2017年08月23日

リア充よりも幸せな生き方記事と「phaの日記」について

phaという人がいまして、この方は京都大学を卒業し、その後早すぎる!?アーリーリタイア(と考えていいのでしょうね?)なのかともかく会社を辞めてふらふらして生活している方なのだそうです。

私はアーリーリタイア経験者としてブログを書いているので、ときおり他の同業者ブロガーの記事を読むことはありますが、定期的に眺めているものはこのphaという人のブログ「phaの日記」だけです。

その日記を、ではなく、phaという人が執筆した“まとまった記事”がwebに登場してきたので、下記にリンクを貼ります。
↓↓↓
「リア充」よりも幸せな生き方【前編】現代ビジネス記事へのリンク

このphaという人と私との共通点はそう多くはありません。私はphaという人が出た京都大学卒業ではなくもっと職業人養成校っぽい大学を出て会社員を長くやっていましたから、会社員生活脱走はもっと後になってからのことで、準備万端に整えてからの退職でした。彼が書くような、会社を辞めるとき脱走を止めさせようとする人は誰もいませんでした。しかも私にはphaという人がやった会社脱出方法はきっと出来なかったでしょう。そういう度量は私にはありません。残念なことですが。。

上記リンク先記事の中で、私と意見がまさに一致する箇所は・・・
“生きていくための最低限のお金は必要だが必要以上にあってもしかたない。それより時間の方が大切だ”という趣旨の部分です。
ここです。3ページ目に書いてあるところです。
だから必要でないお金を稼ぐために、必要である自分の時間を使ってしまうことはこの考え方、価値観の持ち主に限っては愚行です。

その価値観が私をアーリーリタイアへ引っ張ったのです。

phaという人も「ふらふら」と書いてはいますが、実際にさまざまビジネスをやっていると私は観察しています。その規模は彼のブログを見る限り私よりかなりデカイように見えるから、phaという人はこの手の一連のプロジェクトの塊を束ねるビジネスパーソンなのかそういうライフスタイルの実践家なのでしょう。

なのにどうして無職を決め込んで起業家にならないのかが不思議なところですが、きっとそんな手続きしてやるのダルいのでしょうね。それは分かります。

ただ、彼のやっているビジネスなのかライフなのかの進め方段取りが参考になるのではないか?と思います。

ひとつの例はphaの日記に「一人で意味もなくビジネスホテルに泊まるのが好きだ」という記事がありまして、読んではみたのですがあまりピンと来るものは無かったのですが、「一人」「意味なく」「〇〇する」というワードが私のアタマに残りました。

特に「意味なく〇〇する」ことは、そんなことダメじゃないの?とそれまで思ってきたことなのですが、このところ私も「意味なく〇〇する」を意識的にはじめています。それは結果として平均以上のものが得られるのですね。
「意味あって〇〇する」と残念、ガッカリ、失望を伴う場合がままあるのですが、「意味なく〇〇する」とそれが無いどころか、今日もそうだったのですが、予期せぬ収穫があったりするんです。

phaという人の「ふらふら」にはそのような効能があって、彼はそれを活かせているのかもしれないです。

phaの日記は彼と同世代の若者の間でけっこうな人気のようです。

定年を控えたビジネスマンにはどうなのでしょうか?今までの伝統的会社員ならペケポンの評価でしょう。おそらく。

phaの日記をリタイアメント直前の方々が読んで意味不明だったりかえってイライラするとイケナイので読んでみては?とは言いませんしphaの日記へのリンクはあえて張りませんが、もし上述の現代ビジネス記事を試し読みして、まんざらでははないと感じた方々はphaの日記を検索して進まれてはいかがかと思います。

ためになります。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:13| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN