2016年07月19日

まさに「元気の出る記事」を発見、孤独で寂しい老後撲滅のための

今日ご紹介する、下の方にリンクを張った記事は、私から追加コメントすることは特にありません。
元気で暮らすためには「自分には一日のどこかで独りの時間がどうしても欲しい」と思っている人に、この記事は、お薦めの内容に間違いないです。

ただし・・・
「みんなから元気もらってこそ楽しく生きられるのよ」という人は、その記事を読んでも無駄だと思います。

逆な見方をするならば・・・
この記事を読んで「こりゃいい記事だ」と思った方々はアイーリーリタイアやセミリタイア向きの素質を備えていると思います。

反対にこの記事を読んで「何だか自分とは遠い世界のお話しだ」と思った方々は、生活の貯えができたからといって、安易に会社を辞めない方がいいです。リタイアとは大きい可能性で「独り」の世界への出発ですので。

それを嗅ぎ分けるリトマス試験紙的な記事が以下だと思います。

ではリンク先の「ライフハッカー」の記事をご覧になってくださいませ。
↓↓↓
ライフハッカー 「独りで行動することを薦める理由」記事へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも 拝読させてもらってます
"リトマス試験"云々のくだり 言いえて妙 ですね

いつかは 一人になる 自明の理
ただ、わかってはいるけど 若いお姉ちゃんに大枚使って 付き合ってもらってる私
生産活動はリタイアしてるのに 遊興活動は 現役のまま

イージーに生きる こと 意外に精神力必要なんですね
Posted by 通りすがりの平司 at 2016年07月25日 08:37
通りすがりの平司さん、

>生産活動はリタイアしてるのに 遊興活動は 現役のまま・・・
これが「セミリタイア」ということではないでしょうか。
何歳までセミリタイアが続けられるか人によると思いますが、私は家系的に短命なのできっと70歳超えたら本リタイアへ移るでしょう。

本リタイアは、私は心配です。
これから10年かけて「どうやって毎日暮らすか」プラン考えるつもりです。
Posted by 大庭夏男 at 2016年07月26日 11:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440197096
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN