2016年11月30日

師走の計は11月30日にあり、とか

師走って、大事な時期だと思います。
どうも「師走は忙しいらしい」とはなしに聞きますが、私は忙しくないです。普段と変わらないリタイアメント生活が師走も続いているだけで、寒いけど忙しくはありません。

でも今年の師走は「断捨離しよう!」と“師走の抱負”をたてました。だから今年の師走は大事な月です。
1月になったらきっと“新年の抱負”をたてると思いますが、今までの新年の抱負が考えた通りになった試しがありません。でも師走の断捨離は絶対やります。

どうしてか分かりませんが、家の中にモノが増え続けています。
以前からモノが家に集まるのが嫌で、なるべく買わないようにしているのですが、それでもモノが増え続けています。先日は古いパソコンを4台リサイクルショップに持ち込んで、無料で引き取ってもらいました。調子に悪くなったミシンもリサイクルショップに売り、そうしたら急に気分が軽くなり、爽やかな気持ちになりました。

会社員時代には12月の大掃除には、思い切って“見たくない書類”をシュレダーにかけたらスカッ!と爽やかな気持ちになり、その夜の酒が美味かった思い出があります。だから捨ててしまうことは良いことなのだ、と思いながらも、なぜか自宅の使わないモノ達だけは「またいつか使うかもしれない・・・」と残してあるものが残っているのです。

それらを12月に思い切って捨ててしまおう!
これが私の“師走の抱負”なのです。

今まで捨てずにある余計なモノとは、たとえば・・・
スーツ
会社に通っているときには毎日のように着ましたが、会社生活を辞めてからただの一度も袖を通したことがありません。なので捨てます。
学生時代の教科書
こんなモノをまだ持っています。会社を辞めた頃は、将来の“金のかからない趣味”のひとつとして数学や物理などを再勉強しようと思いましたが、今までリタイアメントになってから一度もその本を開けたことがありません。もう二度と開かないでしょう。捨てます。
資料
株式セミナーで「いいこと聞いちゃった!」みたいなとき、席上配布された資料を本棚に並べてありましたが、改めて見ると時代遅れの中味になっていました。捨てます。
ネジや釘
私は日曜大工するので、釘やネジは余ると箱に入れて「宝箱」みたいにしています。何か作るとき「どこかにこの寸法のネジあったっけなぁ・・・」と宝箱の中を10分ぐらいかき回していると目的にかなうネジを見つけられるのですが、最近その宝箱が巨大化して、重くて持てないぐらいに成長してしまいました。分解して外したネジなんかを「そのうち役にたつだろう」とコレクションしていたからです。だから半分以上捨てます。

その他、昔々に秋葉原で買って、結局使わなかった電子部品の数々なんかも収納を占拠しています。

このような断捨離で出荷される不要物認定品は、多種多様で、一度に燃えないゴミ袋に入れて捨てるわけにはいきません。市で捨て方にお約束があって、月に一度ぐらいしか捨てるチャンスが巡って来ないゴミの種類もあります。

でも私には「二か所に自宅がある」というメリットがあります。
関西と東京では、ゴミの捨てルールに違いがあり、それをうまく組み合わせるとゴミが捨てやすくなるんです。

関西の私が住む地域では・・・
大きなゴミは車に積んで焼却場に持ち込んで捨てることができます。もちろん有料ですが、あまり高い値段でもなく、100キロまでドサッと捨てられるので、あの会社員時代に体験した「見たくない書類をシュレッダーにかけて」粉々にしたときに似た爽快感が味わえます。
今回12月には畳をゴミとして出しますが、東京では畳は専門業者に電話して引き取ってもらうお約束になっています。市では引き取ってもらえません。ところが関西の私の住む市では、焼却場へ持ち込んで有料ですが安い値段で燃やしてくれます。

東京では・・・
家電と金属ゴミがタダで出し放題です。
関西の私が住む地域では、金属ゴミでもちょっと大きめのものを出すと「これは条例により回収できません」なんて貼り紙されますが、東京では回収カゴに入りされすれば何でも来い!です。
それに不要家電なども、何でも来い状態です。
さすがにパソコンとディスプレイは「回収しません」となっていますが、かつてパソコンをバラバラに分解して燃えないゴミと金属ゴミと家電のところに基板を入れて、分けて回収カゴに入れておいたら回収されました。パソコンを分解して部品にすると・・・本当はどうなんでしょう?パソコン出身部品なことがバレなかっただけでしょうか?それとも部品にしてしまったモノはもはやパソコンではないからOKなのでしょうか?

なので12月前半に断捨離してゴミを仕分けして、
これは関西で、こっちは東京で、の作業をします。

たまたま12月には東京の自宅の修繕に行く用があります。というか無理やりそういう用事を作りました。愛用の軽自動車に宝箱に入っていたたくさんのネジ達を積み、懐かしい電子部品も積み、東京の家で数日間もういちど眺めて「やっぱりこりゃゴミだわ」と認定できたら、その週にきれいさっぱり捨て去ることにします。

反対に、東京の家の修繕で出る畳は、関西の自宅に持ち帰って2,3日“使い”その後に焼却場に持ち込みします。

これが今年の師走の抱負。
新年の抱負はうまくできませんでしたが、師走の計は、必ず明日からやります。
タグ:抱負

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

一年間の町内会活動の、おさらい

今年の町内会活動はほぼ終わりました。任期は来年3月までですが、もうめぼしい行事がありません。あとは嫌がる来期役員候補者を口説く仕事?だけ残っています。

町内会役員を一期やってみた感想は・・・
やっぱりいわゆる定番スタイルの町内会は、私の住む地域に限っては、住民側からのニーズはあまり無くて「町内会を解散しても困ることは無いんじゃないの!?」です。もし将来も町内にそれに似た集団を残すのであれば、防災、祭り、スポーツ、地域内親睦などのサークルに分けて、それぞれに「その活動に参加してもよいと思う住民が集まって運営する」組織に代えて存続させるのが良いと思う!。これが大庭夏男がやった結果の結論でした。

もし、そのような方向に進めていかなきゃ!と思えるような理由をつくるとしたら・・・
従来型の町内会から脱会する人続出になって、会が存続できず「どうしたもんか・・・」と役員一同頭を抱え、その間に新しい別の地域活動が生まれて盛んに活動しだし、しかたなく町内会もそちらの活動に追従するようになったとき、ではないでしょうか。

一期やってみて、私は夏祭りなどのイベントを企画したり準備したり実行することは楽しいものでした。そう思わずに、しかたなくやっている人もいました。なぜみな一緒に同じことをしなければいけないのでしょう?ここが私の大きな疑問です。

町内会長など上位の方々は「住民一緒になって・・・」というような表現をよく使います。その理由として「地震などの災害時に、近隣の人の把握ができるように・・・」と言っていまして、その効果は確かに町内会活動に無いと言えないけど、私は町内会を存続させるための建前になっているような気がします。

町内会活動の「嫌な仕事」は、町内会上位団体から「これをやるように伝えてください」の仕事を“やらされること”です。町内会上位団体はどこからその「嫌な仕事」を仕入れてくるのか?資料の出典を眺めると、大部分がお役所の関連団体からです。福祉なんとか協議会とか、青少年育成なんとか会とか・・・などなどです。

たぶん(ここからは想像です)お役所は町に町内会があると、お役所の仕事がとてもはかどり、タダで使える便利な組織が「町内会」になっているのでしょう。そのために立派なグラビア印刷された立派なチラシを作って回覧板に入れさせ、行事の参加賞にゴミ袋をプレゼントする予算をつけているのでしょう。

町内から「公園の木が邪魔だから切ってくれ・・・」みたいな苦情もまず町内会に持ち込まれ、その中で井戸端会議にかけられて「ああだこうだ」「それは良い!」「イヤ、あの木は風情があるから切っちゃダメだ」などなどさんざん時間をかけてフィルターにかけられた後の「選りすぐられた問題」だけがお役所に行くことになるだろうから、お役所としては自動的に「住民みんなの意見」になって、木を切ってから「ちゃんと住民に意見聞いてから切れ!」みたいにお役所が文句を言われないだろうし。
なにかとお役所から見れば町内会は便利に使えるので、是が非でも残したい!と、私がお役所の人間なら間違いなくそう考えます。

そのためには、町内会長や町内会連合会役員に「その気」になってもらうような「意識付け」をやらないと、町内会長や町内会連合会役員に偶然なった人もバカらしいとやりません。なぜなら町内会活動はボランティアベースのタダ働きだから?です。

この「タダ働き?」が、私が今のところ実態が分からない最大の興味で、実はオイシイことが隠されているのではなかろうか?と思っています。

町内会長はなぜ行政に協力したいと思うモチベーションが生まれるのか?

私の住む地域には町内会が広く分散してあり、20ぐらいの町内会が「連合会」を作ってその傘下にあります。さらに私が観察する限りでは、その20ぐらいある町内会の会長さん達はみんな従順です。反逆を企てた人のはなしは聞いたことがありません。さらに連合会の会長さんは当番ではなく「適任者?」が長~い期間勤めていて、どうもたまたま地域に住んでいるお役所のOBなんかがやっているようです。

お役所のOBがやる、というのは「天下り」のイメージですが、それにしても手弁当ではきっとやりたがらないでしょうねぇ。
さらに当番町内会長がなぜそのお役所OBの指導?に従順になっているのか?の理由にも、そうなる「力学」があるように思われます。

もしかしたらそれらの力学は、一般には払われていないと思われている「お金」がエネルギー源かもしれないし、そうではなくて地域の名士になれるという健全?なものかもしれませんが、私は来年、町内会の横に位置する「お役所の外郭団体の下部組織の支部」の役員に内定しましたから、上述「力学」の謎が解けるかもしれません。

それで「町内会長って、けっこうオイシイはなしじゃないのぉ!」って思えれば、次回の町内会当番役員がまわって来たときには、渋々のふりをして町内会長に就任したいと思います。

そうでなければ町内会を脱会いたしましょう。
今の私のところの町内会に限っては、住民目線ではほとんど必要性がありません。住民ニーズは「地域会員制フィットネスクラブを」みたいなことです。
それでも旧来の町内会を抜けられない理由は、もし脱会したら「町内会に加入している人から嫌な顔で見られるから」というのが参加を続ける負のモチベーションになっています。
タグ:町内会

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:30| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

インフルエンザ予防注射で思い出した、将来死ぬ間際のこと

今日、インフルエンザ予防注射をしました。
料金3800円は高い!です。
どうして高いのかネットをググってみたら「インフルエンザ予防注射は医者の年末ボーナスみたいだ・・・」という記事がヒットしました。その記事が言うには、そもそもインフルエンザ予防ワクチンは一瓶350円の製造原価だそうで、それが卸しや販売業者の中間マージンにより医者の手にわたるときに1000円になり、客?の私は3800円を払うので、差額ひとり2800円が医者の儲けになるという説が載っていました。

医者でワンショット3800円を聞いたとき、やめようかと思いましたが、今年3月に実物のインフルエンザに罹患してしんどい目に遭ったのを思い出し、痛くても、高くても、一発打ってもらおうと決めました。

今年3月、私はどんな状態だったかというと・・・
熱は38℃ちょうどぐらいしか幸い上がりませんでしたが、なにしろ全身がだるくて力が抜けて、寝返りどころか手を動かすこともままなりませんでした。
実際に寝返りや手を動かすことができなくなってしまったのではありません。気力が完全に抜けてしまったのです。

「・・・何も動かしたくないから、動かさないでじーっとしていたい・・・」状態になり、腰が痛くても、額から顔に寝汗が滴ってきても「そんなことよりじーっとしていたい」「いつまでもこうやってじーっと動かないでいたい」。インフルエンザのおかげで、私はそんな完全無気力状態になってしまいました。

そんな状態だからメシを食うなんてことも興味ありませんでしたし、食欲も無いから2日ぐらいは何も食べず、水も飲まないからトイレにも行きたくありませんでした。
たぶんこんなことが何日も続いたら、きっと死にます。

「いい加減にしなさい!!」と、妻に一喝されたので、しかたなくベッドに座り、フラフラな状態でおかゆを飲み込んでトイレに行ってまた寝たのを覚えています。ということは、怒られたら気力が少し出て、体が動いたわけです。

私は最近このインフルエンザ以外に寝込まなければならない病気をしたことがありません。もう15年以上は病気で寝込んだことが無いです。10年前ぐらい前に一度、二日酔いで寝込んだことがあるだけで、それもキツかったけど、キツくても朝起き上がってカイシャに出かけて、気合いを入れてコーラ飲んでなんとか一日仕事して帰ってくる頃には体がシャンとしていましたから、体がしんどいときにも気合いを入れることは必要じゃないか?と思っていました。

それがアーリーリタイアして、体がしんどいのにわざわざ起きることもなく、ベッドにずーっと寝ていても良いわけだから、そうやって「・・・動きたくない・・・動かないのは楽・・・こうやって死んでいくのかも・・・」となったわけです。

でもこりゃ、将来臨終の床に着いたら、きっと同じことになるんじゃないか!?とも思いました。「・・・こうやって死んでいくのかも・・・」の続きに、そのついでに死ぬことになりますから、やっぱ普段から適当に寝込まなければならない病気をして、体を動かしたくないときに、あえて気合いを入れて体を動かす訓練を積んでおくことが必要ではないでしょうか。

そうしたら、訓練の成果を発揮できて、死にそうになっても、きっと10日間ぐらいは息を引き取るのを延長できるかもしれません。

それだけ長く生きても仕方が無いかもしれませんが、
10日間あったら、死ぬ間際の相続財産の情報を残る家族に正確に伝えられるかもしれないし、もしその頃までブログを書いていたら「アフィリエイト広告は遺族のIDに付け替えとけ」と、収入継続の方法も伝授できるかもしれません。

その臨終のための訓練の場としてインフルエンザにかかるのは「悪くないなぁ」と、確か今年の3月に寝ながらそう考えていたことを思い出しました。

でもそう考えていたこと忘れてました。
もう時すでに遅しです。
注射もしたし、3800円の代金も払ってしまいました。

だから今シーズンはもうインフルエンザに、絶対!かからないでしょう。
しんどいときに体を動かす訓練も、もはやできません。
タグ:予防注射

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN