2017年06月27日

アーリーリタイアリスク回避方として、妻の協力に感謝する“言葉”

アーリーリタイア志願者は、その目的を果たすためにスゴい自己研鑽と努力ばかりしているので、自分の努力は理解100%でも妻の協力はつい見落としてしまう。これがリタイア後に「妻の噴火」となっている可能性があります。

当ブログで何度も記事にした「アーリーリタイア後の妻の機嫌(が悪い)」というテーマがあります。

妻の機嫌が悪い理由は、前にも書きましたように、更年期障害や、ご近所さんの詮索(「お宅のご主人どーしたの?昼間外歩いてるの見かけたけど?」という類のもの)、亭主在宅症候群などいろいろありまして、それらが複合的に混ざり合ってしまい、噴火の規模は必然的に大きくなってしまいます。ということが言えると、記事で申しておりました。

アーリーリタイア8年目のここに来て、もう一個新種の原因が判明しましたので、ここに記録として記事化しておきます。

その新種の原因が、タイトルにも書いた「妻の協力に感謝する“言葉”」
“言葉”を強調したのは、妻がこれまで私がアーリーリタイアメント生活を獲得して安定的に継続できるためにしてきた妻の努力を、誰か他の人に向かって言葉にして「大庭妻は立派だったんだよぉ~」と“言わなきゃダメだ!”ということです。
声に出して誰かに妻の努力を褒めたたえる。ここがポイントです。

私の妻は私のアーリーリタイア構想を実現化させるために、今まで絶大な協力体制を敷いてくれていました。

まず第一歩は、住宅ローンの早期返済
以前住んでいたマンションは約2500万円を20年ローンで購入しましたが、ほぼ8年間で返済しました。それによって金利負担が大きく減り、その後の貯蓄に大きく寄与できました。私の給与は当時マアマアの水準でしたが、その給料で贅沢するのでなく、ローン返済を最優先に実行してくれたので効果絶大でした。

さらに、私が長期単身赴任で自宅不在中の子育てを一手に引き受けてくれました
私は家族引きまとめて東京への赴任をしませんでした。単身赴任した方が経済的のみならず、将来の起業(当時はそう考えていました。今も「ゆるい起業家」です??)のためにもその方がいいと考えたからです。しかし妻の負担は大きかったです。

他にもあるけど、そのような妻の協力無くして私のアーリーリタイアは成功しなかったと言って過言ではないでしょう。

これが重大なポイントに間違いありません。

しかし、当ブログでもそうですが、私が誰かにアーリーリタイアについて方法論を説明する際、誰がその具体的方法を実行したのかを言っていないことが多々ありました。聞き手は私がその努力をした、と理解してしまうでしょう。なぜなら私の口から喋る、あるいは私自身の記事で書くため、妻の努力が見えないからです。

ある日、いつもののように知人夫婦の前で私がその知人に聞かれるがままに、今までやったアーリーリタイアのための、あの手、この手を酒飲みながら語っていました。
隣に座って妻もその話を聞いていましたが・・・

帰宅後の翌日、妻の噴火がありました。

「あんたはなぜ自分の努力ことばかり人に言うのか。」「なぜあたしのことを話題に出さないのか?」「あんたがアーリーリタイアして今に至るのは誰のおかげだと思っているのか。」
この日の噴火は規模がとてつもなく大きかったです。

しかしその大噴火のおかげで、大事なことを教わりました。

言わずもがなをやめて、西洋式に、妻のことを人前で褒める!
これをしなきゃうまく行くものもうまく行かない。

こういうことを教わりました。

「妻の偉業を人前で褒めたたえる」は、心掛け次第で誰でもできることです。
でも実際にはできていません。
そのできていない理由の半分は、どういう大切さに気付いていないから。
残る半分は、そういう習慣が無いから。
だから、私のようにいっぺん妻の大噴火に遭って身に染みるか、西洋式の人前で妻を褒めたたえるを試しにやって良い反応を実際に見てみないと分からないでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

アーリーセミリタイア8年目、最近変わってきたこと

アーリーセミリタイア生活も8年経過すると、以前に見られなかった自分の変わりっぷりが、自分でも気づけるレベルまで変化しているのが分かるような気がします。今日はそれを列挙します。

1.平日の日中に出歩くことが、なんとも思わなくなった
リタイア後すぐのときには平日に出歩くと、裸で街を歩いているような違和感をおぼえたけど、今は何も感じないようになってしまった。たまに「今日はお休みですか?」と聞かれて昔を思い出す。だけどそういう事を私に言う人も減ったから、周囲も変わったのだろう。

2.求人のお手紙がまったく来なくなった
会社を辞めてからも5年間ぐらい「技術者募集!海外で働いてみませんか」みたいなお手紙が送られてきていた。海外とはどうも中国のよう。無視していたけど何度もそんな手紙が届いていたけど、最近パタッと来なくなった。

3.ブロガービジネスの儲けは・・・ちょっぴり増えた
『もっと増えて~~ぇ』と祈るように渾身の記事を書いていても、なぜか思うようにビジネス所得は増えていない。これが実力なんだと「思い知らされた」ということだけがセミリタイア8年目にしてようやく悟った感じ。

4.不労所得は増えた
私の不労所得は株と投資信託のこと。以前はほんの片手間にやっていた株に8倍ぐらいのお金をつぎ込むようになった。それが可能になった理由は、遺産相続があったため。亡くなった親が見たら「そんな危ないものに・・・」と言うだろうけど、今のところは儲けが多いからきっと許すだろう。

5.起業したい熱が下がってきた。だけどまだ残ってはいる
会社を辞める前から、起業セミナーに通い、モノ書きになろうと思い、起業してお金をいただくビジネスを軌道に載せたいと何度も思い挑戦してみたが、5つぐらい試してみな頓挫した。頓挫した原因はいろいろだけど、どれも「嫌気がさしたから」というのはある。もう起業にさほど熱を入れてはいなけど、まだ狙っている。

6.銀行からのアプローチが「ある」ようになった
以前は銀行から電話かかって来たことなんて絶無だったのに・・・。たぶん銀行が預金の儲けだけじゃダメで投資信託の営業に腰を入れたからだと思う。それにアラ還になると年金受け取り近づいたことが銀行に分かるからアプローチ増えたんだろう。決して銀行が寄ってくるほどのお金持ちではないのに。

7.友人知人は9割入れ替わった
「去る者は日日に疎し」は本当にあったコワイ?はなし。友情をつなぎとめようと思うと相当な努力が必要!。ただ新しい知人は芋づる式にできているから在庫?としては増えたけど、やっぱり慣れた友人でないと気心知れなくて、ときどき疑心暗鬼になる。

8.ママ友がやたらと増えた
会社辞めたての時にはご近所さんから「なんで?あの人・・・」と後ろ指指されていたのが、最近では町内会役員やりーの、ボランティアやりーの、でやっとセミリタイアメントも「市民権」を獲得した?だから、こうなったのではなかろうか。同年代のママ友が圧倒的多数。いいことだ。

9.妻の機嫌は年数比例で悪化の一途を辿る
これは「老化」なんだろうと思っているけど、やっぱ堪えるんだよね。ママ友の私への評判は悪くないのに、妻の私への評判は落下を続けている状況。妻が言うには「近所の人はね、アンタにいろいろやらせようと思って、煽ててるだけ!」と豪語。

10.「活字」を読めなくなり「フォント」ばかり読む
ネットの記事ばっかり読んでいるようになった。そういう文字の書体は「フォント」と言って、印刷物は「活字」と言うけど、なぜか最近活字は読まないし、読む気がしない。理由はよく分からないけど、たぶん本のように長い文章読んでいると、途中で気が散ってしまうからだと思う。

11.水虫にかからなくなった
靴履いて毎日出勤しないからに間違いないと思う。昨年はスポーツジムに通い始めて再発したのはジムの浴室マットが原因か?行かなくなったら治った。

12.良く眠れるようになった
以前は寝付くまで2時間かかることもあったが、今は30分で寝付けるようになった。会社ストレスは辞めたから無くなったけど、妻のガミガミストレスは毎日あるんだが、そのストレスだけは布団に入ると忘れてしまう。

13.走れるようになった
犬の散歩を毎日欠かさずやっているからだと思う。会社員時代にはほんとうに走れなかった。走り出すとすぐ足首に「ズキン!」と痛みが走っていたのが最近なくなった。

14.お酒が美味しくなくなった
何回か記事にしたが、ストレスが無いと酒の味は美味しいと感じなくなるのかも?ストレスは最高の酒の肴。上司の悪口最高!お酒に関してはサラリーマン時代が無性に懐かしい。

15.贅沢するようになった
以前はお金を貯めようと頑張ったからドケチでも爪に火でも何でも節約したけど、今は将来の家計見通しも分かるようになったので(要するに死ぬまでの先が見えてきたので)、なるべく計画的にお金は使うようにした。


52歳でアーリーセミリタイアして、8年過ぎて、歳もとったけどリタイアメント生活がふつうの暮らしに落ち着いてしまった。
毎日パソコンに向かわないと落ち着かないので、ネット中毒かもしれません。株価が下がるとそれに呼応して元気が無くなり、株価急上昇で途端に疲れ知らずになるヘンな体質になった自覚症状あります。

8年前に打ち立てた自分の方針「好きなことを、好きなときに、好きなようにする」は、家族にはすこぶる不評なので、きっと他の人もそのように私に不満なんだろうなぁ、と「忖度」して「好きなことを、好きなようにしながら、世の中に貢献する」を最近の標語にしています。

だけど、好きなことを、好きなときに、好きなようにしている最中っていうのは、最高の気分なんだよね。今でも。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

新人営業の面倒見をさせないでもらいたい

セミリタイアして自宅で「仕事?」をしていると、たまーに営業マンが訪問してくることや電話があります。特に今の新年度明けは新入社員の「営業研修」があるのかもしれないけど、私にとっては迷惑!

「仕事?」といっても私のは株を取り引きしたり、ブログを書くのが「仕事!」だから、誰に話しても「そんな立派な仕事じゃないんだから、せっかく足引きずって慣れない見込み客開拓させられている新人営業マンの相手してさしあげたら?」と言われてしまいそうですが、私には迷惑!

いつも春になるとなぜか「外壁塗り替えしませんか?」と来るので、たぶんその会社では新人営業マンのセールス実践教育の場が、私の住んでいる地域になっているのではないかと勘ぐっていますが「セールスに来さすなら、いきなり一人で送り込まないで、指導員と一緒に来て隣で教習したらどう?」と強く思います。

昨年は「外壁塗り替えしませんか?」と若者が来たので「もう塗り替えましたよ」と返事したら「・・・そうですか・・・」と営業マンは訝かしそうにして壁を見ていたので「西日にやられて劣化した西側壁だけ塗り替えたんだ」と説明したら「え・・そんなのアリですか?」と言いました。

私の家なんだからどう塗り替えようが私の勝手なので、この「アリですか?」という問いというか一種の非難じみた返答は、私にとってやりきれません。が、きっとその会社では、そういうときに客から叱られて、現場で打たれて強く成長して欲しいという期待があるのでしょう。でも、もしそんなことだったら私にはとても迷惑!です。

そういう私もかつて製造業企業の新入社員だった頃に、営業実習とかがありまして、バスに乗せられて遠く離れた「セールス現場」で降ろされ、「これから2時間、この一帯のお客様宅を戸別訪問してセールスして来い!」をやらされました。しかたなく2人一組で個別訪問しましたが「もっと積極的に行け!」とやらされた結果、あるお宅の奥様から「勝手にはなし続けないで!断ってるでしょ!」と怒鳴られたことがあります。1980年初頭の出来事でした。

それからそういう「飛び込み営業」は時代遅れだという風潮になってきたようで、最近では訪問してくる営業マンはめっきり減り、私の家には私の家を建てたハウスメーカーのルートセールスの人ぐらいしか来なくなりました。が、まだ春になると新人の研修で「その時だけ」の場当たり研修をしている時代遅れの会社があるみたいです。

私は営業マンが訪問して商品の勧誘をするのはダメだとは考えていません。
営業マンは客の要求にストレスなく対応して、約束を守ってくれるようなら、ニーズがあったときには「飛び込み訪問」もありがたい存在だとすら思います。私の家につけたソーラー発電装置はそのような営業マンの飛び込み訪問販売がキッカケで設置を決めました。

ただ、まだ経験少なくて客の対応が満足にできない人はいきなり一人で戸別訪問させるのではなくて、営業経験者が同席できる営業所で仕事のプロセスなどを教育して評価作業も行ってから外に行かせるべきだと思います。そうでないと相手をさせられる他人の時間を無駄に使うだけで迷惑です。

数日前には証券会社から営業の電話がありました。
「〇〇株式会社が今年上場するかもしれないとの情報はご存知ですか・・・」と、その営業マンは言うので、きっとIPO(新規公開株)の勧誘の話かな?と、その先に何かお宝情報があるのかと私は期待しました。IPOは儲かるけどなかなか抽選に当選しないから、何か奥の手でも特別に教えてくれるのか?と。その証券会社とはもう口座開設から20年以上になるから、そんなチャンスが来たのかな?と思いました。

しかし何ともその後の話が続きません。
「〇〇株式会社について何か情報あるのですか?」と私が聞くと「また明日にでも連絡さしあげたいのですが、何時頃ならいいですか」という話に置き換わり、空いている時間を伝えたら「訪問してもいいですか」と言うので「訪問はして欲しくないです。電話でお願いします」と答え「それなら電話で・・・」となりました。

でもその「明日」以降電話がかかって来ないのですね。
この証券会社の営業マンは私との約束を破ったわけです。たぶん電話口での応対ぶりから察すると新人さんではないかと思われます。
この証券会社の営業指導も時代遅れ式だったのか・・・

「現場たたき上げ」という言葉があるように、現場でみっちり鍛えられるのは新人教育として悪くないと思うけど、そういうのに一般人を巻き込まないでもらいたい。

セミリタイアして春になると、毎年1つか2つぐらいこの問題が降って来ます。
タグ:春になると

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の心境 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN