2016年01月25日

アラ還アーリーリタイアメントが、海外バッグパッカーやってみた!

海外ロングステイをやる気が消え、フツーの海外旅行も感動が薄れ始めた今日この頃、私のもうすぐ30歳になる子が「おとうさんと旅行がしたい」という機会をとらえて、主にニュージーランドをバッグパッカーまがいの旅行をしてみました。

今回は妻の同行は無し。その代わり「親子旅行」しました。
私はもともとお金使わない暮らしが好みなので、子に頼んで若者がやっている式の格安ニュージーランド旅行を計画してもらい、その指示に従って最近にしてはけっこうタフな旅行をしてきました。

とは言っても数十キロのザックを背負って格安バスで長距離を移動する体力は自信が無いから、荷物は大型スーツケースを使い、レンタカーで各地の安宿を巡ることになりました。
このニュージーランド安旅行の概略は・・・
・旅行日数14日間(オーストラリア2日、残りがニュージーランド)
・総費用約50万円(私と子の二人分)
・移動の飛行機はジェットスター。ニュージーランドと日本の間が1人片道約5万円

宿泊は・・・
・ビジネスホテル
・ユースホステル
・キャンプ場のロッジ
・8人部屋のバッグパッカー宿
・空港で夜明かし1日

食事は・・・
・市中の「これは!」と見つけた安レストラン。ビール付き10ドルとか
・市場の鮮魚店で牡蠣を買って、ベンチに座って食う
・ユースホステルで自炊
・フィッシュ&チップスを買って部屋で安ワインと共に食う

レンタカーだけは日本車の2500ccクラスという私にとっては贅沢なのを借りました。

巡ったところは・・・
・メルボルン市内。ここは州立図書館という偉大な「居場所」があり、感激しました。
・クライストチャーチ。地震の復興中で、未だに多くの建物は建設初期みたいな感じ
・テカポ湖。初めて天の川見ました。
・マウントクック。大規模上高地みたいな風光明美なところですがあいにく雨でした。
・オマアル。ここは気に入った!また行きたいです。
・クイーンズタウン。まさに絵に描いたような景色のところ。
・オークランド。海鮮が美味!街はオーストラリアのメルボルンの方が好みだなぁ。

気づいたこと・・・
・ニュージーランドを車で移動するのは日本より“かなり”快適。ただしサービスは「ザックリ」な感じだった。
・大半の一般道の制限速度は時速100キロなので速度感覚が狂い、曲がり角で原則したつもりでも時速60キロぐらい出てしまいがち。そのため右左折でオーバーラン気味になってしまうから注意が要る。日本では100キロ道路からいきなり直角に左折する道など無いので、これは初体験。
・宿泊は最低でも個室でないと落ち着かない。でもユースホステルで十分だった。
・肉がスーパーで安く手に入るから自炊がとても簡単(肉をフライパンで焼いて塩コショウするだけで済む)。他には袋入り野菜と1斤1ドルの食パンと600円の赤ワインを買えば満足。
・飛行機の早朝発はとてもキツイか、移動にお金がかかる。LCCをやめてでも日中か深夜発にした方がホテル代や移動費が浮く。
・さらに日本着は夜の8時ぐらいまでにしないと自宅までの交通機関が無くなってしまう。
・そういう点でLCCは必ずしも安い選択ではない場合がある。

その他に感じたこと・・・
・家族に限ったことではないが、家族と旅行すると慣れあいの気持ちがあるから旅行中に何度か衝突してストレスを感じる。
・かと言って、一人旅が良いか?と考えると、家族であっても誰かと二人で行く旅は、自分が気がつかないことに気づかせてくれるし、自分ひとりでは絶対行かない場所に行くことになるから多様な発見がある。
・長距離ドライブや街歩きで疲れた場合は、昼であろうがビールを飲むのが一番効く!日本でこうしたらアル中感が漂うけど、ニュージーランドではランチタイムからビールやワインはあたりまえだから風景に溶け込む。
・そういう意味では街中で早く気に入ったPUBを見つけることが一番大事な街歩きのコツ。
・ワーホリ(ワーキングホリデー)中と思われる日本人の若者を何人か見かけた。なんだか悩みを抱えながらのワーホリのムード。「これから何をすればいいのか良く分からないんだよ・・・」と沈痛ムードで日本の友人だか家族に電話している声が聞こえてきた。こういうのも「自分探し」なのだと思う。

今は上述したタフなニュージーランドバッグパッカーまがい旅から帰って来たばかりなので、疲れも出て、また行ってみたいという気分ではないけど、
きっとまたニュージーランドか、多分オーストラリアをレンタカー借りて安宿巡り旅に出たくなる日が来る気がします。

アラ還にしてバッグパッカーとは、実行する人は少数派だと思いますが、行きの飛行機で偶然乗り合わせた私より若いと思われる男性は、会話の雰囲気からすると、やはりバッグパッカーっぽい旅行者のようでした。

彼がアーリーリタイアメントかどうか分かりませんが(その疑いがあります。同業者の匂いがしました)、志を同じくする人に役立つことを期待して、この旅行で得たことの各論をしばらく記事化してみようと思います。

関連記事の目次

自由人同業者のニオイと、彼の会話から得られるもの

アラ還でも可能な安旅スタイルの考察

アラ還でも、オーストラリアに安く滞在旅行できる街!?メルボルン

およそ還暦男の海外旅行って、いったいどのような意義があるのか?

ニュージーランドのペンギンたちと、サラリーマンと、なんだか似てる


SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外滞在旅 | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

(その1)アラ還リタイアメント夫婦 ドイツ旅行でわかった、新しいこと

過日9泊11日のドイツ フランクフルトをベースキャンプにしたアラ還リタイアメント夫婦の個人旅行第二回目から帰国しました。この旅行であらたにわかったことを記事にいたします。

1.夫婦でも趣向や体力が違うので、お互いの“妥協旅行”になった
初めて夫婦で海外旅行した数年前は、外国に居ること自体が珍しく、楽しかったですが、今は違います。夫婦のお互いが『次の旅行は○○をゼッタイ!する!』と野望を持っているけど、それが全然合っていないのが露見する時代になったことがわかりました。

私はドイツのあちこちを鉄道で長距離移動しながら訪ね歩く旅行が、妻は一か所にとどまり食べ歩き、カフェめぐり、美術館にお土産屋さんと、いわゆるリゾート地に行ったかのような振る舞いの旅行をイメージしていたみたいです。それでガッチンコ!

結局、鉄道旅行は規模を大幅縮小し、食べ歩きを増やしましたが、結局どっちもつかずの中途半端感が漂いました。

旅行に出る前のコミュニケーション不足であることは明白ですが、私は“自分のことしか見えないタイプ”で、妻は結果を見てから文句言うタイプ。また次もこうなるでしょう。これが我が家の旅行形式なんです。

2.夏のドイツは“暑さの解決策”がすごく困難!7,8月は避けた方が・・・
この7月、旅行中のフランクフルトの最高気温は32℃でした。日本の方がもっと暑いです。まだまだドイツの方が涼しい?です。が、暑い東京や大阪と違って、同じように大都市のフランクフルトには、冷房が、ほぼ無い!です。これは我が夫婦には大問題!!

妻は遅ればせながらの更年期障害が顕著に出ています。その特徴のひとつにホットフラッシュという症状があって、これが始まると汗が出て止まらない、32℃ならまだイマドキの夏にアタリマエな気温だけど、居ても立ってもいられないぐらい暑い、クーラーにしがみつきたい、だけどドイツにそれが全然無い!。

妻は何度も熱中症に似た症状を出しました。昼寝から寝ざめたら頭痛がして喉が異常に乾いたとか、街中を散策中に足がつってしまった、などなど。こういうとき涼を得る手段が無いのです。これが7月のドイツ旅行中の大問題でした。

それで、探した解決策は・・・
(1)カフェに飛び込んで「ウォーター ウィズ アイス」と言い、氷と水を注文する。
「コールドウォーター」と言っても「無いよ」と言われました。どうも水が冷えていなくても氷を入れたら冷たくなるから「それでお出ししましょうか」という発想の転換が無い?みたい。

(2)チョコレートショップに駆け込む
これは妻が発見したドイツで涼を得る解決策でした。チョコレートは溶けやすいから店内はちょっときつめに冷房が入っていたのです。

(3)特急列車のコンパートメント車両に入って冷房を目いっぱい強力にする
ドイツの列車にはコンパートメントという個室がほぼアタリマエに付いています。そこには冷房を好きなように設定できる調節器が付いている(私どもの乗った車両にはそれが有った)ので「強冷房車」にしました。このときはじめて妻は「もっとこの電車乗っていたい」と言いましたが、他の個室ではない座席は冷房がほんとに「弱冷房」で暑かったです。

他の乗客と相部屋のコンパートメントでは、強引に「強冷房車」にはしにくいかも。なぜならドイツ在住の友人に聞くと、ドイツ人は冷房に慣れていない、のだそうです。だから空いている特急(IC)が狙い目です。ICより速い、新幹線みたいなICEは比較的混んでいるからコンパートメントでも強冷房しにくいでしょう。

(4)ホテルは多少高くついても「冷房付」の部屋にする
私はこれを完全に「想定外」にしていました。冷房が付いているものだ、と思い込んでいましたし、ドイツの暑さなど日本の比じゃない、とタカをくくっていて、でも上述の妻のホットフラッシュ症状に最初から最後まで悩まされ、ときどきドイツ旅行したことを悔やみさえしました。

3.スリとの付き合い方
ケルンでスリに遭い、現金、しかも紙幣だけ60ユーロ持って行かれました。
現場はこのような、ちょっと人通りの少ない場所。でもケルン大聖堂近くのメインストリートです。
suri00.JPG

状況はこうです。
まず、妻と歩行中に「寄付してくれ」と英語で言う背の低いロングスカート姿の年輩女性に付きまとわれました。彼女は新聞の四つ折りを手に「ここを見てくれ」と私の腹の前のウェストバックの上にその新聞を載せ・・・でもその新聞の下では、彼女の指先が動き回り、ウェストバックからたくみに財布だけ音もなく抜き去り、次にズボンのポケットあたりを調査しはじめました。ここで「あ!こいつスリだ!」と気づいたものの、時既に遅し。

バッグの中には財布が無く、気づくと地面に財布が落ちていて、中を改めると紙幣だけが無くなっていました。

犯人はちょうど道路を渡って立ち去るところが見え、瞬間的に妻がその後を追おうとしましたが・・・私は「やめとけ」と言いました。

60ユーロは約1万円。この日の滞在予算のほぼ全額です。これをすられたからムカついたし、恐ろしいし、面目ないし、その後に行ったチョコレート博物館見学は少しも楽しくありません。

『どうしようか・・・』と考えて、ドイツ警察にこれを届け出ることにしました。おそらく失った現金はもう帰って来ないけど、スリに遭ったのは事実だから警察に報告するという体験ができるので、これも毎回はできない経験になるかと、ケルン駅構内の警察詰所に行き、たどたどしい英語で事件の説明をし、証明書を発行してもらいました。その後、一応犯罪に遭ったのだから・・・と領事館にも行ってみましたが、そこはパスポートを無くしたり盗られた場合に行くべき場所で「ウチに言われても何もできませんが・・・せっかく来てくれたから・・・」と言われてドイツのスリの現状などをいろいろご教授いただきました。

どうも、東欧のある国の一部の人が専門にスリ業をヨーロッパで行っているらしいです。その国の名はケルンの警察官も口にしましたが、その国全部が犯罪国家のように勘違いされるのもマズいから書きませんが、一部の人達は都市を移動しながらスリをして生計をたてているらしいです。だからプロです。女性は特にロングスカートを履いているのが一般的なスタイルの文化を持った人達のようなので、街中や駅で手に新聞紙を持って「ベビーに寄付を」などと近寄ってくるロングスカート女性には要注意です!

ただ、注意すると言っても、実際にその方が来てしまったら、できる注意はウェストバッグを自分の手で押さえて守るぐらいかと。私はその日のお金をウェストバッグに、そのほかのお金を別のところに隠し持っていたので最悪のスッテンテンにはならなくて済みました。

しかも領事館の人の話では「犯人をゼッタイに追わないこと」が、すごく大事だそうです。
彼らはグループ行動で、もし追ったら仲間が出てきてもっとヒドイ目に遭わされたかもしれません。

<(その2)に続きます>

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外滞在旅 | 更新情報をチェックする

(その2)アラ還リタイアメント夫婦 ドイツ旅行でわかった、新しいこと

(その1)からの続き記事です

4.グリューネソーセというフランクフルトスペシャルな料理はやっぱり現地で食べるのが最高!
これはドイツのフランクフルトの名物料理だそうです。
green03.JPG

味的には美味しいですが、人によって意見が分かれるでしょう。
こいつを味わうには、ドイツのレストランで、昼飯時に、レストラン中庭あたりに張った大きなパラソルの下で、ドイツビールを堪能しながら時間をかけていただく必要性を感じました。

偶然立ち寄ったフランクフルト大聖堂のすぐ近くにあるメトロポールというレストラン。中庭の席を探していたら4人掛けに独り座っていた初老のドイツ人が「ここOKだよ」と言うから相席して、彼の注文したグリューネソーセとビールの飲みっ振りがあまりにも美味そうだったもんだから、翌日にまたメトロポールに行き、グリューネソーセを頼んでビールを飲みました。

グリューネソーセはグリーンソースと言う意味らしく、皿にはポテトとゆで卵が定番だそうですが、仔牛のカトレットの組み合わせもある模様。相席の口数少ない「ギーセンから今日は美術館に行くためにここに来た」と言っていたそのドイツ人は「グリューネソーセはフランクフルトのスペシャルだ」と教えてくれました。

妻にレシピの分析をお願いし、日本帰国後に早速グリューネソーセを試作してもらいましたが、ほぼ同じような味でしたが、ムードを含めると、これはやはりドイツで堪能する方が良さそうです。

5.ドイツ人観察の報告
(1)「独りの時間」を大事に、しかも炎天下が平気!?
1年前にシュツットガルトを訪れたとき「あまりドイツ人は群れないなぁ」という印象を持ったので、今回の旅行もそれを意識してドイツ人を眺めてみました。

hitori01.JPG
これはフランクフルト市内の美術館街にある「応用工芸博物館」の前の芝生の風景。
女性が独り、広い芝生に腹ばいになっているのが写っています。彼女は分厚い本を広げて、ペンを持ち、ここで勉強していると思われます。

hitori02.JPG
またここはフランクフルトから北に約250キロ離れた小都市、ゲッチンゲンの大学構内。
グループでいる学生もいますが、そこから独り離れてポツンと座る合計2人が写っています。彼らはランチを食べているところでした。

しかも全部快晴の日の、太陽がサンサンと降り注ぐ「紫外線、キケンだから」みたいな日にもかかわらず、こういう人達が実に多く見かけるのですね。ドイツというところは。

(2)ドイツの労働時間短縮が進むワケ
(その1)で前述しましたが、ケルンでスリに遭ったとき、警察に行きました。そのとき警官とのやりとりで『ああ、これだからドイツは働き過ぎが少ないんだ』と思った体験は・・・

警察詰所の窓口に居た警官は、私の「被害証明書が欲しい」と言ったあと
「証明書を書くには状況を説明してもらわなければならない」と言うので、私はまだスリに遭った興奮冷めやらない中、ヘタな英語とジェスチャーを駆使して説明しました。そうしたら・・・

「分かった。でも俺はあと2分で休憩の時間が来る。次の担当者が5分後に来るだろうから、その者に今あんたが言ったことがよく伝わるように、これから渡す用紙に説明を英語で記入してくれ」と言いました。

私はこの「あと2分で俺は休憩に入る」という言葉を聞いたとき『ドイツらしいなぁ・・・』と感心しました。かつて外資系企業に勤めていた頃、ドイツ人同僚が「俺は明日から20日間休暇だから、その間の俺の業務はストップだ」と言っていたのとよく似ていて、実に懐かしい記憶を思い出しました。

日本人どうしの間では、とりあえず仕事が一区切りつくまでこういう休憩に入ることは無いんじゃないかと思いますが・・・はたしてどっちの習慣が未来まで残り続けることやら??
それとも警察官は日独を問わずこういうものなのでしょうか?

(3)ドイツ人の笑顔は、やっぱり日本人の10%ぐらいみたいだ
ドイツ人はなぜいつも真面目な顔して会話しているように見えるのだろう?
これが1年前にシュツットガルト旅行したときの疑問だったので、今回はその理由を調べました。
<事象1> CAもいわゆる仏頂面して仕事に励んでいる
接客業である飛行機キャビンアテンダントのドイツ人女性は、極めて端正な顔立ちでしたが、その人の笑顔はほとんど見られませんでした。ANAとの共同運航便だったので日本人CAも搭乗していましたが、こちらは「地顔が笑顔」のように終始にこやかなこと、二人揃って食事を配りに回る姿は、絵にかいたように対照的。

でもこのドイツ人CAの人、冷たいわけでも不機嫌でもありません。ひとりで旅行するドイツ人少年を優しくしているところを見ましたが、さすがにその時の表情は笑顔でした。

<事象2>駅で電車を待つ間に、私の横で会話する中年女性二人の様子は、まさに真剣議論にしか見えなかった
あいにく私はドイツ語が分からないので彼女達が何を話しているのかまったく理解できませんでしたが、彼女達の表情と、口角泡とばすみたいな喋り方、大袈裟な手の動きは、意見対立した問題の解決策を巡って本気でディスカッションしているようにしか見えませんでした。しかしときどきスマホを手に「ね、ここ読んで」とやっているから、実は他愛もない身内のことを話しているのかもです。

<友人の解説>
ドイツにもう40年近く住む日本人の話によると、
(1)ドイツ人の会話はどちらかというと日本人より政治や経済の話題が多いようだと言っていました。目下の話題は「ギリシャ問題」。ドイツ人の特徴として、問題が発覚すると「どういう方法でそれを解決させるか」に猪突邁進するらしく、日本人の会話のような同調とか共感を求めるのではなくて、議論になることが著しく多いということのようです。

(2)ドイツ人は、あまり自分のバカをさらけ出して言わないらしい。「オレさ、この間こんなアホなことしてさ・・・」という話の流れにはならないらしいです。だから笑う場面が少ないのかもしれないです。

(3)なのでパーティーなどで酒飲んでの会話も、まじめな、しかも政治経済などの話題が飛び交うことが珍しくなく、あまりバカ騒ぎにはならず「日本人同士の宴会のように盛り上がり難いと友人は言っていました。でもかつて私の同僚だったドイツ人は日本での宴会でバカ騒ぎしました。だから環境が変われば変化するのかもしれません。

6.ドイツには、たいへん人懐っこい、よく刺すハチがいる
bee04.JPG
このハチは日本にいるミツバチよりちょっと小型で、色も薄いようなハチです。
多分ドイツのミツバチかと思っていましたが、ネットで調べてみるとどうもウェスプと言われている小型スズメバチのようで、ズズメバチならではの攻撃性があります。

妻は腕に止ったウェスプを払いのけようとしてまんまと一発刺されて腫れました。

しかもこのハチは街中どこにでもいるし、食事中もビールに寄ってきて、ビールの中に落ちたりしました(ハチを出したらまたビールは飲めます)。

ドイツの方々は、あまりこのハチを気にしている様子は無く、顔や料理や飲み物に来たときだけ追い払っていましたが、やはり刺されると痛くて腫れます。刺されたら薬局に行って塗り薬を買ったらいいと思います。でも薬局の人はどういうわけか英語が不得意な人で、オマケに「これ嫌い」という日本人が多いステロイド配合の軟膏を薦められる場合があります。買った軟膏にもステロイドが配合されていまして、知らないで妻はそれをぬりましたところ、さすがに痛みと腫れは短時間で治癒しました。だけどステロイド嫌いの妻は「あなたにこの薬あげる」と私にそれをプレゼントしてくれました。私は薬には特に好き嫌いありません。

今回のドイツ旅行は10日でしたが、面白いことも厳しいことも多く体験できました。

妻は「あんなに暑いんだったら、もうドイツには行かない」と言っています。

次はどこの国に行きましょうか。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外滞在旅 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。