2018年02月27日

ホテルに居るだけ旅行 これも観光のうち

毎年通っているマレーシアのペナン島に、また行きました。
今回の旅行のテーマは、
「ホテルに居るだけ」の旅。

試してみたかったのは「ホテルでずーっとボーッと『何もしない』で過ごすこと」でした。

でも実際、何もしない、ということは無理でした。
5日間のいつもの日課は・・・
朝8時に起きてクラブラウンジに行き朝飯を食う。
それから部屋に戻り10時までまた寝る。
二度目の起床後はしばらくスマホで株価などを眺めながら部屋でボーッと過ごし、
11時頃になってホテルの隣のショッピングモールを歩き回ってホテルのクラブラウンジに戻り、ホットドッグを食ってジュースとコーヒーを飲む。
それからまた部屋に戻り昼寝をする。
午後3時にまたホテルのクラブラウンジでお茶にして部屋に戻り、午後5時までテレビ見たりして過ごす。
5時になったら外を30分ぐらい散歩してホテルのクラブラウンジに戻ると、ちょうどディナータイムになっているから夕食しながらビールとワインを2時間ぐらいかけて楽しみ、部屋に帰ってシャワー浴びて寝る。。

こういう暮らしを5日やって昨日帰ってきました。
こういう暮らしを5日間やると、時差ボケじゃなくて、とにかく体もアタマも鈍ってボケた気分になります。きっとこういうのがリラックスできるということなのでしょう。帰国後の今日も、2日前まではこんなにも寝たのに、まだ今も眠気が残り、また上述の暮らしに戻りたくなってしまいます。

結局、泊まったホテルの姉妹ホテルにあるリゾート地帯へシャトルバスで一回行っただけで、金をかけた外食はまったくせず、メシは3食全部ホテルのクラブラウンジで済ませてしまいました。

この「ホテルのクラブラウンジ」というのはミソです。

泊まったホテルは「Jen(ジェン)」という名前の、中心街にある四つ星ホテルで、日本のホテルで形容するとしたら「ダブルベッドを二つ入れた広めの部屋のビジネスホテル」。
台湾の航空会社の乗務員はここを定宿にしているみたい。

これに追加料金を払うと上層階にある同じ作りの部屋だけど「スイートルーム」と名前が変わって、ついでに「クラブラウンジ」へ何度でも出入り自由な身分になれるので、今回も前回のようにこれを利用しました。

ふつうは一部屋一泊7千円程度で泊まれるホテルですが、上記スイートにするとその二倍ぐらいの料金になります。元々私は安旅行をやっていましたが、私ども夫婦のペナン旅行に限ってはこの二倍料金の方がいいのではないか?となりました。

理由は、もうこの地には過去6回ぐらい来ているから、もう特に行ってみたい観光など無いけど、しかしなぜか日本が冬のときの南国ペナンには毎度毎度来たい!そう思ったので「ホテルに居るだけ」旅行として今年も行きました。

そうは言うものの・・・
ホテルの部屋の宿泊料金が二倍になっても、帰国後に計算したら、安上がりになっていたことが分かりました。ホテルで全部の飯を飲み食いしたから、外食費がほとんど不要だったからです。

特にアルコールはマレーシアではこうしないとタラフク飲めないと思います。

マレーシアのお酒は高い!です。
安いワイン一本がスーパーで見ると日本円にして3千円以上します。
でも上述クラブラウンジでなら、飲めるだけエンドレスに注いでくれて、さいごには私が酒飲みだとスタッフに思われたらしく「まだこんなにボトルにあるぞ!」と、グラスに大盛にしてくれたから、もうちょっとで二日酔いするほど毎日飲めました。

料理もホテルの案内には「カナッペを用意してあります・・・」と書いてあったから、軽いスナック程度かと思ったら、シッカリ胃袋にたまる量と種類があります。これはカナッペではありません。晩飯そのものです。お酒が飲めない妻もクラブラウンジのカンバンまで酔っぱらった私と一緒にそこに居ました。普段は酔っぱらった私となんか一緒に居ないのですが、スタッフとたどたどしい英語でしゃべるのが面白かったのでしょう。

まあ、5日も妻と一つ部屋の中に居ると言い合いの喧嘩も何度もしましたが、帰って来ると来年またあそこに行きたくなってしまいます。

5日間このホテルのクラブラウンジ付きのスイートルーム(上述のように部屋はレギュラーと変わらないです)に泊まって、料金はだいたい2400リンギットでした。日本円で7万円弱。

航空運賃が割と高くついたから全部の旅費は25万円になったけど、これはオリンピックが終わったら今度は経済制裁に加えてちょっと「手荒なことになるぞ」なんて大統領が言っているので、大事をとってピョンチャン五輪開催と同時に出かけ、閉幕と同時に帰国する旅行計画にしたので、航空運賃最安値での旅行は選べなかったためです。

また来年も多分ペナンに行くと思うけど・・・
年々長時間フライトでの居心地が悪くなって来るのを実感するようになりました。
老人になってきた「歳のせい」かも知れないし、以前のように「知らない場所を旅する」というワクワク感プラス緊張感が無い場所に通うようになったからかも知れないです。

別のところにも行ってはみたいけど、
何だか今の情勢では「・・・やっぱ知らないところはヤメておこう」となってしまいます。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:00| Comment(2) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近はホテルに宿泊せずもっぱら民泊です。airbnb で1週間借りて沖縄などどうですか。
費用もかからず別荘気分でゆっくりできます。
Posted by time at 2018年02月28日 11:46
timeさん

>民泊・・・費用もかからず別荘気分でゆっくりできます。
沖縄は国内でまだ行ったことが無い2つの県のうちの1つです。それに島へ旅行したことも淡路島だけなので、だから沖縄をはじめ近くの島々にはいずれ行きたいですね!
ただ民泊は、上げ膳据え膳が好みな妻の食指を動かせるかどうか、、、そこにかかっています。
Posted by 大庭夏男 at 2018年03月02日 11:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。