2016年02月07日

ニュージーランドのペンギンたちと、サラリーマンと、なんだか似てる

ニュージーランドにオアマルという街があります。南島の、クライストチャートよりまだ南にある海に面したところにあるそこの海岸にはブルーペンギンというハトぐらいの小さなペンギンのコロニーがあり、入場料を払って海からペンギンたちが巣に帰ってくる様子を間近に見ることができます。
penguin16020601.JPG

辺りがようやく暗くなり始めた1月の午後9時半過ぎに、昼間は海で漁に出ていたペンギンたちがわんさかコロニーに帰ってきました。

海面から10メートルぐらいの坂道をゆっくり集団で登り、平地に着いたら巣に向かってダッシュする姿が可愛くて観ていて楽しいです。ちょうど会社から帰って来たサラリーマンが駅から自宅に向かってダッシュする(サラリーマンはスキップかも)みたいで。。

ペンギンたちが巣にたどり着いても見学会は終わりません。なぜなら第二弾のペンギンたちが帰ってくるから、観客たちはそれも観たいのです。。

待つこと約10分。次のペンギン集団が帰ってきました。
先着した第一弾のペンギンたちより心もちダッシュ力が弱いみたい。さっき帰ってきた第一弾が定時退社組、今度の第二弾は7時まで残業したサラリーマンみたいに、ちょい疲れが見えています。でも巣の集まりがあるところに着くとワーワー声をあげて喜んでいる様子。「やっぱ自分家はいいなぁ」って。

よく見ると、坂の途中でみんなと別れ、一羽だけ横の岩場に入っていくヤツがいます。「会社から帰ってまでみんなと一緒は、俺はヤダよ」と孤独を愛するヤツなのかもしれません。
それとも岩場の影でトイレしているだけかと思ってまた出てくるのかと見ていたら、もう出てきません。きっと岩の窪みでひとり星を眺めて今日あった出来事を思い出し、独りの世界に浸っているのでしょう。そう想像すると、その変わりものペンギンに親近感を感じます。

さらには帰り道途中の窪みに座り込んでいる何羽も見えます。
どうぜ明日はまた海に出勤なんだから海に近い方が楽に決まってるじゃん!
眺めていると数羽がそういう楽チン賛同派らしく、ここで雑魚寝して巣から出勤する仲間がここを通るまで朝寝する作戦なのでしょう、きっと。
合理的な考えの持ち主だと思われます。すばらしい個性ですね。

さらに15分後ぐらいに第三弾の集団が帰着しました。
さすがに離れて観ていても疲れが見てとれます。下を向いてなんとか坂道を登り、ようやく着いた坂の上でしばらく立ち止まり、ダッシュもしないでちょい速足ぐらいで巣に向かいました。終電組の帰着といったところでしょうか。
きっと巣に着いたらバタンキュー状態間違いなし、みたいな様子に見えます。

最後に現れた第四弾は、なかなか上がってきません。実にゆっくりゆっくり重い足取りで坂を登り、途中で転ぶヤツもいて、きっと最終電車に乗り遅れたタクシー帰宅組の連中と思われます。

ペンギンの世界でも人間と同じように、残業続きでなかなか家に帰らないヤツがいる。どこの世界も同じってことでしょうか。
しかしみんな群れで行動しているということは、その中の誰かリーダーが居て、残業して魚採りにハッパかけているヤツが混じっている可能性もあります。ペンギンたちにもブラックな考えのヤツがいるってことでしょうか。
世知辛いご時世ですね。それともひねくれた見方ですかね。

このニュージーランドのオアマルでのブルーペンギンウォッチングはいろいろ考えさせられて面白かったです。

ただ1月のオアマルは南半球の夏真っ盛りなハズなのに寒くて、ガタガタ震えて、その結果風邪を引いてしまいました。
ペンギン風邪です。
penguin16020602.JPG

バッグパック親子旅行の目次のある記事に戻る


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外滞在旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いです。見てみたいものですが、NZは飛行機代が高くて、なかなか行けません。
車で回れるのは魅力的ですね。

1月に36年振りにニューカレドニアに行ってきました。
大庭さんの旅行記が役にたちました。
お礼まで。
Posted by Taibun at 2016年02月08日 14:49
Taibunさん、

私はニューカレドニアとNZは共に南半球にあるから似ているのかと勝手に想像していましたが、緯度が違うから、当然ながら雰囲気は全然別ものでした。
きっと沖縄と北海道の違いがあると思いました。
でも人々はなんだかゆったり暮らしているようで、両方ともまた訪れてみたい国です。

ニューカレドニア旅行記は役立てたようでうれしく思います。
NZ旅行記は「もうこれでおしまい」と思っていましたが、当ブログとは別にサイトを立てようかどうしようか・・・Taibunさんのコメを読んで迷いはじめました。
Posted by 大庭夏男 at 2016年02月08日 15:49
初めまして。日本テレビで番組制作をしている者です。
この度、日本テレビの番組内でニュージーランドのペンギンを取り上げるのですが、
その際こちらのブログにあるペンギンの顔ハメパネルの写真をお借りしたいのですが
いかがでしょうか?
ご返信いただけると幸いです。
お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。
Posted by tanakam at 2018年01月07日 12:51
tanakamさん

>ペンギンの顔ハメパネルの写真
この写真なら使っていただいて結構ですよ。
大庭夏男
Posted by 大庭夏男 at 2018年01月08日 14:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。