2017年09月26日

足掛け70歳にして再就職した男のはなし

私が所有する東京の自宅近くに住む、ご近所さんの知人男性が、先ごろ70歳目前で再就職して給与所得者になりました。私自身はもう会社に就職して勤めるということは興味も関心も無いところなのですが、一般には終生勤め人でありたいとするムードがあるので、何かの参考になるかと思い彼の経緯を整理して、どこにそんな恰好で高齢者再就職のキッカケが落ちているのかを書くことにしました。

ご近所さんの知人男性の最近の仕事は行政書士でした。以前はたこ焼き屋をやっていたことも、1990年前後のバブル時代はナイトクラブの従業員を確保する仕事などをする総務部長職をやったことがあるとの話で、いわゆる一流企業のような会社には勤めたことが無いから「俺はカイシャってもんが分からない」とは言っていましたが商売や経理のテクニック、人集めなどの職人?という感じの方です。

足掛け70歳とはいえ想像する70歳男性のイメージよりは若く見え、59歳の私と一緒に駅前の居酒屋で飲んでいるとき、おそらく周囲の人は同年代だと思う事請け合いです。

そういう彼はこのところずっとある社会福祉法人の立ち上げ業務を行政書士の立場で請け負って面倒みていたのだそうです。
行政書士の仕事をやっているのだから、特に勤める必要はありません。報酬は得られるし本人と奥様は既に年金受給しているから生活に不自由はなく、本人も「また今日仕事入っちゃったんだよなぁ」などと言って私との一杯飲みに行けなくなったことを悔やんでいることもありました。行政書士は自営業だから仕事のある日もあれば無くて飲みに行ける日も多いのです。

そういう自由を愛す彼は、最近事もあろうに仕事先の社会福祉法人になろうかという団体の職員になってしまったらしいです。その経緯は、社会福祉法人になるためにはさまざまな職員を確保する必要があるのだそうですが、一番頭を痛めたのが経理と経営を管理する担当職の採用だったらしいです。経理担当として帳簿はできるけどそれだけではダメで経営に対して助言できるようでなければいけないのだそう。しかし今のご時世でそういうマルチな人材をまだ名も無いような団体で採用するのは難しく、しかもフルタイム勤務でありながら、そう多くの仕事量まではありません。せいぜい毎日2,3時間の仕事量があるかどうかでありながら、一方社会福祉法人に成りあがるためには常勤での職員が必要だということでした。

それで結局は団体の理事長から「あなたがやって欲しい」と言われることになり、いろいろ話し合った結果とにかくそうしないと社会福祉法人は立ち上がらないから引き受けたという経緯だそうです。

勤務は月曜から金曜まで毎日で週5日勤務。つまりフルタイムです。その代わり仕事がそう無いから午前11時から午後3時までで途中一時間休憩もアリの一日3時間勤務だとか。これで月に15万円ぐらいの給料を受け取ることで調整しているらしいです。

彼はこのようにしてまた勤め人になる決心をしたのですが、そのために行政書士の仕事を今後どうするのか?悩ましいらしいです。毎日3時で帰宅するからその後に副業としての士業をやるのか、あるいはもう勤めだけとするのか。

私はそれを聞いて、勤め人は毎日出勤しなければならないけどその代わりキチンと給料が受け取れるから安定していていいけど、あなたの場合は今まで仕事取ってきてナンボの世界、つまり狩人みたいな暮らし方をしていたから、そういう稼ぎ方と比べたら刺激が少なくて退屈するんじゃないかと言ってみました。
それに対して「まあ、なんとも言えねえなぁ」としか彼は言いませんでした。しかし彼の奥様はなんだか嬉しそうでした。「この歳になって再就職なんてねぇ!!」みたいに声が弾んでいたのが印象的でした。

彼が再就職を果たしたのは偶然もあったけど、経理と、たこ焼き屋やナイトクラブの人材集めなどの経営現場の経験が有ったから、それを買われたから雇われたのではないかと私は思います。定年退職後に複式簿記の資格を所得しましただけだったらきっとダメだったでしょう。

こんな話で酒飲みながら盛り上がって話をしている最中、私は厚生年金保険はどうするの?と彼に尋ねてみました。
彼は「詳しくしらねぇなぁ、きっと払うことになると思うよ。だけど今だってそういう年金もう受け取っているんだよなぁ。払ったらその間受け取れないってことになったら嫌だよなぁ。」と年金のことはよく知らない感じでしたが「ま、厚生年金は保険料が勤め先と折半だし、俺が死んだらウチのカミサンの受け取る遺族年金増えるから厚生年金保険料払っておきゃあ、いいんじゃねぇの!」とも言っていて、さすがにあまりお金には困っていないんだなぁという実態を彼は覗かせました。

ネットでササッとザックリ調べてみる限り、勤め人にカムバックする場合は70歳までは厚生年金に再加入しなければならず、その先希望すれば75歳だろうと80歳を越してでも厚生年金には加入できるように最近制度が変わったらしいです。
私は東京の自宅へ関西の自宅から3,4か月に一度行くので、そのタイミングでまた彼と酒を飲みながらその後の仕事の話を聞こうとおもいますが、きっと彼は勤め人と行政書士の仕事を二股かけてやるだろうと思います。なぜなら彼はいつも酒飲みながら「なんか面白れぇはなしないか!?」と、ニュービジネスの発掘について余念がないから、きっと立派に立ち上がった社会福祉法人の職員で毎日ピストン運動のように自宅と職場を行き来するだけでは退屈で嫌になってしまうだろうと思います。

だけどしかし奥様の喜びようは、いつもは真面目な顔立ちなのが満面の笑みを浮かべていたのが印象的で、勤め人というのはそれだけ価値があるもんだなぁ、と改めて思わされました。

まあとにかく、このような経緯で就職できたので、ふつうに会社に面接しに行って採用されて勤めるのとは入口が違うので「即戦力」というより「即要人」になれるのでしょう。めでたい話です。

テレビ番組を見ていると「俺、アイツとは知り合いで、たまたまアイツが『俺の会社手伝わないか』と言うから、それからすっとここで働くようになった」みたいにインタビューに答えている人が登場するのを見ることがありますが、きっとこのパターンは上述の行政書士の隣人知人と同じパターンの再就職の一種だと思います。

それで、こんなパターンの再就職は、なんだかその後楽しく仕事ができるような気がしました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:08| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門を電子書籍にまとめました

会社生活から引退後した夫婦二人を前提に、年間200万円でストレスなく暮らしていくライフスタイルについての電子本を当ブログを営むseesaaが運営する電子書籍の出版・販売サービス forkNから出しました。
以下のリンクからご覧ください。


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男
forkN
350円です。

私自身がアーリーリタイアしてからの生活体験をベースに、当ブログや姉妹ブログに書いてきた事柄を中心に「夫婦二人で年間200万円のライフスタイル」をまとめました。

生活費が毎年だいたい200万円ぐらいなら、年金も含めて収入も200万円あれば良いことになります。夫婦で年金も入れて年収200万円というのは、場合によっては所得税や住民税もかからない「無税生活」ができる可能性もあります。だから生活コストは一段と下げられますから、まさに合理的生活コスト(あるいは収入)と言ってもいいでしょう。

しかもやり方次第、本の中ではこれを「生活のチューニング」と書きましたが、やり方さえうまくいけば年間200万円でもそこそこの贅沢が可能です。私と妻は今年まで59歳なのでまだ国民年金保険料を合計40万円弱払っていますから200万円を少し超えていますが、来年からは支払い義務は無いので、私はたとえば毎年20万円のマレーシア旅行に出かけても200万円に入ると思います。

おそらく年金受取額が多いと、年金といっても所得税や住民税がかかってしまうので、税込みで生活コストは増えてしまうでしょう。私は今後も引き続き夫婦二人で年間200万円のライフスタイルは、きっと健康寿命までは続けていくでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:58| Comment(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ボランティア活動ネットワークとクレジットカードの似たような注意点

クレジットカードをたくさん持ちすぎるのはキケンです!というフレーズをネット上でたまに目にしますが、似たような現象がボランティア活動ネットワークにもありそうだ!ということに気づいたので、とりあえず記事化しておきたいと思いました。

リタイアメントは退職後のライフワークとしてボランティア活動を目指すことが珍しくないです。ボランティア活動の課題はいくつかあると私は10年以上いろいろな団体活動を経験して感じていましたが、また課題がひとつ顕在化しました。

その課題とは会費地獄・・・地獄とは言い過ぎですが、うっかりしていると気がつけば、この団体に年会費5千円、あの団体には3千円、そして今日入会した団体には1万円とか・・・いつの間にか“多重会費納付者”になってしまうかも??こういう現象はクレジットカードを多数枚数持ちしているばっかりに、それぞれの支払い金額が分からなくなり、しかも年会費が嵩んで、知らない間にお金が流れ出していた・・・とかいうことに遭遇することと似ています。

私は10年以上前から、とある里山再生事業をするNPOに入会していまして、そこの会費は3千円です。しばらく会費制の団体への所属はそのNPOだけでしたが、一昨年から全国ネットでやっているもっと大きな団体のセミナーに参加したのをキッカケに、その団体の会員になり年会費5千円を払うようになりました。この両方で年に8千円です。

このようなボランティア団体は活動したからといって明確な報酬があるわけではなく、あったとしても交通費相当額ぐらいの、いわばスズメの涙ぐらいをたまーに受け取るだけで、決して儲かるわけではありません。でもまあ活動そのものは自分の価値観と一致しているし、同じような考えを持った人が集まって来るから気が合い易いという“居心地の良さ”があります。

この“居心地の良さ”が会費地獄の温床になるリスクがあるよ!と私は気づきました。

ボランティア団体は、他の団体とつながってネットワークを築く特性があります。あんまり独立独歩のボランティア団体はありません。非営利団体なので似たような他の団体があっても企業間のように競争することは稀で、だいたいは「一緒にやりましょう!」と意気投合するような雰囲気になるのがいつもで、その中にいる人はしだいに行動の輪が広がっていく式の、まさに「絆のつながりがふえていく」ようです。

これはこれで悪いことではないのですが、絆という文字は「くさりでつながった・・・」を表していると言われるように、一旦つながってしまうと自由が効きにくいデメリットも生じてしまう。ここがボランティア活動初心者予備軍のリタイアメントに是非とも押さえていただきたいツボです。

会費の制度を持つボランティア団体は珍しくはありません。
なぜなら非営利団体は収入源が実に乏しいです。会費収入で細々とやっている団体が多いです。だからどの団体でも会員を増やすことに取り組んでいるから優しく魅力的に「うちの会員になりませんか」とアプローチされるチャンスがやたら多いです。しかも会費といって年間数千円程度ですからフィットネスジムの会費より安いし、同じ趣味を持った仲間ができるしとメリットも多いのですが、あちらこちらから誘いの手が伸びてくるのがこのボランティア団体の勧誘に身構えていなければならないところだと思います。

優しく魅力的に「うちの会員になりませんか」とアプローチされる、と書きましたが、こう書くと何だか裏に悪だくみがあるような印象を与えそうなので断っておきますが、どの団体もそんな悪だくみを考えているわけではありません。むしろ純粋に、自分達がやっていることは公共の役にたつ立派な事業だから、なんとかそれを普及させたくて、そのためには人材と会費が要るので、そのように新人獲得のために各メンバーが「うちに来ない?・・・」と声をかけるのです。

が、そういう勧誘の声があっちからもこっちからも来るから、
「まあこの団体なら良さそうだなぁ」と思って会員になって会費を払い始めたら、別の団体の人と知り合いになり、その活動を試しに覗きに行ったらすっかり気に入ってしまって2つ目の団体に入会して会費を払うようになり・・・とどんどん会員になった団体が増えて行き、会費も膨れていく。こういうことは「さもありなん」なことです。

ただ、ボランティア活動を続けていくためには、一つでなく複数チャンネルの団体に加入しておく方が得策だとも私は考えています。その理由はひとつの団体だけの人間関係をやっていると、時々息苦しくなるからです。そういう場合は活動参加の優先順位を他のチャンネルに切り替えて息抜きできるようにするのが得策です。

複数の団体に所属して、だけど多重会費納付者にならないためには・・・
お目当ての団体でしばらく非会員としてやってみることがいいと思います。いきなり会員にならず、参加する頻度も何回かに一回程度にして、会員になりそうなならなさそうな「なんともハッキリしない態度」のまましばらく活動した後に会費を払う立場に進出するか、止めるか、決めたらいいと思います。

それに、ここの団体は良さそうだ、と思っても、次にもっと良い団体に出会う可能性が高いです。リタイアメントは会社を辞めて組織を離れた心細さから、早くどこかの団体に所属したいと考えてしまいがちですが、それが早とちりだと後になって気づく場合があります。だからここは冷静に非会員のお試し期間のように振る舞っておくことがいいです。そしてお試し期間の間にヨソの団体にもアプローチを重ね、なるべく会費が少ないか補助金をうまく使いこなしているところ、あるいは高くついても他に比べてダントツに自分にとって居心地の良い団体を探すことが良いでしょう。

一方自分の好みに合う団体はたくさんあるわけではありません。どこかの団体で立つ鳥跡を濁さずに反する辞め方をすると、その団体員は他の団体とつるんでいることもあって、良くない評判を残すことにもつながりかねません。

なので、ボランティア活動を始めようとする際には、必ずお試し期間を自分で決めて、よく実情が分からないのに、とりあえず会員になってしまおう、とする行動はとらない方がいいと思います。
タグ:会費

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:35| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN