2017年03月27日

会社嫌い系のリタイア願望は、退職後の環境に要注意

昨日、町内会の新旧役員交代があり、私はめでたくお役御免を果たして夜は打ち上げ宴会を楽しんでまいりました。
そんな町内会宴会の席では、リタイア世代のご家庭が、いったいどんな気持ちで日々過ごしているのか?を知る上でチャンスなので、私は宴もたけなわになった頃、何人かのご婦人に雑談インタビューをしました。

その結果、予想外に・・・
「うちの夫は定年が無いから・・・」という人ばっかり。
「うちも!」「我が家もそうやで・・・」とか、リタイアメントの夫を抱えるご婦人が私の傍には居ませんでした。

なぜか・・・
皆、自分で事業しているご主人だということで、ご主人は定年退職することが無いようなのです。サラリーマンのご主人を持つ人はまだ若い現役世代のご家庭の奥様しかいません。
私がインタビューで狙った「リタイアメントの夫を持つ奥様」は、ついに昨日の宴会では発見できませんでした。

どうしてそのような方々ばかりだったのか・・・
「たまたまそうなった」にしてはおかしいので、そうなった理由を考えてみました。
きっと、リタイアメントのご主人を持つ奥様は、昨日の宴会に、来たくても来られなかったのではないか?
来られた人は、皆自由に自分の時間を使えるご婦人で、そのような時間の自由は、旦那様が退職しないで働いているから持つことができた、のではなかろうか?と仮説をたてました。

おそらく、ふつうの家庭では、お金がたくさんあるほど自由な時間も取りやすい、と思います。時間はお金で買うこともでき、例えば奥様が町内会の宴会で留守するから旦那様は外に飲みに行くとかです。そのためにはお金が必要です。

さらに、先日読んだ下記のネット記事内容も、上述の宴会に出て来られた家庭には“まだ縁の無い”ことだったからではないかとも思われます。
↓↓↓
夫が「会社より疲れる」と思う家庭の特徴5つ 記事へのリンク

私は思いますが・・・
自分が日頃イライラしてストレスを抱えていると、妻が自由に振る舞っているのも見逃せず、つい妻の行動を制限させるような言動を吐いてしまう。こういうことがあると思います。

しかし現役会社員や自分で事務所を構えて毎日そこへ出勤し、夫婦が「顔を合わせない時間が長い」場合は、まだこのイライラによるストレスが起きません。仮に土日などにそういうことが起きても短時間なので、心の疲れは軽微で済むでしょう。

それが旦那の退職と毎日家にいるリタイアメントライフ突入で、徐々に旦那も、上記リンク先記事にある「5つ」によって妻に疲れさせられるのでは?と想像できます。
その結果
「あたし今日の夜は町内会の宴会やから・・・」
「なんやとぉ・・・ほな俺の晩飯どうすんのや! 一人で勝手に食べとけって言うんか・・・」
みたいな悪い雰囲気が漂い始め、宴会出席を断念する奥様が、選択的に昨日は来なかったのではなかろうか。だから私の傍には気持ちに余裕があり、お金もあって時間の余裕ができやすい家庭の奥様だけが来ることができたのでは??

昨日は宴会も終わり、家に帰った私は、また一人で酒を飲みながら、そんなことを想像していました。

でも私の家庭はそうなっていない、と自負できます。
それは結果的にですが、私のリタイア後にも夫婦が一緒にいる時間が少ないようにできているからです。私のリタイアとほぼ同時期に、もう子供が独立した妻は自分の仕事に出だしたので、一日中夫婦一緒にいる日は限られました。
さらにここ2年ほどは私もNPOの活動や町内会の仕事で外出する日が増え、さらに夫婦一緒の日が減りました。

現実のところ、私の妻は上記リンク先記事にある「特徴5の 夫に依存してくる妻」に該当するのではないかと思われ、私も妻と一緒の日々ばかりだと、きっと「疲れる」ことは間違いありません。

また以前から妻は「亭主在宅症候群」に悩まされ続けていると訴えていますから、
両方の相乗効果で事態はまさに「最悪」になってしまうでしょう。だけど、リタイアメントであるけれど「合わない時間」によって救われていると言えると考えています。

このようなことを強く感じるので、「夫婦がなるべく一緒にいない工夫が必要だと」私は今後リタイアメントになる方々には、そう伝えたいです。

リタイア後の生活にはお金は必要だけど、お金の他にも忘れてはならないチェック項目があります。そのひとつは「環境」です。

環境にもいろいろ要素はあるけれど、上記リンク先記事の「5つ」に当てはまる家庭環境を持つ場合には、対策を考えた方がいいと思うし、もし何の対策を考えないままリタイアメント生活に突入したら「こんなハズではなかった・・・」になる可能性があります。

対策とは、お金で自由な時間を買って疲れを避ける方法や、私がそうなったようにお互い別々の仕事や活動をして「合わない時間を長く持つ」とか、リタイアするのを先送りして勤め続けるなどなど。

リタイア後にどんな暮らしぶりが予想され、
それを視野に入れたとき、
自分はどうなるのが一番良いかを考えておく。

これは重要なことだと、私は思います。

特に会社が嫌でリタイアメント生活に憧れを抱くときには真剣にこれを考える必要があります。私もそうでしたが、このような「会社嫌いな方々」は、リタイア後の暮らしに、まさに幻想の「薔薇色」を期待するからです。これキケンです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>夫婦がなるべく一緒にいない工夫が必要だ

同感です。

朝、私は5時前後起床、妻は8時頃。
9時から15時までは私は株取引で、その後は17時までは図書館かサイクリング。
19時から風呂に入り21時には寝ています。
顔を合わすのは日に1,2回で合わせて30分位です。
むしろ、月に1,2回の夫婦温泉旅行、週に1,2回の外食時のほうが長い間顔を合わすし、会話も弾みます。
単調な日々はあまり接近しない方がお互いのためかもしれません。
Posted by 川ちゃん at 2017年03月28日 19:10
川ちゃんさん、

>単調な日々はあまり接近しない方がお互いのため・・・
そうですね!

私の場合は、まさに単調な日々の何気ない私の返答や意見が妻の逆鱗に触ってしまう「地雷現象」が散発しています。
むしろ外食時とか旅行中の腰を据えた会話ではそういうことは起きないです。
言われてみれば不思議ですが、実際そうです。
地雷を踏んだ日は疲れ四倍増ですからね。
Posted by 大庭夏男 at 2017年03月29日 17:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN