2017年01月19日

節約生活ヒント情報サイトを開設しました

大金持ちではない、ふつうのサラリーマン出身者がアーリーリタイアやセミリタイア(働く時間を減らして自由時間を増やすような部分引退のこと。ハーフリタイアとも言う)を実行するためには、持てるお金を有効に使うことが必須です。

その「お金の有効利用」的生活に近づけるような、ヒントになりそうな巷のニュースや目についた記事を、新聞を切り抜いてスクラップブックに貼るみたいに集めたい!
この新しいサイトは、そのような個人的興味で昨年スタートしました。
↓↓↓
節約ネットワーク今日のへのリンク

「お金の有効利用」には・・・
「使うお金を最小限にとどめる」のが「節約」です。トイレットペーパーを30センチ以内で使うなんてことを20年ほど前にある自動車メーカーがやり始めましたが、節約は本来、このようなケチケチ運動でお金をなるべく使わないようにすることです。

それとは別に「無駄なお金を使わない」という考え方もあり、こちらは「倹約」といいます。私は倹約が王道だと思うのですが、どうもニュアンスとしては「倹約家」はすごいケチ、「節約家」はそこそこのケチとして言葉が広まっているような気がします。たぶんこの理由は、倹約家は「自分が無駄だと思うことはまったくやらない」からだと思います。たとえば「仕事帰りの一杯飲みは無駄だ」と考える倹約家は、どんなにひとから誘われても飲み会に行かないので、一杯飲みが大好きな人から見ると「ドケチ」に見えるわけです。きっとマイルドな「節約家」は、3回に2回は一緒に飲みに行くでしょう。そういう違いです。

上記リンク先サイトは、倹約も節約もごちゃ混ぜにして、毎日のニュースやネット徘徊して得られた「ヒントになる情報」を並べてリンクをつけたサイトにしました。各記事にはほぼ必ず四角く囲ってリンク先サイト表示を張ってあるので、それをクリックするとオリジナルの記事にジャンプできる、一種のまとめサイト風です。

倹約と節約は大金持ちには関係ないように冒頭書きましたが・・・
かのトランプ氏は、大金持ちですが、ウィキペディアでドナルド・トランプの記事を見る限り、何度も事業を清算して、つまりうまく行かない“無駄な事業”を切り捨てて倹約してきたようだし「守ってほしけりゃ軍備のためのお金出せ」というのは節約だと思われます。

きっと彼はそのような倹約・節約を続けて欲しいものを手に入れたのだと想像します。
たぶん彼のプライベートジェット「トランプフォースワン」もその「欲しかったもの」なのでしょう。
Trump 757 N757AF

このトランプフォースワンは、はたして無駄ではないのでしょうか?
タグ:節約サイト

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
節約生活ヒント情報サイトを開設も
自己完結型ではない社会との関わりという
セミリタイアにとっては有意義な試みと言えると思います。

僕自身、セミ仕事にもボランティア的要素が多少あるので
そういった欲求はそこそこ満たされてる感はありますが

以前、プラス多少の多様な刺激も欲しくて
ヒトの大人ほどの体重の亀の飼育&20代のボランティア仲間の男女や子供との触れ合いといった
ボランティアをしていたことがあります。
交通費のみの支給で、経済的にはとうてい割りに合わない感はありますが

それでも十分続けていきたいと思える心理的効果をもたらしていました。
重い亀をねぐらから出すとき、腰を痛めそうになるまでは・・・

やはり社会的動物のはしくれとしては、自己完結型の趣味などだけでは
物足りない感もありますし、刺激も欲しかったり、

負担<心理的効果などを維持できるなら
ボランティアもいいもんだと思います。
Posted by ss at 2017年01月20日 09:45
ssさん、

>自己完結型ではない社会との関わりという・・・
私は「自己完結型」も非常に大事だと思います。
なぜなら「社会との関わり型」では、必ず社会との関わりが成就して満足を得るとは限らないからです。
自己完結型はきっと「趣味」と呼ばれるものが大半でしょう。趣味なら自己満足は割りと簡単に得られると思います。
私のやっている株式トレードも趣味かもしれませんがふつうのリタイアメントがお金を稼げる自己完結型の趣味としては希少な存在かもしれません。でも勉強して努力を重ねると、麻雀が上達するのと似たように、株取り引きも下手よりマシにはなれますし、それによって満足も得られます。

きっとありきたりな言い方ですが、
「自己完結型」と「社会との関わり型」のバランスを持つことが課題になるのではないでしょうか。
ある人は自己完結型の趣味ばかりで大丈夫だけど、別の人は社会との関わりが大部分でないと生きて行けないっていう性格もあるでしょう。
どうバランスさせるのかは人それぞれだと思います。
Posted by 大庭夏男 at 2017年01月20日 12:56
そうですね。
個人差、程度の差こそあれ
いろんなバランスで満足度を得ていくことが
退屈な時間にうんざりしないための手なのかもしれません。

例えば、活動的なことのあとは、ゆったりくつろいだり
自己完結型のあとは、非自己完結型で過ごしたり
独りの時間、家族との時間、他者との時間・・・

各自にあったバランスを見つけていくことが幸福度・満足度をあげることにつながる
と理解しています。
Posted by ss at 2017年01月21日 06:46
ssさん、

>各自にあったバランス・・・
その通りだと思います。
私は「独りの時間」が無いとダメなタイプなので、自己完結型を重視していますが寝る時間を除けば独り時間の割合は60%ぐらいだと思います。
家族との時間はともかく、他人との時間は“頭の健康のため”だと思って努めて確保していますが、ここを無理して増やすと相手にもよるけどうんざりしますね。
私の妻は真逆で、独りの時間は退屈で辛いと言っています。
ひとそれぞれのバランス必要です。
Posted by 大庭夏男 at 2017年01月21日 16:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN