2017年07月15日

とある説明会での、聞き覚えのある名台詞

過日、私が所属するNPO団体は、活動補助金の申請をするために必要な説明会に出席しました。場所は山の中。そういう山の中で荒れたところをキチンと保全するならば、管轄するお役所は期限付き補助金を支給してもいいというわけで、私も説明会に出ました。

以前は「ちゃんとやっとるか!?」みたいにお役人様が視察に私どもの活動現場に来て、見て、写真撮って帰ったものですが、今年から保全の効果を数値化して、ビフォア・アフターで定量的に報告せよ!と方針が変わったらしく、昔の高校数学2Bで習った三角関数も使って!、そいつを数値化するという説明でした。

その説明が終わって質問の時間になったとき、
どこか別の活動団体の、ある男が、その説明内容の面倒くささに嫌気がさしてか・・・
「こんなん、ボランティアでやれったって無理やんか、みんな高齢化してんやし、出て来る人数だって多くないんやから・・・」「こんなん、もう団体の活動やめろってこと言われてるんやね、そう思ったらエエの?・・・」と言い出しました。

主催者側のお役人様も答弁していましたが、
この勝負は完全にお役所側が勝ちの図式だと、発言した上述「ある男」はどうして気づかないのでしょうか?

この補助金を管轄するお役所は昨今の財政事情から補助金を削減している最中。対象者をフルイにかけ、選りすぐり、選ばれた団体に補助金支給するのだから、こんなボヤキしたらお役人様の本音は『たったら申請するのヤメとけよ』になることは自明です。団体はお役所が定める通りの手段で数値化してビフォア・アフターを出さないと補助金は出しません。それで一巻の終わりです。

あのような発言しても一銭の得にもなりません。

このやりとりを聞いていたら思い出しました。年金受給者が「こんな金額で生活しろって言われても無理やんか」「俺たちは市ねって言われてるんやね」と言っていると、ニュース記事に書いてある、あの定番のセリフです。

こういうのが上述の「ある男」の脳裏に過ったから、あんな場面で捨て台詞が口からあふれ出たのでしょう。

私はそのボヤキなのか捨て台詞なのか分からない言葉を聞き、その団体が申請するのをやめてくれたらいいのに・・・」と思いました。そうしたら補助金獲得の競争相手が一団体減るから、こっちの勝ち目が高くなるからです。

でも、たぶん「ある男」の活動団体では、ちゃんと数値化して補助金ゲットするんです。

文句言うけど、やっぱり受け取る。

きっと世の中そういう仕組みでできているのだろうなぁ、と感じた野外説明会でした。
タグ:捨て台詞

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451822539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN