2017年05月16日

小学校の総合学習ボランティア、中間雑感

小学校の先生から町内会関連グループが受注?した「総合学習のお手伝い」というお仕事。完全手弁当のボランティア仕事は、ご近所のママ友の協力があったので、昨日第二回授業を無事終えました。お金をいただく仕事ではないけれど、けっこう“頼られている感じ”がするので私も含めて参加者は悪い顔はしていません。

同じようなボランティア考えているリタイアメント層の方々が他にもいるかも知れないので、ここで中間レポートをまとめて記事にします。

1.総合学習ボランティアは無償なのですか?「そうです。無償しかないのです」
全国あまたある小学校の総合学習が全部無償での地域ボランティアに頼っているのかどうかは今のところ分かりませんが、私の住む関西地域では広範囲で、総合学習の先生役を地域の人がやっても報酬を支払うことは無いらしいです。

はたして報酬は有った方がいいのか?無い方がいいのか?

報酬が有る方がいいと言う意見・・・
「その方が人が集まるじゃないか」「車やバスで来る人の交通費が賄えるじゃないか」「ボランティアだからタダってことないだろう・・・」
私は2つの小学校の総合学習にボランティア参加していますが、最近始めた近所の小学校は無報酬です。が数年前から先生役メンバーに加わっている別の小学校では、1年間にだいたい10時間ほどの先生役をやって5000円程度の報酬をもらっています。半分ぐらいは交通費で消えますが少しは儲け?が出ますので、これもちゃんと確定申告してます。

何でこの違いが出るのか?と聞いてみたら、実は報酬が出る小学校では、学校が払っているのではなくて、PTAがそのお金を出しているのだと知りました。PTAが理解があるということなのでしょう。

報酬は無い方がいいという意見・・・
「めんどくさい」
「報酬があると面倒になってかなわん」というのが、上述の報酬をもらっている側のボランティアの何人かから聞きました。
どういうことなのかと突っ込んで聞いてみたら、お金を受け取って保管して、ノートに記録して、毎回の授業のときに誰が何時間手伝ったのかも記録して、お金をその配分で分けて、袋に入れて、会って渡して、受け取りのハンコももらって報告書を書く。年間一人あたり5000円のことで、こんなことは面倒だという意見でした。全員が面倒になるのではなくて、誰か一人がお金管理の余計な仕事するから面倒だということのようです。

2.報酬は無くていいけど、必要な小銭はもっと手軽に使わせてよ
自然観察の授業なので、虫を捕まえて見たり、池の水をすくったりします。そのための容器や材料はホームセンターや百均でボランティアの私が買い、学校宛先の領収書を持って「払って」と先生に言ったら「ダメ」という答えでした。

以前そういえば言われていて、その後例外会計があったので忘れていましたが、学校で物品を買うときには「指定業者」から購入せねばならない、というキマリがあるのでした。

だから正しい買い方は・・・
まずホームセンターや百均に行き、そこで学校に買って欲しいモノを品定めして、型番・名称・サイズ・メーカー・値段、できれば写真を撮って「購入希望リスト」を作成し、購買担当の先生に渡すと、そのリストをもとに指定業者がそれらを手配して学校宛てに送付し、私に納入の連絡が来るから、私がそれを取りに学校へ行く。このようなプロセスが必要なのだそうです。

かつて一回だけその仕組みを使ってモノを手配し、1週間後に学校に受け取りに行きました。
時間に余裕あるならこれでもできるけど、かなり面倒くさいよ!コレ。
だけど学校がこれでなければダメで、先に買って領収書が有っても払えないよ、と言うのですね。私にはこんなのやっていられません。たぶん年間にほんとうは学校に払って欲しい「自腹」は数千円になると思われますが、私は自腹で行くことにしました。こんな面倒なことするより自腹した方がずっとマシです。

だから欲しいものは「もらってくる」「拾ってくる」「家の不要品で作る」「町内会にうまいこと言って買ってもらう」こんな方法も駆使している。これが今のところの実態なのですね。まあ先生も分かっているから色々と他の手を調べてくれていますが。。

3.やる気が出るかどうかは、先生次第
以前にも1回だけ全然違う小学校の総合学習に手伝いに行ったことがありました。そのとき校長先生にまずはボランティアみんなで挨拶に言ったら、校長は何だか挨拶も面倒な様子で「早く済ませて帰ってちょうだい」と言われているような印象受けました。案の定その学校はその総合学習をその年限りでオシマイにしました。その校長はやりたくなかったのでしょうね。何か気に食わなかったのでしょう。

現在、先生役をやっている2つの小学校では、1校の校長は「協力的」もう1校の校長は「やたら積極的」です。校長の態度は日本の組織上そのまんま先生にも反映されます。当然ながら先生役を引き受けようとする住民ボランティアも先生がやる気になっていたら「まあ、それじゃ人肌脱ぎましょうか」となります。

ただそれだけの違いですが、無償でやるとなると、相手のやる気がメンバー集めに大きく影響します。それと「やりたい時に参加してくれたらいいんですよ」という“拘束しない感”が必要です。授業を企画する側は、それでもやれる人員を集めるために東奔西走しなければなりません。ここがカイシャとボランティアの決定的な違いなのです。

4.先生方はPTAがお嫌い!??
上述のように、話の分かるPTAだったら、お金の面でもヒトの面でも手助けしてもらえるんじゃないか?と、過日校長先生に「PTAとタイアップしてやったらどうか?」と打診しました、が、私はその言葉を発した直後に校長の顔が曇るのをハッキリ見たような気がしました。

しかも校長の返答は何とも歯切れ悪く「そんなことやりたくない」と顔に書いてあるじゃありませんか!

何があったか知らないけど、たぶん過去か、現在進行形で校長はPTAを避けたがる事案があるのではなかろうか?と推測しました。

それがどういう内容の事案なのか・・・
今後学校をよく知る立場の町内会役員に聞き取りしてみたいと思っています。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

小学校の授業をボランティアで受注

ボランティアは無償奉仕の代名詞みたいですが、実際は報酬があとでついてくることがあります。が、以下のお話は完全無償のボランティア。小学校の「総合学習」の授業を「受注??」しました、というお話です。

これから月に4時間を来年の2月まで、しかも4時間ぶっ続けの授業で、その企画から実行まで全部やるという現役をリタイアしてからにしてはハードな?受注内容でありながら、無償です。

このようなお話が先生から降ってきた場合、大抵の人はどうするのか聞いたこともありませんが、かなり以前から「生活」の授業や、その後始まった「総合学習」の授業は学区の地元民が先生役を引き受けることは珍しくはないそうです。みんな報酬はどうしているのでしょうか?

お話が降ってきたときには「毎週やってくれますか?」と聞かれましたが、さすがに毎週の授業は「自信が無いです」と断り、それでは今年は月イチにしましょうとなりました。

今月初めに先生から、こんなことをしたい、ああしたい、こうしたいという話を聞き、それではこうしましょうか?と企画を書いて説明したら、すぐに「OK!」となり、翌週には学年の担任の先生を集めて、もう実行の打ち合わせと、超トントン拍子に話が進み、昨日初回の授業をやりました。セミリタイアしてから人前で説明したり司会するのは10年ぶりだったから、4時間目の授業が終わるとさすがに疲れましたが、思うよりスムーズにできました。

終わったあと、他の人から「先生は来年には二倍のボリュームでやりたい、なんて言っているけど、できるかねぇ?」と言われましたが、気がかりなのは無償でやることです。

先生方は無償とも有償とも言っていませんが、私はお金を受け取って仕事をするのは、もはや嫌です。授業に必要な本や用品や材料を買うことだけ学校にお金を出してもらい、参加する人達の報酬はゼロで、しかし手弁当のボランティアでも人が集まるようにして、来年の二倍の総合学習授業を請け負いたい、それがうまく実現する方法はあるかどうか、これを今年中に見つけたいと思います。

ふつう、十中八九は「報酬が少しだけど出るから参加しませんか?」とメンバーを誘う手段を画策すると思いますが・・・
もし「3泊4日で田舎の学校に行き、そこで一日先生をする企画旅行」があったら、お金を払ってでも「行ってみたいな!」と私だったら思うと考えました。

ふつうの働き方だったら、働いてお金を稼ぎ、そのお金を払って企画旅行を買い、出かけて先生をやり、よかった、楽しかった、と満足する。そういう事の流れになるでしょう。

なら、中間のお金を省いて、直接に、よかった、楽しかった、と満足することが得られれば、タダで十分ではなかろうか?と考えました。もしかしたら「教育委員会が報酬を払うと言っていますから・・・」と後で先生は言うのかもしれませんが、私はそれを断るつもりです。

なぜなら、月1回4時間の授業を1年間やったとしても、報酬は多くて数万円規模だからです。そのような少額報酬を受け取るより、受け取らないメリットの方が大きいと考えられます。

無報酬だと、先生方はどこでその努力の埋め合わせをしようとするだろうか?
私の期待はこれで人脈が密になることです。こうすることで、この仕事は他が参入できません。

さらに学校で総合学習の授業をするということは、学校の施設や資源を使わないとできませんから、当然ながら私はそういうものを使うことができる立場になります。べつに私は偉そうに振る舞うつもりはありません。遠慮しながら「使わせていただきます」といたしますが、ともかく一般の人が学校長公認で、学校の資源を使って、しかも教育の一端を操るということは、お金が絡んだビジネスではハードルがそれなりに高いことです。

それがトントン拍子に、昨日もう初回授業がともかく終えられて、昨日は疲れはしましたが、終わった後はとてもいい機嫌になれました。

さらに、無償のボランティアな授業の仕事であるにもかかわらず、終わった後にかなり積極的姿勢になった人も現れました。「子どもの発想は面白いからまたやりたい」と言うのですね。

まだ始まったばかりで来年どうなるかはまったく分かりませんが、無償で続けられて、しかも先生が期待するような今年の二倍の授業が受け持てて、さらに授業の主役は私ではない他の人がやるようになってくれて、私は別のことを探せるようになれる。
そういうのを期待し始めました。

こんなやり方がライフワークになったらいいな!
一方収入は株式トレードとネットビジネスで年100万円ぐらい稼げぎたい!
今までいくつも「やろう!」と決めたことが頓挫しましたが、今回は上手くやって行きたい、とそう思います。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:05| Comment(5) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

「変わったオジサン」というひとのこと

過日、親と幼児のためのアウトドアイベントの開催があり、私もスタッフとしてその場に行きました。いつもやっている、セミリタアイアして始めた里山再生ボランティア仕事の一環です。

10時過ぎにママ達数人が電動アシスト自転車にまだ幼稚園に行くか行かないかの子どもを乗せて集まってきました。

「あともうひとり、ちょっと変わったオジサンが来ることになっていますぅ」とママの一人が言うので、いったいどんなヘンなオジサンが来るのかと待っていたら、定刻に遅れること30分、そのオジサンが来ました。

見かけ、ヘンでも変わってもいません。
強いて言えば「若者をそのまんまアラフィフにしたような・・・」オジサンでした。
なぜこのオジサンをママ達は「変わった」と形容して呼ぶのか?私は探ることにしました。実に興味が湧きます。

観察してすぐ気づいたことは、遠慮が無いということ。だから変わっているのか・・・?
いつも集まる子ども達には親が一緒に来る機会が多々あります。ママの方が多いですが3割ぐらいはパパです。彼らの一様な傾向は、日本人らしくというか、自分の家でないアウェーな場所に来るもんだから、大なり小なり遠慮してモジモジしています。
些細なことでも、
「あの~お手洗い使ってもいいでしょうかぁ」とか。
でもこのオジサンときたら、
「飲み水どこ?」
「火、ここでおこしてもいい?」「あ!ダメ」「じゃ、バーナーならいい?」「なら、地面でバーナーするから風よけになるもの貸してよ」と、現場に到着するなりコーヒーを沸かす準備を始め、その淹れたてコーヒーを参加者に振る舞うことから参加し始めました。確かにこういうプロローグで会に入り込んできたオジサンは初めてで、だから変わっているのか!と私は思いました。

その後に工作っぽいことを子どもにも体験させる催しをしました。
ここでもそのオジサンは、主催者っぽく、子どもに電気ドリルを持たせ、動かし方を教え、まだ幼い子の手をとって木に電気ドリルで穴明けさせることを教えだしました。
「俺、日頃は金属加工やってるから・・・こういうこと得意なのよ」
彼の職業はどうも町工場の経営者兼職人のようでした。

しかし、イベント会場に来てすぐさま受け身じゃなくて、イベントをリードする係に加わる人は滅多にいませんから、そういう点でも変わったオジサンだと思いました。

私の父も生前は町工場で金属加工業をやっていましたが、その変わったオジサンとは全然個性が違うし風貌も違います。その変わったオジサンは職人には見えないので、私はもっと素性を知りたくなりインタビューしてみました。

するとかつては高校の先生だったと彼は言いました。
「俺、昔は学校の物理の先生やってたけど、それ嫌になっちゃって、それで辞めたわけよ」
「私も会社を辞めたんだけど、やっぱり高校も務めるのが嫌ですか?」と私。
「まあ、極端にそうじゃなくてね。ある日の会議中に『あんなマシン作れたらいいだろうなぁ』なんて思い始めたら、もう考えが止まらなくなっちゃって・・・、結局俺はそのマシンの仕組みについて特許を取得したのよ。それで高校を辞めて自分の工場を持ったわけ。分かる?」と彼。
「すると・・・あなたのお父さんが金属加工の仕事をしていて、その後を継いだとか・・・」
「いや、違う違う、思い立ったから工場作っちゃったの。ただそれだけ」
「・・・」

この辺の話まで聞くと、ママ達が変わったオジサンと評しているのも合点がいくような気になってきました。

彼の話をもっと聞くと・・・
彼の仕事は試作品製作を請け負って、ハードからソフトまで全部一人で製作するのだそうで、そうすると「誰かに仕事を頼んで、で、結局コミュニケーション不足で期待したモノを作ってもらえなかった、っていう失敗が無いんだ」「だって自分一人で一から十まで作るからね。全部納得いくんだ」だそうです。
それに、
「仕事でいいアイデア出ないときにはノマドするんだ。パソコンを持ってね。カフェなんかに行って考えるんだけど・・・こんな山の中に机があったらいいね。そこに行って一日中誰~れもいない静かな場所で考え事できるんだもんね。ね、作ってもらえない?」なんて言い出しました。

やっぱりこりゃママ達が言うように、筋金入りの変わったオジサンということでしょうか。

もうひとつ、最大の私にとっての変わったオジサンぶりは・・・
ママ達と一緒に現れたことです。
30分ばかり遅刻したけど、アラフィフだろう彼は、幼い子を持つママ達と“同格に仲良し”なのです。

これについても私は変わったオジサンに尋ねてみました。
そうしたら、
「だって、ママ友の方が楽しいじゃない!」

世の中にはこのような人も居るんだなぁ、と、この日は目からウロコの一日でした。セミリタイアの示唆にも富んでいます。

この変わったオジサン、
一言で風貌を例えるならば、
画家のサルバドール・ダリにちょい似です。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN