2017年07月21日

活動資金ケチられ、塞翁が馬なはなしの地域ボラ

会社をリタイアしたら地域ボラ(町内会とかの地域ボランティアのこと)しよか!と考える人は少なくないと思うし、それは良いことなんだけど、いかんせん地域ボラは貧乏な活動というのが共通認識。

この共通認識は不思議いっぱい。
私の住む関西地方住宅地には豪邸がいっぱい建っていて、会社経営者の人も多く住むところなのですが、なぜか町内会は貧乏だということになっています。これはもしかしたら建て前なのかもしれないけれど、その建て前のためなのか、私が今年から加わった少年補導委員会の活動費用がガボッとケチられました。それも十ウン万円とかでケチられました。理由は「あんたんとこは参加者少ないやんか。ほなこんな予算要らへんやろ。ちゃうか!」とかいうことだったみたいです。いやはや町内会内の団体間予算ぶんどり合戦に敗れた我が少年補導委員会は、少年達を連れて本格的なキャンプに行けなくなってしまいました。

ところが・・・
最近になってなのか、なんだかよく知らないけどこの7月に入ってから「小中生キャンプ急遽中止。旅行業法に抵触(産経ニュースへのリンク)」のような報道がにわかに全国で巻き起こり、我が団体も、世が世なら「ゲッ!エライこっちゃ」になっていたはずでした。

しかしながら、まさに塞翁が馬なはなしですが、町内会に予算ケチられたおかげ?でそういうことにはなりませんでした。
なにしろお金がないので、子供達はいつも通っている小学校に集合して、朝から夕方まで遊んで、その後小学校から徒歩5分の公園にテント張って朝まで過ごし、また昼まで遊んで現地解散ということにしました。

念のために調べてみたら・・・
貸し切りの交通機関をお金集めて使わない。
路線バスや徒歩やマイカーで各々が現地集合にする。今回お金ケチられてバスをチャーターして本格的なキャンプ場に行くつもりだったのが、近所の公園に徒歩集合だから、第一関門の「運送」に引っかかることは抜けました。

テントを貸して野宿は旅館業法の適用を受けないらしいです。これは経済産業省が回答を出しているからお墨付きでしょう。

それに、全員顔見知りの限られた中での旅行は旅行業法にひっかからないらしい
しかし何をもって「顔見知り」だとするのかがイマイチ曖昧で、町内会の旅行はとてもグレーなポジションにあるらしく、たとえ同一小学校の生徒対象の旅行でも少年補導委員会が主催となったら「全員顔見知り」をどうやって客観的に説明するのでしょうか。
だからもし町内会がケチらずにお金くれていたら、この点において違反の懸念になり「今回は止めとこか・・・」に一件落着していたかも知れません。

だからムカつく町内会に活動資金ケチられたのは、まさに塞翁が馬の出来事となりまして、心配無用で近くの公園でキャンプがやれるラッキーに変わったのです。

私はてっきり、夏休みのキャンプなんだから、ちょっと離れた本格的なキャンプ場でのお泊りの方が子供にも親にも人気があり、いつもの学校で遊んで、近所の公園で夜を過ごすなど、さぞかし不人気なのかと思ったら、フタを開けたらすごい人気があるんですね。

定員を上回る応募があったのだけど、せっかくなので全員受け入れることにしました。
しかしテントを張るのは近くの公園。
その公園は管理人が居て、入口の門に施錠ができ、トイレや集会場っぽい部屋もあるし、水回りもあり、そこを管理する自治体外郭団体も「使用OK」と言ったので、昨年もここでテント張ったのだけど、お金かからないけどいろいろムカつくこともその分多いのでした。

ムカつきその1
打ち合わせのお約束どおりに進まない。
事前の公園管理人との打ち合わせでは「コレ使っていいよ、アレもいいよ」と言われていたハズなのに、なぜか直前になって「やっぱりダメなんやて・・・」に態度が変わってしまう。どうもその管理人を管理している上部団体の自治体外郭団体が「それ許可したらアカンわ!」と管理人に言ってくるみたい。その公園、建て前は少年少女達の健全な活動に寄与するとスローガンぽいのがあるんだけど、各論になるとアレもコレも、やっぱり規制強化されてしまう。やっぱり本格的キャンプ場での本格キャンプと比べると、不便さもムカつき度も高いと言えます。

ムカつきその2
誰だか分からないけど邪魔するヤツがいる。
「あんなキャンプにかかわるのヤメなさいよ」とボランティアする人に口利きするヤツが出没しました。おかげで昨年はキャンプで2つもイベントを担当した地元の著名人が今年は「そういうことで、残念ながら・・・」と言って参加をキャンセル。

いったいどーゆーことなのか??
さまざまな仮説を元に犯人捜しも試みたけど、結局誰がそんなネガティブキャンペーンを展開しているんか分からず、今年は仕方が無いのでイベント内容を変えてやることにしました。

たぶん今年のキャンプもいろいろ問題が勃発するでしょう。
だから私は「長」になって責任の矢おもてに立たない。こういう戦略で今年も乗り切りたいと思います。

お金にならない地元小学生相手の活動にこのように加わっていくことは結構疲れますが、私のモチベーションは、ズバリ「自分の認知症予防」です。
リタイアメントは孤独にしていると、認知症になり易いらしいです。
タグ:地域ボラ

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

とある説明会での、聞き覚えのある名台詞

過日、私が所属するNPO団体は、活動補助金の申請をするために必要な説明会に出席しました。場所は山の中。そういう山の中で荒れたところをキチンと保全するならば、管轄するお役所は期限付き補助金を支給してもいいというわけで、私も説明会に出ました。

以前は「ちゃんとやっとるか!?」みたいにお役人様が視察に私どもの活動現場に来て、見て、写真撮って帰ったものですが、今年から保全の効果を数値化して、ビフォア・アフターで定量的に報告せよ!と方針が変わったらしく、昔の高校数学2Bで習った三角関数も使って!、そいつを数値化するという説明でした。

その説明が終わって質問の時間になったとき、
どこか別の活動団体の、ある男が、その説明内容の面倒くささに嫌気がさしてか・・・
「こんなん、ボランティアでやれったって無理やんか、みんな高齢化してんやし、出て来る人数だって多くないんやから・・・」「こんなん、もう団体の活動やめろってこと言われてるんやね、そう思ったらエエの?・・・」と言い出しました。

主催者側のお役人様も答弁していましたが、
この勝負は完全にお役所側が勝ちの図式だと、発言した上述「ある男」はどうして気づかないのでしょうか?

この補助金を管轄するお役所は昨今の財政事情から補助金を削減している最中。対象者をフルイにかけ、選りすぐり、選ばれた団体に補助金支給するのだから、こんなボヤキしたらお役人様の本音は『たったら申請するのヤメとけよ』になることは自明です。団体はお役所が定める通りの手段で数値化してビフォア・アフターを出さないと補助金は出しません。それで一巻の終わりです。

あのような発言しても一銭の得にもなりません。

このやりとりを聞いていたら思い出しました。年金受給者が「こんな金額で生活しろって言われても無理やんか」「俺たちは市ねって言われてるんやね」と言っていると、ニュース記事に書いてある、あの定番のセリフです。

こういうのが上述の「ある男」の脳裏に過ったから、あんな場面で捨て台詞が口からあふれ出たのでしょう。

私はそのボヤキなのか捨て台詞なのか分からない言葉を聞き、その団体が申請するのをやめてくれたらいいのに・・・」と思いました。そうしたら補助金獲得の競争相手が一団体減るから、こっちの勝ち目が高くなるからです。

でも、たぶん「ある男」の活動団体では、ちゃんと数値化して補助金ゲットするんです。

文句言うけど、やっぱり受け取る。

きっと世の中そういう仕組みでできているのだろうなぁ、と感じた野外説明会でした。
タグ:捨て台詞

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

キレないための戒め

キレることは悪いことなのか、暴力さえ振るわなければたまには構わないのか、私にはよく分からないですが、自分は死ぬまでキレることが無いようにしたいと願っている。のです。しかしたまにキレ寸前まで行くことがあります。そういうとき、いつも後になって「・・・あの時キレないで良かったぁ・・・」と思うことがいつも。

もしキレてしまったら、その後の人間関係は家族も含めてさぞ悪化してしまうだろう、と考えるからそう思うのですが、私は今までキレたことが無いので実際は分かりませんでした。

昨日、たまたま知人と町内会雑談していたとき、実際にキレたらどうなるか、その体験談を彼は語ってくれたので、今後も襲われるだろうキレたい感情に対抗するための戒めとして、記事に書いてメモっておくことにしました。

その彼が数年前に町内会役員をやっていたときのこと、
避難訓練を町内会で実施する日がやってきて、彼の役割だった炊き出しおにぎりを作るために小学校の家庭科室へ向かいました。でも集合時刻を間違えたらしく、家庭科室には誰も来ていませんでした。たまたまそこに居た市職員に「集合はここじゃなかったっけ?」と尋ねたら、職員は「集会所だと思いますよ」と言ったので、30分かけて集会所に着いてみたら、やっぱり小学校に集まるのが正解だと知りました。「あの職員間違いやがって!」と立腹しながら30分かけて再び小学校の家庭科室まで歩いて到着したら、あの市職員がそこに居ました。

その姿を見た途端、もう我慢できなくなって職員を呼びつけ、訓練だと思っていい加減なこと言いやがって、こんなことだからオマエらはいつも・・・、この事は市長に報告しておけ!・・・などなど長い時間大声で職員を怒鳴りまくったのだそうです。

怒鳴ると少し気分はスッキリしたので、気を取り直して家庭科室に入りました。他の当番の人はもうおにぎりを黙々と作っていました。「遅くなりまして」と部屋に入って行きましたが、誰も返事をしません。
返事だけでなく、誰も目を合わせず、誰も口を開こうとしませんでした。

よく部屋を見ると、壁際の閉まっている窓の外には廊下があります。その場所こそ、さきほど彼が市職員を大声で怒鳴りつけた現場だったのでした。
まさに町内会の皆は窓の向こう側で激怒する彼の声と、市職員の「すみません、すみません」という謝る言葉を窓一枚挟んで聞いていたわけです。

結局、おにぎり作りは最後まで無言で行われました。
さらに彼は町内で他の住民に出会っても目を合わせてくれる人は誰も居なくなってしまったと、私に体験談を話してくれました。彼の年齢は80歳を超えています。だからきっと彼が70歳代後半の頃の出来事だったと思います。

それから彼とご近所さんの関係はどうなったのか聞くことはできませんでしたが、一旦このように今まで良く知る間柄であっても、キレて激高するような人だ、と知れ渡ってしまうと、もはやほぼ以前のような人間関係には戻れない、だからあんたも注意していた方が良いよ、というのが彼の私へのアドバイスでした。

さらに加えて「たとえ自分に非が無く、相手が一方的に悪くても、キレてしまったら人間関係は一切元に戻らない」のだそうです。上述の市職員は完全に間違った情報を彼に伝えましたが、それでも「大声をあげて罵倒することはしたらマズいことになる」。のだそうです。

確かに大声をあげた人のことは、人はあとあとまでよく覚えています。

私にもサラリーマン時代に私のことを面と向かって大声で怒鳴った人が複数人おりますが、どれもこれも私のミス100%に間違えありません。
私のミスに間違えありませんが、未だにそのとき誰に怒鳴られたかと、その時の様子はよく覚えていて、忘れることがありません。

しかもそんな出来事からもう20年以上も経っているのに、未だにその方々は私のアタマの中のブラックリストに載っています。今もたまに街でそういう誰かの姿を見かけると、あのときの仕返しをしたい気分になります。

1.キレた相手からは長年恨まれる。
2.キレるのを見聞きした他の人は近寄って来なくなる。

キレてしまうと、このような消えない負の遺産が残ることを座右の銘にして、これからもキレないようにしたいと思います。
タグ:キレる老人

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN