2011年12月15日

クアラルンプール ステイ下見で分かったことのまとめ

昨日、マレーシア観光省主催のロングステイセミナーで5日間滞在したクアラルンプール(KL)から帰ってまいりました。

5日間だけでは大したことは分からないかもしれない、と思いましたが、結構それなりの事情は見えてまいりました。
行ってみたKLの感想は・・・
・KLは観光地ではなさそうだ。
・KLは都会暮らしが好みな人には合うのではないかと思った。
・安全については、微妙なところで、「安全に暮らす手段を講じれば安全だ」という感じ。
・物価は安い!食料品は輸入品を除けば日本の3分の1というのはウソではない。特にフードコートで外食したら自炊するのと同じくらいみたいだ。
・若者が多くて老人が少ない人口構成なので、まだバリアフリーはダメ。歩道は段差というより、「どっこいしょ!」とよじ登るような段もある。
・KL市内の空気は東京並みのキレイさだが、市内は大使館が並ぶ一等地でも歩道の脇にはゴミがいっぱい投げ捨てられているし、開いたままのマンホールもある。

などなど、気づき事項がたくさんありましたので、別ブログにまとめてこれから書いていきたいと思います。

ただ、これは私ども夫婦がKLに5日間滞在したときに感じた、あるいは現地日本人会の人や現地人ガイドを通して聞き出したことなので、違った見方があるのかもしれません。
さらに、マレーシアは現在ちょうど日本の高度経済成長期のようなイケイケの環境にあるので、経済状態や通貨価値が結構変わる可能性があると思います。

一旦ブログの記事にしてしまうと、何年間かはそのまま残りますので、あくまでも2011年12月に、大庭夏男という日本人が5日間だけ滞在したときの感想記録だと思って、参考にしてください。

各記事の記載はここです。
↓↓↓
http://malaysia-kl.seesaa.net/category/12235909-1.html

SponsoredLink

この記事へのコメント
海外が危険とかいうのは間違いでしょうね。観光地は多少、よからぬ輩はどこの国にもいるものです。日常生活は安全そのもの。これからの日本はむしろ安全ということにはならない。日中、北朝鮮で戦争になることや地震も視野に、日本以外の地域の地盤をもっておくのも必要かもしれません。
Posted by aa at 2011年12月16日 18:39
マレーシアのクアラルンプールは「ここには住めるかもしれない」と思いました。5日間ではまだ直感的な領域の判断を出ませんが、楽しく住めるような予感がします。

aaさんのコメントされた「>日本以外の地域の地盤をもっておくのも必要・・・」は、考えてみると良いアイデアですね!
ロングステイをすぐに始めなくても、イザとなったら外国で住み始めるための事前準備を海外旅行の目的のひとつに入れておく。
そしてイザ有事!となったら時期を見て素早く生活の場を海外に移す。そういう手順を予め体験しておくことは漫然と観光地を見て歩くより価値のある海外旅行になるのではないか!と思いました
Posted by 大庭夏男 at 2011年12月17日 00:16
私は多分、50カ国ぐらい行っていると思いますが、世界中にヒトが住んでいるし、日本人も世界中に住んでいるので、住めないところはどこにもない。北海道と沖縄程度の違いです。日本を嘆くより、それぞれの国のよいところをつまみ食いする方が豊かです。

私は、よく日本の先行きを嘆くヒトがいると、今この瞬間は日本は最高だといいます。日本円は今最高だからです。ただ、これがいつまで続くでしょうか。リゾートなども日本のリゾートより海外のリゾートは何倍も安く滞在できるし、質もいい。今はそういう安く生活できる方法はインターネットの中で簡単に見つかるでしょう。
Posted by aa at 2011年12月17日 03:31
 とても良い経験をされたと思います。百聞は一見にしかずです。KLは都会好きの人には良いと思います。私は国内外を問わず田舎か都会かで住むところを決めます。都会はどこでもそれなりに住みよいと思います。老人には便利です。ただ公衆道徳はシンガポール、東京、カナダ、ヨーロッパの順です。
 かつてドイツの田舎町に住んだことがありますが、とても懐かしい気がしました。アジアでは韓国の滞在が多いですが、大阪のような感じで私にはちょっとという思いです。やはりいろいろ行ってみる事が大切ですね。
Posted by 川ちゃん at 2011年12月17日 14:21
今まで国内旅行に慣れて“もてなされる”ことばかり期待して旅行していましたが、海外では“放っとかれる”自由な雰囲気に心が安らぐような開放感を覚えました。
行った先がKLで都会だったからなのでしょう。そういうところが気に入りました。

aaさんの言うように、日本人が円高を活用して海外に手軽に行けるのは大きなチャンスだとおもいました。行っている間中、日本に感謝しました。

ただ川ちゃんさんの指摘のように、公衆道徳は日本に比べてまだまだですね。電車に乗るときもわれ先だし、歩行者信号機は“目安”でしかないし。しかしすぐ慣れてきました。
Posted by 大庭夏男 at 2011年12月19日 10:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN