2018年06月16日

危険な株取り引きに熱中する方法

株の売買に参加すること自体が危険と見る風潮があると思いますが、ほぼその通りだと思います。だいたい株はじわじわとしか価格が上がらず、下げるときには土砂崩れのように下げますから危険なものです。

そういう株の中で、私は今週木曜にビート・ホールディングス・リミテッド(9399)という今まで聞いたこともない銘柄を100株買いました。
買った理由は、儲かるかもしれん!と思ったからです。株と買うのは実際そのぐらいしか理由がありません。
しかしこの株を買うことはハイリスク(これは確実)ハイリターン(紙屑になる可能性も大きい)の中でもかなり怪しい?銘柄としか私には見えません。

なぜなら、
この会社は香港系企業が日本の東証第二部に上場した企業ですが、はたして赤字続きで存続可能なのかどうかも怪しい感じ、そこに目をつけたのか、ノアコインという海外仮想通貨を操る集団がこの企業に多額の資本参加して経営陣を送り込み、仮想通貨拠点進出に役立てたいとの戦略に巻き込まれそうなのか、もしくはビート・ホールディングス自身がそれに積極的にかかわりたい模様なのかもしれません。その仮想通貨拠点拡大戦略の思惑なのか、最近大きく株価を上げました。

赤字続き企業であること、仮想通貨という胡散臭いキーワード、しかもノアコインをググると詐欺というキーワードも連なり、なぜそれで株価が急騰しているのかが胡散くさい。そんな雰囲気満載の銘柄だと私には見えます。

ただ、上げたといっても株価は今週は800円台だったので、安い部類です。
しかも1株から売買できるので、今だったら1000円以内でも買おう!と思ったら買えます(ただしこの先1000円を超えてくるのか、ゼロ円近辺に墜落するのかは誰にもわかりませんので念のため)

私は870円で100株買い、今は含み損ですが・・・楽しめそうだ!と期待しています。

このような株の売買では「遊び」が重要だと私は思います。
上に「期待しています」と書いたように、確かにこれでドカッと儲かることも夢見ていますが、反対に暴落して、饂飩食らって寝ちまいたい気分になることも想定していて、これが遊びなのです。

どこが遊びなのか、
上手くいくか、失敗するか分からないけど、やらない限り何も体験できないから、おっかなビックリやってみよう!と挑戦するところが遊び要素で、まさにゲームなのです。

ゲームにはスリルが必要です。
株には比較的安心安全な銘柄もあります。まず潰れる可能性が無くて、配当もたくさんあり、あまり株価は上がらないかもしれないけど、そう大きく下げもしない、長く持っていれば配当と株主優待で「それなりに儲かる」銀行に預金するよりいいですよ、という銘柄もあるけど、そういうのは保持していても私にはスリルがありません。

もし本当に暴落したらどうするのか・・・
座してその結果を受け入れるのみです。
それが本当に起きると私はほぼ9万円の損をしますが、9万円の損は確かに痛くて今後一生の思い出に残るでしょうけどそれだけで済みます。

反対に儲けたらどうするのか、
有頂天になるのみです。
1万円ぐらい儲かっても生活には何の変化もありません。10万円儲かっても同様でしょう。

ではどうやって遊ぶのか、
もしこの銘柄が仕手株だとすると、仕手筋は大儲けを企んでさまざま仕掛けてくるわけです。その大儲けの上前はねる挑戦をすることです。当然仕手筋は遊びではなく生死を賭けて仕掛けてきます。だから対戦する側も真剣にやらないといけません。遊びだと書いたのは「負けても生活にまったく影響ない」ことでしかやらない、と決めてかかるところが遊びの肝心な考え方です。だから更にこの株を買い増しすることはせず、買ってしまった株をどのタイミングで売ってなるべく多くの利益を出すか、というゲームに徹して戦います。

このようなお金賭けた遊びは、巷では今国会で与野党決戦を迎えているカジノを彷彿とさせますが、日本のカジノ解禁を待つことなく、すでに制度が立脚していて、ネットでテレビで情報満載にバックアップしてくれる株取り引きで遊べる!とうこともリタイアメントとしてはひとつの選択肢になろうかと思います。

ただ、カジノも野党がさんざん危険だと言っているように、株も頭がカッ!となって次々にお金を突っ込んでしまう性格の人には禁物です。そういう方は株など危険なものには手を出さないのが賢明です。
たぶん、この銘柄の賞味期限はごく短いでしょう。
来週になったら、もうこの記事の続きは書けないぐらい様変わりして(下げの方へ??)しまっていることでしょう。


タグ:仕手株

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:15| Comment(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。