2018年08月25日

オリンピックをボランティアで、についての雑感

先日、その人はリタイアメントではないけど会社員でもない人から「東京オリンピックのボランティアに応募した・・・」という話を聞いたので、私は「・・・行きたきゃそれでいいことだと思うけど、俺はあんましああいうボランティアって、歓迎できないな・・・」と返答しました。

なぜオリンピックスタッフがボランティアなんだよ?
その後、昨日のBSジャパンの日経プラス10で、その話やっているの見て、更になんだかモヤモヤな気分になったので、ちょっと気持ちを整理するつもりで記事化しました。

オリンピックって、商用企画で、工事や広報やその他諸々のことにはドでかいお金注ぎ込むのに、なんで現場サービスには無償で、しかもほぼ手弁当でスタッフ募集するの?
これが先週までは「そんな対応には反対!」だったものが、日経プラス10を見て「モヤモヤ」に変化してきました。

放送中に解説者が「ボランティアはタダ働きなのがあたりまえなんだから・・・」みたいな事言っていたのが癪に障りました。実際そういう無償ボランティアが多いのが実態なもんだから、それでそんな事を言ったのだと思うけど、東京オリンピックのボランティアはきっと、けっこうシビアな管理下に置かれて一週間とか仕事に没頭するんだし、それで日本経済まで潤そうと考えているんだろうから、そこに「ボランティアはタダ働きなのがあたりまえなんだから・・・」という理屈は、慈善活動への悪乗りという気分が消えません。

こんな風潮を積極的に流布しようとすることが癪に障るということは、今日も何も変わらないけど、番組を見て、実はそうでもないのだなぁ。こりゃ!と思ったもんだから、少し「まあ、いいか」と癪に障る気分が和らいで、モヤモヤあたりに落ち着いているという今日の気分なんです。

私はサラリーマンを辞めて久しいから、今の会社事情が肌で感じられないけど、どうも今の会社にはボランティア休暇制度というのが完備され? と言っても全体の1割程度みたいですが、その制度を使ってもし東京オリンピックボランティアに参加したのなら、実際は自分の会社から給料を受け取りながら無償のオリンピックボランティアという期間限定の滅多にない経験ができるのだから、事実上お金受け取れてのボランティアなら「こりゃいいわ!」と思いました。

たとえボランティア休暇制度が無い会社でも、一週間の連続有給取得ができるのだったら、それも同等に、お金は実際上会社からちゃんと自分の懐に転がり込んで来ながら非日常体験であり新たなスキルや人間関係ネットワークを増やすのに「こんないいチャンスは無い!」と言っても過言ではない気がします。

かつてのオリンピックでも、英国でも韓国でも募集を上回る応募があり、ということは人気があり、上述のように参加した人でなければ得られないメリットがあるんだから、だからオリンピックスタッフはボランティアなのよ!と番組も言っているのは、まるきりハズレではないとは思ったので、モヤモヤをやや通り越してイライラして来てしまいました。

現場では「ヤル気」の人材が欲しいから、タダでも来てくれる、ヤル気のボランティアが決定打だ!と、もし募集側のプロジェクトメンバーのひとりが私なら、きっとそう思うでしょう。だけどかつて私が被った苦々しい経験から、参加者の身から眺めると結果的に愕然とすることが有ったもんだから、苦々しい経験+希望にあふれる可能性=モヤモヤ気分、という恰好に結局冷静になって落ち着くわけなんです。

このブログ記事でも過去に書いたことなのですが、
ある日私はボランティア活動の現場に行き、メンバー数人で説明やビラ配りや質問の相手など3時間ぐらいのボランティア活動に参加していました。
当時私はNPO職員に再就職希望の、会社辞めて数か月した無職男子。他の数人は私よりも若い男ばかりで、仕事の合間にいろいろ話してみると、みんな役所とか別の団体の職員で、私以外はみんな出張としてこのボランティア活動に参加している人だということが分かりました。

同じ仕事を3時間やって、私だけが完全無償どころか交通費持ち出しで、他の数人は給料の範囲内で、きっと交通費は実費が支給されて・・・
これが分かったとき、何ともいたたまれない気分になったことを今でも昨日みたいに覚えています。

このボランティア活動には、他にも癪に障ることがありました。事務局っぽい人が最初に説明をしてすぐどこかに消えたのです。仕事の指示だけして、後は何もせず、タダ働きの俺に仕事言いつけて、ある意味有償ボランティアの中に混じらせて、お金まったくかからない、完璧タダ働きを俺にやらせることに彼は成功した!
経費節減、労務費削減、善意に悪乗り、そういう感じ。
私はそう実感して、それ以来、二度とこのような失敗はするまい!と自戒しました。

そしてこの東京オリンピックボランティアの解説番組。
私はほぼ間違いなく、かつて私がやった苦々しい経験を、意図せずにやってしまう同じような境遇者が出るだろうと予想します。
なので、もしこのボランティアに参加したいなら、勝ち組ボランティアになって出ることを推奨したいです。勝ち組とは上述したように、ボランティア活動期間中でも会社から有給休暇でもボランティア休暇でもいいから、ちゃんと給料が支給される環境に居る人が参加すること。もしなんだったらそういう会社へ転職して東京オリンピックスタッフにボランティアで登場する。そうだろうなぁ、と思います。

私というのは、微収入のリタイアメントなので、しかも上述苦い経験保持者だから絶対にこのボランティアに応募したりしないし、誰か似たような境遇の持ち主がそういう話したら「止めとけよ」と必ず進言します。

私には目に浮かぶんですよ。
会社生活といよいよオサラバして、なんとなく人恋しくて、毎日することもなく、多少英語が喋れるという架空上の私自身が、オリンピックボランティアにエントリーして働き始めたら、アレコレと若きリーダーから指示を受けながらも、次第に自分と周囲の置かれた「タダ働き」の現実に直面して、だけど一週間は辞められないから無理して苦しく働いて、萎びて家にトボトボ帰っていく自分自身の姿が、
まるで映画を観るように目に浮かぶんですよ。

やるんだったら、勝ち組ボランティアになれるようにしてから、やりなはれ。


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:42| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

還暦キターッ!! 小学校のお手伝いさんの日々

ついに還暦来ちゃいました!

これからは、かつて定番だった60歳定年退職組の方々と合流することになり、リタイア人口メジャー世代の一員となったわけなので、もはやアーリーリタイアという言い回しが相応しくなくなりました。なので当ブログもそろそろ閉館しようかと思っていますが、まあ今年ぐらいは更新頻度は下がるけど書いてみようと思った60歳の誕生日でした。

ただ、60歳定年退職組の方々って、もう今の時代はあんまりいないのではないか??

近所の方々を見る限り私より歳が上の人でも、みんな?朝になるとスーツ着てバス停に立っているのを犬の朝の散歩中に見ます。だから私のリタイアメント暮らしの行いは、結局あんまし役に立たないのかとも思いますが、世の中には珍しく少数派好きの方々もいると信じるので、その方々を仮想人物像にして「定年後」は「こうする手もあるんじゃないですか?」を書きたいと引き続き企てていきます。

今日の企ては「定年後は地元小学校のお手伝さんをやりに行ってみたら?」

なぜこれがおススメかというと、小学生の子どもと一緒にいるのは想像するよりかなり楽しいからです。
子どもに教えるというのは圧倒的に先生の方が上手だから、それを夢見ても無理だから、教えるんじゃなくて、どっちかというと子ども話し相手になることを目的にするんです。“優しい大人”を子どもは欲しているのだと強く感じます。さらに先生ももしかすると話し相手を探しています。

小学校で野外授業の手伝いに行くと、最初は虫の名前なんかを子ども達に教えるんだけど、時間が経って慣れてくると子どもの方から野外授業とは全然かんけいない、友達のこととか、悩みごとなんかを言ってくるんです。悩みごとって言っても「お母さんが野菜たべろ!っていうけど私は野菜が嫌い」とかそういうレベルなんだけど、そういうことあんまり先生にも友達にも話さないみたいで、たまたま一期一会みたいに会った私に打ち明けるなんてことがたまにあります。

妻の話をろくすっぽ聞いていない私が言うのもなんですが、
そういうの聞いてあげる、ヨソの、優しそうな、信頼できそうな大人を欲しがっている子どもも少なくなさそうだと、そんな気がして、そんな世間話を子どもと可能になることを目標に小学校の手伝いをするっていう、想像するより楽しいことをする企てが、会社を終わってからやってみる価値がありそうです。

でも公立小学校はそういうお手伝いの人にお金を払う余裕がまったく無いから、結局は無償っていうのが人によっては嫌だと思うかもしれないけど、定年後にもはや給料は要らない!と割り切ったリタイアメントの人ならば、楽しいのだったらむしろお金払ってやってもいいぐらい!と思える仕事の候補が「小学校のお手伝いさん」になることじゃないかと思います。

じゃあ学校はどんなことができる人を「お手伝いさん」として探しているかというと、私の知っている限りでは、私がやっている屋外で自然観察なんかをする総合学習の授業お手伝い、あるいは他の人がやっている、地域の歴史や名所などを解説したり案内したりする人、染物や機織りなどの伝統工芸を教える人、本の読み聞かせをする人、畑で作物を作ることを教える人、こんな感じのことを教えたり準備を手伝う人なんかです。要は先生があんまり得意ではないこと、または準備作業などをやって先生の労力を減らせることができる人です。

だから勘違いして先生に「こんなことをやってみろ」とか「先生がやり方考えてくれ、俺はそれに従ってやるから」などという会社員の特に管理職経験者にありがちな言動と態度を出すことは避けなければダメです。

それに怖そうな、不機嫌そうな顔していたら子どもは近寄って来ませんから、意識してニコニコして学校にいなければなりません。
会社員時代は、接客経験の方々をのぞき、仕事中にニコニコしている鍛錬は受けていないですから、子どもと話すときについ命令口調になったり、実際は機嫌わるくなくても機嫌悪そうに怒りそうな顔つきに見えるのがフツーでしょう。だから小学校のお手伝いさんをしていると、これから先の家庭での暮らしを支える自分自身の情操トレーニングにもなると思います。

実際に子ども相手にそうだと思いましたので、私は犬の散歩中もなるべくニコニコして歩くようにしています。それが功を奏したのかは分かりませんが、この2,3年は近所を歩いていると道で会う相手から話しかけられることが断然増えました。
私が小学校でそんな活動しているっていうのも広がっているみたいで、多少安心感と信頼感を持たれたのかもしれないけど、ママ友は最近かなり増えました。そういう効果が小学校のお手伝いさんにはあります!

小学校のお手伝いさんをするには、小学校に飛び込み訪問する手も無いことはないと思いますけど、町内会の子供会とか少年補導委員会、それかPTAをやっている人、児童館などからアプローチして、少し実績を積んで、小学校の先生、特に校長先生、教頭先生、教務科担当の先生と顔なじみになって、と駒を進めていくのが良さそうです。なぜなら人物をよく知らない限り、昨今学校は容易にその人を受け入れたがらないからです。

でもお金にはなりませんよ、と上述しました。これはお手伝いさんでは致し方ありません。さらにもっと専門を教える「地域の先生」みたいな制度が教育委員会が持っている場合もあって、これは教育委員会の選考に叶えば有償で子どもに授業ができるらしいでから、そっちに挑戦する手もあります。

また、小学校は通常の授業以外に外部講師を招いての特別授業、社会見学、体験学習、ふれあい学習などなどすごく多岐に渡ってイベントがあるので、予算が足りないらしいのですが、中学校ではそういうのがグッと少ないので「中学校のお手伝いさん」には報酬が比較的付きやすい!?という説を、その道の有識者から聞きました。実際昨年は中学校のお手伝いさんを10時間ぐらいやって、1万円ほどの報酬をいただきました。

そんなのが何回もあったわけじゃないので、昨年のお手伝いさんでは年収1万円で終わりましたが、私はお金をもらう以上に楽しかったと思っています。

会社員なら、働いた→お金を得た→そのお金でレジャーに行った→楽しかった、という流れですが、小学校のお手伝いさんの場合は、働いた→楽しかった、
つまりお金受け渡し無しで、働くから直接「楽しかった」という結果をゲットできると思います。

小学校に聞いてみたら、毎年高学年生が行く「山の学校」「海の学校」っていう二泊三日ぐらいのお泊り学習のお手伝いさんも住民から募集する道はあった、らしいことを聞きました。でもお金払われないし、キツイし、かつて募集したけど応募も無かったし、遠慮して募集せずに先生だけでやっているのが最近らしいです。なので来年は、たとえお金を払ってでも、この二泊三日お泊り学習に私はお手伝いさん立候補して参加するつもりです。すでに先生にそうお願いしました。

こんなこと書きましたが、今年60歳の私と同じ昭和33年生まれの方々に役にたつのかまったくわかりませんが、もし私と同類の趣向を持つ人には、なんかヒントにならないでしょうか。。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:02| Comment(0) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

やりたいことは1人で、やれることは受動で、

このブログを書き始めてほぼほぼ8年の月日が流れて、次第にアーリーリタイア専科から離れた話題になりつつあえいますが、私ももう60直前に育ち?そうなるともはやアーリーリタイアメントが似合わなくなる頃です。
なので、過去8年間と今を比べて「やりたいことは1人で、やれることは受動で・・・」だったなぁ、と思う、そういうのを記事化しました。

憧れの?会社に新入社員として初就職した頃から「積極的に・・・」とか「自主的に・・・」などという言葉を慕って長い間、会社生活を過ごし、将来の夢?を追いかけようとしていましたが、最近「やり方間違った!」って事実が目の前にそそり立ちました。

以前のやり方は「やりたい事を大勢でしよう」でしたが、これは完璧に間違いでして、今まで「大勢で」ばっかり考えていたので、私のやりたいことは必ず頓挫しました。まさに100発百中の頓挫と言ってもいいでしょう。
ここで「大勢で」とは会社のプロジェクトとか、リタイアしてからのボラ活(ボランティア活動)もそうです。全部頓挫です。でも頓挫と思っているのはもしかしたら私一人で、他の人々は「こんなもんでエエんや」と考えて「うまく行った!」って思っているのかもしれないです。だけど大勢でやることは必ず自分のやりたいように出来ません。必ず軌道修正があり、目標未到達で終わってしまい、だから私は全然満足できない結果ったから「ありゃ頓挫だった」としか思えないわけです。

特にヒドイのが、私が提案し、私がリーダー役で事に当たったモノは惨たんたる結果でした。私は間違いなく思い込みが激しいタイプで、その思い込み通りに事が進まないとなりません。だから・・・この先いろいろ書きましたが、自分で読んでもくどいので消しましたが、結論したのは「やりたい事は自分一人でやるに限る!」です。

自分一人で事に当たれば、今スグにでも思った通りの事が、少し進みます。今やろうと思ったけど「ま、やっぱり明日からにしようか」と思えばたちどころに軌道修正できるし「コレ作るのやめて、アレを作ることにしよう!」という決心は自分で勝手にいつでも自由にできますから、結果がどうあれ自業自得で、ポジティブ思考?であれば「これでいいのだ!」式に満足できるという寸法です。

だから「やりたい事は、絶対服従の忠誠を誓った仲間?がいる場合は別にして、一人でやるべきだ」だと思いました。

ただ、もうひとつできるのは「受け身」です。
コイツは万事を事の流れに任せて、誰か別の、できれば人格者を盾にして、他人のふんどし80%利用するような、便乗的な事です。
自分自身は特に最初の間は決して積極的行動に出ず、一貫して周囲の誘いを聞き、yesともnoとも言わない曖昧な相槌に徹して「それをやるには・・・」と条件の事ばかり言っています。そのうち機が熟す頃になぜかいつも推進役者が出現し「やってくれないか!」のとなって来る場合がたまにあります。これが到来するのをひたすら待つという作戦です。

「それをやるには・・・」と無理難題をふっかけるわけでなくて、内心前向きなのですが、最初それに興味が薄くても、そいつを考えている間にだんだん自分もやりたくなって来ることもあるし、そんなやりとりをしている間に誰か自分ではない「誰か」が旗振り役になって、他の誰かに言って、いつの間にか「大波」になって「あなたコレやってくれないか!」と来ることが稀にあります。

そこでそいつが「まあ、コレだったらやるの嫌じゃないから、やってもいいかな」と思えたら「じゃ、やってもいいデス」と返事するわけです。
すでにそいつは「出来たらいいな!」と何人もの人が思っているような「大波」になっているから、その大波にしばらく乗って、サーフィンのようにしばらくは進んで行ける!そんな確率は高いです。

でもしばらく時間が経過すると、その活動もだんだん最初の勢いから落ちるのが世の常というやつだから、もし自分一人でもやって行ける程度の、縮小版バックアップ策を用意した方がいいと思うけど、世の中捨てる神あれば拾う神もあるもんで、1人か2人のシンパができる稀有な可能性が残っています。

こういう受身形で何かやるには「自分がやりたい事」なんていう野望はとても障害になって、どうせ自分のやりたいように出来ないことは間違いなくそうなるから、自分がやりたい事じゃなくて、自分がやれそうなこと、それに、それをやるのが嫌ではないこと、この条件で待っていると向こうから話題がやって来ることがたまにあります。

でもいつも一人でいると、こんな「向こうから話題がやって来ること」が無いですから、ベツに嫌でもないような、まあ何というか井戸端会議みたいなゲンバに片足突っ込んでいるのが「待ちの姿勢」として推奨されると思われます。



タグ:ボラ活

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:16| Comment(4) | 好きなこと探し | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。