2017年11月16日

アーリーリタイア前に治療すべき妻のSAS

SASは「睡眠時無呼吸症候群」のことです。

かつて私はアーリーリタイア後の妻に起こる更年期障害には気をつけろ!という記事を書いたことがあります。実際問題、退職後は自宅に居っぱなし、妻と夫は顔突合せっ放しになりがちなリタイアメント夫婦では、妻の更年期障害によって引き起こされる妻のイライラや八つ当たりには「カンベンしてくれぇ~」となってしまう恐ろしさを実感することがままあります。

その更年期障害は10年以上にわたりリタイアメントの夫を苦しめることになるからたいへんです。

しかもアーリーリタイアメントではそもそも人さまの夫がまだ会社に元気よく?通っているにもかかわらず、ウチの旦那は朝からゆっくり起きて株三昧なんて・・・と元々妻はアタマにキテいますから更年期障害がそこに加わる爆発威力の凄まじさは言う間でもありません。

ところが・・・
更年期障害を上回る規模の伏兵もあったのです!
それが妻のSAS。
コイツは夜の睡眠中に呼吸がしばしば止まるというもので、太り気味の方に見られる呼吸の障害のようです。ただ必ずしもポッチャリ妻にだけ現れる現象というわけでもなく、鼻から喉にかけての生まれつきのカタチや肉付きなどによって起きる場合があり、ウチの妻の場合も特にポッチャリではないけれど、ときどき寝ている最中にいびきがグワー、グワー、グワ・・・・・・・・カカカカ、グウォーみたいに・・・・・の区間が呼吸停止になっていることが発覚したのでした。

これは妻とたまたま一緒に旅行に行ったウチの子が「そんなの放っといたらアカンのちゃうん?」と言い出したのをキッカケに病院に行き「奥さん!たいへんですよ」と医者に指摘されてしまい、治療することになりました。

医者は、この症状を直すには寝るときに呼吸補助装置が必要で、その機械を死ぬまで使い続けることになる!とショッキングなはなしを妻に語ったそうです。
最初に一泊二日の入院で徹底検査して「うーん、こりゃやっぱり治療が必要だな」と医者が妻の症状のヒドさを認識し、
それから約2週間後に再度二泊三日の入院で呼吸補助装置の設定やら、それを装着して寝る訓練や様子見などを行いました。
今では毎日機械からホースを鼻まで伸ばして寝る妻の寝顔を眺めるのが私の日課になりました。この装置、健康保険適用になりますが、毎月医者に行って調子見しながら月5千円ぐらいのレンタル料がかかります。

これから死ぬまで毎月5千円。1年間で6万円。今後死ぬまで30年間使い続けたとして180万円のコストがかかります(後期高齢者になったらもうちょっと安くなるかな?)。

ありゃー!!エライこっちゃ、と最初は悲観しましたが・・・
妻がその機械を使って寝るようになって1週間が経ちましたが、だんだん妻の機嫌が良くなってきたのですね!
おそらく睡眠中に呼吸できずに苦しくなって睡眠が浅くなってしまう頻度が大幅に下がり「良く眠れるようになった」ご利益だろうと思います。

そういえば昔にテレビでこんなのを見たことがあります。
水を張った水槽の中に檻を入れ、中に猫を入れます。猫はやっと座れるぐらいの小さな台の上に座らされていて、そのまま一昼夜置いておきます。夜になって猫がうつらうつらうたた寝を始めると台から足が落ちて水で濡れてしまうという寸法です。
こんな熟睡できない猫が翌日どんなだったかを撮影した場面を放送で見たのですが、なんとも狂暴猫になっていたのです。

妻の場合もこれと同じで睡眠中に何回も呼吸障害で起きてしまい熟睡できなかった妻は「狂暴妻」になってしまっていた。こういう事実が今回分かりました。

わたしんとこでは、私がアーリーリタイアした怒りと、更年期障害と、このSASの三つ巴で狂暴化された妻が毎日私を悩ませる日々が続いていたのでした。
しかもアーリーリタイアした怒りは3年も経てば収まり始め、更年期障害も10年ガマンすればまあなんとか収まるでしょう。しかしSASは一生モンです。

SASを持っている妻を持っている旦那は、たとえアーリーでなくても通常リタイアやレイトリタイアでも「狂暴妻」のいけにえになる可能性があります。だからこの妻のSASは軽く見ないで、たとえ毎月5千円かかっても自分のリタイア前に「機械装着」に漕ぎつけるのが正しいです。

機械装着後の妻は「やや」穏やかです。
「やや」と書いたのは、我妻は元々そういう気質だからしかたがない一面があります。しかもそういう妻にもう私は40年近く一緒に暮らしているので「慣れ」という強みも持っているから少々妻が狂暴を演じてもな~んともありません。しかし「こんな毎日でいいのだろうか・・・」と内心じくじたるものがありました。

今回の機会装着によってそういう「じくじたる思い」はなんだか一掃された感じがします。
このまま妻が、結婚直後の、あの優しかった頃に戻ってくれたらなぁ~と期待を抱いてしまうほどです。そのぐらいに、その程度にSAS治療用の機械は効果を毎日生んでくれています。・・・いとおしい呼吸補助の機械・・・

機械の大きさはCDプレーヤーほど。
そこからホースが伸びていて妻の鼻のところにプラスチックの器具をあてがって固定するようになっています。だから妻の寝顔は長い鼻の像さんみたい。
まあこういうのもいいですね。

どうかこれから会社をリタイアして毎日自宅暮らしを満喫するつもりの方々は、是非奥様のSASを甘くみないで欲しいと思います。
月5千円出しても治療する価値はあります!!

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:56| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ボランティア活動ネットワークとクレジットカードの似たような注意点

クレジットカードをたくさん持ちすぎるのはキケンです!というフレーズをネット上でたまに目にしますが、似たような現象がボランティア活動ネットワークにもありそうだ!ということに気づいたので、とりあえず記事化しておきたいと思いました。

リタイアメントは退職後のライフワークとしてボランティア活動を目指すことが珍しくないです。ボランティア活動の課題はいくつかあると私は10年以上いろいろな団体活動を経験して感じていましたが、また課題がひとつ顕在化しました。

その課題とは会費地獄・・・地獄とは言い過ぎですが、うっかりしていると気がつけば、この団体に年会費5千円、あの団体には3千円、そして今日入会した団体には1万円とか・・・いつの間にか“多重会費納付者”になってしまうかも??こういう現象はクレジットカードを多数枚数持ちしているばっかりに、それぞれの支払い金額が分からなくなり、しかも年会費が嵩んで、知らない間にお金が流れ出していた・・・とかいうことに遭遇することと似ています。

私は10年以上前から、とある里山再生事業をするNPOに入会していまして、そこの会費は3千円です。しばらく会費制の団体への所属はそのNPOだけでしたが、一昨年から全国ネットでやっているもっと大きな団体のセミナーに参加したのをキッカケに、その団体の会員になり年会費5千円を払うようになりました。この両方で年に8千円です。

このようなボランティア団体は活動したからといって明確な報酬があるわけではなく、あったとしても交通費相当額ぐらいの、いわばスズメの涙ぐらいをたまーに受け取るだけで、決して儲かるわけではありません。でもまあ活動そのものは自分の価値観と一致しているし、同じような考えを持った人が集まって来るから気が合い易いという“居心地の良さ”があります。

この“居心地の良さ”が会費地獄の温床になるリスクがあるよ!と私は気づきました。

ボランティア団体は、他の団体とつながってネットワークを築く特性があります。あんまり独立独歩のボランティア団体はありません。非営利団体なので似たような他の団体があっても企業間のように競争することは稀で、だいたいは「一緒にやりましょう!」と意気投合するような雰囲気になるのがいつもで、その中にいる人はしだいに行動の輪が広がっていく式の、まさに「絆のつながりがふえていく」ようです。

これはこれで悪いことではないのですが、絆という文字は「くさりでつながった・・・」を表していると言われるように、一旦つながってしまうと自由が効きにくいデメリットも生じてしまう。ここがボランティア活動初心者予備軍のリタイアメントに是非とも押さえていただきたいツボです。

会費の制度を持つボランティア団体は珍しくはありません。
なぜなら非営利団体は収入源が実に乏しいです。会費収入で細々とやっている団体が多いです。だからどの団体でも会員を増やすことに取り組んでいるから優しく魅力的に「うちの会員になりませんか」とアプローチされるチャンスがやたら多いです。しかも会費といって年間数千円程度ですからフィットネスジムの会費より安いし、同じ趣味を持った仲間ができるしとメリットも多いのですが、あちらこちらから誘いの手が伸びてくるのがこのボランティア団体の勧誘に身構えていなければならないところだと思います。

優しく魅力的に「うちの会員になりませんか」とアプローチされる、と書きましたが、こう書くと何だか裏に悪だくみがあるような印象を与えそうなので断っておきますが、どの団体もそんな悪だくみを考えているわけではありません。むしろ純粋に、自分達がやっていることは公共の役にたつ立派な事業だから、なんとかそれを普及させたくて、そのためには人材と会費が要るので、そのように新人獲得のために各メンバーが「うちに来ない?・・・」と声をかけるのです。

が、そういう勧誘の声があっちからもこっちからも来るから、
「まあこの団体なら良さそうだなぁ」と思って会員になって会費を払い始めたら、別の団体の人と知り合いになり、その活動を試しに覗きに行ったらすっかり気に入ってしまって2つ目の団体に入会して会費を払うようになり・・・とどんどん会員になった団体が増えて行き、会費も膨れていく。こういうことは「さもありなん」なことです。

ただ、ボランティア活動を続けていくためには、一つでなく複数チャンネルの団体に加入しておく方が得策だとも私は考えています。その理由はひとつの団体だけの人間関係をやっていると、時々息苦しくなるからです。そういう場合は活動参加の優先順位を他のチャンネルに切り替えて息抜きできるようにするのが得策です。

複数の団体に所属して、だけど多重会費納付者にならないためには・・・
お目当ての団体でしばらく非会員としてやってみることがいいと思います。いきなり会員にならず、参加する頻度も何回かに一回程度にして、会員になりそうなならなさそうな「なんともハッキリしない態度」のまましばらく活動した後に会費を払う立場に進出するか、止めるか、決めたらいいと思います。

それに、ここの団体は良さそうだ、と思っても、次にもっと良い団体に出会う可能性が高いです。リタイアメントは会社を辞めて組織を離れた心細さから、早くどこかの団体に所属したいと考えてしまいがちですが、それが早とちりだと後になって気づく場合があります。だからここは冷静に非会員のお試し期間のように振る舞っておくことがいいです。そしてお試し期間の間にヨソの団体にもアプローチを重ね、なるべく会費が少ないか補助金をうまく使いこなしているところ、あるいは高くついても他に比べてダントツに自分にとって居心地の良い団体を探すことが良いでしょう。

一方自分の好みに合う団体はたくさんあるわけではありません。どこかの団体で立つ鳥跡を濁さずに反する辞め方をすると、その団体員は他の団体とつるんでいることもあって、良くない評判を残すことにもつながりかねません。

なので、ボランティア活動を始めようとする際には、必ずお試し期間を自分で決めて、よく実情が分からないのに、とりあえず会員になってしまおう、とする行動はとらない方がいいと思います。
タグ:会費

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:35| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

小学校自由研究の表彰は難しいことが分かった59歳の夏

今年も夏が来まして、夏生まれの夏男は59歳になりました。とはいえ今年で60歳かと勘違いしていたので何だか1年得した気もしています。

今年から地元小学校の総合学習の「地域先生」に突っ込みはじめまして、この夏は自由研究のお手伝いをしました。小学生を持つお母さんのひとりが昨年に「自由研究で困っているのよ!どうしたらいいのか、何とかならないかしら。。」と言うのを聞いていました。その後偶然にも小学校の先生が「児童の自由研究相談会やってくれる人探しているんやけど・・・」言うもんだから、8人集めて今年その相談会をやりました。

集まった児童は約30人。
「まだ何やっていいんか、ぜんぜん分からへん」と正直に言う子も、目からウロコのような「エぇ~、そんな実験できるんかいねん??」と集まった大人を仰天させること考えた鬼才の小学生も来ました。

私が相談にのった児童は「工作!」と言って、見せてくれたのは設計図どおりに作れば立派な工作作品ができる「手作りキット」を持って来た子でした。
私が小学生の頃はこういうキットは無かったし、もし有ってもキットを組み立てて提出したら、きっと先生や同級生からこてんぱんにやられるだろうし、そもそも我が家は貧乏でキットなんか買ってくれないと思ったから、近所に落ちている廃材の板を拾って来て作りました。ふとそんな昔の思い出が脳裏に蘇って懐かしかったけど、懐かしがっている間に、児童は箱を開けて、中から部品をじゃらじゃらと机の上にぶちまけ、最後に出てきた設計図を広げて、こう言いました。

「お母さんが、こんな難しいの分からないから、相談会に行って作り方教わってらっしゃい、って言っている」と。

そうやって見せられた設計図を眺めると、まあ難しいかもしれんなぁ、と私は思いました。
私は昔プラモデル作りでそうとう鍛えましたから、設計図を見れば分かるんだけど、それにしても難しそうな雰囲気がしました。だからその子のお母さんがプラモデルをやっていなかったら、こりゃ無理だろう!。

「お父さんは作れそう?」と、その子に聞いてみたら、
「お父さんはカイシャ。だから無理って」と。

この相談会で私は思いました。
現代は工作キットの製作代行をするニーズに満ちているのではないか?と。
自由研究の相談会だから、もっと研究っぽい相談かと思ったら、確かに上述の大人が仰天するアイデアを下げて「どうすりゃ実験できるでしょう」と相談して来た子もいるけど、キット作りの代行とはの相談が来るとは思っていませんでした。

でも私はどうすりゃいいのか分かりませんでした。
とりあえず設計図の解読の仕方を教えようと「じゃ、一緒に作ろうか!」と製作に踏み出しましたが、結局子どもには難しいところを私が作ってあげることになってしまいました。
その児童は満足して「ありがとう」と言って帰って行きましたし、その子のお母さんやお父さんも作品の目鼻がついて良かった良かったなのかもですが、果たしてこれで良いのかどうか・・・

来年もきっとキットを手に持って相談会に来る子が絶対いるでしょう。

そんなことを集まった大人達と雑談していたら、大学教授だというある大人が「最近は良い作品を表彰しないからそういうもの作りたがるんじゃないか?」「そういう風潮じゃアカンよ、絶対に表彰は必要だ!」とだんだんエキサイトしてきて、相談会も終わった翌日に「表彰をしようじゃないか!」と別の大人を通じて私のところへ言って来ました。

だったら自分で学校へ行って先生に相談したらいいのになぁと思ったら、どうも当人の大学教授は「そういう調整は代表者の人がすべきもんだ」と言っているらしく、それで代表者って誰?って別の人に聞いたら、じゃあ大庭さんという流れになったらしいです。私は代表なんてまったく引き受けた覚え無いのに、どうもそういう雰囲気になってしまっているようでした。

困ったもんです。
こんな流れになったことは過去にもありまして、逃げ回って最後に辞めた活動もありましたが、今回は「まあいいか」と妥協して私が先生に「・・・というわけで自由研究作品の表彰をしたいんですけど」と相談しました。

私は表彰をやる事で一番厄介なのは、賞品に何を選ぶのかということと、その財源をどう集めるのかという事かと思いました。でもそれらは何とかなると寄付の目途もついているため「表彰をするぞ!」と決心したらそれで一件落着かと思いましたら・・・違いました。

学校では、表彰するということは難関を極める、というのです。

なぜか・・・
表彰すると誰か一人の児童を選んで、別の児童を落選させることになりますから、不公平感が漂いはじめ、特に落選した児童の親から「どうしてウチの子があんなに頑張って作品作ったのにダメだったんですか!?」と、質問とも苦情とも受け取れる反応が複数来ることに備えなければならない。それがあやふやだと、やれ依怙贔屓だとか、気分や感情や自分のお見込で選んだんだろう!ケシカラン!!と炎上することもある。「だからたいへんよ!」って先生の意見でした。

なので最近では学校が表彰をすることは一切やめて、代わりに外部の団体が主催するナントカ委員会が毎年やる夏の自由研究作品博覧会とかに選んでもらい、外部表彰してもらう方式にしているらしいです。それならば「何でウチの子が・・・」と言ってきても「いやいやアレは学校ではなくて外部団体の選考ですから、私どもも選考基準は細かく知らされていないんですよ。何だったらその団体に尋ねていただいたらどうですか?」とやんわり矛先をかわせるとベテラン先生は言っていました。

それに・・・
自由研究はまさに自由なので、学校で一緒にやるんじゃなくて、家庭でやって来るものだから、親が関わるものなんです。その親がたとえば大工さんだったりしたら、その子の工作の作品はプロ級に仕上がっているかもしれないですから、そうでない親の子の作品と出来栄えで選ばれたら最初からハンディがあるという話もありました。

そういうことをいろいろ聞いた私は、とりあえず代表?として、今年の表彰のはなしは頓挫させることで動くことにしました。

きっと頓挫を知った件の大学教授は面白くないでしょう。
「あの代表の大庭ってヤツ、腰抜けだから頓挫するんや!だったら俺が全責任を引き受けて表彰やってやる!!」と勢いづいたら私はこの代表を名実ともに御免できるのですが、まあきっと「あ、そ・・」で終わるのでしょう、こういう話って。

でも表彰があったら受賞した子はやる気が上がるでしょうね。
かつて工作好きの小学生だった私は、小鳥の巣箱の下に餌台を付けた作品を作りました。餌をついばんだ小鳥がすぐ上の巣に帰れるのだから、コンビニの二階に住んでいるようで、きっと小鳥も便利に違いないから、これを庭の木にかけておいたらスズメ達が押し寄せるだろうと考えたのです。私はこれで外部団体から金賞を受けました。

だけど実際は、スズメは一羽も巣に入居してくれませんでした。餌台は人の手が届くところでなければ餌を置けないし、そんな人の手がすぐ伸びて来るところにある巣に住みたいスズメは一羽も現れませんでした。文字どおりアイデア倒れです。しかし選考委員会は金賞を私にくれました。これはまさに審査基準がいい加減だったからでしょう。私が小学生時代の今から50年前はそれでも文句言う親は居なかったと思いますが、今はきっと舌の肥えた親達がオンブズマンのように適正な選考だったかどうかウォッチしているんでしょうね。
タグ:59歳の夏

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:46| Comment(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN