2017年06月06日

変人分析

「あんた変わったひとね」と私は言われ続けて久しいです。しかし当人はなぜそう他人に思われるのか分からないままアーリーリタイアしてみて「そうか俺は変わり者なのか」と分かった、ということを以前にも何回か記事にアップしました。

たまたま先日、知人が「人のタイプ診断テストしてみない?」と言われて全14問の問いにyes,noで答える形式のテストをやってみたら、私のタイプはADHD型だと出ました。意外でした。

私は自分ですっかり「俺はまず間違いなくアスペがかかっているだろうな」と自己分析していましたが、アスペ型じゃなくてADHD型。
だけど問いの回答yes,noを一つだけ変えたら、アスペ型に分類されたから「この診断あんまり精度良くないんじゃないの?」と思ったけど、一応そういう結果が出たのだから、もっとよく自分の変わり者具合について深く知ろうと思い、ネットをググって勉強しました。

ADHD型というタイプは・・・
私がもしADHD型の変人だったとしても、その診断テストの解説によると、人間はどの人もADHD型、アスペ型とあと二つ(何だか忘れた)のどれかに分類されるから異常ではないんだ、と書いてありました。こういう前置きをここにも書いておきまして、イザADHD型について調べたら、
1.ケアレスミスをよくする
当たってます!
気が散り易いから不注意でミスをすることが多くなるらしいです。思い起こせば大学受験で試験当日の帰り道「あ!あぁ~間違えた」と受験会場からの帰り道に数学の試験で間違えたことに気がつき、間違いに気づいたどの大学にも落ちました。幸い1校にのみ合格して、あとの3校は帰り道で間違えに気づくようなケアレスミスをしでかしたため、私は志望校3つも不合格になりました。

2.ひとの話が聞けない
その通~り!
ADHDの人はアタマの一時記憶容量が少なくて一度に多くの情報を処理できないから、長いはなしについて行けずに早合点することがあるそうです。これはいつも妻に「あんたはひとのはなしを聞かない!!」と怒られているヤツです。更に悪いことに、ひとが話している最中に何か頭に浮かぶと、話をさえぎって話し出してしまうと。まさに私はその通りです。

3.先延ばしが得意なのだそう
いつものことです。
めんどくさがり屋がこの型の特徴の一つなんだとか。しかしときどき過度に集中して短時間に仕事を足り遂げることもある!もあるとのことなので、これは私としては褒められたような気分と喜んでおります。

4.忘れっぽい
完璧に私そのものです。
私はてっきりアルツの始まりではないか?と心配していましたが、実はそうじゃなくてADHD型のため、と解釈できるので、これは朗報です。このニュースをいつも私の「言っても言ってもすぐ忘れる」を怒っている妻に報告したいですが、きっと更に火に油を注ぐ結果になるので秘密にしておきます。

5.飽きっぽい
まあ、そうかなぁ、とは思います。
思い起こせば私の会社員時代は同じ仕事に最長5年です。短いと1年で自分で職場異動しました。もっと長く仕事したい職場もありましたが、多くは飽き飽きして自分から職場をチェンジしました。でもブログ書きと株は長く続いております。

6.ハマり易い
あ!これだぁ、ハマっているからブログ書きが長持ちしているのかも!?
さらに「すぐにカッとなり易い」と書いてありましたが、私はそうカッとはなりません。が、他人.と話していて内心ムカムカすることはあります。が、そういう感情はいつも押し殺します。なので私は感情コントロールが出来るタイプのADHD型のため?対人関係で誰かに攻撃されることが無いのです。ただムカムカが収まらない人は、私は二度と口ききません。

7.思いついたらすぐ行動する
いいじゃないですか!
ADHD型は「いろんなアイデアを湯水のごとく湧き上がらせる」特徴があると書いてあったのを読んで「バンザーイ!」と私は歓喜しました。私からこの得意技が失われたら、もうオシマイです。

ここに書いたことは、ネットで見つけた下記ADHDについてのサイトを参照しました。
↓↓↓
「大人のADHD」の10の特徴・チェックポイント記事(いつも空が見えるから)へのリンク

ただ、ADHDの大きな特徴だとされている「じっとしていられない」は私には無くて、一日中でもじっとしていられるところが違うところです。なので今まで自分がADHD型のタイプだとは考えたこともなく、きっとアスペ型だとうと思い込んでいました。自称アスペだと言う人のブログを読むとすごく私自身に合うのですね。だけどこれもアスペはコミュニケーションが苦手ということらしいのですが、これが私には当てはまらないのですね。

この診断は「遊び」なので精度などはまったく分かりませんが、私は“自分の変わり者具合”にまたひとつ裏書ができたみたいで嬉しいです。

でも、もし私が変わり者だったとして、私から見る世界の感じ方は本人だから分かるし、それが“私の普通”に間違いないのですが、他の人がいったい何をどう感じているのかは、私にはまったく分かりません。だから私の書く当ブログのアクセス数は、何年も前から頭打ちで、ちっとも伸びない理由のひとつになっているのだと思われます。

ただ、アーリーリタイア、セミリタイアなど「会社リタイア後の世界」をうまく推し進めていくには、変人であることの長所を活かせることがたくさん有りそうだ!と思います。
タグ:変わり者

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN