2018年04月29日

やりたいことは1人で、やれることは受動で、

このブログを書き始めてほぼほぼ8年の月日が流れて、次第にアーリーリタイア専科から離れた話題になりつつあえいますが、私ももう60直前に育ち?そうなるともはやアーリーリタイアメントが似合わなくなる頃です。
なので、過去8年間と今を比べて「やりたいことは1人で、やれることは受動で・・・」だったなぁ、と思う、そういうのを記事化しました。

憧れの?会社に新入社員として初就職した頃から「積極的に・・・」とか「自主的に・・・」などという言葉を慕って長い間、会社生活を過ごし、将来の夢?を追いかけようとしていましたが、最近「やり方間違った!」って事実が目の前にそそり立ちました。

以前のやり方は「やりたい事を大勢でしよう」でしたが、これは完璧に間違いでして、今まで「大勢で」ばっかり考えていたので、私のやりたいことは必ず頓挫しました。まさに100発百中の頓挫と言ってもいいでしょう。
ここで「大勢で」とは会社のプロジェクトとか、リタイアしてからのボラ活(ボランティア活動)もそうです。全部頓挫です。でも頓挫と思っているのはもしかしたら私一人で、他の人々は「こんなもんでエエんや」と考えて「うまく行った!」って思っているのかもしれないです。だけど大勢でやることは必ず自分のやりたいように出来ません。必ず軌道修正があり、目標未到達で終わってしまい、だから私は全然満足できない結果ったから「ありゃ頓挫だった」としか思えないわけです。

特にヒドイのが、私が提案し、私がリーダー役で事に当たったモノは惨たんたる結果でした。私は間違いなく思い込みが激しいタイプで、その思い込み通りに事が進まないとなりません。だから・・・この先いろいろ書きましたが、自分で読んでもくどいので消しましたが、結論したのは「やりたい事は自分一人でやるに限る!」です。

自分一人で事に当たれば、今スグにでも思った通りの事が、少し進みます。今やろうと思ったけど「ま、やっぱり明日からにしようか」と思えばたちどころに軌道修正できるし「コレ作るのやめて、アレを作ることにしよう!」という決心は自分で勝手にいつでも自由にできますから、結果がどうあれ自業自得で、ポジティブ思考?であれば「これでいいのだ!」式に満足できるという寸法です。

だから「やりたい事は、絶対服従の忠誠を誓った仲間?がいる場合は別にして、一人でやるべきだ」だと思いました。

ただ、もうひとつできるのは「受け身」です。
コイツは万事を事の流れに任せて、誰か別の、できれば人格者を盾にして、他人のふんどし80%利用するような、便乗的な事です。
自分自身は特に最初の間は決して積極的行動に出ず、一貫して周囲の誘いを聞き、yesともnoとも言わない曖昧な相槌に徹して「それをやるには・・・」と条件の事ばかり言っています。そのうち機が熟す頃になぜかいつも推進役者が出現し「やってくれないか!」のとなって来る場合がたまにあります。これが到来するのをひたすら待つという作戦です。

「それをやるには・・・」と無理難題をふっかけるわけでなくて、内心前向きなのですが、最初それに興味が薄くても、そいつを考えている間にだんだん自分もやりたくなって来ることもあるし、そんなやりとりをしている間に誰か自分ではない「誰か」が旗振り役になって、他の誰かに言って、いつの間にか「大波」になって「あなたコレやってくれないか!」と来ることが稀にあります。

そこでそいつが「まあ、コレだったらやるの嫌じゃないから、やってもいいかな」と思えたら「じゃ、やってもいいデス」と返事するわけです。
すでにそいつは「出来たらいいな!」と何人もの人が思っているような「大波」になっているから、その大波にしばらく乗って、サーフィンのようにしばらくは進んで行ける!そんな確率は高いです。

でもしばらく時間が経過すると、その活動もだんだん最初の勢いから落ちるのが世の常というやつだから、もし自分一人でもやって行ける程度の、縮小版バックアップ策を用意した方がいいと思うけど、世の中捨てる神あれば拾う神もあるもんで、1人か2人のシンパができる稀有な可能性が残っています。

こういう受身形で何かやるには「自分がやりたい事」なんていう野望はとても障害になって、どうせ自分のやりたいように出来ないことは間違いなくそうなるから、自分がやりたい事じゃなくて、自分がやれそうなこと、それに、それをやるのが嫌ではないこと、この条件で待っていると向こうから話題がやって来ることがたまにあります。

でもいつも一人でいると、こんな「向こうから話題がやって来ること」が無いですから、ベツに嫌でもないような、まあ何というか井戸端会議みたいなゲンバに片足突っ込んでいるのが「待ちの姿勢」として推奨されると思われます。





タグ:ボラ活

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:16| Comment(4) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前段で納得して後段で?となる。
言ってることが全く矛盾してるから
なんで一人でやらないんだよ
Posted by あかさ at 2018年04月29日 15:51
大庭は、妥協性はあるけど協調性が無いタイプだからこういう方法を編み出したのです。
後段は団体ように最初から「他のみんなと一緒に」やる場合のことです。リタイア後は「自分勝手に一人で」または「やっぱりどこか団体に入ってみんなで」のような二者択一にならないようにしたいと思ったので、なんとか両立を試みました。私自身は思い込みが酷く、協調性が無く「みんなで」が苦手なもんだから後段に書いたように「自分が納得できるような妥協をしながら動く」ことを考えついたわけです。
Posted by 大庭夏男 at 2018年05月09日 12:48
最近は記事も減っちゃって、コメントすることもありません。
Posted by 川ちゃん at 2018年05月25日 20:22
川ちゃんさん、

私も最近はなかなか記事のお題が思いつかなくなってきました。
書いた記事も、かつての記事の続きの話で、新規なテーマ探しは難しくなっています。

もうアレもコレも書いちゃった、みたいな感じです。

それに加えて、地元小学校の授業サポートとかのボラにのめり込んでいて、そっちにアタマが行ってしまっています。
決して当ブログの存在を忘れちゃいないのですが・・・
Posted by 大庭夏男 at 2018年05月28日 13:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。