2018年04月29日

やりたいことは1人で、やれることは受動で、

このブログを書き始めてほぼほぼ8年の月日が流れて、次第にアーリーリタイア専科から離れた話題になりつつあえいますが、私ももう60直前に育ち?そうなるともはやアーリーリタイアメントが似合わなくなる頃です。
なので、過去8年間と今を比べて「やりたいことは1人で、やれることは受動で・・・」だったなぁ、と思う、そういうのを記事化しました。

憧れの?会社に新入社員として初就職した頃から「積極的に・・・」とか「自主的に・・・」などという言葉を慕って長い間、会社生活を過ごし、将来の夢?を追いかけようとしていましたが、最近「やり方間違った!」って事実が目の前にそそり立ちました。

以前のやり方は「やりたい事を大勢でしよう」でしたが、これは完璧に間違いでして、今まで「大勢で」ばっかり考えていたので、私のやりたいことは必ず頓挫しました。まさに100発百中の頓挫と言ってもいいでしょう。
ここで「大勢で」とは会社のプロジェクトとか、リタイアしてからのボラ活(ボランティア活動)もそうです。全部頓挫です。でも頓挫と思っているのはもしかしたら私一人で、他の人々は「こんなもんでエエんや」と考えて「うまく行った!」って思っているのかもしれないです。だけど大勢でやることは必ず自分のやりたいように出来ません。必ず軌道修正があり、目標未到達で終わってしまい、だから私は全然満足できない結果ったから「ありゃ頓挫だった」としか思えないわけです。

特にヒドイのが、私が提案し、私がリーダー役で事に当たったモノは惨たんたる結果でした。私は間違いなく思い込みが激しいタイプで、その思い込み通りに事が進まないとなりません。だから・・・この先いろいろ書きましたが、自分で読んでもくどいので消しましたが、結論したのは「やりたい事は自分一人でやるに限る!」です。

自分一人で事に当たれば、今スグにでも思った通りの事が、少し進みます。今やろうと思ったけど「ま、やっぱり明日からにしようか」と思えばたちどころに軌道修正できるし「コレ作るのやめて、アレを作ることにしよう!」という決心は自分で勝手にいつでも自由にできますから、結果がどうあれ自業自得で、ポジティブ思考?であれば「これでいいのだ!」式に満足できるという寸法です。

だから「やりたい事は、絶対服従の忠誠を誓った仲間?がいる場合は別にして、一人でやるべきだ」だと思いました。

ただ、もうひとつできるのは「受け身」です。
コイツは万事を事の流れに任せて、誰か別の、できれば人格者を盾にして、他人のふんどし80%利用するような、便乗的な事です。
自分自身は特に最初の間は決して積極的行動に出ず、一貫して周囲の誘いを聞き、yesともnoとも言わない曖昧な相槌に徹して「それをやるには・・・」と条件の事ばかり言っています。そのうち機が熟す頃になぜかいつも推進役者が出現し「やってくれないか!」のとなって来る場合がたまにあります。これが到来するのをひたすら待つという作戦です。

「それをやるには・・・」と無理難題をふっかけるわけでなくて、内心前向きなのですが、最初それに興味が薄くても、そいつを考えている間にだんだん自分もやりたくなって来ることもあるし、そんなやりとりをしている間に誰か自分ではない「誰か」が旗振り役になって、他の誰かに言って、いつの間にか「大波」になって「あなたコレやってくれないか!」と来ることが稀にあります。

そこでそいつが「まあ、コレだったらやるの嫌じゃないから、やってもいいかな」と思えたら「じゃ、やってもいいデス」と返事するわけです。
すでにそいつは「出来たらいいな!」と何人もの人が思っているような「大波」になっているから、その大波にしばらく乗って、サーフィンのようにしばらくは進んで行ける!そんな確率は高いです。

でもしばらく時間が経過すると、その活動もだんだん最初の勢いから落ちるのが世の常というやつだから、もし自分一人でもやって行ける程度の、縮小版バックアップ策を用意した方がいいと思うけど、世の中捨てる神あれば拾う神もあるもんで、1人か2人のシンパができる稀有な可能性が残っています。

こういう受身形で何かやるには「自分がやりたい事」なんていう野望はとても障害になって、どうせ自分のやりたいように出来ないことは間違いなくそうなるから、自分がやりたい事じゃなくて、自分がやれそうなこと、それに、それをやるのが嫌ではないこと、この条件で待っていると向こうから話題がやって来ることがたまにあります。

でもいつも一人でいると、こんな「向こうから話題がやって来ること」が無いですから、ベツに嫌でもないような、まあ何というか井戸端会議みたいなゲンバに片足突っ込んでいるのが「待ちの姿勢」として推奨されると思われます。



タグ:ボラ活

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:16| Comment(4) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

夢を聞かされるのなら気楽だが、いきなりリタイアの計画ばなしは禁句

一昨日、はじめて私のアーリーリタイアばなしに興味を持ってくる人物が出ました!
その人、まだ34歳。数年前に第一子が生まれて、まだまだ家庭生活が楽しくてたまらない時期だと想像できます。

その彼が「大庭さん、どうやってそんな事が・・・」と興味津々で私に聞いてきました。こういう反応は未だかつてありません。銀行や証券の営業の人を除き、私がアーリーリタイアしたことを聞くと大半は仏頂ヅラ。ニコニコする人は60歳にて定年リタイアした人だけで、しかも定年リタイア組の方々は既に自分のスタイルができているから私もそんな同類項とみられるだけ。

しかし彼はどうも違う様子。私は『これは危ないかも・・・』と察知して、彼にはアーリーリタイアへのテクニカルなはなしはしないことにしました。この歳からイメージされる生活で、アーリーリタイアに興味を持つのは得にならないと考えたからなのです。

代わりに私が言ったのは・・・
将来の「夢」を奥様に語ったらどうか、にしました。

彼には奥様がいて、子供も二人いて、もし奥様が標準的日本人だとするならば、今の時代では旦那の転職に備える心構えが精一杯で、早期退職の可能性はゆめゆめ考えてもいないことでしょう。もしそうだとしたら、いきなりリタイアについて奥様に語ることは危険過ぎます。もしかしたら現在会社員の旦那を持つ奥様にとっては「将来はアーリーリタイアして・・・」などという枕詞とともに第二の人生の夢を語ることは不信感を持たれる要因となり、このような話は避けるべきだろうと思います。

彼にはそういうことを言いませんでしたが「将来なにかしたい事はあるの?」と聞いてみました。彼は特に今それを考えているわけではなく、私がやっているライフスタイルがなぜできているのか?に興味があったような感じでした。

「なぜそんな暮らしができるのか?」
彼はそこに興味があったようなので・・・

私は既に今後の暮らしに必要なお金は貯めてしまったこと、
その額はあまり大した額ではないけれど、その金額で足りる生活を確立させたこと、こんなことを私は言ってみました。

「そんなこと言うけど、どうやってそういう生活ができるの?」と彼は聞くから、
「節約だ」と私は言いました。

「節約って、どんな?」とまた彼は聞くから、
「例えば今日の町内会餅つき大会みたいな地域の仕事に出ていれば、やることがあって、面白いけど、お金かからないでしょ」。
彼にそこまで言ったところで、彼が餅つく出番になったので、はなしはおしまいになりました。

もう少し話が進んだら・・・
アーリーリタイアするとかしないとかの話題じゃなくて、遠い将来という前提で「〇〇の仕事をやってみたいなぁ~」みたいなはなしを奥様や、やや成長した子供に機会あるたびに繰り返し語るのはどうか、と進言したいと、私はそう思いました。

スキューバダイビングのインストラクターとか。。

こういうのは「仕事」だから、それを語ったところで仕事を辞めて自宅でのんびりぐうたらアーリーリタイア暮らしとは思われません。たぶん転職の一種かと奥様や子供さんは想像するでしょう。しかもまだまだ遠い将来のはなし。。

その「夢ばなし」に慣れてきた頃、実際にスキューバダイビングに家族を連れて行き、スキューバダイビングのインストラクターって、こんな仕事なんだ!でもコレって会社員じゃないよね。だけどまだ先だから「もしあなたがこの仕事始めたいのなら、せっせと働いてお金貯めなきゃね!」と反応されるでしょう。そうなったら第一段階成功!です。

そうしたら実際にせっせと頑張って働いてお金を貯めることができるのです。
まだ怪訝な奥様も、なーんとなく貯蓄に協力してくれる体制ができてきます。
その後も何度も家族でスキューバダイビングに出かけ・・・家族もやがて「いつかお父さんはインストラクターになる日が来るのか・・・」と受け止めることができるでしょう。

その日がまだ50歳代なのか、70歳になってからかはあまり重要な課題ではありません。歳よりも体力、気力、財力、チャンスの問題です。
「もう今をおいて機会が無いかもしれない」と思った歳と、会社を辞める客観的なチャンス、例えばリストラに遭った、定年になったなどのときが重なったときに辞めてセカンドライフに移ったらどうか。

私は彼にはそう言いたかったのですが、
餅つきの後片付けをしている間に彼の姿はもう見えなくなり、続きのはなしはありませんでした。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:47| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ボランティア団体にも!?あの老害が

先日とあるセミナーを受けてまいりました。
そのセミナーはとある老舗ボランティア活動団体が主催する権威あるセミナーで、個人のみならず企業からも「おまえ受けて来い!」みたいに無理やり?の受講生もチラホラするセミナーです。

そのセミナーの内容は・・・が今日の話題ではなくて、その老舗団体メンバーの話を漏れ聞くと、かなりドロドロした実情が見え隠れするのでした。老舗企業、特に大企業で蔓延していると言われる大企業病、その一部の発生原因かもしれない「老害」はもはや否定できないでしょう。

会社を辞めて「これからはボランティア活動に」と胸膨らませる人は要注意かもしれないし、真逆にそういう原因になっている人物の悪口を肴に酒が飲めるという、かつてサラリーマン時代の定番的一杯飲みが、またボランティア活動で復活できる至福にもなるかもしれません。少なくとも上述セミナー後の飲み会あたりでは、この話題で酒が飲めたことは事実なんです。

ボランティア団体では「上司」というものは存在しません。
理事とか役員はいますが、有償ボランティアと銘打ってやっているところは知りませんが、手弁当のボランティア活動では指示するのではなく「お願い」してメンバー達に動いてもらう。こういうスタイルで活動するのが基本です。

誰が無償で仕事を「指示」されてやりたでしょう。そんな人いるわけがないじゃないですか。と、こう考えて良さそうです。

ただ、活動を続けていると「これって指示じゃん!」と実感させられる場面にぶち当たることがたまに勃発します。私の経験ではこういう「タダ働きの指示」を吐く人にはいくつかの例がありました。
ひとつはどこか別の団体からお金、つまり給料をもらいながら派遣されて来る職員ぽい人。こういう人は会社の延長センスで働いているみたいだから、迷いもせずボランティアの人に向かって指示を連発する傾向がありました。こういう人が運悪く団体に居る場合は相手にせず、会わず、指示が来たらウソでもいから理由をこじつけて断り、決して言う事を聞かないようにしていれば、やがて派遣期限が来てどこか行ってしまいます。まあできればこんな人のいない団体を探して入会する目利き力も要るかもしれません。

もう一例、困ったのが上述「老害」による「指示」の勃発です。

メンバーの中には必ず年長者がいます。と言っていいでしょう。そう言う私も年長者ですからいずれ老害をまき散らす問題老人になる可能性があります。私自身も自分で気づくことですが、老人になったらガンコ人になり、直情的になり易く、自分の価値観と違うことは受け入れ難くなってきます。これは老人になって脳の中の前頭葉の働きが悪くなることで起きる現象だと、そういう解説がネットをググると書いてありますので、私自身も前頭葉が劣化してきているのかも知れません。そんな気がします。

前述の老舗ボランティア団体には重鎮にそういうガンコにして確固たる価値観を持った人物が君臨し、時代に合わんと多くのメンバーが感じて「変えましょう」と口に出して言っているにも拘わらず、それを許してくれないという憤懣が渦巻いているらしいのでした。

ボランティア団体の重鎮がこのようだと、メンバーはたいへん困るそうです。
当然会の規約はあるのですが、規約にはそう細かいことまで決めているわけでなく、運営の方針は話し合いで決まることなのですが、それは多数決で民主的に決まるものでもなく、声の大きさと権威の高さの重みがモノを言い「こん感じで行きましょうか」とだいたい合意したことがたった一人の重鎮によってひっくり返されることが勃発するらしいです。

「ひっくり返されることが勃発するらしい」などと他人事で書きましたが、そう思うと我が所属組織でもそういう事は起きます。

こういうことが頻発するとボランティア活動はどうなっていくのか。。
やがて活動は途切れがちになり、究極は開店休業がすっと続くようになります。そして重鎮がやっと辞めたり、もうろくして出て来なくなった頃、また徐々に「やれやれ復活」できる場合か、会の消滅になります。

私の観るところ、ボランティア団体のライフサイクルはこのようなもので、みんなが意気揚々として活動を楽しんでいる設立から十何年間が花の山で、その後は活動の中身が十年一日のごとくなーんにも変わることなくつまらなくなり、来る人が減って晩秋の寂しさみたいなムードが漂い始めてきます。まあここら辺が節目なのでしょう。

それを過ぎて、こいつはヤバイぞと「新しことを初めて時流に合った・・・」と誰かが重い腰を上げ、重鎮も「そうだそうだ、じゃ君やってくれ」と自分じゃやらないで誰かを焚き付け、しかしやり始めた事を目にした重鎮が「そんなのダメだ」と言った一言でまた晩秋のムードに逆戻りして変わることができない。と老害のおかげでこうなります。
どうも上述老舗団体メンバーのグチを酒飲みながら聞いていると、そういう景色だということが分かってきました。

そんな話を飲み会で私ども参加者に聞かせながら、彼ら老舗団体メンバーは、なんだか『あなたがたも積極的にこの団体の運営に参加して、会を変えてみたいと思いませんか』と言いたいような、というか、顔にそう書いてあるようなのですね。

もちろん私はそういうのお断りです。

変えるんじゃなくて、一旦潰してリセットして、まったく別の団体がイチから始めるのがいいと、私の価値観はそう言っています。でも他の誰かから私を見たら、アイツの考えはいつもそうだ、と、きっとそう思われているのでしょう。「コレしかない!」と言いだすようになったら自分の老害を疑ってみるべきです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:00| Comment(6) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN