2016年02月03日

とし相応なんて、やめちゃえよ

最近始めたスポーツジムで、
着替えをしていたジムのロッカールームで、
ちょい年上の知人が隣に居合わせて、
私が上着とトレーナーと下着を重ねたままいっぺんに脱いだのを見て、
「おまえ、こどもみたいな服の脱ぎ方するなや」なんて言ったもんだから、
「これいいでしょ、簡単に脱げて、着るときも一瞬で着られるし」と言い返したら、
「おまえ何歳になったんや!とし相応にせんと、みんなに笑われるんやぞ」だって・・・

なんでこの人はそんな些細な事に拘るのだろうか?ジムからの帰り道に考えていたら・・・
昔、上司から「その気が無くても葬式は仏式でしなければならない。なぜなら葬式に来る人は仏式以外の作法を知らないから、他の形式で葬式をすると参列者はどうしていいやら分からないから迷惑だ」と言われたことを思い出しました。これが上述「とし相応に」「他人から笑われないように」を理解するヒントです。

多分・・・
誰もが同じ考え方、同じ行動をとっていたならば、「こう来たらこうする」みたいに、何かにつけて面倒の無い生活ができる、こういう考え方が根底にあるでしょう。

だから他の人も自分とまったく同じ行動をしてもらいたい。服は時間がかかっても一枚一枚別々に脱いで逆の順番で一枚一枚着るのが“あるべき姿”で、子供はそれが分かってないから躾ける。そしてとし相応に「こういう場合はこうするのだ」と刷り込まれていく。すると周囲の大人もそれを見て「みんな俺と息が揃った」って思って満足する。やがて親が死んで葬式をする段になったとき、近所や親戚一同の方々は、判で押したように数珠を持参してやって来るのを待ち受けたかのように「この度は、ゴニャゴニャゴニャ・・・」と言う相手に「足元悪い中をゴニャゴニャゴニャ・・・」と返事しながらハンカチを鼻にやり、焼香していただく。

これがすなわちとし相応の態度であり、皆そうすべきである。
『だからわかっただろうね大庭クン、そんな子供みたいに服を重ねたまま脱いだり着たりしたら、とし相応に思われないから、アイツはバカだなぁ、と笑われるんだよ!』
そう言いたいんだろうね、キミは。

「とし相応に・・・」と言いたければ言ったらいいと思うけど、
俺は何も変えないよ。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN