2017年09月11日

夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門を電子書籍にまとめました

会社生活から引退後した夫婦二人を前提に、年間200万円でストレスなく暮らしていくライフスタイルについての電子本を当ブログを営むseesaaが運営する電子書籍の出版・販売サービス forkNから出しました。
以下のリンクからご覧ください。


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男
forkN
350円です。

私自身がアーリーリタイアしてからの生活体験をベースに、当ブログや姉妹ブログに書いてきた事柄を中心に「夫婦二人で年間200万円のライフスタイル」をまとめました。

生活費が毎年だいたい200万円ぐらいなら、年金も含めて収入も200万円あれば良いことになります。夫婦で年金も入れて年収200万円というのは、場合によっては所得税や住民税もかからない「無税生活」ができる可能性もあります。だから生活コストは一段と下げられますから、まさに合理的生活コスト(あるいは収入)と言ってもいいでしょう。

しかもやり方次第、本の中ではこれを「生活のチューニング」と書きましたが、やり方さえうまくいけば年間200万円でもそこそこの贅沢が可能です。私と妻は今年まで59歳なのでまだ国民年金保険料を合計40万円弱払っていますから200万円を少し超えていますが、来年からは支払い義務は無いので、私はたとえば毎年20万円のマレーシア旅行に出かけても200万円に入ると思います。

おそらく年金受取額が多いと、年金といっても所得税や住民税がかかってしまうので、税込みで生活コストは増えてしまうでしょう。私は今後も引き続き夫婦二人で年間200万円のライフスタイルは、きっと健康寿命までは続けていくでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:58| Comment(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN