2018年04月02日

毎日が日曜日が「ふつうの日」について

「毎日が日曜日」という小説がありまして、30年ぐらい前にそれを読みまして、結局サラリーマンってハッピーリタイアメント後も今までの会社に引きずられるのか?と、いずれ自分もそうなるだろう示唆を与えられたような気がしました。

この示唆は私の場合には当てはまりませんでしたが「毎日が日曜日」というタイトルだけはそれに近く当てはまりましたが、ピッタリかといえばそうでもなく「毎日が夏休み」がよりピッタリすると思います。日曜日は1日しか続かないから一種特別な日ですが、夏休みは長いから最初の一週間が過ぎればもう「ふつうの日」になってしまうところが会社リタイア後ととても似ています。

最近とてもそういうように思うようになりました。
「ふつうの日」になってしまうと、毎日の生活が珍しくなくなってしまいます。

リタイア初心者の頃は、街に出るのは緊張しましたし、近所の散歩もひと目が気になりました。家に夫婦でいると妻と口喧嘩する頻度が増えましたが・・・
最近そういうことは「ふつうの日常」になってしまって、とりたててブログ記事にするような事でもない気分になってしまい、記事に起こしたくなるような珍しい体験がグッと減ってしまったような気がします。

これはもう私自身がリタイアメントということが「ふつう化」してしまったことだと感じます。だからほぼ毎日「今日はとくに書くこと見つからなかったから、まあブログはひとまず明日にしよう・・・」になり、という具合。そろそろこのテーマでのブログも限界かなって感じがします。

最近、我が家に起きた変化といえば、町内会を抜けたことぐらいです。

町内会は脱会する人が五月雨式に続いていて「うちはどうしようか」と妻とはなしもしましたが、あと1,2年このまま残留していたら1年おきに役員の当番が回ってきそう・・・と“将来を悲観して”抜ける決心をしました。
町内会抜けることはべつに大してそこまで決心が要ることでもなく、今年の当番役員の人に妻が「あの・・・家庭の都合で町内会抜けますけど・・・」と曖昧な理由を伝えただけで「あ、そうですか。ではそのように手続きします」で済んでしまいました。ただ、私は一昨年初めて本格的に町内会の当番役員をやってみて、近所にママ友がたくさん増えたのが楽しかったので、そこを抜けるのにちょっと残念感があります。でも町内会の組織には構造的問題というか、必要もないのに旧態依然の縦社会だし、それを一部でも変えようとしたら他から悪く言われるから変えられないのが実情なので、逃げ遅れにならない「今のうち」にこっそり抜けておくのがいいんじゃないか、と思いました。

これでせっかく顔見知りのママ友とも縁遠くなりまして、残念感もありますが、先月に確定申告のために東京の自宅(私は相続した別宅が東京にあります)に行ったついでに、40年ぶりで高校の同級生に会いに行ってみました。たまたまその人がお店を開いたのを年賀状で知ったので、40年ぶりで訪ねるのは緊張したけどお店に行ってみました。

その人は女性でして、最後に同窓会で会った歳に40年プラスしたら、もうかなり変わってしまったのかと想像したら、多少は変わったけど髪型も輪郭もほぼほぼ変わらずでした。さらに彼女が友人同級生にLINEして急遽来てくれたもう一人の女性同級生もほぼほぼ変わらず姿で、しかも以前よりグッと会話上手になっていて、とても楽しかったので、次は身内同窓会で飲むことにしてLINEを交換してきました。

なので関西のご近所で減るママ友を東京方面で補えるかもしれません。

なんかこう・・・
どうも私は一念発起して「さあ!これをやるぞ!」などと企てて主体的にやるより、たまたま降って湧いてきたことにぶら下がっていく方がうまくいくタイプみたいです。受け身に徹して面白そうな事が天から降ってきたときに、それに乗っかっていく事の方が楽しいです。リタイア初級者の頃は自発的に、を心掛けていましたが、果報は寝て待て式の方が私に限ってはうまくいきます。たぶんこれはリタイアメントにしか出来ないことではないでしょうか。

それにやっぱり・・・
人づきあいもいいんだけど、自分1人になれる時間が不足すると私はどうもいけないです。これは前々から分かっていたけど、最近身に染みてそう実感しました。
家族もご近所のママ友も含めて、そういう人達は実際に私にとってありがたい存在だけど、どうしても部屋に「引きこもる時間」が私には欠かせません。半月ぐらい前から忙しくて、ほぼ毎日誰かに会わなくちゃならなくて、しかも妻はほぼ毎日家にいて、私と一緒にいるとイライラするとか機嫌が悪いし、何だかたった2週間ぐらいなのに人疲れしてしまいました。でも今日からしばらく妻は仕事に毎日出かけるし、他人に会う予定もあんまり入っていないので、しばらくは思う存分「部屋にひきこもり」の暮らしができます。

こういうのが「毎日が夏休み」というか、もっとサラリーマン的にしっくりする表現をするなら「毎日が日曜日」なのだろうと私は思いました。
そういう毎日が「ふつうの毎日」になっちゃったんです。

リタイアした後は暮らしが激変するのは事実なんだけど、大きな変化は「毎日行っていた会社に行かなくなる」ということなので、コイツはリタイアする以前から分かっている大変化です。では変化の後はというと、以前自分が会社に就職する前の学生時代の、しかも勉強していない休みの日の生活スタイルに近づくこと・・・

これをデフォルトのリタイアメント生活スタイルと思っておけば、あながち大きく間違えないんじゃないのかなぁ。。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:58| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。