2018年08月08日

還暦キターッ!! 小学校のお手伝いさんの日々

ついに還暦来ちゃいました!

これからは、かつて定番だった60歳定年退職組の方々と合流することになり、リタイア人口メジャー世代の一員となったわけなので、もはやアーリーリタイアという言い回しが相応しくなくなりました。なので当ブログもそろそろ閉館しようかと思っていますが、まあ今年ぐらいは更新頻度は下がるけど書いてみようと思った60歳の誕生日でした。

ただ、60歳定年退職組の方々って、もう今の時代はあんまりいないのではないか??

近所の方々を見る限り私より歳が上の人でも、みんな?朝になるとスーツ着てバス停に立っているのを犬の朝の散歩中に見ます。だから私のリタイアメント暮らしの行いは、結局あんまし役に立たないのかとも思いますが、世の中には珍しく少数派好きの方々もいると信じるので、その方々を仮想人物像にして「定年後」は「こうする手もあるんじゃないですか?」を書きたいと引き続き企てていきます。

今日の企ては「定年後は地元小学校のお手伝さんをやりに行ってみたら?」

なぜこれがおススメかというと、小学生の子どもと一緒にいるのは想像するよりかなり楽しいからです。
子どもに教えるというのは圧倒的に先生の方が上手だから、それを夢見ても無理だから、教えるんじゃなくて、どっちかというと子ども話し相手になることを目的にするんです。“優しい大人”を子どもは欲しているのだと強く感じます。さらに先生ももしかすると話し相手を探しています。

小学校で野外授業の手伝いに行くと、最初は虫の名前なんかを子ども達に教えるんだけど、時間が経って慣れてくると子どもの方から野外授業とは全然かんけいない、友達のこととか、悩みごとなんかを言ってくるんです。悩みごとって言っても「お母さんが野菜たべろ!っていうけど私は野菜が嫌い」とかそういうレベルなんだけど、そういうことあんまり先生にも友達にも話さないみたいで、たまたま一期一会みたいに会った私に打ち明けるなんてことがたまにあります。

妻の話をろくすっぽ聞いていない私が言うのもなんですが、
そういうの聞いてあげる、ヨソの、優しそうな、信頼できそうな大人を欲しがっている子どもも少なくなさそうだと、そんな気がして、そんな世間話を子どもと可能になることを目標に小学校の手伝いをするっていう、想像するより楽しいことをする企てが、会社を終わってからやってみる価値がありそうです。

でも公立小学校はそういうお手伝いの人にお金を払う余裕がまったく無いから、結局は無償っていうのが人によっては嫌だと思うかもしれないけど、定年後にもはや給料は要らない!と割り切ったリタイアメントの人ならば、楽しいのだったらむしろお金払ってやってもいいぐらい!と思える仕事の候補が「小学校のお手伝いさん」になることじゃないかと思います。

じゃあ学校はどんなことができる人を「お手伝いさん」として探しているかというと、私の知っている限りでは、私がやっている屋外で自然観察なんかをする総合学習の授業お手伝い、あるいは他の人がやっている、地域の歴史や名所などを解説したり案内したりする人、染物や機織りなどの伝統工芸を教える人、本の読み聞かせをする人、畑で作物を作ることを教える人、こんな感じのことを教えたり準備を手伝う人なんかです。要は先生があんまり得意ではないこと、または準備作業などをやって先生の労力を減らせることができる人です。

だから勘違いして先生に「こんなことをやってみろ」とか「先生がやり方考えてくれ、俺はそれに従ってやるから」などという会社員の特に管理職経験者にありがちな言動と態度を出すことは避けなければダメです。

それに怖そうな、不機嫌そうな顔していたら子どもは近寄って来ませんから、意識してニコニコして学校にいなければなりません。
会社員時代は、接客経験の方々をのぞき、仕事中にニコニコしている鍛錬は受けていないですから、子どもと話すときについ命令口調になったり、実際は機嫌わるくなくても機嫌悪そうに怒りそうな顔つきに見えるのがフツーでしょう。だから小学校のお手伝いさんをしていると、これから先の家庭での暮らしを支える自分自身の情操トレーニングにもなると思います。

実際に子ども相手にそうだと思いましたので、私は犬の散歩中もなるべくニコニコして歩くようにしています。それが功を奏したのかは分かりませんが、この2,3年は近所を歩いていると道で会う相手から話しかけられることが断然増えました。
私が小学校でそんな活動しているっていうのも広がっているみたいで、多少安心感と信頼感を持たれたのかもしれないけど、ママ友は最近かなり増えました。そういう効果が小学校のお手伝いさんにはあります!

小学校のお手伝いさんをするには、小学校に飛び込み訪問する手も無いことはないと思いますけど、町内会の子供会とか少年補導委員会、それかPTAをやっている人、児童館などからアプローチして、少し実績を積んで、小学校の先生、特に校長先生、教頭先生、教務科担当の先生と顔なじみになって、と駒を進めていくのが良さそうです。なぜなら人物をよく知らない限り、昨今学校は容易にその人を受け入れたがらないからです。

でもお金にはなりませんよ、と上述しました。これはお手伝いさんでは致し方ありません。さらにもっと専門を教える「地域の先生」みたいな制度が教育委員会が持っている場合もあって、これは教育委員会の選考に叶えば有償で子どもに授業ができるらしいでから、そっちに挑戦する手もあります。

また、小学校は通常の授業以外に外部講師を招いての特別授業、社会見学、体験学習、ふれあい学習などなどすごく多岐に渡ってイベントがあるので、予算が足りないらしいのですが、中学校ではそういうのがグッと少ないので「中学校のお手伝いさん」には報酬が比較的付きやすい!?という説を、その道の有識者から聞きました。実際昨年は中学校のお手伝いさんを10時間ぐらいやって、1万円ほどの報酬をいただきました。

そんなのが何回もあったわけじゃないので、昨年のお手伝いさんでは年収1万円で終わりましたが、私はお金をもらう以上に楽しかったと思っています。

会社員なら、働いた→お金を得た→そのお金でレジャーに行った→楽しかった、という流れですが、小学校のお手伝いさんの場合は、働いた→楽しかった、
つまりお金受け渡し無しで、働くから直接「楽しかった」という結果をゲットできると思います。

小学校に聞いてみたら、毎年高学年生が行く「山の学校」「海の学校」っていう二泊三日ぐらいのお泊り学習のお手伝いさんも住民から募集する道はあった、らしいことを聞きました。でもお金払われないし、キツイし、かつて募集したけど応募も無かったし、遠慮して募集せずに先生だけでやっているのが最近らしいです。なので来年は、たとえお金を払ってでも、この二泊三日お泊り学習に私はお手伝いさん立候補して参加するつもりです。すでに先生にそうお願いしました。

こんなこと書きましたが、今年60歳の私と同じ昭和33年生まれの方々に役にたつのかまったくわかりませんが、もし私と同類の趣向を持つ人には、なんかヒントにならないでしょうか。。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:02| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。