術作品を完成させたということは、もちろん素晴らしいのですが、私が着目するのは彼の「空想好き」の部分にあります。

大庭夏男はフェルディナン・シュヴァルのようにはなれませんが、とても「空想好き」です。そこがシュヴァルと似ている接点で、その他に近所には誰一人として存在しないアーリーリタイアメントという風変りな者というのも似ていると私は思いたいです。

だからこのフェルディナン・シュヴァルという人物のことを調べて、特徴や行動を空想することで今のセミリタイアメントライフに活用できるヒントが生まれそうだと、番組を観ていて直感しました。だから忘れないように絵本を買いました。書棚に並べて背表紙はいつも観られるようにしています。

「セミリタイアメントライフに活用できるヒント」をこのような他人の特徴や行動から割り出そうとするとき、そのまんまを生かせることは殆どありません。
今までも誰かがやった、そのまんまを自分に活かそうと「真似て」みても全部失敗しました。

よく似ていても所詮自分ではないからうまく行かないのです。

「そのまんま」ではなくて、彼がやったような「感じ」にヒントを得ることができるのではないかと思います。

シュヴァルはある日、郵便配達の途中の道で石に躓いて転びそうになり、ふとその石を見て奇妙な形に興味を持ったことから宮殿造りの決心をしたエピソードが絵本にあるし「美の巨人たち」でも語られていました。

この「感じ」は、何かの日常の出来事がキッカケで、今までは何の役にも立たないと無視していたことが、実は面白いことにつながりかねない、と示唆しているように見えます。

私にもそんな出来事がありました。

私がブログを書くキッカケとなった出来事は、今から十数年前、当時の優秀な部下がプライベートで当時はまだ普及していなかったブログを既にやっていて、その記事の中で上司だった私の悪口を書いたのを私が見つけて読んだことです。
そして、確かにそれは私の悪口100%だったのですが、文章がとても上手で、素人とは思えないぐらいの出来栄えで、まるで目に浮かぶように彼視線の私が見えるような記事だったことが今でもよく覚えているぐらいです。

そういう彼のブログを読んでいるうち、ついに私もブログを立ち上げて、今に至りました。

もし私が彼にブログの書き方を教わったとしたら、きっと彼がそれを了解したとしてもうまく行かなかったでしょう。自力で独自で書きたいことを書きたいように始めたから今に至るのだと思います。

まあ、その出来栄えは、ブログの読者数からしてシュヴァルのようにはなりませんが、シュヴァルも自分の墓場のつもりで宮殿を建てたわけなので、他人からどう思われるかは、きっとまったく空想に入れていなかったでしょう。

ただシュヴァルは宮殿を作るときも石を集めるときも郵便配達するときも、いつも宮殿のことを空想ばかりしていたから偉業が達成できたと思います。
だから「空想する」ということは良いことなのです。
でも傍からそれを眺めるとボーッとしてアホに見えるし、実際私も前職時代に横の座る同僚から「何またボーッとしてるの!あなただけよ!そんなふうにするの!」と指摘されたことがあります。

そのとき私は何を空想していたかは忘れましたが、確かに仕事中に空想にふけっていました。

なので、私もシュヴァルのように、空想することが栄養源なのだ、とこの放送の日に明確に分かった6月17日の土曜日なのでした。

しかしシュヴァルを支えたのは、彼の奥さんが「変人の行動?」に対して何も口を挟むことなく、石を詰めすぎて破れた上着やズボンのポケットを繕いで協力したことです。

私の妻は「そんなことぐらい自分でしなさい!」と言いますが、
確かに私のアーリーリタイア実行計画に協力して、質素な暮らしで資金の貯蓄に協力してくれて・・・私はとても妻に感謝しています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

アーリーリタイアリスク回避方として、妻の協力に感謝する“言葉”

アーリーリタイア志願者は、その目的を果たすためにスゴい自己研鑽と努力ばかりしているので、自分の努力は理解100%でも妻の協力はつい見落としてしまう。これがリタイア後に「妻の噴火」となっている可能性があります。

当ブログで何度も記事にした「アーリーリタイア後の妻の機嫌(が悪い)」というテーマがあります。

妻の機嫌が悪い理由は、前にも書きましたように、更年期障害や、ご近所さんの詮索(「お宅のご主人どーしたの?昼間外歩いてるの見かけたけど?」という類のもの)、亭主在宅症候群などいろいろありまして、それらが複合的に混ざり合ってしまい、噴火の規模は必然的に大きくなってしまいます。ということが言えると、記事で申しておりました。

アーリーリタイア8年目のここに来て、もう一個新種の原因が判明しましたので、ここに記録として記事化しておきます。

その新種の原因が、タイトルにも書いた「妻の協力に感謝する“言葉”」
“言葉”を強調したのは、妻がこれまで私がアーリーリタイアメント生活を獲得して安定的に継続できるためにしてきた妻の努力を、誰か他の人に向かって言葉にして「大庭妻は立派だったんだよぉ~」と“言わなきゃダメだ!”ということです。
声に出して誰かに妻の努力を褒めたたえる。ここがポイントです。

私の妻は私のアーリーリタイア構想を実現化させるために、今まで絶大な協力体制を敷いてくれていました。

まず第一歩は、住宅ローンの早期返済
以前住んでいたマンションは約2500万円を20年ローンで購入しましたが、ほぼ8年間で返済しました。それによって金利負担が大きく減り、その後の貯蓄に大きく寄与できました。私の給与は当時マアマアの水準でしたが、その給料で贅沢するのでなく、ローン返済を最優先に実行してくれたので効果絶大でした。

さらに、私が長期単身赴任で自宅不在中の子育てを一手に引き受けてくれました
私は家族引きまとめて東京への赴任をしませんでした。単身赴任した方が経済的のみならず、将来の起業(当時はそう考えていました。今も「ゆるい起業家」です??)のためにもその方がいいと考えたからです。しかし妻の負担は大きかったです。

他にもあるけど、そのような妻の協力無くして私のアーリーリタイアは成功しなかったと言って過言ではないでしょう。

これが重大なポイントに間違いありません。

しかし、当ブログでもそうですが、私が誰かにアーリーリタイアについて方法論を説明する際、誰がその具体的方法を実行したのかを言っていないことが多々ありました。聞き手は私がその努力をした、と理解してしまうでしょう。なぜなら私の口から喋る、あるいは私自身の記事で書くため、妻の努力が見えないからです。

ある日、いつもののように知人夫婦の前で私がその知人に聞かれるがままに、今までやったアーリーリタイアのための、あの手、この手を酒飲みながら語っていました。
隣に座って妻もその話を聞いていましたが・・・

帰宅後の翌日、妻の噴火がありました。

「あんたはなぜ自分の努力ことばかり人に言うのか。」「なぜあたしのことを話題に出さないのか?」「あんたがアーリーリタイアして今に至るのは誰のおかげだと思っているのか。」
この日の噴火は規模がとてつもなく大きかったです。

しかしその大噴火のおかげで、大事なことを教わりました。

言わずもがなをやめて、西洋式に、妻のことを人前で褒める!
これをしなきゃうまく行くものもうまく行かない。

こういうことを教わりました。

「妻の偉業を人前で褒めたたえる」は、心掛け次第で誰でもできることです。
でも実際にはできていません。
そのできていない理由の半分は、どういう大切さに気付いていないから。
残る半分は、そういう習慣が無いから。
だから、私のようにいっぺん妻の大噴火に遭って身に染みるか、西洋式の人前で妻を褒めたたえるを試しにやって良い反応を実際に見てみないと分からないでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

豊洲問題ニュースから連想する「決めない世渡り」

今日「豊洲に市場機能を移転させ、かつ築地市場にも市場機能を残して再開発する」と決めたらしいとニュースがありました。
このニュースの中身を「けしからん」とか「いや、けしかる」とかの視点ではなく、私はこういう解決策の“方法”というか“ものごとの考え方”もあるんだなぁ!と、感心したもんだからメモっておきたくなり、記事化しました。

「移転するのか、移転しないのか」の一見二者択一の議論で、どっちつかずの曖昧な、自由な、ぼんやりした考え方がある!をいうことを人は忘れているのではないか!?私はその点に目をつけました。

これを他のありそうな例でいうと、たとえば・・・
・Aさん、Bさんの二人とつき合い、比べてみて、いい方と結婚しよう。残る方とはその後もつき合おう。
・あまり結婚生活が楽しくない。だけど離婚すると都合悪くなるかもしれないから、理由をつけて別居して、場合によっては元の鞘にサッと収まれる体制にしておこう。
・会社を辞めたくなった。しかし辞めるといろいろとマズいこともあるだろうから、副業を始めてそっちに力を注ごう。

ざっとこんなシチュエーションが連想できます。どれも一見ケシカランことのように直感しますが、どれもよくある珍しくもない、しかし巧みなものごとの進め方だと、今日の豊洲ニュースを眺め続けてそう思いました。

このようなものごとの進め方は記憶しておくべきだと考えます。

AかBかハッキリ決めなければダメなことも世の中には多いです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」の諺もハッキリさせろ!と戒めています。だけど考えようによっては先々まで決めないでズルズル行くことに実はメリットがあることも少なくないと言えましょうし、昔から諺でも戒められている「古き伝統」を疑ってみることも大事なことでしょう。

AもBも両方追ってもヤバくないなら、とりあえず両方追ってみよう!

これをリタイアメントの私自身にあてはめて考えると・・・
当ブログで以前から「もうリタイアしたから二度とカイシャ生活には戻らない」と決心したことを書いておりまして、実際どう考えてもまた会社員になる、なれるとは想像もできませんが「ベツに決心するほどもことでもないなぁ」「もしも、おいしい会社勤めの話が私に転がり込んで来るのであれば、受けてもいいんじゃないか」「70歳までリタイアメントで暮らし、71歳でおいしい会社員に再就職できたとしたら、それはそれで全然OKじゃないか?」と、そんなふうに決心しない考え方もアリです。

まあそんなおいしい勤務など今の世の中では想像もつかないけど、10年先になったら絶対に無いとは言い切れないです。

会社員はまったく通勤しないで済むかもしれないし、報酬はお金と限りません。仮想通貨ってモノも普及し始めました。ネットも進化するだろうし、AIはふつうになるだろうし、そう考えると年齢に関係なくリタイアメント並の自由さを持てる社員制度が起きるかも??。

さらに、私ではないこれからリタイアする方々では、社員として在籍しながらリタイアメントとほぼ同等の自由が持てるリタイアメント社員制度みたいなものも出てくるかも。なにしろこれからは人材が不足するし、エキスパートには時々、あるいはたまーに社業に役だってもらいたいニーズも会社にはあるでしょう。10年後にはどうなるか楽しみなことはいっぱいあります。

だから将来はどう変わるか分からないので、分からない将来を「今と同じだ」と思って今決心しないで、行けるところまでズルズル両方引っ張っていく、という方法にもメリットはありそうだなぁ。

そんな気がしてきました。

だから、アーリーリタイアしようと頑張っている方々は、とりあえずアーリーリタイアできるだけのお金の用意と今後の夢を練り上げて、その上で会社に居られるだけ居て、何かチャンスが出てから日和見しながらリタイアを決行してもいいんやないでしょうか。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | アーリーリタイアの準備 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN