2017年03月20日

花粉症、だるい、痔、リタイアメント

このところ花粉が飛びまくっているのでしょうか、体がだるくてしょうがない。
以前は花粉症といえば鼻が詰まったり、目が痒くなるのがふつうだったけど、最近では自分の体が変化したのか、それとも新型花粉症なのか、鼻詰まりは軽くなったけど、体がおかしくなってしまう現象に変わりました。

どのようにおかしくなるかというと、
まず、朝から夜までだるくてしょうがない。
もうひとつの自覚症状は、胃腸の具合が悪くなり、痔になる一歩手前のようにお尻の出口のあたりが充血してしまう。それを放置すると本当に出血してしまうから、ボラギノール塗ったりしていますが、なかなか治りません。昨年もそうだったし、一昨年も春になって天気予報で花粉注意報始まるといつも痔を心配しなければならなくなってしまいました。

花粉症の季節に痔だなんて、なんの因果関係があるのか私には分かりませんが、経験則としては確かに花粉と痔は最近連動しています。試しにネットをググってみると確かに同じこと訴えている人が発見できました。

痔はボラギノールで進行を防げるけど、体のだるさはなんとも収まりません。
他の季節は週に1日ぐらいは体が軽々している日があるものですが、花粉の季節は息切れするように、ゆるい坂を犬に散歩させられて付き合って歩くのにも息切れするようになりました。ビタミンドリンク飲んでも効きません。コーヒー飲んでも飲んでもシャキッとしません。夜は12時まで起きていられないほどダル眠くなるし、朝はスマホの目覚ましを5回スヌーズさせてもまだ眠気がとれません。

そういえば「春眠暁を覚えず」というのがありますけど、昔っから春は花粉症で?朝の眠気がひどくなるということを表しているのでしょうか。

ブログを書いていても、書いた傍から「こんなのダメやんか・・・」になってしまい、何回も書き直しては、また書き直し、アップしてもまだ気に入らない、頭が鈍くてへんな文章しか書けないほどだるいので、今日は思ったことを書き並べるだけの純粋日記にしました。
こんなふうに頭から出てくることを書いていくだけなら書けます。
だけど、筋を通してとか、役立ちそうなことを書こうとしてもうまく考えがまとまりません。

こんな具合ではパソコンの前に座っていても時間ばかり過ぎていくし、何か体を動かしたらいいのではなかろうか?と、パソコン机用の椅子を手直しすることをやりました。体を動かせば少しはスッキリするかと思い・・・

私のパソコン机は、以前に記事に書きましたように、使い古しのタンスを改造して机風の台にしたものです。縦長のタンスを横に倒して引き出しを全部取っ払って・・・みたいに自分で改造して0円で作ったものです。しかし完成した改造机は高さがけっこう高いです。

椅子は捨てるつもりだった古いダイニングテーブル用の椅子をそのまんま使っていましたが、椅子は低く、机は高いので、今までは子どもが大人用の机にしがみつくみたいな恰好になってしまい、具合悪かったので、椅子の足の下にかませ物を入れて8センチ高さを上げる日曜大工をさっきまでやっていました。

材料は近くの建設屋さんに「ご自由にどうぞ」の貼り紙がある箱の中の材木の切れ端です。
これを以前いただいてきて、ストックしてあったものにノコギリを入れて切り、椅子の足の下にネジで取り付けて、ただそれだけの日曜大工でした。

使ってみたら、椅子を8センチ高くしたおかげで、足のかかとが床に着かないようになって座り心地が悪くなりました。しかたなく足置きのための横の棒を追加で取り付けて・・・不細工な恰好の改造椅子になったけど、机との高さ関係はちょうど良くなりました。

それで机と椅子の試運転で、今日はこんな純粋日記を書いてアップしました。

ずぼらな日曜大工をやって、少しは体を動かしたから、少しは気分爽快になっても良さそうなのに、やっぱり今日もだるさは消えません。
2月の寒さとどんより曇った冬空は恨めしかったですが、3月の花粉のシーズンもだるさが溜まって恨めしいです。

来週の週末から4月になって、年度が変わります。リタイアメントに年度の変わりは関係ないと思われるかもしれませんが、けっこう変わることもあるんです。
去年の秋以降ずっとヤル気下り坂だった町内会は、期が変わって私は役員御免になるし、その代わりに違うことを引き受けることが決まったし。
気分が変われば今のだるさが無くなるような、何かいいこと起きるでしょうか。

きっと思うほどいいこと無いだろうけど、期待だけは持っています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN