2017年08月10日

小学校自由研究の表彰は難しいことが分かった59歳の夏

今年も夏が来まして、夏生まれの夏男は59歳になりました。とはいえ今年で60歳かと勘違いしていたので何だか1年得した気もしています。

今年から地元小学校の総合学習の「地域先生」に突っ込みはじめまして、この夏は自由研究のお手伝いをしました。小学生を持つお母さんのひとりが昨年に「自由研究で困っているのよ!どうしたらいいのか、何とかならないかしら。。」と言うのを聞いていました。その後偶然にも小学校の先生が「児童の自由研究相談会やってくれる人探しているんやけど・・・」言うもんだから、8人集めて今年その相談会をやりました。

集まった児童は約30人。
「まだ何やっていいんか、ぜんぜん分からへん」と正直に言う子も、目からウロコのような「エぇ~、そんな実験できるんかいねん??」と集まった大人を仰天させること考えた鬼才の小学生も来ました。

私が相談にのった児童は「工作!」と言って、見せてくれたのは設計図どおりに作れば立派な工作作品ができる「手作りキット」を持って来た子でした。
私が小学生の頃はこういうキットは無かったし、もし有ってもキットを組み立てて提出したら、きっと先生や同級生からこてんぱんにやられるだろうし、そもそも我が家は貧乏でキットなんか買ってくれないと思ったから、近所に落ちている廃材の板を拾って来て作りました。ふとそんな昔の思い出が脳裏に蘇って懐かしかったけど、懐かしがっている間に、児童は箱を開けて、中から部品をじゃらじゃらと机の上にぶちまけ、最後に出てきた設計図を広げて、こう言いました。

「お母さんが、こんな難しいの分からないから、相談会に行って作り方教わってらっしゃい、って言っている」と。

そうやって見せられた設計図を眺めると、まあ難しいかもしれんなぁ、と私は思いました。
私は昔プラモデル作りでそうとう鍛えましたから、設計図を見れば分かるんだけど、それにしても難しそうな雰囲気がしました。だからその子のお母さんがプラモデルをやっていなかったら、こりゃ無理だろう!。

「お父さんは作れそう?」と、その子に聞いてみたら、
「お父さんはカイシャ。だから無理って」と。

この相談会で私は思いました。
現代は工作キットの製作代行をするニーズに満ちているのではないか?と。
自由研究の相談会だから、もっと研究っぽい相談かと思ったら、確かに上述の大人が仰天するアイデアを下げて「どうすりゃ実験できるでしょう」と相談して来た子もいるけど、キット作りの代行とはの相談が来るとは思っていませんでした。

でも私はどうすりゃいいのか分かりませんでした。
とりあえず設計図の解読の仕方を教えようと「じゃ、一緒に作ろうか!」と製作に踏み出しましたが、結局子どもには難しいところを私が作ってあげることになってしまいました。
その児童は満足して「ありがとう」と言って帰って行きましたし、その子のお母さんやお父さんも作品の目鼻がついて良かった良かったなのかもですが、果たしてこれで良いのかどうか・・・

来年もきっとキットを手に持って相談会に来る子が絶対いるでしょう。

そんなことを集まった大人達と雑談していたら、大学教授だというある大人が「最近は良い作品を表彰しないからそういうもの作りたがるんじゃないか?」「そういう風潮じゃアカンよ、絶対に表彰は必要だ!」とだんだんエキサイトしてきて、相談会も終わった翌日に「表彰をしようじゃないか!」と別の大人を通じて私のところへ言って来ました。

だったら自分で学校へ行って先生に相談したらいいのになぁと思ったら、どうも当人の大学教授は「そういう調整は代表者の人がすべきもんだ」と言っているらしく、それで代表者って誰?って別の人に聞いたら、じゃあ大庭さんという流れになったらしいです。私は代表なんてまったく引き受けた覚え無いのに、どうもそういう雰囲気になってしまっているようでした。

困ったもんです。
こんな流れになったことは過去にもありまして、逃げ回って最後に辞めた活動もありましたが、今回は「まあいいか」と妥協して私が先生に「・・・というわけで自由研究作品の表彰をしたいんですけど」と相談しました。

私は表彰をやる事で一番厄介なのは、賞品に何を選ぶのかということと、その財源をどう集めるのかという事かと思いました。でもそれらは何とかなると寄付の目途もついているため「表彰をするぞ!」と決心したらそれで一件落着かと思いましたら・・・違いました。

学校では、表彰するということは難関を極める、というのです。

なぜか・・・
表彰すると誰か一人の児童を選んで、別の児童を落選させることになりますから、不公平感が漂いはじめ、特に落選した児童の親から「どうしてウチの子があんなに頑張って作品作ったのにダメだったんですか!?」と、質問とも苦情とも受け取れる反応が複数来ることに備えなければならない。それがあやふやだと、やれ依怙贔屓だとか、気分や感情や自分のお見込で選んだんだろう!ケシカラン!!と炎上することもある。「だからたいへんよ!」って先生の意見でした。

なので最近では学校が表彰をすることは一切やめて、代わりに外部の団体が主催するナントカ委員会が毎年やる夏の自由研究作品博覧会とかに選んでもらい、外部表彰してもらう方式にしているらしいです。それならば「何でウチの子が・・・」と言ってきても「いやいやアレは学校ではなくて外部団体の選考ですから、私どもも選考基準は細かく知らされていないんですよ。何だったらその団体に尋ねていただいたらどうですか?」とやんわり矛先をかわせるとベテラン先生は言っていました。

それに・・・
自由研究はまさに自由なので、学校で一緒にやるんじゃなくて、家庭でやって来るものだから、親が関わるものなんです。その親がたとえば大工さんだったりしたら、その子の工作の作品はプロ級に仕上がっているかもしれないですから、そうでない親の子の作品と出来栄えで選ばれたら最初からハンディがあるという話もありました。

そういうことをいろいろ聞いた私は、とりあえず代表?として、今年の表彰のはなしは頓挫させることで動くことにしました。

きっと頓挫を知った件の大学教授は面白くないでしょう。
「あの代表の大庭ってヤツ、腰抜けだから頓挫するんや!だったら俺が全責任を引き受けて表彰やってやる!!」と勢いづいたら私はこの代表を名実ともに御免できるのですが、まあきっと「あ、そ・・」で終わるのでしょう、こういう話って。

でも表彰があったら受賞した子はやる気が上がるでしょうね。
かつて工作好きの小学生だった私は、小鳥の巣箱の下に餌台を付けた作品を作りました。餌をついばんだ小鳥がすぐ上の巣に帰れるのだから、コンビニの二階に住んでいるようで、きっと小鳥も便利に違いないから、これを庭の木にかけておいたらスズメ達が押し寄せるだろうと考えたのです。私はこれで外部団体から金賞を受けました。

だけど実際は、スズメは一羽も巣に入居してくれませんでした。餌台は人の手が届くところでなければ餌を置けないし、そんな人の手がすぐ伸びて来るところにある巣に住みたいスズメは一羽も現れませんでした。文字どおりアイデア倒れです。しかし選考委員会は金賞を私にくれました。これはまさに審査基準がいい加減だったからでしょう。私が小学生時代の今から50年前はそれでも文句言う親は居なかったと思いますが、今はきっと舌の肥えた親達がオンブズマンのように適正な選考だったかどうかウォッチしているんでしょうね。
タグ:59歳の夏

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:46| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

セミリタイアメントは「チャンネル数」を何個か持っていたら退屈しないと思う

テレビのチャンネルではありません。セミリタイアメントがする行動の種類を、テレビになぞられてチャンネルと見做してみました。

多くの人は会社を辞めるとなぜ退屈するのだろうか?について以前から掘り下げて考えていました。気がついたことの一つが、ワンパターン生活になるから?でしょうか?
朝起きてから夜寝るまで毎日ほぼ同じワンパターンな行動で土日も無く延々と続いてしまうことが退屈を引き起こすのでしょうか?もしそうだとしても、ワンパターンな暮らしをバラエティーに富んだものに変えることは至難の業です。それにきっとお金もたくさんかかります。なぜなら手っ取り早くいつもとは違う行動をする場合、お金を払って遊びに行くことぐらいしか頭に浮かんでこないからです。

私はワンパターンな生活をバラエティー豊かに変えるのではなくて、似たような事だけど中身の違うものを各種取り揃えて、気の向くままに今日はコレ、明日はアレみたいに切り替えるようにしたら退屈しないのではないか?と気づきました。

他の人を含めて一般的には言えないので、自分のことを例に挙げるなら・・・
私は朝起きるとしばらくコーヒー飲みながら空想する時間がありまして、その後はパソコンに向かいます。パソコンを使ってブログの記事を書くつもりでスイッチをONするのですが、株式トレードもやっています。

株とブログはまったく違う中身ですが、両方ともパソコンを開き、目的のサイトを眺めるまでは似たような行動で、その先に記事に想いを馳せるか、どの株が狙い目だろうかと調べまくるかが異なっています。だからブログが1チャンネル目、株トレードは2チャンネル目です。でも毎日ブログ記事を書いてから株をやるわけではありません。どっちか始めて、いいかげん頭が詰まってきたらもう一方のサイトを開けてしばらくそっちに没頭するようにしている、というか、気の向くままやっているから勝手にそうなってしまいます。

それで気づくともう午後3時、東京株式市場クロージングの時刻が来てしまいます。だからその間は退屈しません。

週末になると私はボランティア活動か、地域活動に参加しています。まあ現役バリバリの会社員から眺めると「ご苦労さんなことですなぁ」としか見えないでしょう。私もかつてそんな目で町内会を遠くから眺めていました。実際に町内会活動が好きだったわけではなく、今も場合により楽しいことも有るぐらいです。だけど私がボランティア活動と地域活動の両方に参加している理由は、このような活動で2チャンネル持った方が都合が良いからです。

それは、片方だけやっていると、たぶん飽きて退屈になるだろう、と予感するからです。
だから1チャンネル目のボランティア活動を主にやっていて、そろそろあっちに軸足を移したらどうだろ?と思い始めた頃、2チャンネル目の地域活動に足を運ぶ回数を上げる。またそこで長湯するとアレもコレもと引き受けざるを得ない事が増えて来そうになったら1チャンネル目に鞍替えする。こんなふうにしなきゃ!と思って来ました。

だけど、私の一週間を高いところから眺めたとしたら、月曜日から金曜日までの東京証券取引所が開いている日は原則ブログ書きか株をやっている日々が続き、週末は里山に入って木を切ったり山道を掃除したりするボランティア仕事か、町内会関連の何かをするか、このどちらかをする繰り返しのワンパターンな毎週です。

でもこれで退屈するかというと、まったく退屈しません。
やることが定型化していると毎日「今日は何をしようか、どこに行こうか」と考えなくて済み、朝起きたら空想してからパソコンの電源をONにするなど行動が決まっているから迷わなくて済む利点があります。それで開いた先のサイトを眺めて、あまり面白くなさそうだったら、もう一方のチャンネルに切り替えて気を取り直してやり直すとか。これで一週間はアッという間に過ぎてしまいます。

そして土曜日が来たら町内会行事があるのですが、気が向かない日には「今日はちょっと・・・」と断って里山ボランティアに行ってしまいます。逆の日もあります。ここでも朝起きたらどこか自宅を離れて活動場所に行くということは決めているから迷わなくて済むし、2つのチャンネルから気の向く方を選んで出発してしまえばいいのです。

こういう毎日や毎週の行動チャンネルの他に、年に数回、東京に行ったら以前の東京時代の決まった友人に会って飲むとか、年単位のたまにするチャンネルもいくつか私は持っています。

これが決まっていなくて、毎回「今日は何しようか、来週はどこへ行こうか・・・」ともし考えなきゃならないとしたら、これは大変な努力でしょうね。
考えつくときはそれを実行したら済むので退屈さは無くなると思いますが、何をしようか、どこに行こうかアイデアがまったく出ない日には、さぞかし退屈すると思います。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

活動資金ケチられ、塞翁が馬なはなしの地域ボラ

会社をリタイアしたら地域ボラ(町内会とかの地域ボランティアのこと)しよか!と考える人は少なくないと思うし、それは良いことなんだけど、いかんせん地域ボラは貧乏な活動というのが共通認識。

この共通認識は不思議いっぱい。
私の住む関西地方住宅地には豪邸がいっぱい建っていて、会社経営者の人も多く住むところなのですが、なぜか町内会は貧乏だということになっています。これはもしかしたら建て前なのかもしれないけれど、その建て前のためなのか、私が今年から加わった少年補導委員会の活動費用がガボッとケチられました。それも十ウン万円とかでケチられました。理由は「あんたんとこは参加者少ないやんか。ほなこんな予算要らへんやろ。ちゃうか!」とかいうことだったみたいです。いやはや町内会内の団体間予算ぶんどり合戦に敗れた我が少年補導委員会は、少年達を連れて本格的なキャンプに行けなくなってしまいました。

ところが・・・
最近になってなのか、なんだかよく知らないけどこの7月に入ってから「小中生キャンプ急遽中止。旅行業法に抵触(産経ニュースへのリンク)」のような報道がにわかに全国で巻き起こり、我が団体も、世が世なら「ゲッ!エライこっちゃ」になっていたはずでした。

しかしながら、まさに塞翁が馬なはなしですが、町内会に予算ケチられたおかげ?でそういうことにはなりませんでした。
なにしろお金がないので、子供達はいつも通っている小学校に集合して、朝から夕方まで遊んで、その後小学校から徒歩5分の公園にテント張って朝まで過ごし、また昼まで遊んで現地解散ということにしました。

念のために調べてみたら・・・
貸し切りの交通機関をお金集めて使わない。
路線バスや徒歩やマイカーで各々が現地集合にする。今回お金ケチられてバスをチャーターして本格的なキャンプ場に行くつもりだったのが、近所の公園に徒歩集合だから、第一関門の「運送」に引っかかることは抜けました。

テントを貸して野宿は旅館業法の適用を受けないらしいです。これは経済産業省が回答を出しているからお墨付きでしょう。

それに、全員顔見知りの限られた中での旅行は旅行業法にひっかからないらしい
しかし何をもって「顔見知り」だとするのかがイマイチ曖昧で、町内会の旅行はとてもグレーなポジションにあるらしく、たとえ同一小学校の生徒対象の旅行でも少年補導委員会が主催となったら「全員顔見知り」をどうやって客観的に説明するのでしょうか。
だからもし町内会がケチらずにお金くれていたら、この点において違反の懸念になり「今回は止めとこか・・・」に一件落着していたかも知れません。

だからムカつく町内会に活動資金ケチられたのは、まさに塞翁が馬の出来事となりまして、心配無用で近くの公園でキャンプがやれるラッキーに変わったのです。

私はてっきり、夏休みのキャンプなんだから、ちょっと離れた本格的なキャンプ場でのお泊りの方が子供にも親にも人気があり、いつもの学校で遊んで、近所の公園で夜を過ごすなど、さぞかし不人気なのかと思ったら、フタを開けたらすごい人気があるんですね。

定員を上回る応募があったのだけど、せっかくなので全員受け入れることにしました。
しかしテントを張るのは近くの公園。
その公園は管理人が居て、入口の門に施錠ができ、トイレや集会場っぽい部屋もあるし、水回りもあり、そこを管理する自治体外郭団体も「使用OK」と言ったので、昨年もここでテント張ったのだけど、お金かからないけどいろいろムカつくこともその分多いのでした。

ムカつきその1
打ち合わせのお約束どおりに進まない。
事前の公園管理人との打ち合わせでは「コレ使っていいよ、アレもいいよ」と言われていたハズなのに、なぜか直前になって「やっぱりダメなんやて・・・」に態度が変わってしまう。どうもその管理人を管理している上部団体の自治体外郭団体が「それ許可したらアカンわ!」と管理人に言ってくるみたい。その公園、建て前は少年少女達の健全な活動に寄与するとスローガンぽいのがあるんだけど、各論になるとアレもコレも、やっぱり規制強化されてしまう。やっぱり本格的キャンプ場での本格キャンプと比べると、不便さもムカつき度も高いと言えます。

ムカつきその2
誰だか分からないけど邪魔するヤツがいる。
「あんなキャンプにかかわるのヤメなさいよ」とボランティアする人に口利きするヤツが出没しました。おかげで昨年はキャンプで2つもイベントを担当した地元の著名人が今年は「そういうことで、残念ながら・・・」と言って参加をキャンセル。

いったいどーゆーことなのか??
さまざまな仮説を元に犯人捜しも試みたけど、結局誰がそんなネガティブキャンペーンを展開しているんか分からず、今年は仕方が無いのでイベント内容を変えてやることにしました。

たぶん今年のキャンプもいろいろ問題が勃発するでしょう。
だから私は「長」になって責任の矢おもてに立たない。こういう戦略で今年も乗り切りたいと思います。

お金にならない地元小学生相手の活動にこのように加わっていくことは結構疲れますが、私のモチベーションは、ズバリ「自分の認知症予防」です。
リタイアメントは孤独にしていると、認知症になり易いらしいです。
タグ:地域ボラ

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN