2017年11月30日

活動経費補助金というゲーム

アーリーリタイア以降、今まではブログに貼った広告収入などの、いわゆるネットでお小遣い稼ぎの個人事業をしていましたが、このところ急に地域活動に熱を上げることになりました。

地域活動というのは、地元小学校の「総合学習」の企画をしたり、一部の授業は先生役になって生徒に教えることもしていましています。それは一人では足りないから「何人か集めよう!」となり、実際に何人か集まって活動していますが「このまま手弁当では続かない・・・」と思い始め、市から活動経費補助金をもらおう!となりました。

そこで市のまちづくり推進室に相談したら・・・
「その活動だと、その小学校だけのことだから補助金支給はダメ! もっと広範囲にしなさい」と言われたので、
「じゃあ、もっとアレコレやることにするから、どうすりゃいいのか教えて・・・」と言ったら「・・・あんたたち他に何ができるの?」と話が進み「・・・あんまりそういう事まで考えていなかったけど、補助金のためならひとつやってみっか!」と前のめりになり、昨日改めて「こんなの考えました・・・」と話を市に持っていったら「それならいいですよ!一発で補助金申請通るハズです。あとは申請書にどう“作文”するかが重要ですから、それについては手取り足取りご指導しますよ」と、市の担当者はヤル気でした。行政は本来行政がやるような事を代行してくれる住民を探しているわけです。だからそれをやってくれる活動には「経費は期間限定で出してもいいです」とくるわけです。

それはそれで私にはハッピーなことなのですが・・・

活動経費補助金のしくみを市の担当者から詳しく説明を聞いてみると、思惑が外れてガッカリ・・・

私の住む市の補助金というのは、
活動をお手伝いしてくれた人への謝礼とか寸志は補助金から払えます。
ただし団体の役員名簿に載っている方々は、たとえ活動に加わって、いかに頭を使い汗を流し、恥もかき、泥にまみれても補助金からは一切払えません!ということなのでした。
つまり活動当日にだけ集まって「お手伝いしました」の人にはお金を支払うことができる一方、言ってみれば活動の大黒柱役は、このままでは相変わらずの手弁当の無償奉仕、もっとネガティブに率直に言うなら「骨折り損のくたびれ儲け」が続いてしまうことに他なりません。これでどーやってヤル気が続くの?って感じで、嫌になっちゃうわけです。
だからガッカリしました。

市の説明は・・・
「活動経費補助金は、あくまでもロケットのブースターですよ、いいですかココ肝心ですよ。最初の補助金支給から3年間だけのブースターエンジンとして「かかった経費」だけは補助しますよ。だけどロケットメインエンジン役は決していたしませんから、団体役員への活動資金補助はしません。そういうお金は一切払わないんだから、役員の得る資金とかのメインエンジン資金は自助努力でやってちょうだいね!これお約束ですよ!」と何度も念押しされました。

私はこの話を聞き「これは地域活動ゲームだな」と思いました。あのオンラインゲームとかと似てますコレは。進んでいくと敵が出てきて、こりゃダメだ、と思いながらも困難を乗り越えて進んでいくゲームです。

それならこのゲームのルールの下で、どうやって私を含めてやっとヤル気になって集まってくれた役員候補の数人分の活動資金を捻出するか、これに挑戦して攻略するゲーム。こんな具合に考えたらガッカリ気分も解消されるか・・・と考えました。

だけどゲーム上には敵がまだまだいるみたいで、補助金獲得という一難が去るとまた次の敵が現れそうな感じがします。

市から出ない活動経費を賄うには、きっと会費収入か寄付か何かの売り上げが欲しいです。しかし会費を年5千円にしよう!と私が言ったら「それ高杉!もっと下げて」と言われたし、
寄付文化が無い日本では、私の所属する別のNPO団体ですらそんなの微力だし、
だからイベント開いて参加費を集めるようにしたいな♪
だけどネットでググって調べる限りでは、そういう行為は事業収入になってしまい、事業所得について確定申告が必要、税金を払うことになりますよ、と書いてあります。しかも事業収入があると非営利ではなく営利になるだろう。すると市の活動経費補助金対象が非営利活動に限る!となっているから補助金がはく奪される!?
だったらイベントは全部タダでしなきゃならないのだろうか? これじゃますます骨折り損のくたびれ儲けじゃないか!!!と、こういう気分に襲われました。

でも・・・
たとえば大学の文化祭などでは、大学の相撲部なんかが「ちゃんこ鍋一杯300円」とかの屋台を校内でやっていたりするじゃないですか。あれって売り上げがあるから材料代とか経費差し引いた残りは事業所得になる??もしそうなら税務申告してるのかな???と考えたら、そんな話今まで聞いたこともないし、大学に限らず町内会でやっている盆踊りの模擬店の売り上げも税務申告して1万円の税金納めたなんて話も聞いたことないし、だったらウチの団体のイベントも参加費とっても税務申告要らないの?と・・・何が何だかワケ分からなくなりました。

市の担当者にこの話をちょいと尋ねたら・・・
こういう活動の税務申告って・・・多分不要だと思うけど・・・ウチはあくまで市役所だから所得税のことはやっぱり税務署管轄だから、そっちで聞いてもらうしかないですよねぇ。とか言ってます。

これはまさに攻略すること盛りだくさんのゲームそのものです。
私はこういうのを考えて、あれこれ攻略のアイデアを出し、それを実行に移して目標を打ち落とすのは大好きです。ちょうど昔、サラリーマン時代に「どうやったら50歳代でアーリーリタイアを果たせるか」というゲームに挑んだのと似た気分。

私は来年にはちゃんと設立させる任意団体を使って最初は非営利で、しかし補助金が無くなる3年後以降は営利活動に移行させることも視野に入れて「儲けを出す」ことを目標にやっていきたいと思います。

最近はこんなことばかり考えている、今日この頃です。


タグ:地域ボラ

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:49| Comment(0) | セミリタイアのネタ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。