2017年08月14日

自己都合退職でのアーリーリタイアは、やらない方がいい

「大庭さんがアーリーリタイアしたの聞いて、俺もしてみようかなぁ・・・」
そんな呟きを聞いた私が咄嗟に出した回答は「それはやめた方がいい」。

私は今までに自己都合退職とリストラ退職を一回づつ経験しました。46歳でまず自己都合退職したとき、ふと「このままずっと会社生活に戻りたくないな・・・」とアーリーリタイアが頭を過りましたが、当時は経済的にまだ余裕が無かったため、その考えを押し殺し、転職してもう一回会社勤めを再開させました。だから46歳で自己都合退職したときにアーリーリタイアに踏み込まなかったのは、お金がまだ足りなかったからだと、とずっとそう思ってきましたが、実はそうではありませんでした。

こう気づいたのは心境の変化ではなくて、自己都合退職ではセイフティーネット(生活の安全装置)がほとんど無いからです。違う言い方をするなら会社都合退職であればけっこう“使える制度がそろっている”からストレス少なくしてリタイアに歩み易い、と言えます。

たとえばリストラなど会社都合退職では、失業給付金がハローワークでの手続き後すぐに受け取れますが自己都合退職では3か月待たされます。ふつう退職後ただちに国民健康保険に加入すると年間80万円とかの高額保険料を徴収されますが、これも会社都合退職では申請により減額可能です。だから退職後の生活の不安がこれらによってだいぶ緩和され、安心感があるから生活は安定し易いです。が、自己都合退職では特に失業給付金を受け取るまでの3か月間の空白は耐えがたいです。

妻や子からは「はやく再就職して欲しい」と毎日気を揉まれるだろうし、年老いた親も的外れの勤め話を持ってくるかもしれません。そういう雰囲気の中で再就職せずにリタイアを決め込むには病気か何か、皆を納得させる特別な理由が無い限りきっと耐えられないでしょう。

私は「俺もアーリーリタイアしてみようかなぁ・・・」と言った上述の知人に、そんなような話をやんわりして「奥さんがきっと辛い思いするから・・・」と諭しましたが、当の奥さんも、もしそうならそれでもいいか、みたいなところが見えます。そのご家庭はかなりお金持ちに見えますから、もしかしたら経済的には辞めてもぜんぜんへっちゃらなのかもしれません。そういうお金持ちの引退については私の意見も限界があって及びません。

その夫婦はたまたま思い浮かんだことを言ってみただけなのかもしれませんが、そう言われたことを機に考えると、上述のように自己都合退職経由アーリーリタイアは悪いこと言わないから「やめときなハレ」。と考えるが今の私にはしっくりします。

アーリーリタイアを考えたい自己都合退職者には、その代わりに転職がお薦めです。

「なんだ転職かよ・・・」と思うかも知れません。今まで転職した経験の無い人々は「きっとどこの会社に転職しても同じだろう」と考えがちだと思いますが“転職先を選べば”今まで以上に働きやすい会社に転職できる可能性があります。

私はかつて25年勤めた純国産の製造業企業からドイツ系IT企業に転職し、そこでリストラ退職しました。転職した理由は、25年勤めた立派?な会社でしたけど、私自身はそこに以降も勤め続けるのがとても嫌になってしまい後先考えずに飛び出してしまいましたが、知人から紹介された件のIT会社に面接に行ったとき、この会社だったら今までと違うかも!とふつうじゃない雰囲気を感じたことでした。それでその会社へ飛び込みました。

確かにふつうじゃなかったです。
それまでの純国産会社では、たとえば朝出社したらいつもの同僚が席にいて「おはようございます」式のいつもの朝から一日が始まりました。これが私の知っているふつうの会社の雰囲気でした。新しいIT企業は「会社じゃなくて電車だな!」と感じました。同じように朝にオフィスのドアを開るところまでは同じですが、その後は空いている席を見つけて「ここいいですか」と横の人にことわり、挨拶もなく席に座りパソコンを広げ上司やそのまた上司が次々に送ってくるニュースみたいなメッセージを読むことから一日が始まります。横の誰だか何の仕事を担当している人なんだか分からない人にも話しかけられません。なぜなら彼らは耳にイアフォンを入れ、音楽聞きながらプレゼン資料作成に夢中になっているからです。まさにこれは電車の中の雰囲気そっくりです。

仕事のやり方も全然違いました。
「あなたの仕事の範囲はここからここまで」というのがすごくハッキリしていて、仲間同士で無条件に助け合うことはふつうはありませんでした。でも助けが必要になることがあるから、そういう場合はヘルプが欲しい人がその上司に言い、上司が別の誰かに「あなたこの仕事のこの部分をやる?」と調整にあたってくれます。その結果、成績評価のとき「俺は彼の仕事を何時間やって成果物を作ったのだから、その分の成績給を上げてくれ」と要求でき、その要求は上司に無視されないという仕組みができていました。最初は慣れなかったけど、慣れたらこれらの社内の雰囲気と仕事の仕組みは私にとってすごく居心地のいいものでした。

これは私の場合ですから他の方々はそれぞれ別の自分に合った働き方をどこかの会社で見つけられるのではないか?と私は思います。家庭的社風がいいとか、指示命令がシッカリしている方が働きやすいとか。いろいろ人によって違うでしょう。

もし自己都合退職する人が、その後の生活資金に余裕が無い場合は、四の五の言わないで給料の良い会社へなるべく早く飛び込むしかないと思いますが、そうでなくて、ある程度貯えは有る場合は、上述したように“自分に合う社風”をテーマにして次に勤める会社を選ぶ方がヘタにアーリーリタイアを決め込むより、かなり無難です。

このような社風重視の転職をする場合には、
自分の専門や経験、あるいは得意な仕事などを第一に考えるより「嫌ではない仕事をやっている居心地のいい会社」を念頭に探し回った方が良いと思います。給料もさほどパッとしないこともあるかもしれないけどアーリーリタイアが頭を過るとしたら、足りないけどある程度の貯えができたということでしょうから、給料よりも「居心地がいいこと」の方がベターだろうと思います。

しかし居心地が良いかどうかは実際には勤めてみて初めて分かることだし、何がどうだと居心地が良いと感じるか、についても自分でまったく意識しなかったことで居心地が左右されることもあります。だから何社か面接に行き「事務所の中を見学させてもらえませんか」と尋ね「OK」となった会社の中から一つに絞って就職してみることでしょう。めでたく合ったら結構なことですが、1年か2年経って「やっぱりどうもここも合わない」と思ったらまた転職することになってしまうかも知れません。そんなことをやっているとだんだん「ふつうの人」のふつうの仕事とは離れて行ってしまうこともあるでしょう。しかしアーリーリタイアしょうかな?ぐらいの気持とそれなりの貯えが既にあるなら、会社勤めする最後の時期は、ふつうではない働き方の時期もが有っても悪くないんではないですか?と私は言いたいです。

私が最後に勤めた上述IT企業も日本ではふつうの社風ではありませんでした。商習慣も日本に合わなかったようでクライアントを満足させられず、それが肌に合わなくて辞めた同僚も少なくないですが、なぜか理由ははっきり書けないですけど私には合いました。これならもうちょっと勤めてもいいなぁ、と思っていた矢先、突然にリストラが断行され、私を含めて社員の4分の1ぐらいがアッちゅう間に去ることになりましたから、大企業ではない変わった小企業は割と簡単に吹けば飛んでしまいます。

でもリストラになったので、私はこんどは自己都合退職じゃなくて会社都合退職になりました。お次はNPO法人に勤めようと考えて、一時期無給でそこで仕事しましたが、そのNPOでは給料無くても仕事キツ過ぎ!と舌を巻き、職員登用の話も出ない短期間で、そこを辞めて今のセミリタイア8年目です。

繰り返しになりますが、もし貯えがあってそれなりの余裕が生活にあるのなら、自己都合退職でリタイアに直行!ではなくて、遠回りしてみたらどうでしょうか。

この記事に関連する別ブログ記事へのリンク
↓↓↓
会社を辞め難いのは周囲がみんな、そんた君だから(リタ研ブログ)へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:58| Comment(8) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

「長」をやりたくない、いつも気楽に暮らしたい

今年から小学生の見守りをする少年補導委員をはじめました。
地域には少年補導委員会があり、町内会やPTAと並列した筋の団体です。以前は万引きの監視など「補導」イメージそのまんまの活動をしていたそうですが、もう10年以上も前からそのような警察っぽい役割は夜巡りぐらいになり、その代わりに「小学生をまとめて楽しませる」のような活動に変化してきました。私はそれが気に入ったのと、町内会よりゆるいムードだったので、今年から委員になりました。

ところがそこの委員長から私に「来年は副委員長になってもらいたいんやけど・・・」と言われ、少々ガックリ。。

聞けば今年の私の立場は暫定的なもののようで、そこの委員の肩書きは「長」のつくものか「庶務」か「会計」しか前例が無いのだそうです。だから委員長以下は数人いるけど、みんな副委員長になっていると言います。

私はそれだったらまあ仕方が無いと、その時は思いましたが、それを言われた日から毎日なんだか違和感というかモヤモヤな気分でいっぱいです。

私は正直に言うと、いつも誰かを盾にして、その背後に隠れ、気楽にしていたい!こう強く望みます。たとえ副であっても「長」の肩書きがつくと責任がかかってくる「気がする」ので、とてもモヤモヤ気分。長は避けて通らなければ責任の重圧で押しつぶされてしまいそうな悪夢を見てしまう。そういう感覚があります。

だから来年はなんとか「行事担当委員」ぐらいの肩書きを新たに新設してもらうような工作を今からコツコツ始めて、委員長をその気にさせないと!と画策しています。

昔、製造業のカイシャに勤務していた頃、課長という仕事を傍から見ていると、他人はどうしてあんなに平然とした顔で課長職ができるのだろう?と不思議で仕方がありませんでした。彼らは人事異動で、まったく別の部署から任命されて製造現場の課長に就任するやいなや、着任当日から部下100人の前でスピーチをやり、事務所ではもう何年も前から課長業をやって来たかのように、アレをやり、コッチの書類にハンコを押し、を坦々と平然とした顔でやってのけました。

製造現場では、ときに事件が起きます。
不良品が気付かずに大量に作られてしまうことがあるし、ケガも起きます。
部下の起こしたドロボウ騒ぎ、ケンカ、職場内のイケナイ関係でダンナが乱入なんではなしもありまして、そんなのいちいち関わっていたら身が持たないと思うのは私だけではないでしょう。転職した外資系ではこのようなプライベートなことに上司が首を突っ込むことは皆無でしたが、前前職日系企業では「部下の失態は上司の責任」みたいでした。

事実、課長になる前までは一流にして剃刀のようにキレる人物が、その後の課長時代に消耗に次ぐ消耗を重ね、当時第二人事部みたいな部署にいた私の前で「俺はもうまったく嫌になった」と憤懣をぶちまける姿を目撃しました。

そのとき私は、やっぱりなぁ、と強く思いました。

話は戻って少年補導委員会の副委員長という肩書きも、私はそういう過去のトラウマチックな記憶がよみがえってまいります。

そんなモヤモヤさかげんをいくら説明しても「ああなるほどね」と相槌は打ってくれますが、結局やっぱり「引き受けてもらえへんやろかぁ」となるんです。

嫌なんだけどなぁ。。

似たようなはなしを別ブログの記事にしました。長になりたくない興味がある方はご参考ください。
↓↓↓
係長や課長にならない方法考 リタ研ブログ 大庭夏男
タグ:

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

アーリーリタイアリスク回避方として、妻の協力に感謝する“言葉”

アーリーリタイア志願者は、その目的を果たすためにスゴい自己研鑽と努力ばかりしているので、自分の努力は理解100%でも妻の協力はつい見落としてしまう。これがリタイア後に「妻の噴火」となっている可能性があります。

当ブログで何度も記事にした「アーリーリタイア後の妻の機嫌(が悪い)」というテーマがあります。

妻の機嫌が悪い理由は、前にも書きましたように、更年期障害や、ご近所さんの詮索(「お宅のご主人どーしたの?昼間外歩いてるの見かけたけど?」という類のもの)、亭主在宅症候群などいろいろありまして、それらが複合的に混ざり合ってしまい、噴火の規模は必然的に大きくなってしまいます。ということが言えると、記事で申しておりました。

アーリーリタイア8年目のここに来て、もう一個新種の原因が判明しましたので、ここに記録として記事化しておきます。

その新種の原因が、タイトルにも書いた「妻の協力に感謝する“言葉”」
“言葉”を強調したのは、妻がこれまで私がアーリーリタイアメント生活を獲得して安定的に継続できるためにしてきた妻の努力を、誰か他の人に向かって言葉にして「大庭妻は立派だったんだよぉ~」と“言わなきゃダメだ!”ということです。
声に出して誰かに妻の努力を褒めたたえる。ここがポイントです。

私の妻は私のアーリーリタイア構想を実現化させるために、今まで絶大な協力体制を敷いてくれていました。

まず第一歩は、住宅ローンの早期返済
以前住んでいたマンションは約2500万円を20年ローンで購入しましたが、ほぼ8年間で返済しました。それによって金利負担が大きく減り、その後の貯蓄に大きく寄与できました。私の給与は当時マアマアの水準でしたが、その給料で贅沢するのでなく、ローン返済を最優先に実行してくれたので効果絶大でした。

さらに、私が長期単身赴任で自宅不在中の子育てを一手に引き受けてくれました
私は家族引きまとめて東京への赴任をしませんでした。単身赴任した方が経済的のみならず、将来の起業(当時はそう考えていました。今も「ゆるい起業家」です??)のためにもその方がいいと考えたからです。しかし妻の負担は大きかったです。

他にもあるけど、そのような妻の協力無くして私のアーリーリタイアは成功しなかったと言って過言ではないでしょう。

これが重大なポイントに間違いありません。

しかし、当ブログでもそうですが、私が誰かにアーリーリタイアについて方法論を説明する際、誰がその具体的方法を実行したのかを言っていないことが多々ありました。聞き手は私がその努力をした、と理解してしまうでしょう。なぜなら私の口から喋る、あるいは私自身の記事で書くため、妻の努力が見えないからです。

ある日、いつもののように知人夫婦の前で私がその知人に聞かれるがままに、今までやったアーリーリタイアのための、あの手、この手を酒飲みながら語っていました。
隣に座って妻もその話を聞いていましたが・・・

帰宅後の翌日、妻の噴火がありました。

「あんたはなぜ自分の努力ことばかり人に言うのか。」「なぜあたしのことを話題に出さないのか?」「あんたがアーリーリタイアして今に至るのは誰のおかげだと思っているのか。」
この日の噴火は規模がとてつもなく大きかったです。

しかしその大噴火のおかげで、大事なことを教わりました。

言わずもがなをやめて、西洋式に、妻のことを人前で褒める!
これをしなきゃうまく行くものもうまく行かない。

こういうことを教わりました。

「妻の偉業を人前で褒めたたえる」は、心掛け次第で誰でもできることです。
でも実際にはできていません。
そのできていない理由の半分は、どういう大切さに気付いていないから。
残る半分は、そういう習慣が無いから。
だから、私のようにいっぺん妻の大噴火に遭って身に染みるか、西洋式の人前で妻を褒めたたえるを試しにやって良い反応を実際に見てみないと分からないでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN