2018年06月22日

時代は進歩している?もはやアーリーリタイアは時代遅れか?

一昨日のテレビ東京WBS(ワールドビジネスサテライト)で特集していた「定年後の再就職 うまくいく人 いかない人」を見て、時代は進歩しているのかもしれない・・・と思いました。

私は今年もうすぐ満60歳に到達しますが、もし今もまだ会社員で、しかも60歳以降を再就職するかどうか決めかねている状態だったとしたら、きっと上記特集の中でゲストのCEAFOM社長の郡山史郎氏が言ったような「週3日勤務」で「自分の好きなときに好きなことを好きな時間にやる」、こんな会社に再就職希望していただろうと強く思います。

番組の特集冒頭付近で「シニアはもはや新入社員のように働けない、だから定年とかで退職するのだ」その一方で「給料安くても働ける、というのがシニアの強み」と郡山氏は言っていたと記憶しています。

私が最後に退職した8年前に、まさに薄給など関係なく、できる仕事で、楽しく、週休3日か4日の勤務ができる会社を、関西地元から大阪地域まで3か月間一生懸命探しましたが、自分のできる仕事で週休3日という条件すらクリアーできる仕事はひとつも発見できませんでした。実際週休3日の仕事は求人にありましたが、薬剤師やレントゲン技師、カメラマン、測量技師という私にはできない仕事ばかり。なのでその後はNPO法人への職員登用を志しても、こっちも望みと異なり、結局自宅でできる個人事業主への方向に舵を切って今に至ります。

そんな私の体験に照らし合わせると、郡山史郎氏の話は、薄給を気にしないで今までとは異なる畑も厭わないという、条件つきのシニアにとってはまさにバラ色の話でなかったかと思います。

自分の好きなときに好きなことを好きな時間にやって週休3日、その代わり給料は20万円ですよ!って言ってたけど、私は年収30万円の個人事業主だから、もし「好きなときに好きなことを好きな時間に」というキャッチフレーズが本当にほんとうだったら、こんないい話は他にないと思います。

このような世界が本当にこれからメジャーになっていくのなら、私でアーリーセミリタイアは終わった、と言っても過言ではないでしょう。
この話が本当なら、アーリーセミリタイアに期待を賭けるのはすぐ止めたほうがいいです。

ただ、にわかに私はこの番組の話を信じられません。

もしかしたら時代の先端を行く東京で、少しこのような事例が出てきただけなのではなかろうか?と、根拠はないけど、そんなふうに思えてなりません。

確かに・・・
「定年退職後の人は、それまでより給料は安くても生活できる」については、人によっては正解です。歳が進めば進むほど子育ては終了してその費用負担が無くなり、公的年金も受け取れるようになるので、自分の稼ぎでの収入もその分低くてもいいことになります。

だから郡山氏の言うシニアの強み「安い給料、辞めない、休まない」の一つ目は理にかなっています。ということは私が8年間知らない間に、企業求人情勢は、上述したようなかつて52歳だった頃の私が夢見た「これからは好きなことで週休4日だ!」が容易く実現してしまう、しかも月収20万円ももらって!のステキな世界になっている??のでしょうか?

ただ郡山氏は「やってはいけないのは、今までの会社を退職してから、ブランク期間をつくることだ」とも言っていました。会社勤めしていないブランク期間がある程度長くなると求人側の会社もその人を雇いたくないし、働く側も仕事に対応し難くなる、とこういうわけで、これもそうだと思います。52歳だった私も53歳頃にはもはや再就職には興味が無くなりました。

番組の結論は、再就職したいシニアは、退職後ただちに勤務できる給料安いけど自分の好きなときに好きなことを好きな時間にやることができる次の会社を是非用意するように!となるでしょう。実際にそれができるのでしょうか?時代はそこまで進歩したのでしょうか?どうも私には釈然としません。

郡山氏は、もうひとつやってはいけないこととして、借金して自分で会社を立ち上げること、とも言いまして、ついでに「個人事業はそんな危険なことないから、これはどんどんシニアにやって欲しい」とも言っていました。シニアになってから大きな起業をすることは非常に危険だ、しかし自分一人なら大丈夫だ、ということだそうです。

私の感覚では再就職して自分の好きなときに好きなことを好きな時間にやるとは限られたラッキーな人だけ得られる世界で、それより個人事業主にこぞ「好きなときに好きなことを好きな時間にやる」を可能にできる方法だと実感しています。

こういう私の感覚が時代遅れになっているほど、すごく世の中進歩したのかもですが・・・


タグ:週休3日

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:16| Comment(0) | 辞めてからの心の支え問題 | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

危険な株取り引きに熱中する方法

株の売買に参加すること自体が危険と見る風潮があると思いますが、ほぼその通りだと思います。だいたい株はじわじわとしか価格が上がらず、下げるときには土砂崩れのように下げますから危険なものです。

そういう株の中で、私は今週木曜にビート・ホールディングス・リミテッド(9399)という今まで聞いたこともない銘柄を100株買いました。
買った理由は、儲かるかもしれん!と思ったからです。株と買うのは実際そのぐらいしか理由がありません。
しかしこの株を買うことはハイリスク(これは確実)ハイリターン(紙屑になる可能性も大きい)の中でもかなり怪しい?銘柄としか私には見えません。

なぜなら、
この会社は香港系企業が日本の東証第二部に上場した企業ですが、はたして赤字続きで存続可能なのかどうかも怪しい感じ、そこに目をつけたのか、ノアコインという海外仮想通貨を操る集団がこの企業に多額の資本参加して経営陣を送り込み、仮想通貨拠点進出に役立てたいとの戦略に巻き込まれそうなのか、もしくはビート・ホールディングス自身がそれに積極的にかかわりたい模様なのかもしれません。その仮想通貨拠点拡大戦略の思惑なのか、最近大きく株価を上げました。

赤字続き企業であること、仮想通貨という胡散臭いキーワード、しかもノアコインをググると詐欺というキーワードも連なり、なぜそれで株価が急騰しているのかが胡散くさい。そんな雰囲気満載の銘柄だと私には見えます。

ただ、上げたといっても株価は今週は800円台だったので、安い部類です。
しかも1株から売買できるので、今だったら1000円以内でも買おう!と思ったら買えます(ただしこの先1000円を超えてくるのか、ゼロ円近辺に墜落するのかは誰にもわかりませんので念のため)

私は870円で100株買い、今は含み損ですが・・・楽しめそうだ!と期待しています。

このような株の売買では「遊び」が重要だと私は思います。
上に「期待しています」と書いたように、確かにこれでドカッと儲かることも夢見ていますが、反対に暴落して、饂飩食らって寝ちまいたい気分になることも想定していて、これが遊びなのです。

どこが遊びなのか、
上手くいくか、失敗するか分からないけど、やらない限り何も体験できないから、おっかなビックリやってみよう!と挑戦するところが遊び要素で、まさにゲームなのです。

ゲームにはスリルが必要です。
株には比較的安心安全な銘柄もあります。まず潰れる可能性が無くて、配当もたくさんあり、あまり株価は上がらないかもしれないけど、そう大きく下げもしない、長く持っていれば配当と株主優待で「それなりに儲かる」銀行に預金するよりいいですよ、という銘柄もあるけど、そういうのは保持していても私にはスリルがありません。

もし本当に暴落したらどうするのか・・・
座してその結果を受け入れるのみです。
それが本当に起きると私はほぼ9万円の損をしますが、9万円の損は確かに痛くて今後一生の思い出に残るでしょうけどそれだけで済みます。

反対に儲けたらどうするのか、
有頂天になるのみです。
1万円ぐらい儲かっても生活には何の変化もありません。10万円儲かっても同様でしょう。

ではどうやって遊ぶのか、
もしこの銘柄が仕手株だとすると、仕手筋は大儲けを企んでさまざま仕掛けてくるわけです。その大儲けの上前はねる挑戦をすることです。当然仕手筋は遊びではなく生死を賭けて仕掛けてきます。だから対戦する側も真剣にやらないといけません。遊びだと書いたのは「負けても生活にまったく影響ない」ことでしかやらない、と決めてかかるところが遊びの肝心な考え方です。だから更にこの株を買い増しすることはせず、買ってしまった株をどのタイミングで売ってなるべく多くの利益を出すか、というゲームに徹して戦います。

このようなお金賭けた遊びは、巷では今国会で与野党決戦を迎えているカジノを彷彿とさせますが、日本のカジノ解禁を待つことなく、すでに制度が立脚していて、ネットでテレビで情報満載にバックアップしてくれる株取り引きで遊べる!とうこともリタイアメントとしてはひとつの選択肢になろうかと思います。

ただ、カジノも野党がさんざん危険だと言っているように、株も頭がカッ!となって次々にお金を突っ込んでしまう性格の人には禁物です。そういう方は株など危険なものには手を出さないのが賢明です。
たぶん、この銘柄の賞味期限はごく短いでしょう。
来週になったら、もうこの記事の続きは書けないぐらい様変わりして(下げの方へ??)しまっていることでしょう。
タグ:仕手株

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:15| Comment(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

株式投資生活の実際 俺の場合・・・

このところ手持ち株がほとんど買値に届かず、いわゆる塩漬け状態が続き、配当で得られる少しの株収入しかありません。
こんな私ですが、昨年は100万円には少し届かなかったけど、その程度の株による収入を得て、これで海外旅行にまた行けるとホクホクしていましたが、今年の1月末を境に、一挙に冬の時代に入ってしまいました。

でも大丈夫!新規公開株(IPO)があるから! そう思いきや・・・
事実今日は今年最大と言われるIPOであるメルカリの当選結果が発表されました。
メルカリクラスの大型新規上場の、佐川急便のSGホールディングスや、スシロー、コメダ、JR九州など確実に当選を決めてきたから、今日も楽しみにして証券会社のサイトを開いたら・・・まさかの落選(汗)でした。。

今年はお金に縁が無さそうです。

以前も記事に書きましたが・・・
私はもうかれこれ20年ぐらい株をやっているので、だいぶ株取り引きに慣れました・・・が、慣れたのは売買の手順とかのはなしで、いつ買って、どのタイミングで売れば儲かるか「理屈は分かっていても実際はその通りになりません」という状況についてはほとんど進歩が無いと言って良さそうです。

昨年まで儲かっていましたが、
その理由は日経平均株価などの指標が上昇を続けていたので、その波に乗って買った株が上値をさらに上げたことが私の儲けの理由です。さらに20年間の株の取り引き経験で、投資額に対する「怖さ」に慣れてしまって、その結果単に投資額を増やしてきたから、儲かるときには儲けも大きくなった、ってこともあります。

今でも株の価格は上がったり下がったりしているので、下がったところで買い、上がったところで売ったら儲けられることには変わりないのですが、塩漬けが増えてしまい、もう更に買い上がる気力が無くなってしまい「休むも相場」という格言を都合いいように自己解釈して売買を中断してしまっているので、配当以外の儲けは出ません。

だから海外旅行に行けません。
とはいえ、海外旅行に1回行かなければ、それだけ我慢したら他の生活に影響はありませんが。もうひとつ被害があるとしたら、株の儲けが見えないと体調も気力も調子悪くなってしまう。日常生活ではこの方が海外旅行に行けるか行けないかより身近な問題なのです。

世の中には株取り引きで生活している方々がいるらしいですが、私にはとてもとても無理のようにしか思えません。せいぜい儲かったときにそのお金で遊ぶだけが私にとっての精一杯です。
きっと株のお金で暮らしている方々は突っ込んでいる金額が私の300万円よりもっともっと大きくて、売ったり買ったりのメリハリの効いた売買をやっているのだろうなぁ、と想像しますけど、私には参考になりません。

たぶん今年の秋あたりには、例年なんとなくそうであるように、また一瞬だけ株価が上昇してくる場面があるのではないでしょうか?
日経平均株価がダラダラ下がりでも東証マザーズだけ伸びてきて、それに乗っかってマザーズ株の銘柄で儲かった日もありました。

一旦そんな瞬間的成功!を味わうと、また新たな銘柄を買い込むことに、今までなっていました。むしろ儲かった分で新たな銘柄を買うことが続いて100万円から300万円まで投資額が増やせたのも事実ではありますが。

だけど来年はだいぶブラックなのでは?
なぜなら消費税増税が来年10月に、まず間違いなくあるでしょう!とネットで、テレビで、解説サイトや番組でそう言っていますから、そうならどこかでまた下げてしまうのでしょうねぇ。きっとそのようにして下げ切ったときが買い時ですが、下げ切ったときに買うということは今まで20年株をやってきて、それができたことは一度もありませんでした。

だから株式投資生活とは・・・
儲かったら有頂天になって、儲けたお金で旅行とかにパーッとお金を使い、含み損を抱えているときは、体調も気力も悪くなるのと遊べないのを我慢しつつ、お金のかからないボランティアなんかの仕事に精を出して一日一日を過ごす。
俺の場合はこんな感じ。

他の人はどうなのかよく分かりませんが。。
私は先々までそんなでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:30| Comment(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。