2018年02月19日

年金にかけられる所得税や住民税は、ステルスの香り

今日は一日中年金にかかる税金を計算していました。
アーリーリタイアメントの私の生活費は64歳まで毎年受け取る「個人年金(年金払いの傷害保険)」ですが、これは「雑所得」になります。
そして私は昭和33年生まれなので「特別支給の厚生年金」は私が63歳になったときに受け取り権利を得ます。その年は2021年。受け取る額は毎年百数万円。
65歳になる年までは公的年金控除額は70万円だから百数万円から70万円を差し引いた残り三十数万円の雑所得が個人年金の雑所得に乗っかってしまうので「払う税金が増えちゃうじゃないか!」と、一生懸命どの程度増えるかを計算しました。

でも最初は2021年誕生日を過ぎてからの年金支給だから、この年は百数万円の半分も受け取れませんので、これが幸いして受け取る年金額は公的年金控除額の70万円に満たず、雑所得は増えないで済みそう。

翌翌年の2023年には65歳になった年になるから公的年金控除額も120万円に増えるから、基礎年金が加わっても多分問題ないでしょう。

問題は2022年。
ここは「特別支給の厚生年金」の満額が個人年金に加わるから税金が高くなってしまう。
どうしようか・・・
と考えて、60歳から申請可能になる国民年金の任意加入+付加年金を2年半ぐらい遅らせて申請、しかも2022年に2年全納になるように手続きして2倍の年金支払いによる控除(社会保険控除)が効くようにしよう!と作戦を立てました。

まあ、こんなことを考えながら・・・
「公的年金控除って、少ないなぁ~」と考えていたら、将来もしかしたらもっと年金から税金引かれるようになっちゃうんじゃないか!?と、多少ギョエー!しました。

なぜなら日本政府も日銀も一糸乱れずに2%の物価上昇を取り組んでいて、最初は「そんなの無理だろう」と思っていたら、最近だんだん物価上昇というかインフレのエンジンがかかってきたように思えるんです。

そういうように今後は物価上昇が思惑どおり進んで行くとしたら・・・
老齢年金は物価スライドが効き、毎年毎年2%物価上昇したってその分受け取る年金も2%増えて行くんだから問題ないじゃん(マクロスライドっていう支給を減らす伏兵もあるけど)と、昨日までそう考えて安心していましたが、よく考えてみたら、年金受取額は毎年増えたって、公的年金控除額の120万円(65歳になるまでは70万円)は、増えないんですね!課税対象額だけがどんどん増えるんです。

だから、物価上昇して年金受取額もそれに合わせて増えたとしても、増えた分には税金がどんどんかかっちゃうもんだから、物価に追いつけないように目減りすることになってしまう!じゃないか!

「そうは言っても、給与所得控除だって平均給与が上がったからと言って増えないじゃないか!」とサラリーマン現役組から反論あろうかと思います。しかもカイシャの労働組合は「物価上昇分は賃上げしろ!」はお決まりのフレーズ。でも給料っていうのは日本の物価だけじゃなくて会社業績とかいろいろな要素が組み合わさって決まるもんだし、転職してガポッと増やしたり(あるいは減ったり)があるから、完全に物価連動だけで決まっているわけじゃない、けども年金は物価スライドと忌まわしいマクロスライドだけで話し合いなしに賃上げなしで決まっている。

せめて公的年金控除は物価スライド制を入れてよ!
と、老人の声は、ないのかな???

2%の物価スライドで増えた分は、公的年金控除額も2%増やすとか・・・
国会議員の先生方、これどうなんでしょうねぇ。
どこかでコレ質問して見解聞いてみたいです。

試しにネットでこういう問題というか愚痴みたいな議論無いかとググってみましたが、それらしいものは今日は発見できませんでした。

まあ、今まではデフレに慣れてしまっていて、しかも何だかよく分からんような感じで毎年のねんきん定期便見ると将来の年金受け取り予想額が減り続けていたから、
「これが増えてきたらいいよなぁ~」しか考えなかったけど、
今後10年とか経って、
世の中すっかりインフレ基調になったら、2%のインフレ率でも10年続いたら22%も課税対象に突っ込んでいる額が増えちゃって、気がつかないまま税金徴収されていました、つまり増税になっていました、ということになる可能性が低くないように思えます。

ニッポンの国家はそうなって欲しいでしょうねぇ。
だって今後も人口躍進する年金受け取り世代から、分からないように、既存の制度だけを使って、活力あるニッポンを築くためにと物価上昇毎年2%に取り組めば、やがて増え行く年金世代からの所得税や住民税はどんどん増える、というステルス増税ローラー作戦。

この隠れた問題?は、インフレが進んでから議論しても手遅れだと思います。

さんざん議論したあげく「じゃあ、公的年金控除の物価スライドやりましょう!」となった時から、今度は日本の人口減によってまたデフレに世の中進み始めちゃって・・・
「デフレになったんだから、約束どおり公的年金控除の物価スライドによって、控除額は減らさせていただきます」となってしまうでしょう。

今日の妄想は悪夢になって、今日の夜にもう一回夢で見そうです。

インフレまで言及していないけど、関連記事はここにも。。
↓↓↓
年金生活者ターゲット 相次ぐ課税強化に「一揆」第2幕へ(日刊ゲンダイDIGITAL記事)へのリンク


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 18:39| Comment(4) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日初めて貴殿のホームページにたどり着きました。
小生50歳で引退、現在60歳とほぼ同様の状況のものです。
ここ1~2年は年金に関する情報を集めておりまして、先月妻とともに老齢基礎年金の任意加入および付加年金の2年払い処理もしてきました。
夫婦とも大学時代の4年ほど国民年金を支払っておりませんでしたので、約48か月分の追加支払いとなります。
2年払い(カード払いを選択)は2月の末までの手続き完了が必要で、妻の60歳の誕生日が2月後半であったためタイトな作業でした。
正確には、申請時に任意加入が発生してしまいますので、正確には46か月になりますが。
この点は処理上矛盾した仕組みですね。
さて、貴殿の任意加入手続きに関してですが、64歳の時点で2年前払いはできませんので注意が必要かと、大変僭越ながらコメントを書くことにしました。
税金関係に大変お詳しい方とお見受けいたしますので、小生の早とちりの場合はご容赦ください。
今後、当該ホームページを楽しく拝見させていただきます。
ありがとうございました。(これから過去の記事をぼちぼち読ませていただきます)
以上
Posted by gonbe at 2018年03月08日 09:56
gonbeさん

>64歳の時点で2年前払いはできませんので注意が必要・・・
そのとおりです。
なので私は2年前払いできる期間到来の前に2年前納手続きを行い、それまでは6か月前納とか月払いをします。
この手続きは既に妻の任意加入説明のときに年金事務所で聞いてきました。前納や月払いを変更する場合はすべて書類を書いて送付が必要で面倒です。面倒ですが「それも仕事だと思って」やれば節税という報酬が転がり込むことになります。

私もgonbeさんと同様に年金に関する情報は頻繁に集めています。
次の課題は、私が妻より先に死んだ場合の妻の年金をいかに多く確保するか、です。
これは遺族年金の勉強となります。
目下のプランは妻の年金を70歳まで繰り下げすることではないか!と思われます。繰り下げして増えた基礎年金部分に私の厚生年金部分の4分の3を乗せるのが良さそうだと今は思いました。
本当にそうなるのか、また時期が来たら年金事務所に出向いて聞いてみます。
それに繰り下げしたら我が家の生活費の余裕はどうなるのかもシミュレーションが必要です。
まったく年金や税金は奥が深いです!
Posted by 大庭夏男 at 2018年03月11日 12:16
ご返答ありがとうございます。
さて、(2022年に2年全納になるように手続きして2倍の年金支払いによる控除)とは2年払いにした場合2倍の控除ができるとの解釈でよろしいでしょうか?
2年払いはあくまで前払いであって、毎年の控除は変わらないかと。(これもわたくしの勘違いかもしれませんが)
あと、遺族年金については同じですね~私も同様に研究しております。(笑
がしかし、妻が先に行く場合もありますので、こればかりは計画どおりとはいきません。
あと、小生の年金受給を遅らせることも考えました。(利回りがいいですから)
しかし、これもいくつまで生きるかわからない(笑
ということで、今のところ夫婦とも65歳から受給しようと考えております。
現在の住まい(土地建物)、預金、そして小生の生命保険がありますので、仮に先に死んでも妻の生活はなんとかなると思っております。
生命保険につきましては、俗にいうお宝保険(5%以上の利回り)ですので、うまく使って節税しながら年金に補てんしていきたいと計画しております。(非常に良い計画があります)


Posted by gonbe at 2018年03月12日 15:44
gonbeさん
>2年払いはあくまで前払いであって、毎年の控除は変わらないかと
前払いした年に一括控除する方法と、1年づつ2年に分けて控除する方法の2つから自分で選べます。
どちらにするかで控除書類の金額が変わるので、年金事務所に問い合わせた方がいいようです。
なぜなら場所によって対応がさまざまだからです。
私は東京の青色申告会で確定申告していますが、そこに私の住む関西の年金事務所から送られて来た年金保険料控除の書類を提出したら「えー、大庭さんのところはこのような書類なんですかぁ」と言っていました。
ヘンなはなしですが。
Posted by 大庭夏男 at 2018年03月20日 14:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。