2017年10月25日

「アーリーセカンドライフ」っていうタイトルもアリだった

「リタイア」には「セカンドライフ」という紛らわしい言葉がありまして、この二つの言葉は境界が曖昧で違いがよく分かりませんが、なんか違う気がします。
思うままにネットで検索してブチ当たった記述と自分のイメージでコイツらを分けてみたら、

「リタイア」のイメージは・・・
会社を退職してマレーシアやタイに外観小綺麗なコンドミニアムを借り、夫婦水入らず毎日ゴルフ三昧して暮らす、あるいは現地日本人会のオフィスで同志日本人ロングステイヤーと交わり稽古事や囲碁マージャンにふける。または都市近郊の築30年4LDK自宅を売り払ってローンも完済し、残った700万円で軽トラと田舎の畑&古家付土地を購入し、嫌がる妻を説得して半自給自足ライフをおくる。こんなイメージでしょう。

それに対して「セカンドライフ」は働き方を変えるというイメージな気がします。
ここで言うセカンドライフは一時期一世風靡した仮想空間に暮らすネット上のゲームのことではありません。リアルなはなしの元祖セカンドライフの方を指します。
例えばサラリーマンを辞めて傷ついた野生動物救護なんかの財団を作ってライフワークとして今まで気になって気になって仕方が無かった活動に没頭しながら、実はそれを通じてリア充を図っているひと。

まとめてみたら・・・
内容が違うのではなくて「リタイア」のイメージはなーんとなく「隠れていたい」「ほっといてくれ」「なんかオモロイこと無いやろか」な暮らしに対して「セカンドライフ」は「ただ仕事が変わっただけよ」「自分でやりたい事を始めたのさ」「あくせく稼ぐ時代とはもうサヨナラして」というような鷹揚で金持ちなニオイを感じます。

だから・・・
会社を辞めてからの中身はどうあれ「俺はリタイア暮らししてます」と言うより「セカンドライフとして〇〇を始めましたの」と言い切る方がそれを言った相手の受ける印象は違うでしょう。「セカンドライフ」という言葉はキザな感じが少し伴いますが、相手を煙に巻くマジックワードかもしれません。私の「アーリーセミリタイアメントです!」と言い切って今まで自己紹介してきた経験と思い出から言えることは、誰かに「リタイアしてまんねん」と言ったらまず間違いなく相手は多かれ少なかれ、それを言った当人を哀れみます。

「え、リタイアなの・・・どーして? あ、リストラでね・・・」と、これは私の場合ですが、こんな感じになります。私は脳天気なのか感受性が鈍いのか分かりませんが、こう反応されたらリストラを契機にリタイアしたのは事実なのだから「そういう理解で良いのだ」と考えますが、どうも他の人々は嫌だそうです。過日も私と同年齢の59歳の人が「・・・当然ながらまだ会社に勤めていますが・・・この活動にも参加した次第で・・・」と『俺はまだリタイアしていないんだぞ』と強調する含みを持たせて自己紹介しているのを聞いて私は「みんなはそうなんだなぁ」と感心しました。

そういうことに気づいてみると・・・
「アーリーセミリタイア」じゃなくて「アーリーセカンドライフ」にしておけば良かったかと今さらにしてタイトルつけ間違えた反省をしました。

私は一応個人事業主であり、現物株しかやらない気弱な個人投資家ですが対外的には「セミリタイアメント」だと名乗っています。これは、まあそういう名乗り方をした方が相手も納得できるだろうと思ったからですが、リタイアメントで株をやっているイメージと、「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」と名乗った違いは実際にあるのではないか!?と思います。

リタイアメントで株をやっていると、私は現にそうですが「まあボチボチ儲かれば見っけもの」の域を脱することは難しいです。信用売買をやっている人の話を聞くと全然やっている世界が違うのだなぁ、リスクの受け止め方からして違うのだなぁ、と実感させられます。きっと最初から「セカンドライフとして株式投資に取り組んでいる」というブログを立ち上げていたら・・・人間は強く思うと実際にそのようになる!という説もありますから、今頃は近所の方々からも「あーあの株やっている変わり者のオッサンね」より上を飛ぶ存在になていたかも知れません。

なんで「セカンドライフ」という言葉に今まで気付かなかったのか、アホでしたが、下記リンク先記事を一昨日読んでみたら「あ!セカンドライフはセミリタイアと同義語か!!」と納得しました。
↓↓↓
"定年後"も稼げる「シニア自営業」のコツ(プレジデントオンライン記事)へのリンク

今さらもうブログのタイトル替えは遅いですが「セミリタイア」とこれから書く頻度を下げて代わりに「セカンドライフ」と書くことにします。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:33| Comment(0) | セミリタイアについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。