2018年06月06日

管理職後遺症

映画「終わった人」が人気を集めているそうで、
妻はその小説を読み終わり、私にあらすじを喋りました。
それから妻は私に「ま、あなたとは似てないけどね・・・」と言いました。

一番似ていないのは「終わった人」の主人公が東京大学卒という一流学歴で、会社で重役経験者ということですが、私はその他大勢大学出で、会社では「社員だけ経験者」だったということ。その次の似てないところは、「終わった人」の主人公はふつうの考え方をする人で「あなたの考えることは異常」なのだそうだ。どういうことかよく分からないけど。。

妻がさらに言ったひとことは、
「サラリーマンから、いきなりリタイアするとあーゆー具合になり易いんとちゃうの?」とのこと。

私は妻のそのひとことを聞いて、一流の学歴とか考え方がふつうと違うかどうかということより、サラリーマンは年功序列?でやがて管理職になり、その後定年退職などで辞めていくワークライフサイクルが「終わった人」を生み出し易くさせているのではないか??と思いました。

勤めた会社で私も管理職を経験はしましたが、私は管理職という職種が嫌いで部下のいない「高度専門職」とかいう「管理職待遇の担当職」に移るように自助努力して、実際にそういうポジションで働いていましたから「部下を使う」という仕事はほとんどしませんでした。部下が私が言ったとおり動いてくれないとイライラしますし、逆に言ったとおりに動くと「さぞかしアイツは我慢しながら仕事しているんだろうなぁ」と心が痛くなるから、どちらにしても部下に指示を出してする仕事は嫌だったのが主な理由で、そういう役割になることから逃げていました。

私は会社を52歳で辞め、もうかれこれ8年が経ちまして、最近は自分の住んでいるところの地域活動というボランティアにほぼ専念しています。
そこで「やっぱりなぁ」とため息が出てしまう風景は・・・
主に私より年上の特に男は、「アレやってくれへんか」「コレまとめてくれんか」と他人を使う式の、まさに私が嫌いだった会社の管理職まる出しな言い方で「指示!」している風景です。

ひいき目に見たら、私より年上は既にもう完全シニアの男なので、一人じゃ腰が痛くてやれないから「アレやってくれへんか」と助けを呼んだり、目がよく見えなくなって書き物が難しいから「コレまとめてくれんか」なんてひとに頼むのかも知れないけど、私が観察する限りでは、実際はそうではなくて「誰か自分の思いつきを実現してくれるひとを探すことから仕事って始まるんだ」と思い込んでいるのが理由ではないか?というニオイがプンプンします。

先日、地元町内会の記念行事のために有志が集まったそうなのですが、その中のひとりから私の知人に「あの大庭さんに、ちょっとやって欲しいことあんねん」とか言った人がいるらしいです。

有志で集まったのならば、自分達独力でやったらいいんじゃないか。
というのが私の意見です。
でも、もし独力ではできないことがあるなら、
そんな自分でできない事は、やらなければいいんじゃないか。と思います。

なぜ他の人にやらせようとするのか?
それは、彼らが年配のサラリーマンOBか、現役サラリーマンだから、自然に、いつもやっているように、自動的に「誰かやれるひとを探そう」に慣れてしまっているから。
これが私のたてた仮説です。

「誰かやれるひと」の他には、お金出せばやってくれるひと、とか、権利を買えば利用できるサービスなども、サラリーマンは目をつけるでしょう。
そういう事に慣れていると、退職したらお金を払って行けるジムとか、カラオケとか、居酒屋などに自然に目が行く足が向くになってしまいがちです。

誰でもサラリーマンになる以前は学生や生徒だったはずで、その時分には勉強や夏休みの自由研究をだれかにやらせるという発想は、よほどの人じゃない限り無かったと思います。
会社を辞めたら、そういう学生や生徒の頃の姿に戻る、という発想がいいんじゃないか?と私は思うのですが。
タグ:終わった人

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:49| Comment(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

最近思う 老化なのかな?コレ?4種

1.酒のみ記憶喪失が激化
俺は酒に強い!と自負しながらも「ええ・・あまり強くは無いのですが・・・」と自己紹介するようにしていましたが、60歳を目前にその自負心も揺らいできました。
今も酒はかなり飲めます。
飲んだ後もちゃんと自宅に帰り着く能力は持ち続けているし、翌朝も吐き気なく回復もしている私なのですが・・・最近酒飲み中の記憶力が激しく低下していることが、飲み会後に毎回自覚するようになりました。

飲んで話した会話の内容が、ほんのところどころの断片しか覚えていられないのです。

「確か・・・何か大事なことを真剣に話し合っていたよなぁ・・・」
「それで確か何か『こうしよう!』って決めたような気がするんだけど・・・」なレベルになってしまうのですね。毎回の酒飲み会が。
酒飲み会は最近だいたいボラ仲間(ボランティアやっている仲間です)でやるので、酒飲み中の話題も「今年はアレやろうか?」とか、その後に本当に酒飲み中の勢いで出た話が現実に進行していくことは多々あるのに、そういう話の中身をほぼ完全に記憶から酒によって削除されてしまう。これは老化に間違いなさそう。

2.突発性勘違い多発
先ほど妻とスーパーに買い物に行く直前に、
「あ!そうだホームセンターにも寄って行こう」ということになってホームセンターに駐車して、車降りて買い物カゴ持ってホームセンターに入って行った・・・。

この買い物カゴは、近くにある別のスーパー専用の買い物カゴで、それを持参したらポイントくれるというシロモノだからホームセンターに持参するモノではないし、しかもスーパーの入口に置いてあるペットボトルや牛乳パックやトレーの回収箱に入れる「資源ゴミ」を満載しているのに、そのカゴ持って意気揚々とホームセンターに入って行こうとしたのを妻に見つかってボロクソにボケ老人扱いされた。

しかも最初、なぜ妻が私をボロクソに言うのか分からなかった。
これも老化に間違いなさそう。さすがに妻の言う意味が分かったとき『俺も来たかな?』とちょいと悟った。

3.ちっぽけな命令でもムカつく
「コレをそっちに運んで!」なんて誰かに言われると、何かムカムカとムカつき始めてしまう。会社を辞めて以来「好きなことを、好きな時に、好きなように」するという自由3原則を今まで貫いて来た?からよけいにそうなのかも知れないけど、誰かにちょっでも命令されるとキレそうな気分になってしまう。

もう会社勤めする気は100%無いから、それでも暮らしはやって行けるけど、もし百歩譲ってまた会社勤めを始めたら、こんなんじゃ1日も気分が持たないだろうと思う。
これも老化に間違いないでしょう。
特に町内会関係で、ほかの爺さんからそういう「ちょい命令」されることが起きる。どうして爺さんはああいうふうに命令口調なのか!
思い出す度ムカムカする。

4.床屋の鏡に映る自分の顔が、極度老人
いつも自宅で見る自分の顔はそう老人に見えない。なぜか?
多分自宅の洗面台では照明がそんなに明るくないからじゃないのかな?
それに比べて床屋の照明はものすごく明るいから、顔のしわ、なんとなく赤ら顔、白髪、頭のテッペンが薄くて地肌が空けて見えている・・・まで一目瞭然で自分でも分かっちゃうから、自分でも目を疑いたいぐらいに極度老人に間違いないと自信を深めてしまう。

でもこういう現象は今から10年前でも床屋に行くたびに、同じこと感じていたから、これは老化が急に進んだのではないと思う。私はもともと老人顔だったということなのです。


こういう具合に老化は日々進んで行くのです。

老いが早いか、リタイアするのが早いか、ですよ。
タグ:老化

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:03| Comment(4) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

調子わるい日

なんだかワケも分からずにこのところ調子が悪い。

昨日の夕方、交差点で右折待ちをしていたところ。反対車線の走ってくる路線バスが車線を右に変更したので、てっきり『左折だな』と思って、こっちもそれに合わせて右折開始したらバスに「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)

その帰り道、狭い道路から左折して幹線道路に出ようと発車しかけたら、すぐ左横に知らない間に原付がいて、そいつと危うく接触するところだった(;´・ω・)

そして今日、明日は台風で投票会場に行きたくないから期日前投票しに行ったら、会場は混んでいて駐車場に入れず、駐車場近くで妻と子をとりあえず降ろそうとハザード点けて停止したら、横で路駐していた車に「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)。でもこの車のヤツはなぜ「ビビーッ」って鳴らしたのかまったく分からない。邪魔なのかと思ってすぐ発車させたけど・・・そいつの車は依然路駐のままだった。

こんないつもの風景みたいな事がいちいち気にかかってしまうだけなのか、調子悪いから判断力鈍って焦るような事してしまうのか、よく分からないけど最近なんだか調子がよくない。

こんな体調というか気分がよくない理由として思い当たることに、最近なんだか「人疲れ」したような感じがします。

人疲れ・・・
このところ何かと多くの人に囲まれた、と言ったら聞こえがいいですが、私個人にしたら多くの人の干渉を受けるような事を多くしてしまっているから頭が疲れているのではなかろうか?という気がしています。

今週は地域のイベントがあり、その前週にはとある50人規模のセミナーに参加したし、地元の小学校の先生と話し合いもあったし・・・
サラリーマン時代にはそんなぐらいのこと何でもなく日常的に過ぎてしまったような、人と会って話し合いして、そこで決めたことをやろうともがいて、何とか時間に間に合わせて、あーよかった。みたいな事がリタイアして独りパソコンの前で空想や妄想にふけってブログや株取り引きなどにいそしむ生活をするうちに、たかがそんな「みんなと一緒の仕事」というか楽しみの範疇でやっている人づきあいまでが脳ミソのストレス要因になっているのではなかろうか・・・という気がするんです。

それで脳ミソが疲れたもんだから、バスの行動を早合点したり、注意力散漫で横の原付に気づくのが遅れ・・・今日の期日前投票場の駐車場のビビーッの意味はよく分からないけど、たぶん何かあったんでしょう。知人がその車に乗っていて挨拶したのかも知れんし。。

こんな調子わるい日々に限って悪い夢も見るのですね・・・
私の見る悪い夢の代表格は、昔勤めた製造業の生産現場でロクでもないトラブルが出たときの夢です。

最近あっちこっちの製造業のカイシャで問題が発覚して社長さん達は頭を下げまくっていますが、あのようなカイシャで社員達は私が今も見る悪夢のモトを脳内に焼き付けているのかもしれないです。

きっと調子が悪いと睡眠の質も悪くなって夢を、しかも「もう二度と関わりたくないなぁ」と思っている事を、こともあろうに夢で見てしまうという、余計にウンザリして更に調子悪くなることに向かってしまうわけです。

今年からブログや株の他にリアルの活動も広げたのですが・・・
私にとってはこれはちょっとリスキーかもしれません。
もともと「孤高」が好みなんだから、やみくもに人づきあいは他チャンネル化しない方がいいのかも。。

そう思って・・・
過日に参加したセミナーで知り合った人達にメールするのは遅らせることにしました。
今はしばらく独りで自由な気分でマイペースで好きなことだけやりたいです。
タグ:調子わるい

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:10| Comment(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN