2017年03月18日

65歳になったら、とにかく年金事務所に行って尋ねてください、と言われた

とにかく65歳の誕生日には夫婦そろって地元の年金事務所に行き「なんか、忘れている手続きない?」と尋ねることを強くおススメします!と、年金事務所の担当者は私に語りました。

過日「特別支給の厚生年金の受け取り忘れ、時効で消える」という記事を書きましたが、昭和41年4月1日以前が誕生日の人には、妻に「振替加算」が、届け出したら付きますよ!というのもあります。これは旦那の65歳の誕生日というのがポイントです(妻の扶養家族の旦那の場合は逆なので、そう読み替えてください)。

この件について記事にもう一回書こうと思い、間違っちゃイカンとも思い、地元の年金事務所に電話して聞きました。

特に「姉さん女房」の夫婦は、“旦那様が”65歳の誕生日になったら(正確には誕生日の前日から)地元の年金事務所に足を運び「振替加算の手続きに来ました」と言い、振替加算の支給手続きをしてください、と電話の担当者は言いました。姉さん女房の人の場合は加給年金がありませんが振替加算はあります。この存在を忘れてしまっていて、支給手続きしなかったら、時効前に手続きするまで受け取れません。

対象者には旦那の65歳誕生日近くにお知らせがくるそうですが、その知らせを見逃し、あるいは忘れ、もしくは「なんじゃこれ?」と意味不明だと無視したら、5年を過ぎると時効成立で、もはや永久に受け取れなくなります。

私は昭和33年生まれなので、年額3万円ちょっとが「妻の」年金にオンされるようです。
これが振替加算という制度です。
金額はちょっとですが毎年オンされるからバカにできません。忘れると「ヤバ!」と気がついた年の5年前分までは受けられますが、それ以前の年月の権利は消えて無くなります。

ちなみに、昭和33年生まれの支給額はそんなものですが、もっと生まれが早い人はオンされる額がデカく、反対に若い世代はどんどん支給額が小さくなり、昭和41年以降は、もうゼロになる、そんな制度が振替加算です。

年下女房の場合はこれとは別に「加給年金」があります。これと「振替加算」はセットです。なので旦那が年金受給年齢になったら、たぶん間違いなく加給年金を案内され、セットになっている振替加算がくっ付いてきますから忘れることは無いと思うのですが、姉さん女房の人は「加給年金」が無く、いきなり「振替加算」だけ到来しますし、これ自体かなり知名度低いですからお知らせ来ても「なんじゃこりゃ???」でホッタラカシ・・・になってることもあしそうですよね。

上記に限らず、老齢年金は65歳から本格支給が始まりますから、65歳になったら年金事務所に一度出向いて、必要な手続きは無いのかチェックを受けるようにした方が損しないで済みそうです。

ちなみに「振替加算」という制度は、昭和41年4月1日以前が誕生日の人だけが対象です。
↓↓↓
日本年金機構 加給年金額と振替加算へのリンク
タグ:振替加算

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN