2017年06月27日

アーリーリタイアリスク回避方として、妻の協力に感謝する“言葉”

アーリーリタイア志願者は、その目的を果たすためにスゴい自己研鑽と努力ばかりしているので、自分の努力は理解100%でも妻の協力はつい見落としてしまう。これがリタイア後に「妻の噴火」となっている可能性があります。

当ブログで何度も記事にした「アーリーリタイア後の妻の機嫌(が悪い)」というテーマがあります。

妻の機嫌が悪い理由は、前にも書きましたように、更年期障害や、ご近所さんの詮索(「お宅のご主人どーしたの?昼間外歩いてるの見かけたけど?」という類のもの)、亭主在宅症候群などいろいろありまして、それらが複合的に混ざり合ってしまい、噴火の規模は必然的に大きくなってしまいます。ということが言えると、記事で申しておりました。

アーリーリタイア8年目のここに来て、もう一個新種の原因が判明しましたので、ここに記録として記事化しておきます。

その新種の原因が、タイトルにも書いた「妻の協力に感謝する“言葉”」
“言葉”を強調したのは、妻がこれまで私がアーリーリタイアメント生活を獲得して安定的に継続できるためにしてきた妻の努力を、誰か他の人に向かって言葉にして「大庭妻は立派だったんだよぉ~」と“言わなきゃダメだ!”ということです。
声に出して誰かに妻の努力を褒めたたえる。ここがポイントです。

私の妻は私のアーリーリタイア構想を実現化させるために、今まで絶大な協力体制を敷いてくれていました。

まず第一歩は、住宅ローンの早期返済
以前住んでいたマンションは約2500万円を20年ローンで購入しましたが、ほぼ8年間で返済しました。それによって金利負担が大きく減り、その後の貯蓄に大きく寄与できました。私の給与は当時マアマアの水準でしたが、その給料で贅沢するのでなく、ローン返済を最優先に実行してくれたので効果絶大でした。

さらに、私が長期単身赴任で自宅不在中の子育てを一手に引き受けてくれました
私は家族引きまとめて東京への赴任をしませんでした。単身赴任した方が経済的のみならず、将来の起業(当時はそう考えていました。今も「ゆるい起業家」です??)のためにもその方がいいと考えたからです。しかし妻の負担は大きかったです。

他にもあるけど、そのような妻の協力無くして私のアーリーリタイアは成功しなかったと言って過言ではないでしょう。

これが重大なポイントに間違いありません。

しかし、当ブログでもそうですが、私が誰かにアーリーリタイアについて方法論を説明する際、誰がその具体的方法を実行したのかを言っていないことが多々ありました。聞き手は私がその努力をした、と理解してしまうでしょう。なぜなら私の口から喋る、あるいは私自身の記事で書くため、妻の努力が見えないからです。

ある日、いつもののように知人夫婦の前で私がその知人に聞かれるがままに、今までやったアーリーリタイアのための、あの手、この手を酒飲みながら語っていました。
隣に座って妻もその話を聞いていましたが・・・

帰宅後の翌日、妻の噴火がありました。

「あんたはなぜ自分の努力ことばかり人に言うのか。」「なぜあたしのことを話題に出さないのか?」「あんたがアーリーリタイアして今に至るのは誰のおかげだと思っているのか。」
この日の噴火は規模がとてつもなく大きかったです。

しかしその大噴火のおかげで、大事なことを教わりました。

言わずもがなをやめて、西洋式に、妻のことを人前で褒める!
これをしなきゃうまく行くものもうまく行かない。

こういうことを教わりました。

「妻の偉業を人前で褒めたたえる」は、心掛け次第で誰でもできることです。
でも実際にはできていません。
そのできていない理由の半分は、どういう大切さに気付いていないから。
残る半分は、そういう習慣が無いから。
だから、私のようにいっぺん妻の大噴火に遭って身に染みるか、西洋式の人前で妻を褒めたたえるを試しにやって良い反応を実際に見てみないと分からないでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大場さんの娘は結婚しましたか?孫はいますか?
奥さんはこれがとても大きい。
自分の子供が結婚し、孫が生まれたら、だんなのことなどどうでもよろし。

私の孫は二人ですが、妻の関心事は70%はそこに向かっています。
その分私には来ません。
Posted by 川ちゃん at 2017年06月29日 20:03
川ちゃんさん、

私の子どもは二人とも独身だし、孫はいません。
私は子ども達が結婚するのかしないんかは気にしていません。どちらでもいいです。
しかしもし孫が生まれて妻の関心事がそちらに向かって、私がほっとかれることになったら、
それはとても良いことですね。
私はもちろん車を運転して運んだりしてサポートしますが、ほっとかれる時間が長くなることは歓迎です。
好きなことができる環境が更に進むことが期待できるでしょう。
ただ孫ができるとほんとうにそうなるのかどうか、私にはまだ想像できません。だから今のままのバランスでいいような気もします。
Posted by 大庭夏男 at 2017年06月30日 12:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN