2018年09月08日

60歳まで残っている アーリーリタイアメント技

52歳で会社生活にサヨナラしました。その当時は会社に勤めずに暮らすための技をいろいろ、たくさん試しましたが、
中には無駄だったもの、余計だったもの、勘違いだったものなどがあって、60歳の今ではだいぶ技もスリムになってきましたが、まだ相変わらず続けている技もあります。

もうだいぶ当ブログに「書かなきゃ!」と思う新しい話題も尽きた感じがしますが、今回は上に書いたような、生き残っているリタイアメントライフの技を検索に引っかかるように書きます。

1.ライフプランシートを書くこと
当ブログではシミュレーション表とかい名前で数年前に何回も記事を書いた、自分が死ぬと思うまでの将来の毎年に各年いくらお金が入って、そして出るかを書き並べ、残金を計算するエクセルシートのことです。これは私が認知症で頭ダメになるまで続けるでしょう。

このシートの良いところは、毎年の生活費や大物出費があっても、結果ちゃんとお金が足りるんだ!ということが分かるから、無駄な心配をしないで安心していられるところです。もちろん安心するためには、アレにお金使ったからコレは止めようとかいう「やりくり」をしますが、それもこのシートを使って「車は200万円のを150万で買えるのにしよう!」とか決められるわけです。

2.ボランティア活動 ただしやり過ぎ禁止!
リタイアメント暮らしを8年やっていまして分かることは、家族以外の、できれば多数と会話する機会をほどほどに持つことです。そうしないと思考がおかしくなり、偏屈になるとか、他人に会うのが苦痛になって、まさに孤独街道まっしぐらになる!?ことが分かってきました。なのでボランティア活動です。

ここでは会話の他に体を無理やり動かす「ジム」のような作用もあるから、続けている限り脚が弱って・・・状態にならないのではないか?と思われます。だから続けているのですが、ボランティアは「ほどほど」にしないと家庭不和の原因になります。

ボランティア活動は、生活を支えません。サラリーマン時代のお仕事はまさに家庭を支える活動だったから家族は我慢して耐えていましたが、リタイアしたら家庭を顧みないわけにはいきません。「どっちが大事なんだ!」と家族が言い出す前に、ほどほどの活動に抑えるように心がけた方が身のためです。でも世間のボラ団体は、町内会も含めてリタイアメントと見れば「あれやって、コレもやって、お願い!・・・」って言いよってくるのが常ですから、ほどほどにつき合いましょう。

3.株取り引き
会社を辞めるとスリルとサスペンスが無くなってしまい、毎日がのんべんだらり化します。特に悠悠自適系リタイアメントは、これでストレスなさ杉の漫然暮らしになるかもですから、サラローマン良性ストレスの代替策としての株取り引きは、私は「いいもんだ!」と感じています。

株は上手に儲けることが目的なので、そのためにはニュースや解説を調べ、想像し、買うとか売るとかいう実際の行動を行うから判断することが毎日要ります。投資をするだけなら投資信託という手もあるし、それもやってはいるけど、投資信託は長期保有になり易いので、調査とか判断することが無いから、これを多くやっても暮らしにあまり効果が無いんじゃないか?という感じもします。

4.ブログを書くこと
これは数年前に比べて10分の1ぐらいに減りました。書くこと無くなっちゃった!という感じがするので、もしかしたらこれは認知症の始まりなのか!?と思って心配です。
まあそれでも時々記事を書き、広告収入も減ったけどまだ有るから、今後もブログ書きは続けて行くつもり。

ブログ書きの良いところは、文章をサラサラ書ける技が身に着き、その特技でブログ以外で重宝することが多いことと、やはり頭の回転数維持ということです。ブログで収入化もあるけど、今までやって来てあんまり陽の目を見なかったからもう期待薄だと悟りました。

ブログ記事は読者受けする内容と書き方が鉄則だと、いくつものセミナーでそう習ったけど、私はその鉄則に従わないで好きなように書きましたのであまり読者が増えなかったわけです。だけどもう今更変えたくないので、読まれなくてもこのまま書き続けて行こうと思っています。

5.家事のお仕事 ただし主夫とか名乗るの禁止!
リタイアメントは会社に行かない分、家の仕事をやらないと、まさに粗大ゴミ化リタイアメントになります。だから何かを担当して家庭に貢献することは必須なのですが、所詮主婦のようなクウォリティーではできません。かならず奥様の文句を受けながらの家事仕事になることは覚悟の上で、できるだけそうならないような仕事を探してやり続けることです。

私は最初「主夫」だと言って家事にまい進しましたが「なにが主夫よ!」という評価に陥りました。どうやってもそこから抜け出せません。皿洗いでは、ほんのちょっとの汚れ残りは出来損ない主夫の証拠と揚げられ、町内会に行くと「旦那さんには言いにくかったのでちょっと・・・」と、私の妻になんやら細かいことをご近所さんが言いに来る。そういうことが続いたもので・・・私は主夫の看板は下ろしました。
今は「家事をしているだけ」の存在です。

おまけ、やめたこと
1.海外移住計画
マレーシアに長期滞在する夢が膨らんだ時期がありました。
今はマレーシアのペナンに毎年旅行しますが、お決まりのホテルに「微住」するにしました。言葉、ネット、交通、食べ物の点で今のところはどの外国より日本が上です。

2.ドケチ生活
ドケチに飽きたわけではありません。基本的に節約は私のライフワークなので続けていますが、ドケチしてまでお金を節約する理由が、リタイアメントには無いことが分かったので、ドケチは卒業しました。

サラリーマン時代は稼いだお金をできるだけたくさん残して早くリタイアする目的があったのですが、リタイア後には「貯めたお金を死ぬまでにどう有効に使うか」に変わります。昔はふつうだった「こどもに残す」は、私はいたしません。全部使います。

おまけ2、最近始めたこと
1.終活
二年ぐらい前からモノをなるべく買わないようにして、できるだけモノを捨てるようにしました。私が死んだら私の持ち物は、お金以外は全部ゴミになるから、そんなヤツらを先に捨ててしまおうという寸法です。

今年は60歳になったから、もっと終活に力を入れなきゃ!と思う、というか、妻から「早く終活しなさ!」と言われています。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:21| Comment(6) | 60歳後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。