2017年12月12日

夢を聞かされるのなら気楽だが、いきなりリタイアの計画ばなしは禁句

一昨日、はじめて私のアーリーリタイアばなしに興味を持ってくる人物が出ました!
その人、まだ34歳。数年前に第一子が生まれて、まだまだ家庭生活が楽しくてたまらない時期だと想像できます。

その彼が「大庭さん、どうやってそんな事が・・・」と興味津々で私に聞いてきました。こういう反応は未だかつてありません。銀行や証券の営業の人を除き、私がアーリーリタイアしたことを聞くと大半は仏頂ヅラ。ニコニコする人は60歳にて定年リタイアした人だけで、しかも定年リタイア組の方々は既に自分のスタイルができているから私もそんな同類項とみられるだけ。

しかし彼はどうも違う様子。私は『これは危ないかも・・・』と察知して、彼にはアーリーリタイアへのテクニカルなはなしはしないことにしました。この歳からイメージされる生活で、アーリーリタイアに興味を持つのは得にならないと考えたからなのです。

代わりに私が言ったのは・・・
将来の「夢」を奥様に語ったらどうか、にしました。

彼には奥様がいて、子供も二人いて、もし奥様が標準的日本人だとするならば、今の時代では旦那の転職に備える心構えが精一杯で、早期退職の可能性はゆめゆめ考えてもいないことでしょう。もしそうだとしたら、いきなりリタイアについて奥様に語ることは危険過ぎます。もしかしたら現在会社員の旦那を持つ奥様にとっては「将来はアーリーリタイアして・・・」などという枕詞とともに第二の人生の夢を語ることは不信感を持たれる要因となり、このような話は避けるべきだろうと思います。

彼にはそういうことを言いませんでしたが「将来なにかしたい事はあるの?」と聞いてみました。彼は特に今それを考えているわけではなく、私がやっているライフスタイルがなぜできているのか?に興味があったような感じでした。

「なぜそんな暮らしができるのか?」
彼はそこに興味があったようなので・・・

私は既に今後の暮らしに必要なお金は貯めてしまったこと、
その額はあまり大した額ではないけれど、その金額で足りる生活を確立させたこと、こんなことを私は言ってみました。

「そんなこと言うけど、どうやってそういう生活ができるの?」と彼は聞くから、
「節約だ」と私は言いました。

「節約って、どんな?」とまた彼は聞くから、
「例えば今日の町内会餅つき大会みたいな地域の仕事に出ていれば、やることがあって、面白いけど、お金かからないでしょ」。
彼にそこまで言ったところで、彼が餅つく出番になったので、はなしはおしまいになりました。

もう少し話が進んだら・・・
アーリーリタイアするとかしないとかの話題じゃなくて、遠い将来という前提で「〇〇の仕事をやってみたいなぁ~」みたいなはなしを奥様や、やや成長した子供に機会あるたびに繰り返し語るのはどうか、と進言したいと、私はそう思いました。

スキューバダイビングのインストラクターとか。。

こういうのは「仕事」だから、それを語ったところで仕事を辞めて自宅でのんびりぐうたらアーリーリタイア暮らしとは思われません。たぶん転職の一種かと奥様や子供さんは想像するでしょう。しかもまだまだ遠い将来のはなし。。

その「夢ばなし」に慣れてきた頃、実際にスキューバダイビングに家族を連れて行き、スキューバダイビングのインストラクターって、こんな仕事なんだ!でもコレって会社員じゃないよね。だけどまだ先だから「もしあなたがこの仕事始めたいのなら、せっせと働いてお金貯めなきゃね!」と反応されるでしょう。そうなったら第一段階成功!です。

そうしたら実際にせっせと頑張って働いてお金を貯めることができるのです。
まだ怪訝な奥様も、なーんとなく貯蓄に協力してくれる体制ができてきます。
その後も何度も家族でスキューバダイビングに出かけ・・・家族もやがて「いつかお父さんはインストラクターになる日が来るのか・・・」と受け止めることができるでしょう。

その日がまだ50歳代なのか、70歳になってからかはあまり重要な課題ではありません。歳よりも体力、気力、財力、チャンスの問題です。
「もう今をおいて機会が無いかもしれない」と思った歳と、会社を辞める客観的なチャンス、例えばリストラに遭った、定年になったなどのときが重なったときに辞めてセカンドライフに移ったらどうか。

私は彼にはそう言いたかったのですが、
餅つきの後片付けをしている間に彼の姿はもう見えなくなり、続きのはなしはありませんでした。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:47| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。