2018年07月19日

収入、節約、投資の3点バランス・・・だとさ!

今月のはじめの頃だったと思うけど、放送日時は詳しく覚えていないけれど、BSジャパン「日経プラス10」で、定年後は収入、節約、投資の3つをそれぞれバランスよく行っている暮らしは「心配がない」。少なくともこのうち2つは行った方が良い。1つだけでは、それが格段に優れていれば良いけど、そうでないと老後の生活は心配だ、というゲストの話がありました。

ゲストが誰だったか覚えていないけど、その話を聞いたときには「ふーん」としか思いませんでしたが、なーんとなく頭に残ったので、忘れないようにここに記録することにしました。

1.収入
ここで言っていた収入は、どこかに就職して得られる給料のことを指していました。だから定年後もリタイアするんじゃなくて再就職して、たとえ給料が今までより大きく減っても、他の2つでカバーできれば老後の暮らしが心配ないという「よくある話」のはなしです。だから私は「ふーん」としか思いませんでしたが、実際にこれから再就職しようとするちょうど私と同年代のサラリーマンにとっては「給料が今までより減って・・・」の部分を「ふーん」と素直に受け止め難い。これがプレッシャーなのではないか!?と想像しました。

私の場合はアーリーセミリタイアメントなので再就職しなかったわけですから、52歳からの収入は現役時代の100分の1に減りました。これで何とかなっているのは、上記ゲストの先生が言うところの、残り2つが貢献したこともありますが、もっと貢献したのは大丈夫な貯蓄をしていたからです。

ゲストの先生は貯蓄のことはなーんにも言及していませんでしたが、その理由は、この放送プログラムの対象が「貯蓄が無い、あるいは少ない50歳代」だったからです。

2.節約
ゲストの先生は節約については「出費を抑えた暮らし」について軽く話していました。が、私はこれこそが一番大事だと52歳から、というかもっとずっと前から節約技術力を身に着けることに余念がありませんでした。だから、もしかしたら私は節約生活に類まれな能力を持っているのかもしれません。だからもうすぐ60歳になる身でありながら52歳から就職せずに暮らせていると思っています。

ただ、節約とか倹約は、個人の性格により無理なこともあります。

たとえば、こんなランチでも平気ですか?
私は自分一人のとき、昼食は「煮干しライス」にします。
煮干しは業務スーパーで1キロ1000円ぐらいで売っている、かなり大きめのイワシが使ってある煮干しで、これは毎回10匹ぐらいを袋から出して電子レンジで1分チンして醤油をかけると「カリカリに焼いた目刺し」みたいになります。それなりに目刺しの味がします。そのカリカリ目刺しとご飯の組み合わせがほぼ毎日のランチメニューです。

妻がいるときにはこのメニューは「ご法度」なのですが、自分一人のときには「今日は何食べようか・・・」と迷わないし、1キロの煮干しを食べつくすには2か月以上かかるし、野菜は朝とか夜に食べればいいから、ランチでは炭水化物とタンパク質、それにブログや株をやるための頭の冴えに良いとされるDHAが含まれる煮干しライスが「良いに決まってる」。こう考えて毎日そうしているわけです。

結果的に週に4日は煮干しライスだから、少なくとも私のランチコストは1食50円に満たないでしょう。

このランチには豊かさとか、食べる幸せを感じるものはほとんどありません。定食屋で一番安いランチを注文しても、その方が10倍は豊かでしょう。だけど必要な栄養はこれでOK。私に限ってはまさに午後のためのエネルギーチャージという感じで十分なんです。

このはなしを参考にランチメニューを見直したら・・・ということを私が言いたいのではありません。生活のいろいろな事をこんなセンスで行ったら、相当な節約や倹約につながりますよ、という自伝です。だけど、私はこんな事をすることが本来好きな性格なので「喜んで」そうしているので、我が家の節約度がそれなりにデカいですが、そうでない方々がこれをすると精神的に良くないでしょう。だから「強い節約」は人の性格により難しい場合があると思います。

3.投資
株や投資信託などを売買する、いわゆる「投資」は、練習が要ると思います。それも何年も練習して、大事なことはカッコよく言うとリスクを受け入れられる能力、平たく言うと「株や投信の価格が下がっても鈍感になれる心」を育てることが大事だと思います。

番組ではバランス型の投資信託を紹介していました。バランス型というのは株や債券に分散していて、さらに国内、先進国、新興国などグローバルに投資先を選定している投信のことで、価格の上がりも弱いけれど、下がった場合もそんなに大きく下げない、という低刺激のヤツのことです。こういうのを買う方が利息が実質ゼロ近辺の預貯金より生活の助けになるということのようですが・・・。私の実感では、そういう低刺激の投信だけだと生活への寄与度は「焼け石に水」だと思います。お金がいっぱいあって数千万円とかを低刺激投信にかける場合は別だと思いますけど、貯金ゼロ近辺の50歳代には、これは絵に描いた餅ではないかと、番組を見ていてそう思いました。


上述のように考えると結局のところ再就職に回帰する人が多くなるのかなぁ。そう思えてまいります。
収入、節約、投資の3点バランスは・・・
今までの半分以下に減ってしまったとしても、どこかに勤めて得られる毎月の給料、
世間体に響かないぐらいのほどほどの「軽い節約」
投資信託買ったぞ!と自分で納得できる程度の「軽い投資」
のことを番組では一般的には、と言っていたのかな?

私の暮らしとはずいぶん違うけど。


タグ:豊かな老後

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:20| Comment(2) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
煮干しランチは凄いですね。節約かどうかわかりませんが一日1食生活はダイエットを兼ねた健康食だと今は思っております。今の食生活は栄養の取りすぎです。その証拠にぶくぶく太った人が多すぎます。そんな仲間に入りたくなくて1日一食生活を始めました。主食の摂取はお昼のランチで朝はコーヒー程度、夜はワインにおつまみ程度となっております。収入(年金)に見合った支出なら老後の心配なんてないはずでしょう。貯金は楽しみに全部使うつもりですからゼロになるまで楽しみますよ。ではまた。
Posted by untikusai at 2018年07月21日 20:07
untikusaiさん

>煮干しランチは・・・
節約にも栄養もいい煮干しですが・・・
最近マイクロプラスチック問題っていうのがテレビなんかで賑わっていて、なんでも有害物質が付着しているかも?ということなので、きっと煮干しのイワシのお腹の中にもそれが混じっているのかなぁ、と、思いながら食べています。
しかし今なぜこの話が急上昇何だろうう??

>貯金は楽しみに全部使うつもりですからゼロになるまで楽しみますよ。ではまた。
同感!
Posted by 大庭夏男 at 2018年07月28日 10:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。