2017年08月23日

リア充よりも幸せな生き方記事と「phaの日記」について

phaという人がいまして、この方は京都大学を卒業し、その後早すぎる!?アーリーリタイア(と考えていいのでしょうね?)なのかともかく会社を辞めてふらふらして生活している方なのだそうです。

私はアーリーリタイア経験者としてブログを書いているので、ときおり他の同業者ブロガーの記事を読むことはありますが、定期的に眺めているものはこのphaという人のブログ「phaの日記」だけです。

その日記を、ではなく、phaという人が執筆した“まとまった記事”がwebに登場してきたので、下記にリンクを貼ります。
↓↓↓
「リア充」よりも幸せな生き方【前編】現代ビジネス記事へのリンク

このphaという人と私との共通点はそう多くはありません。私はphaという人が出た京都大学卒業ではなくもっと職業人養成校っぽい大学を出て会社員を長くやっていましたから、会社員生活脱走はもっと後になってからのことで、準備万端に整えてからの退職でした。彼が書くような、会社を辞めるとき脱走を止めさせようとする人は誰もいませんでした。しかも私にはphaという人がやった会社脱出方法はきっと出来なかったでしょう。そういう度量は私にはありません。残念なことですが。。

上記リンク先記事の中で、私と意見がまさに一致する箇所は・・・
“生きていくための最低限のお金は必要だが必要以上にあってもしかたない。それより時間の方が大切だ”という趣旨の部分です。
ここです。3ページ目に書いてあるところです。
だから必要でないお金を稼ぐために、必要である自分の時間を使ってしまうことはこの考え方、価値観の持ち主に限っては愚行です。

その価値観が私をアーリーリタイアへ引っ張ったのです。

phaという人も「ふらふら」と書いてはいますが、実際にさまざまビジネスをやっていると私は観察しています。その規模は彼のブログを見る限り私よりかなりデカイように見えるから、phaという人はこの手の一連のプロジェクトの塊を束ねるビジネスパーソンなのかそういうライフスタイルの実践家なのでしょう。

なのにどうして無職を決め込んで起業家にならないのかが不思議なところですが、きっとそんな手続きしてやるのダルいのでしょうね。それは分かります。

ただ、彼のやっているビジネスなのかライフなのかの進め方段取りが参考になるのではないか?と思います。

ひとつの例はphaの日記に「一人で意味もなくビジネスホテルに泊まるのが好きだ」という記事がありまして、読んではみたのですがあまりピンと来るものは無かったのですが、「一人」「意味なく」「〇〇する」というワードが私のアタマに残りました。

特に「意味なく〇〇する」ことは、そんなことダメじゃないの?とそれまで思ってきたことなのですが、このところ私も「意味なく〇〇する」を意識的にはじめています。それは結果として平均以上のものが得られるのですね。
「意味あって〇〇する」と残念、ガッカリ、失望を伴う場合がままあるのですが、「意味なく〇〇する」とそれが無いどころか、今日もそうだったのですが、予期せぬ収穫があったりするんです。

phaという人の「ふらふら」にはそのような効能があって、彼はそれを活かせているのかもしれないです。

phaの日記は彼と同世代の若者の間でけっこうな人気のようです。

定年を控えたビジネスマンにはどうなのでしょうか?今までの伝統的会社員ならペケポンの評価でしょう。おそらく。

phaの日記をリタイアメント直前の方々が読んで意味不明だったりかえってイライラするとイケナイので読んでみては?とは言いませんしphaの日記へのリンクはあえて張りませんが、もし上述の現代ビジネス記事を試し読みして、まんざらでははないと感じた方々はphaの日記を検索して進まれてはいかがかと思います。

ためになります。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:13| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

もし「明日からリタイアメント」だとしたら何すればいいか

明日からリタイアメントという人は、このようなシチュエーションです。
会社を辞めても再就職するためにハローワークに出向くでしょう。そこで再就職活動の意志を伝えて失業給付金の手続きをします。その給付金は人によって様々ですが、やがて1年以内に給付も終了し、そこまでに再就職が決まっていない人もいます。

就活最初はどこか一社ぐらい自分を雇ってくれるだろうと思ったし、自分もなんとなく気に入る会社が現れるだろうと期待もしましたが、2か月経ち、6か月が過ぎる頃から、そんな会社は見つからないんだ、という実態に気づく時が来るかもしれません。求人はいっぱいあるからえり好みしなければどこにでも勤められるけど「そこまで妥協したくない!」。そう思ったものの一向に気に入る求人情報が見つからず、結局失業給付も終わってしまった。

さあどうする?
だったらこのまま引退と決め込むか・・・もう歳だし。。

こんなシチュエーションになった時、というかそうなる前に考えた方がいいだろうことを当ブログ記事にしてきましたが、そんな方々の最も切実な目の前の問題は「俺はいったい“明日から”何したらいいのだ?」という問いでしょう。今日はそれについて書いてみたいと思います。

1.気晴らしする
気晴らしはなるべく熱中できて余計な事を考える自由時間が無いものがいいと思います。リタイアを決め込んだ直後は自信が無くて他の人と比べて落ち込みますからいつも頭が他で満たされるような遊びが気晴らしになるでしょう。だから旅行などは個人旅行せず団体旅行で同じようなシニアに混じって雑談や自慢話に花を咲かせられるようなもの。映画ならスリルとサスペンスに溢れるような、余計なことに気が散らない熱中できるものがいいと思います。魚釣りやパチンコは大物が釣れたり玉が出っぱなしになると興奮するからいいですが、そうでないと「俺、こんな事をしていていいのろうか・・・」と考え始めてしまい「いいのだ!」が正解なのに「ダメだダメだ」などと間違った方向の思考に行ってしまうかもしれません。だからあんまりお薦めできません。

2.セミナーに出席する
銀行や証券会社がする「投資セミナー」は口座を持っていたらタダで受講できるし、まさに金儲けの授業?ですから持って来いです。しかも同業者とおぼしき人々で会場がいっぱいですから「みんなで居れば怖くない」雰囲気バツグンです。お薦め度が高いですが注意することは銀行や証券会社はあなたにカモになって欲しいからそういうセミナーを開催していることです。それに乗って投信や株を買ってもいいのですが、乗ってもいい人は銀行や証券会社の言い成りにならない人だけです。

3.散歩や街歩きは、必ず観光地でしましょう
観光地なら平日でも観光客であふれかえっていますから、その中にリタイアメントの自分が混じったら実に目立たず落ち着きます。ビジネスマンで賑わうオフィス街を散策するのは気が弱い人は避けた方が無難でしょう。バリバリ仕事しているだろう現役に比べて、また「俺、こんな事をしていていいのろうか・・・」と考え始めてしまいます。オフィス街歩きはもう少しリタイアメントライフが板に着いた頃、フリーランス風の服と小物で武装して出かけるのがいいです。

4.フィットネスクラブに行く
フィットネスクラブ会員はお金かかるけど、まあ行ってみましょう。モヤモヤは発散できた気分に一瞬なります。でもここでは全力でトレーニングに打ち込む姿を回りの人達に見せつける気構えで臨みましょう。ここでボソボソと物欲しげに周囲に話かけると、あ!コイツ寂しいんだ!とバレてしまいます。

5.とりあえずパソコン開いてその前に座る
こうするととても落ち着くものです。この行為はまさにサラリーマンの習性と一致しています。彼らは朝オフィスに到着するとパソコン開けてメール読んで「・・・俺が焦るようなメールは無いな」と安心したらその後はニュースを眺めてコーヒー飲みます。これはそのまんまリタイア後のライフで自宅で再現できますから、そのひと時、きっとくつろげることでしょう。

6.そして投資に目を向ける
パソコンを開けて何気なくネットサーフィン(死語)しているとウィルスが仕込まれたサイトを踏むかもしれないし、家族に「お父さんまたそんなサイト見て!」と咎められてバツが悪いから、リタイアメント定番の投資の勉強を始めたらいいと思います。投信買ったり、株の売買したり、FXやるという行為はなぜか一応ビジネスだということになっています。そういう今までにあまり手を染めていないジャンルに踏みだすことはリスクを伴い、危険なので、そのスリルによって興奮し、熱中できます。
実際、投資はいつも含み損を抱えながら進んで行くものです。だからホント!リスクがつきもの、もし失敗したら大損になります。そうなりたくない人はパソコンで投資を勉強する代わりに節約サイトの熟読に励んだらと思います。

7.家事する
家事に手を染めるのは、リタイアしてからではなくて、会社を辞めたらスグ開始するのがコツです。理由は、何は無くとも奥様の気分を逆なでしないためです。これは重要事項です。間違っても奥様の機嫌を損ねることをしてはいけません。もう少し正確に言うなら、奥様はあなたが会社を辞めると話し出した時点から、もう気が動転して機嫌が損なわれていますから、それを幾分でも修復するような気持ちで家事を引き受けなだめるわけです。これに失敗したらリタイアできません。無理やりリタイアすると針の筵の毎日が待っていますが、それで済むならまだラッキーでしょう。

家事は奥様から必ず「家事ハラスメント」を受けます。なんていい加減な掃除なの!あんたの片づけは整理じゃなくてただ押し込むだけじゃない!とかの罵詈雑言の類です。これにはひたすら耐えましょう。まだ会社でのストレスに比べたら屁でもないです。しかしずっとその状況が続くと(続くわけですが)さすがに精神疲労しますから、そのときは上述した方法で『てやんでぇ』と小さく呟きながらストレス発散したらいいかと思います。

こんな小手先の方法の積み重ねでも2,3年は持ちます。
その間に、次は何を始めようかともうちょっと生産的なことを考えて徐々にそっちへシフトして行ったらどうでしょうか。私はそうしました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 09:00| Comment(2) | リタ活 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

自己都合退職でのアーリーリタイアは、やらない方がいい

「大庭さんがアーリーリタイアしたの聞いて、俺もしてみようかなぁ・・・」
そんな呟きを聞いた私が咄嗟に出した回答は「それはやめた方がいい」。

私は今までに自己都合退職とリストラ退職を一回づつ経験しました。46歳でまず自己都合退職したとき、ふと「このままずっと会社生活に戻りたくないな・・・」とアーリーリタイアが頭を過りましたが、当時は経済的にまだ余裕が無かったため、その考えを押し殺し、転職してもう一回会社勤めを再開させました。だから46歳で自己都合退職したときにアーリーリタイアに踏み込まなかったのは、お金がまだ足りなかったからだと、とずっとそう思ってきましたが、実はそうではありませんでした。

こう気づいたのは心境の変化ではなくて、自己都合退職ではセイフティーネット(生活の安全装置)がほとんど無いからです。違う言い方をするなら会社都合退職であればけっこう“使える制度がそろっている”からストレス少なくしてリタイアに歩み易い、と言えます。

たとえばリストラなど会社都合退職では、失業給付金がハローワークでの手続き後すぐに受け取れますが自己都合退職では3か月待たされます。ふつう退職後ただちに国民健康保険に加入すると年間80万円とかの高額保険料を徴収されますが、これも会社都合退職では申請により減額可能です。だから退職後の生活の不安がこれらによってだいぶ緩和され、安心感があるから生活は安定し易いです。が、自己都合退職では特に失業給付金を受け取るまでの3か月間の空白は耐えがたいです。

妻や子からは「はやく再就職して欲しい」と毎日気を揉まれるだろうし、年老いた親も的外れの勤め話を持ってくるかもしれません。そういう雰囲気の中で再就職せずにリタイアを決め込むには病気か何か、皆を納得させる特別な理由が無い限りきっと耐えられないでしょう。

私は「俺もアーリーリタイアしてみようかなぁ・・・」と言った上述の知人に、そんなような話をやんわりして「奥さんがきっと辛い思いするから・・・」と諭しましたが、当の奥さんも、もしそうならそれでもいいか、みたいなところが見えます。そのご家庭はかなりお金持ちに見えますから、もしかしたら経済的には辞めてもぜんぜんへっちゃらなのかもしれません。そういうお金持ちの引退については私の意見も限界があって及びません。

その夫婦はたまたま思い浮かんだことを言ってみただけなのかもしれませんが、そう言われたことを機に考えると、上述のように自己都合退職経由アーリーリタイアは悪いこと言わないから「やめときなハレ」。と考えるが今の私にはしっくりします。

アーリーリタイアを考えたい自己都合退職者には、その代わりに転職がお薦めです。

「なんだ転職かよ・・・」と思うかも知れません。今まで転職した経験の無い人々は「きっとどこの会社に転職しても同じだろう」と考えがちだと思いますが“転職先を選べば”今まで以上に働きやすい会社に転職できる可能性があります。

私はかつて25年勤めた純国産の製造業企業からドイツ系IT企業に転職し、そこでリストラ退職しました。転職した理由は、25年勤めた立派?な会社でしたけど、私自身はそこに以降も勤め続けるのがとても嫌になってしまい後先考えずに飛び出してしまいましたが、知人から紹介された件のIT会社に面接に行ったとき、この会社だったら今までと違うかも!とふつうじゃない雰囲気を感じたことでした。それでその会社へ飛び込みました。

確かにふつうじゃなかったです。
それまでの純国産会社では、たとえば朝出社したらいつもの同僚が席にいて「おはようございます」式のいつもの朝から一日が始まりました。これが私の知っているふつうの会社の雰囲気でした。新しいIT企業は「会社じゃなくて電車だな!」と感じました。同じように朝にオフィスのドアを開るところまでは同じですが、その後は空いている席を見つけて「ここいいですか」と横の人にことわり、挨拶もなく席に座りパソコンを広げ上司やそのまた上司が次々に送ってくるニュースみたいなメッセージを読むことから一日が始まります。横の誰だか何の仕事を担当している人なんだか分からない人にも話しかけられません。なぜなら彼らは耳にイアフォンを入れ、音楽聞きながらプレゼン資料作成に夢中になっているからです。まさにこれは電車の中の雰囲気そっくりです。

仕事のやり方も全然違いました。
「あなたの仕事の範囲はここからここまで」というのがすごくハッキリしていて、仲間同士で無条件に助け合うことはふつうはありませんでした。でも助けが必要になることがあるから、そういう場合はヘルプが欲しい人がその上司に言い、上司が別の誰かに「あなたこの仕事のこの部分をやる?」と調整にあたってくれます。その結果、成績評価のとき「俺は彼の仕事を何時間やって成果物を作ったのだから、その分の成績給を上げてくれ」と要求でき、その要求は上司に無視されないという仕組みができていました。最初は慣れなかったけど、慣れたらこれらの社内の雰囲気と仕事の仕組みは私にとってすごく居心地のいいものでした。

これは私の場合ですから他の方々はそれぞれ別の自分に合った働き方をどこかの会社で見つけられるのではないか?と私は思います。家庭的社風がいいとか、指示命令がシッカリしている方が働きやすいとか。いろいろ人によって違うでしょう。

もし自己都合退職する人が、その後の生活資金に余裕が無い場合は、四の五の言わないで給料の良い会社へなるべく早く飛び込むしかないと思いますが、そうでなくて、ある程度貯えは有る場合は、上述したように“自分に合う社風”をテーマにして次に勤める会社を選ぶ方がヘタにアーリーリタイアを決め込むより、かなり無難です。

このような社風重視の転職をする場合には、
自分の専門や経験、あるいは得意な仕事などを第一に考えるより「嫌ではない仕事をやっている居心地のいい会社」を念頭に探し回った方が良いと思います。給料もさほどパッとしないこともあるかもしれないけどアーリーリタイアが頭を過るとしたら、足りないけどある程度の貯えができたということでしょうから、給料よりも「居心地がいいこと」の方がベターだろうと思います。

しかし居心地が良いかどうかは実際には勤めてみて初めて分かることだし、何がどうだと居心地が良いと感じるか、についても自分でまったく意識しなかったことで居心地が左右されることもあります。だから何社か面接に行き「事務所の中を見学させてもらえませんか」と尋ね「OK」となった会社の中から一つに絞って就職してみることでしょう。めでたく合ったら結構なことですが、1年か2年経って「やっぱりどうもここも合わない」と思ったらまた転職することになってしまうかも知れません。そんなことをやっているとだんだん「ふつうの人」のふつうの仕事とは離れて行ってしまうこともあるでしょう。しかしアーリーリタイアしょうかな?ぐらいの気持とそれなりの貯えが既にあるなら、会社勤めする最後の時期は、ふつうではない働き方の時期もが有っても悪くないんではないですか?と私は言いたいです。

私が最後に勤めた上述IT企業も日本ではふつうの社風ではありませんでした。商習慣も日本に合わなかったようでクライアントを満足させられず、それが肌に合わなくて辞めた同僚も少なくないですが、なぜか理由ははっきり書けないですけど私には合いました。これならもうちょっと勤めてもいいなぁ、と思っていた矢先、突然にリストラが断行され、私を含めて社員の4分の1ぐらいがアッちゅう間に去ることになりましたから、大企業ではない変わった小企業は割と簡単に吹けば飛んでしまいます。

でもリストラになったので、私はこんどは自己都合退職じゃなくて会社都合退職になりました。お次はNPO法人に勤めようと考えて、一時期無給でそこで仕事しましたが、そのNPOでは給料無くても仕事キツ過ぎ!と舌を巻き、職員登用の話も出ない短期間で、そこを辞めて今のセミリタイア8年目です。

繰り返しになりますが、もし貯えがあってそれなりの余裕が生活にあるのなら、自己都合退職でリタイアに直行!ではなくて、遠回りしてみたらどうでしょうか。

この記事に関連する別ブログ記事へのリンク
↓↓↓
会社を辞め難いのは周囲がみんな、そんた君だから(リタ研ブログ)へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:58| Comment(8) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN