2017年04月21日

新人営業の面倒見をさせないでもらいたい

セミリタイアして自宅で「仕事?」をしていると、たまーに営業マンが訪問してくることや電話があります。特に今の新年度明けは新入社員の「営業研修」があるのかもしれないけど、私にとっては迷惑!

「仕事?」といっても私のは株を取り引きしたり、ブログを書くのが「仕事!」だから、誰に話しても「そんな立派な仕事じゃないんだから、せっかく足引きずって慣れない見込み客開拓させられている新人営業マンの相手してさしあげたら?」と言われてしまいそうですが、私には迷惑!

いつも春になるとなぜか「外壁塗り替えしませんか?」と来るので、たぶんその会社では新人営業マンのセールス実践教育の場が、私の住んでいる地域になっているのではないかと勘ぐっていますが「セールスに来さすなら、いきなり一人で送り込まないで、指導員と一緒に来て隣で教習したらどう?」と強く思います。

昨年は「外壁塗り替えしませんか?」と若者が来たので「もう塗り替えましたよ」と返事したら「・・・そうですか・・・」と営業マンは訝かしそうにして壁を見ていたので「西日にやられて劣化した西側壁だけ塗り替えたんだ」と説明したら「え・・そんなのアリですか?」と言いました。

私の家なんだからどう塗り替えようが私の勝手なので、この「アリですか?」という問いというか一種の非難じみた返答は、私にとってやりきれません。が、きっとその会社では、そういうときに客から叱られて、現場で打たれて強く成長して欲しいという期待があるのでしょう。でも、もしそんなことだったら私にはとても迷惑!です。

そういう私もかつて製造業企業の新入社員だった頃に、営業実習とかがありまして、バスに乗せられて遠く離れた「セールス現場」で降ろされ、「これから2時間、この一帯のお客様宅を戸別訪問してセールスして来い!」をやらされました。しかたなく2人一組で個別訪問しましたが「もっと積極的に行け!」とやらされた結果、あるお宅の奥様から「勝手にはなし続けないで!断ってるでしょ!」と怒鳴られたことがあります。1980年初頭の出来事でした。

それからそういう「飛び込み営業」は時代遅れだという風潮になってきたようで、最近では訪問してくる営業マンはめっきり減り、私の家には私の家を建てたハウスメーカーのルートセールスの人ぐらいしか来なくなりました。が、まだ春になると新人の研修で「その時だけ」の場当たり研修をしている時代遅れの会社があるみたいです。

私は営業マンが訪問して商品の勧誘をするのはダメだとは考えていません。
営業マンは客の要求にストレスなく対応して、約束を守ってくれるようなら、ニーズがあったときには「飛び込み訪問」もありがたい存在だとすら思います。私の家につけたソーラー発電装置はそのような営業マンの飛び込み訪問販売がキッカケで設置を決めました。

ただ、まだ経験少なくて客の対応が満足にできない人はいきなり一人で戸別訪問させるのではなくて、営業経験者が同席できる営業所で仕事のプロセスなどを教育して評価作業も行ってから外に行かせるべきだと思います。そうでないと相手をさせられる他人の時間を無駄に使うだけで迷惑です。

数日前には証券会社から営業の電話がありました。
「〇〇株式会社が今年上場するかもしれないとの情報はご存知ですか・・・」と、その営業マンは言うので、きっとIPO(新規公開株)の勧誘の話かな?と、その先に何かお宝情報があるのかと私は期待しました。IPOは儲かるけどなかなか抽選に当選しないから、何か奥の手でも特別に教えてくれるのか?と。その証券会社とはもう口座開設から20年以上になるから、そんなチャンスが来たのかな?と思いました。

しかし何ともその後の話が続きません。
「〇〇株式会社について何か情報あるのですか?」と私が聞くと「また明日にでも連絡さしあげたいのですが、何時頃ならいいですか」という話に置き換わり、空いている時間を伝えたら「訪問してもいいですか」と言うので「訪問はして欲しくないです。電話でお願いします」と答え「それなら電話で・・・」となりました。

でもその「明日」以降電話がかかって来ないのですね。
この証券会社の営業マンは私との約束を破ったわけです。たぶん電話口での応対ぶりから察すると新人さんではないかと思われます。
この証券会社の営業指導も時代遅れ式だったのか・・・

「現場たたき上げ」という言葉があるように、現場でみっちり鍛えられるのは新人教育として悪くないと思うけど、そういうのに一般人を巻き込まないでもらいたい。

セミリタイアして春になると、毎年1つか2つぐらいこの問題が降って来ます。
タグ:春になると

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449207371
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN