2016年10月31日

軽自動車を持つことはほんとうに安上がりなのか?計算してみました

リタイア世代が今まで慣れ親しんでいた「車のある生活」を捨てることは、意外に簡単で、しかも車が無いぶんタクシーを使う方が安上がりだった!という記事を読み・・・
↓↓↓
リタイア世代にとって車は金喰い虫そのもの(ニフティーニュース)へのリンク

それでは「軽自動車でも金食い虫になってしまうのか?」計算してみました。

メディアの記事やニュースを読むと、なぜか「ふーん!そうだったのかぁ・・・」と妙に即納得してしまい、書いてある通りの行動をとりたくなってしまうと思いますが、時によりウソや誇大や場合による違いなどが混じっていますから、計算して分かることは自分で計算してみた方がいいです。

なので「軽自動車」について、という前提で計算してみました。
今の車が古くなったので、新車の乗用車タイプ軽自動車に乗り換えて10年乗り続ける場合を考えると・・・
車の新車価格を150万円(税諸費用込)として、
車検は10年間に4回で、一回あたり13万円かかる(正規ディーラーフル車検価格)とすると4回合計で52万円。
自動車税は軽自動車だけが増税で毎年10800円になったので10年間合計で10万8千円。
ガソリン代は月に400キロ走ったとすると、だいたい一か月6千円程度かかるので10年間では72万円。
自動車保険は60歳、優良運転者、車両保険なし、運転者限定など駆使して節約しても1年で3万円程度はかかるから10年では30万円。
バッテリーは4年程度で交換に迫られるから10年間では2回更新が必要になるので安めのヤツを選んだとしても3万円。
タイヤ交換は少なくとも1回は必要。安いのもあるけどそういう安物は燃費が悪いです。さらに冬用タイヤも必需だから8万円かかるでしょう。
他にも駐車場代や高速利用料金、修理代など必要かもしれませんが、それはとりあえず考えないで、以上を全部合計したら・・・
10年間では325万8千円!!

駐車場代や高速利用料金、修理代など必要かもしれない費用を加えたら、もっと高くついてしまい400万円ぐらい必要になってしまうでしょう。
軽自動車ですら!です。

上記リンク先にある記事を参考にすると、
老後に軽自動車ではないふつうクラスの車を所有すると1000万円ぐらいかかるのではないか、と書いてありますから、軽自動車で10年間325万8千円という数字は安いことは確かみたいです。

ところが、上記リンク先に登場する川辺氏(仮名)の証言?によると、車生活を捨ててタクシー利用中心の生活にしても年に30万円かからないのであれば、10年間で300万円かからない。つまり上記計算結果よりちょい安いことになります。

ただ年に30万円のタクシー利用中心の暮らしってどんな?と想像してみると、実はあまりタクシーに乗らないのではないでしょうか?

だって年に30万円であれば月に2万5千円しか使えません。
私のところでは、タクシーで行きたいかもしれない病院やJRの駅や繁華街まで行くことを考えると、それらは自宅から10キロ以上離れているから片道3500円ぐらいかかります。
そうすると往復にタクシーを使えば月に3回か4回ぐらいしか使えません。週に1回もタクシーで外出できず、きっとバスと電車をいつも使って、たまーにタクシーに乗るような暮らしなのでないかと想像できます。

そうであれば車を持つ便利さを考えると、軽自動車を選択することは悪くないんじゃないのかなぁ。私はそう考えます。

ふつうの大きさの「立派な車」を持っていると高くつきますが、軽自動車では公共交通機関利用でたまにタクシー利用のライフスタイルとほぼ同等コストでやれる、と分かりました。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:43| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 家からJR、地下鉄、私鉄駅まで歩いて5~10分でそこから都心のほとんどの駅まで30分以内で、当然車よりはるかに便利です。
 
それでは車は何に使うか?
完全リタイアした今は、孫に会いに行き時、妻の実家に帰るときと、会員制リゾートに行く時だけです。
・孫は3歳と1歳なので移動には車は欠かせません。
・妻の実家は新幹線の駅から少々遠く、義理親の入院、介護施設には車で訪問するからです。
・リゾートホテルは当然繁華街には立地していなく、タクシー利用は困難で、レンタカーではドアマンに馬鹿にされそうだからです。(実際、マイカーのナンバーを登録しているので到着時にはオーナー駐車場に案内されます。)
それだけの利用なので、1年間に2,000キロ程度の走行距離です。国産高級車(?)ですので完全に安上がりではありませんね。まあ、見栄で乗っているようなものです。
Posted by 川ちゃん at 2016年11月03日 08:50
私の場合、ざっと試算したところ乗り換えなしで10年で2047000円、月17100円ぐらいになりました。
これくらいの出費なら年金から何とか出せるんではないかと思っています。
今の生活レベルを変えないで借金せずに暮らせれば車の贅沢もありではと思います。

タクシーを足代わりに使うには自宅の環境で決まりますね。
私の家は田舎ですのでタクシーは呼ばないと来ません。バスは1時間に1本あれば良いほうです。
チョッと車の便利さを手放すには問題が残ります。

見栄で乗るほど余裕があるわけではありませんが便利さの誘惑に負けてます。
年金が目減りして車関係の税金が増税となると困ります。
その時は最終手段となるでしょう。
(^Ω^)



Posted by untikusai at 2016年11月03日 21:02
川ちゃんさん

>1年間に2,000キロ程度の走行距離・・・
私の近所に、立派な車庫にいつも国産高級車?が駐車しているお宅があります。でも滅多にそれは動きません。その車の持ち主は高齢の人で、先日町内会のことで相談しに行ったら、いかにも上から目線のご態度でしたから、きっとカイシャでもエラかったのでしょう。
車が動かない理由は、いつもかつてのカイシャの部下?がゴルフにお迎えに来るからだと思います。
部下?はいつも丁寧な言葉遣いでいつも上から目線さんを自分の車に案内しています。実に面白い光景です。
でも2か月ぐらい前に、はじめて車が無くなっているのを見ました。それからしばらく家は真っ暗で、どこかに居なくなってしまったのかと思ったら、夜更けに同居している娘さんのご主人が二階のベランダに洗濯もの干しているのを見ました。
どうやらこの洗濯物干しのご主人を除き、家族は車で九州まで旅行していたみたいでした。数日後に奥様がおみやげ持ってきてくれました。その日からまた家は真っ暗の毎日から明るくなり、洗濯物も奥様が干している姿が見られるようになりました。
あの娘さんのご主人はどうして真っ暗な家にしていたのでしょうか?これもいろいろ想像すると面白いです。
Posted by 大庭夏男 at 2016年11月04日 11:59
untikusaiさん

私も今の車を乗り換えないとしたら10年間で200万円程度の経費になります。
しかしそうすると今の車に新車時代から10年を超えて、たぶん70歳まで15年ほど乗り続けることになります。心配なのは車にガタがくることと、今の車に自動ブレーキが無いことです。
このところ、事故につながるようなヤバイことには至りませんが「おとっと!」になることが起きます。
この「おっとっと」現象が歳と共に成長しやしないかと心配になるもんだから、65歳になったら、最後の自動ブレーキ付きの車に乗り換えようかどうしようか、と思っています。

そんなお金の要ることを考えている最中、今日の朝、洗濯機が壊れました。
もう15年も使ったので修理ではなくて買い替えようと、今朝からネットで価格比較をしておりました。
妻の要求を加味すると一番安くても10万円しますので、やっぱり今の車に15年乗ろうかと、今日はそういう気分になりました。
Posted by 大庭夏男 at 2016年11月04日 12:08
 退職してから、会員制のリゾートに本当によくいきます。ほとんど毎週どこかに連泊していますから。
その時に、高級車で行くと社員の対応が違います。車はその時のためと言っても良いです。
年間2,000キロしか乗りませんから数年経過しても走行距離はたかが知れています。

 60歳半ばが近づいてきたので、そろそろ最後の車にしなければなりません。ドイツにするか日本にするか暫く考えます。おそらく中古マンションが買える程度ですが、最後の車?ということで決定したら妻の説得にかかります。
Posted by 川ちゃん at 2016年11月17日 21:37
川ちゃんさん、

>そろそろ最後の車に・・・
私は今の車を最後にすべく15年乗り続けるか(70歳で免許証返納のつもりなので)、ほんとうに最後の車をもう一台乗り換えるか、です。
要は株でそれだけ儲けられるかどうかにかかっています。
Posted by 大庭夏男 at 2016年11月19日 15:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN