2011年12月13日

クアラルンプールで気がついた不思議なこと

マレーシアステイ下見調査のための旅行も、明日で最終日となりました。

クアラルンプール・・・と言っても日本で言えば六本木や銀座のような場所(むしろ上野周辺というノスタルジックなステキな場所でしたが)を歩いただけなので、
詳しいことはまだ調べきれようもありません。

しかし犬も歩けば棒に当たる式に、気がついたことがいくつかあります。
その中で、大したことではないけれど、人によってマレーシアにロングステイするにあたり、知らないと人生までも変えてしまう可能性がある二つを記述して残しておきます。

続きはこちら
↓↓↓
http://malaysia-kl.seesaa.net/article/240134807.html

SponsoredLink

この記事へのコメント
旅行楽しそうですね。
つまらない質問で申し訳ないですが、KLは空気の良さ、温・湿度の体感はいかがでしょうか?(高齢・喘息もちでも大丈夫かな?)
タイで人気のチェンマイは、盆地で空気が悪いと聞いており、そのため帰国される方も増えているそうです。
マレーシアもキャメロンハイランドでは「常春」で空気もよさそうですが、KLはかなりの都会らしいので・・・
Posted by まるまるまるた at 2011年12月13日 11:21
まるまるまるたさん、

こんにちは、
チェンマイは空気があまり良くなかったという話は、私も友人から聞きました。
私はまだチェンマイには行っていないので、マレーシアのクアラルンプールと直接比べられませんが、クアラルンプールの市内は概ね東京並みでした。

貴殿コメントをいただきましたので、別ブログで、もう少し詳しく記述しましたので、そちらの方もご参照くださいませ。

http://malaysia-kl.seesaa.net/category/12235909-1.html
Posted by 大庭夏男 at 2011年12月15日 19:46
ご回答ありがとうございます。
記事も拝見しました。
とても楽しそうで、マレーシア行ってみたくなりました。
Posted by まるまるまるた at 2011年12月15日 19:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN