2018年01月01日

2018新年早々のリタイアメント生活状況について

今年で会社生活を辞めて8年目となり、年齢も60歳の釜の蓋を開けることとなりました。
そのようなもはや既に短くはないリタイアメント生活を続けて来て、今実感することは「もうすっかりこの暮らしに慣れてしまった」ことだと思います。

ほぼ毎日、朝8時頃にベッドを抜け出し、9時の証券取引場オープンに間に合うように自室のパソコンを起動させてカブドットコム証券のサイトを広げ、だいたいは株価の推移を横目で眺めながらブログ記事を執筆する毎日が日課となりました。ただ最近はブログ記事執筆よりも地元小学校の総合学習の授業企画を考えたり書いたりしている時間がウンと増えたのが一昨年までと違う変化だったと思います。

ただ今年60歳になることを思うと、もうアーリーリタイアというフレーズはそろそろやめようか、とも考えはじめまして、かと言って「普通のリタイア生活日記」だと自分の背中を押すものが何も感じられないから・・・まあこのまま同じブログタイトルで行くことにするか!とやっぱり50歳代前半に比べると60歳目前の今はおとなしくなってしまいました。

50歳前半の私は是非ともネットビジネスで年収100万円を達成させてやる!と意気込んで100種類近いブログを乱立させましたが、それで最初は年に10万円以下だった収入が30万円程度に成長し、それ以降いくら書いても頑張っても30万円を超えませんでした。「これは限界か・・・」とやる気が下がり、今はだいぶブログ数を減らしました。それでネット収入が減りましたが、それに代わって小学生相手のボランティア活動費収入が少し持ち上がり、やっぱり全部合わせて年収は30万円止まりの状態が変わりません。

ただ3年前から本格的に、腰を据えて、お金をつぎ込んで始めた株式取引は努力の甲斐もあって昨年は77万円(税込みで)になり一昨年より60%増になりました。上述の収入と源泉徴収後の株の利益を足して、まだ100万円には届きません。今年こそは!と株には更にお金と気を配ろうと画策しています。

一方、我が家の昨年の家計はレジャーを入れない基本生活費が210万円。個人年金の年間受け取り額200万円を10万円超えていますが、予算の範囲内に収まっています。
私のお小遣いとして、だけど携帯や酒代もここに入れて自分の稼ぎの中から出している分が36万円。妻は妻の稼ぎから自分の個人的支出をしていまして、その額は私は知りませんが私よりもっと多いです。

なので昨年2017年は家計は予算以内で収まり、貯蓄からの出費も予定内。自分の小遣いは株と仕事の合計100万円に少し届かない所得に対して36万円の出費でしたから黒字となりました。

今さら黒字を貯め込んでも仕方ないのですが、この黒字はもっと増やして積み上げて、自宅のリニューアルに使おうと考えて・・・これが私を株に向かわせる動機になっています。

他の60歳の方々はどのようにお暮しなのか・・・
私はあまり他を見ることはありませんでしたので、詳しくは分かりませんが、今日届いた前前職の会社の元同期同僚からの年賀状を読むと、60歳で一旦定年となった後に再雇用として勤務しているそうです。しかも単身赴任までしているそうです。

いつもに無い長い文が書いてあったので、60を超えて何か決めなきゃならないかと、私に何か聞きたいのか?そんなことを忖度できるような意味深な賀状でした。

もし彼が私にアドバイスを求めてきたら、きっと私は無難な回答しかしないでしょう。「まあ、何はともあれ65歳までは勤められるのなら、そこまで勤めを続けたらどうか・・・」と。

では65歳になってからどうすればいいのか?については、私にはまったく分からないのですね。私は52歳で会社を辞めたので、まだ血気盛んというか、リタイアメントとブロフィールで名乗りつつも、リタイアメント的起業家になることに夢中で取り組めましたが、今私自身が60歳になろうとしていて、もし今定年退職したら、そんな事を画策したかどうか・・・きっとしなかったかもしれません。

もし今まで会社に勤務していたのなら、貯蓄はウン千万円さらに積み上がり、オマケに厚生年金もグッと「余裕ある老後生活」を約束してくれるだろう見積りになっていたことでしょう。きっと賀状をくれた彼はもっとです。何しろ65歳まで勤めるのでしょうから。

そうなれば、今更なんで起業みたいな面倒な事するか!?と考えてしまうハズです。悠悠自適で、年に2回ぐらい海外旅行して、みたいな。そういう完璧リタイアメント生活を65歳から開始する。こういう戦略でいいじゃないか!と、もし私が彼からアドバイスを求められたら、そう答えることでしょう。

なぜなら、私は面倒に巻き込まれたくないからです。
ボランティアやネットビジネスなどのリタイアメントっぽい起業は、熱中するけど上述のように収入的には現役時代と比べモノにならず。しかもリスクが伴います。

数日前にボランティア仲間と飲み会しまして、そこで今さらながら初めて知った新たなボランティアのリスクの存在を知らされました。

それは・・・
会社を辞めて始めたボランティアにのめり込み、熱心に活動に参加し続けた結果、夫婦間に溝ができて離婚さえしてしまうケースがあるということを知りました。
そう言われれば、これは確かにありそうなはなしです。

会社を辞めた、たとえば旦那のことを、奥様はどう思うか?がリタイアに最大の問題です。多くの奥様は「続けてどこか会社に勤務して欲しい」だと思いますが、60歳ならそれはできても65歳到達では無理度がすごく高まるでしょう。ついに会社生活を辞めなければならない日が来ます。そこで奥様が思うことは「会社を卒業したのなら、こんどは家庭のことを大切にして」になる可能性が高いというのです。しかし旦那は家庭を大切にするんじゃなくて、ボランティア仕事に熱を上げるようになってしまった。「裏切られた!」と、こんな具合に発展するという寸法です。実際にコレがあったと酒席でそんな話がありました。

そういえば、私んとこでも妻は私に「家のこともっとやって!」と繰り返し私に言います。

だからアーリーに限らず、リタイアするにはリスクが伴うのですね。
私もそのリスクの渦中に居るもんだから、それを何とかするのに精いっぱいなハズで、他の人のリスクまで背負いたくない。なので上述同僚が仮にアドバイスを求めてきても無難な返事しかいたしません。本音とは裏腹に。。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:28| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。