2013年06月01日

バンコクのロングステイヤーが暮らしているところ

今回のバンコク滞在はたった10日間だったので、バンコクでのベストな“暮らす場所”について体感して分かったわけではありませんが、もう10年ぐらいロングステイを続けているベテラン居住者と、昨年からステイを開始したバンコクロングステイヤーに話を聞きましたので、記事にして残していきたいと思います。

話を聞いた相手はロングステイヤーで、私のような10日滞在のショートステイする方々ではありませんが、私は場所選びは両方ほぼ同じだと思います。ただ、ショートステイでは「そこにホテルがあるか?」ということと「空港まで便利がいいか?」を考慮するべきだとは思います。

バンコク市は昔から車の大渋滞が有名なところで、15年ほど前に私が会社の仕事で訪れたときには、ホテルを朝早く逃げるようにして渋滞につかまるのを避けました。今は超便利な地下鉄とBTSと呼ばれている高架鉄道のスカイトレインが走っているのでそんな“朝逃げ”をする必要はありません。しかし東京のように電車が網の目のように走っているわけではないので、この「BTSか地下鉄の駅近くに暮らす」というのがバンコク暮らしを快適に、安全にする近道のようです。

BTSスクンビット線はバンコク市北部のモーチット駅から南のベーリン駅を全線高架線で走っている電車路線です。
BTS13060101.JPG

北部のモーチット駅では地下鉄とタイ国鉄のバンスー駅にも近くて、鉄道旅行になにかと便利そうなポイントで、覚えておきたいスポットです。さらにここでは毎週末にウィークエンドマーケットが開かれています。有名なので行ってみたけどさすがに広すぎるのと暑すぎるので、すっかりバテました。私みたいな体力のない中高年は屋内の空調の効いたショッピングモールでないとダメみたい。
BTS13060102.JPG

ウィークエンドマーケットの中はこんな感じの狭い通路の碁盤の目。蒸し暑いです。
BTS13060103.JPG

バンコクの地下鉄とBTSはマレーシア クアラルンプールの地下鉄より“かなり”便利度が高いです。電車は頻繁に走っていて、通勤時間帯でも日本のようには混まず、駅に着いた電車からまず中の人が降りてから乗る人が乗り込むというマナーもよくできています。乗客にスリが混じっているかどうかは情報がありませんでしたが、ロングステイヤーの人からはそんな話は聞きませんでした。一方乗車賃の安い路線バスはそんな話を聞きましたが・・・。

今回の滞在ではBTSスクンビット線沿線の「日本人ロングステイヤーが多く暮らす場所」を眺めてきました。主な場所は私も滞在したナナ駅周辺と、その隣のアソーク駅近くです。
ナナの夜の景色はこんな雰囲気です。オープンタイプのバーがいくつもありました。しかしそこで一人でくつろぐ人の多くは欧米人。なぜか日本人はじめ東洋人は半分もそんな店にいません。居てもみんなで飲み食いする“日本の居酒屋風景”みたいな感じの東洋人です。
BTS13060104.JPG

ナナ駅はバンコク空港から出ているエアポートリンク鉄道で終点のパヤタイ駅まで行き、そこで接続するBTSスクンビット線に乗り換え、10分程度で行ける便利な場所です。パヤタイから大規模ショッピングセンターが林立するサイアム駅から3つ先の駅がナナ。
サイアム駅と次のチットロム駅間は、まさに消費天国といった感じで、ロールスロイスや超高級オーディオ、誰が買うのかと思うぐらいの立派過ぎる家具も売っています。私はシャツを何着か買いました。マレーシアより気に入ったものが安く買えたと思いましたが、妻はタイの服のデザインがイマイチ好みでないらしかったです・・・。

下の写真が一番気に入ったチットロム駅近くのアマリンプラザ。大きくないモールですが服、ランチ、お土産などバラエティーに富んでいて、Mac Caféなど休憩できる場所もあるので、中高年ショートステイヤーにはいい場所だと思うのですが。
BTS13060105.JPG

夫婦連れのバンコクショートステイヤーのすることは、バンコク起点の旅行、ショッピング、レストランでのタイ料理満喫ぐらいですから、サイアム、チットロムに行き易い場所がひとつの滞在地候補になるでしょう。旅行会社オフィスもこの周辺にあります。
BTS13060106.JPG

一方、ナナ駅周辺についてバンコクベテランロングステイヤーは、ここを「タイの銀座みたいなところでして、知人は『田園調布みたいですね』と言ってましたよ」という話を聞きましたが、私の印象は東京の上野、御徒町、神田周辺に似た雰囲気のところだなぁ、という感じです。デパートに売っていない、買ったとしてもちょっと日本に持って帰るのに躊躇するようなモノがいっぱい売られています。食べ物屋や屋台がたいへん多く、東南アジアの都会を感じさせる場所で、昼間より夜の方が“らしい雰囲気”がするところがナナ。その次の駅がBTSのアソークで地下鉄はスクンビットという別の名の駅になっています。話によるとナナからアソークまでが「格式高いエリア」らしいです。駅から歩いて3分、気の利いたショッピングセンターやスーパーがあり、コンドミニアムはお値段がちょいと高く、しかしサービスは完璧。豪華な病院の「バムルンラード国際病院」にも近い場所がナナからアソークあたりまで。格式高い街並みで、道を歩けばつい目をやりたくなる面白い妙なものが売っているナナからアソークはまさに自由の国バンコクの田園調布なのでしょうか。

下の写真はBTSの高架線側から、地下鉄スクンビット駅に通じる通路を撮ったものです。駅名は違いますが、同じ駅の乗り換えの感じです。
BTS13060108.JPG

その先のプロンボン駅、トンロー駅までが多くの日本人ロングステイヤーが暮らす場所らしいです。アソークからブロンボン方面に歩くと、ナナ周辺とは違って戸建て住宅が多くなり、道には大きな街路樹があり、都会から郊外に移ったことが分かります。大学や公園もあって、もし仮に私がバンコクに住むとしたら、今回見た中ではこの辺りが有力候補地になるでしょう。駅から見える場所には、いかにもタイ人が日本語を習って書いたと思われる不動産屋の日本語の看板もありました。
BTS13060107.JPG

さらにBTSでオンヌットまで行くとエキゾチックな町並みになってきます。高架線の上から眺めていると東京の練馬辺りの風景みたいで、低い家並みと所々に高層アパートが見えます。でもよく見ると古い汚れた建物が道路際に並んでいる東南アジアの町並み。乗降客も減ってきます。そこから更に先は、工場地域になるようで、ところどころに空き地が見える、殺伐とした風景になっていました。
BTS13060109.JPG
ここには駅近くにコンドミニアムが無さそうに見えますから、「スクンビット」と言われるBTSのナナ駅あたりからトンローの一つ先のエマカイ駅までがBTSスクンビット線沿線では日本人ロングステイヤー定番地域というところなのでしょう。

今回聞いた安心して暮らせるロケーションは「BTSか地下鉄の駅から近いセキュリティー完備のコンドミニアムで、夜でも人通りが多く賑やかなところにある物件」だそうです。日本人が漠然と好む「夜は静かなところ」では夜外出するのは危ないらしいです。そういう点でも夜の方が騒々しくて賑やかなナナのゴチャゴチャした街は、いつでも安心して歩ける日本の田園調布のような場所なのでしょう。これはどうも街のコンセプトが似ているということで、雰囲気が似ているということではないようです。私にしたらナナの雰囲気はやっぱり上野界隈で、なかなか味わいのある街並みです。ちょっと騒々しいのがイマイチなのですが・・・。


Sponsored Link


posted by 大庭夏男 at 16:52 | Comment(12) | TrackBack(0) | タイでの滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

バンコク滞在 通貨両替事情

タイ バンコクへの旅行&滞在で、いったい日本円を現地通貨バーツにどこで両替するか?
ガイドブックでは「銀行で」と書いてあるのを見ました。銀行以外の街中両替所は違法両替もあるから気をつけろ!ということらしいです。
しかし「ここは例外」というバンコクロングステイヤーお薦めの両替商を教えてもらい、そこで両替してみましたので、記事にして残しておくことにしました。今回のバンコク滞在は円が安値を切り下げる最中。交換レートには余計に注目してしまいます。

その両替商の名は「VASU」。サイトは下記です。
http://www.vasuexchange.com/index.php

場所は下記。BTSのNANA駅前です。

大きな地図で見る

スカイトレインのBTSにあるナナ駅改札階から北側歩道を眺めると、下の写真のように「VASU」の看板が見えます。
bangkok13053001.JPG

今回のバンコク旅行中にあちこちで両替レートを見比べたところ、おおまかには以下のようになっていました。
為替レート(TTM)が1バーツ=3.4円のとき・・・
関空にある日本の銀行の両替窓口では、3.8円
バンコクのホテルで両替すると、3.6円
バンコク市内の銀行の両替では、3.5円
上記VASUでは3.45円

正確ではありませんがイメージ的にはこのような感じです。
数日間の滞在で使う食事代を両替するのなら、VASUでなくバンコク市内の銀行両替所でもあまり差が無いですが、ロングステイヤーにとって多額の生活費を毎月両替するのでここは重宝しているらしいです。
手数料が安いほかに、両替所はドアを開けて入っていく仕組みで、警備員も常駐しているから、歩道から直接両替する銀行の両替所より安全だという指摘もあります。
bangkok13053002.JPG

一方、銀行の両替所は繁華街のいたるところにあり、夕方になるとこんな銀行の両替カーが路上駐車して両替をしていました。
bangkok13053003.JPG

日本の銀行での両替は、だいたい一日中交換レートは変わらないと思いますが、前述のVASUではコロコロ変わります。だからホテルでインターネットでバーツ/円の一分きざみのFXチャートを見て、バーツが安くなるタイミングで両替するのがいいようです。両替所に入ると右側の壁にレート表示パネルと金融ニュースを放映するテレビがあり、両替担当の人はいつも横目でニュースを睨んでいました。
銀行の両替所とは違うムードの場所で、単にバーツに変えるだけではない、相場を張っているような一種ギャンブル感覚で両替できる場所なので、ここVASUでは必要額をいっぺんに両替してしまうのでなく、毎日あるいは滞在中は日に二度でも足を運んで両替で“遊んで”みたくなります。

リタイヤ後に始めたFXではさっぱり儲からない私がこんなことを書くのもせんない話ですが・・・。


Sponsored Link


タグ:タイ 両替
posted by 大庭夏男 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイでの滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

吹けば飛ぶかもしれない「東南アジアは安あがり!」という都市伝説

3013年5月、9日間のタイ バンコク滞在を通じて実感したのは「食費が日本と変わらないほど高くつく!」ということでした。
同じ年の1月にマレーシア ペナン島に滞在した際には「食費が安い!」だったのに、なぜ今回5月のバンコク滞在ではそう思えなかったのか?その理由は・・・
バンコクが大都市でしかも観光人気であること。
バンコクはモノや店がバリエーションに富んでいること。
そして1月から15%も円安が進んだこと。
この3つが入り混じっているのだと思います。

海外観光旅行や1ヶ月以内程度のショートステイにかかる主な出費は、旅費、ホテル代、食費、娯楽費です。このうち旅費は2月に航空券の支払いを済ませたので円安影響は受けませんでした。おそらく今後は値上がりするのでしょう。

ホテル代はバンコクで現金支払いしましたから為替レートの変動をまともに受けて予定より約1万円高くつきました。しかし日本のホテルが「一人一泊いくら」に対してマレーシアやタイでは「一部屋一泊いくら」ですから、大きな部屋を予約しなければ夫婦二人なら泊まるホテルを選べば日本国内旅行より安上がりであることは今後も続くでしょう。今回私どもが泊まったホテル(正確にはサービスアパートメント)はちょっと広めのワンルームの部屋で日本円換算では一泊約8千円でした。この先円安が進んでもホテルのランクと相談すれば同様の価格以下の選択肢は少なくないと思います。

そんな中で意外だったのはバンコク滞在中の食費でした。マレーシアのペナン島では10日近く滞在して夫婦で8千円ぐらいしかかからなかったのに、バンコクではその3倍近くもかかりました。マレーシアのリンギットもタイのバーツも円に対して同じような為替レート変化をしているので、共に15%の円安はありますが、それを考えてもバンコクの食費は高いです。
こうなった主な理由は「バンコクには素敵なお店が多いから」です。マレーシアのクアラルンプールも大都市だからレストランはたくさんありましたが、バンコクはもっと食が充実しています。しかも日本だったら高くつくような北京ダックなどの高級料理が手に届くお値段で食べられるので、ついそういうレストランへ何度か入ってしまうから食事にかかるお金が増えるわけです。

マレーシアのペナン島ではこれがあまりありませんでした。ホテルの近くには美味しい「大衆食堂」みたいなのがあるだけなので、そこでタンドリーチキンとタイガービールを飲んでも二人で千円ぐらいで済んでしまうのでした。でも数日滞在の間に、そういう現地料理ばかり食べているとなんだか胃具合が悪くなって日本食のあっさりした味を体が欲するようになります。バンコクでもそうでした。スパイシーな辛い料理ばかりだと胃もたれして日本食が食べたくなります。ペナン島ではそう思っても日本食レストランが少ないから、仕方なく食パン買ってピーナッツバター塗って食べていましたが、バンコクでは日本食レストランがズラリ!並んでいます。だからそこに入ってしまうのです。日本食と言っても寿司やうどんは日本に帰ってからにしようと固く決めていましたが「まあラーメンぐらいなら・・・」とラーメン屋に入りました。

バンコクで食べる日本ラーメンは日本のラーメンとまったく同じ味がしました。美味しいです。なぜか日本より量が少ないのが気になりました。ついでにジュースも注文したらジュースもラーメンと同じぐらいの価格。二人でラーメンとジュース2杯飲んで1200円ぐらいかかりましたから日本の価格とほとんど変わらないぐらい。なぜかバンコクでは日本では高い料理が割安で、日本で安い料理が日本と同じかそれ以上高いような気がします。

牛丼の吉野家もそんな感じです。食べませんでしたが看板を見る限り99バーツと書いてあるからバンコクでは一杯350円ぐらいです。
bangkok13052901.JPG

食べ物以外でも100均のダイソーは60バーツ均一で、これを日本円換算すると200円を超えます。日本の100均がバンコクの半額で買えるなんて・・・そういうことになっていました。
bangkok13052902.JPG

それで、なるべく食費を増やさないようにホテルの部屋で“内食”しようと、スーパーへ買い物に行き、冷凍食品買って部屋の電子レンジでチンして食べることにしました。しかしこれでもなかなか食費が思うように落ちません。日本のように冷凍食品大安売り!とか6時以降の生鮮食品に半額のシールを貼るようなことはバンコクでは流行っていないらしく、またスーパー激戦区も無い模様で、のびのびと価格が高めなのです。
ちなみにホテル近くのスーパーで食材の値段を見てみたら・・・
食パン一斤200円。
日本のと同じぐらいのリンゴ一個90円から280円
バナナ5本ぐらいが100円
ビールは500ミリリットル缶で130円ぐらいからあります
冷凍スパゲティーが250円
冷凍ギョーザは340円
ハムが7,8枚入っているパックが200円
ニンジン2本で150円
キューリ2本でやっぱり150円
タマネギ1キログラムが240円
豚ひき肉1キログラムが780円
サーモン刺身が1キログラムで2750円
米(インディカ米)は5キログラムで700から1100円
こんな具合でした。実に米とビール以外は日本のスーパーの平日価格と見間違うぐらい。少なくとも今の円安で、バンコクのスーパーでは日本より安いと感じることはできません。

ここは滞在ホテル近くの外国人御用達のスーパー
bangkok13052903.JPG

これは日本人ロングステイヤーも通うと言われるBigCのスーパー
ヴィラより少し安いですが劇安ではありません。ほんのちょっとしか安くないです。
bangkok13052904.JPG

ショートステイの場合は現地に滞在する期間が限られているため、レストラン利用が多くなるし、割の良い食材が買える店を発見することは至難の業です。多分ロングステイすれば多少は食材価格のアンテナが発達するとは思いますが、日本で慣れているように現地で格安店を見つけるにはそれなりに長い期間が必要でしょう。
夫婦二人がバンコクで暮らせそうな、日本人が多く暮らすという駅近くのコンドミニアムも現地の日本語新聞で調べてみましたところ35から40平米の2部屋の物件が、日本円換算で10万円前後でしたからこれも日本とあまり変わらないような気がします。ということは、バンコクで安全な場所に快適に暮らそうと思ったら日本で暮らすぐらいの生活費がかかるということになる可能性が高そうです。実際にバンコクでお会いした、昨年からバンコクロングステイを始めたご夫婦の場合、ご主人はゴルフが趣味で毎週行くとのことでしたが、一ヶ月生活費は30万円を超えるというお話を聞きました。お部屋も見せていただきましたが、ちょっと広めの綺麗な部屋でセキュリティーもしっかりしていそうなところでしたが、自家用車を持たずに月30万円です。ちなみに日本で節約に励む大庭家は現在3人家族で車もあって、税金も含めて月に20万円生活です。「東南アジア暮らしは安あがり」というイメージは、今回の滞在ではあまり感じられませんでした。

日本では高級レストランでの食事やゴルフとかの金のかかるレジャーを割安でするなど「贅沢を割安にできる」というポテンシャルはバンコクが日本に勝ると思いましたが、節約のためにバンコク暮らしは“前代未聞の超円高”が過ぎてしまった今では、もはや無理なのではないかと思われます。大都会という意味ではマレーシアのクアラルンプールも同様になっているのでしょうか?

私が泊まった宿は、ちょっとリッチなサービスアパートメント「GRAND PRESIDENT」です。
bangkok13052905.JPG

ここはバンコクスカイトレイン(BTS)ナナ駅近くにあり、近くには雰囲気のいいレストランもありましたが、下の写真の“タイの焼きトン屋”で、3種の焼きトンとご飯とキャベツの切ったヤツを買って部屋で食べたりもしました。価格は夫婦2人でお腹いっぱいになるほど買い込んでも300円ほど。これが一番美味くて今でも味が思い出してしまいまい、今回の旅行で一番思い出に残る味になりました。

この焼きトン屋台はGRAND PRESIDENTの近くの路上でほぼ毎日夕方から売り始めます。
bangkok13052906.JPG

焼きトンはタレをつけて食べるとかなり美味いです。唐辛子の入ったキャベツは値段不明(無料?)おにぎりぐらいの大きさのご飯は20円ぐらいでその屋台で買えました。
bangkok13052907.JPG

バンコクのレストランではおおむね昼は一食800円程度、夜は1500円前後かかりますから10日滞在を全部レストランで済ませたら夫婦で5万円前後の食費になってしまうでしょう。ホテル代に匹敵するほどの食事代というのはリタイヤメントの旅行にとっては痛いです。安くて美味い屋台の発掘や自炊が可能になるミドルステイやロングステイではバンコク滞在は悪くはないと思いますが、一ヶ月未満のショートステイをバンコクでするのは、お金を大事にしたいリタイヤメントにとってはあまり向いていないのではないか?マレーシアのペナン島のような大都会を離れた地方都市、例えば物価がバンコクよりだいぶ安いと言われるタイのチェンマイなどを詮索した方が費用的に気軽なのではないかと思いました。


Sponsored Link


posted by 大庭夏男 at 11:30 | Comment(9) | TrackBack(0) | タイでの滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする