2017年01月02日

セミリタイアメント大庭夏男の正月風景

うっかりしていたら、またいつもの正月が来てしまった。。
そんな気分の正月です。

私は正月が昔から好きではありません。
幼少の頃、正月は両親が普段着る服ではない着物なんか着込んで、よそよそしくあらたまった態度で不自然感が三が日中続いたし、いつも観ているテレビ番組はやっていないし、プラモデル屋も店を閉めているし、凧揚げ行くと近所のいじめっ子が幅きかせているし・・・なので正月が嫌いでした。

もうすぐ足掛け60歳に手が届きそうな今でもその余波はぬぐいきれません。
「正月は○○○せねばならない!」こんな不文律が家に染みついているからです。

1.三が日は朝8時までに起きて居間まで来なければならない
なぜなら、正月は「雑煮を食べる」という行事をしなけれなならない、という不文律があるからです。雑煮自体は私は嫌いではありません。今から35年前に東京から関西に移住してから、白みその雑煮が標準仕様となり、それまでのおすましの雑煮に比べ味と食感が私にフィットしたもんだから、妻は必ず「あんたの要望だから・・・」と正月は雑煮の三が日としてしまいました。雑煮は餅を希望個数鍋に入れて煮なければならないから、起床時間にばらつきがあると「困るから!!」8時キッカリに居間のテーブルに着席して、雑煮の完成を待っていなければならない。元旦はこの行事のおかげで寝不足で、頭ぼーっとしていました。

2.元旦は掃除してはいけない
私は掃除が基本好きです。拭き掃除はあまり熱心ではないけど、掃除機掛けはたいへん好みで「掃除機もの」と呼ばれても構わないぐらいですが、元旦だけは妻が掃除を許してくれません。理由は掃除をすると福を掃き出すから・・・と言います。私は「いやいや掃き出すんじゃないから!掃除機に『吸い取る』んだから、福を吸い寄せるんだよ」と反論を展開するのでしたが、これがまた新年早々妻には「言い訳!」と写ったらしく、逆鱗です。

3.年賀状が来る
私はいつも年賀状のやりとりがしっくり来ないので、今年は「後出し年賀状」にしようと、まだ一通も年賀状を書いていません。
なぜしっくり来ないのか・・・
年賀状はだいたいの人は年末に書き上げ、投函するから、多くの年賀状は元旦に届いてしまいます。「ご部沙汰しています。お元気ですか。」の挨拶と共に。
私もこの年末投函組に混じって年賀状を書くとやっぱり「ご部沙汰しています。お元気ですか。」と書いてしまうから、お互いに「お元気ですか」と尋ねっ放しで「はい元気にしてますよ」と応えることができないから、何だか「独り言の言い合いのような年賀状だなぁ」と思っていました。だから今年から来た年賀状を読んで、それに対して応えを書こうと思っていました。
ただ、以前は「お元気ですか」とかに混じって「頑張って○○続けています」とか「新年はスキー場にいます」という元気な調子が多かったのですが、今年来た年賀状には「なんとかやってます」とか「いつもどおりが幸せだと思うようになりました」みたいにちょっとトーンダウンした傾向があるみたいで・・・これから後出し年賀状で返事書きます。

4.福袋を買いに走らなければならない
「正月は福袋を買うに決まってる!!」
これが大庭夏男の妻の「常識」であり、子どももそれに同調し、しかたなく買いに走るのは大庭夏男の係でした。なにしろ正月二日は福袋解禁日にもかかわらず妻のデパ地下食品販売の仕事はこの日が新年初日のオープンだから「福袋を買うのは常識」でありながら自分は現場に行けないので、リタイアした夫の私が走るのは当然、という仕組みが近年すっかり定着して久しいのです。
でも今年は私の子が代走してくれました。
私も後からついて走りましたが、さすがに福袋激戦区の現場は殺気立っていました。近所で一緒に町内会役員をやっている奥様が見えましたが、やはり旦那に檄を飛ばし、手には既に二つの福袋を確保しておられました。丁寧に新年のご挨拶する雰囲気ではありません。その奥様も私などが近くにいることなどまったく気づいていないのでしょう。やはり福袋現場は私には合いません。


その他に、正月ぐらい家族団らんしなければならない、というのもありまして、元旦私はいつものように「パソコンの前に座る」という、心安らぐ日常を行うことに躊躇していました。が、今日は二日、妻はデパ地下の仕事にでかけ、福袋買いも済み、子どもは二人とも外出し、というか一人は早々と東京に帰り、自宅には私と犬の二人だけになり、やっといつもの「パソコンの前」という日常が帰って来て、心の底からほっと一息入れております。

きっと私はこの「ひとりでパソコンの前」というのが性に合っているのです。
今年もたぶんいろいろな人に会って町内会とかボランティアとかの「セミリタイア活動」をしますが、ゼッタイに週に何日かは「ひとりでパソコンの前」というのを外さないようにしなければと思いました。
これがきっと一年の計になると思います。
タグ:正月

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ぬるま湯生活リタイアメントはボケる!認知症に一番近い人

認知症になりやすい人は、食うに困らず、忙しくもなく、毎日ゆったり暮らしている老人らしいです。それって「俺?」じゃないのかね??

私が持つ東京の自宅近所に住む「友人」は69歳だそうですが、見た目は58歳の私と同等かヘタすると私より若く見られるかもしれないし、頭脳も冴えていて、話をしていても「あー」とか「えーと・・・」みたいな“もの忘れはじめの老人”がする特徴的話し方がありません。きっと他人からは50歳代だとみられるでしょう。

彼はリタイアメントではありません。でも現在は会社員でもなく、今までにも会社の従業員だった経験もなくて、彼のビジネス経歴は、彼のはなしによると、たこ焼き焼いて売るとか、水商売店を数軒束ねるような、小っちゃい会社の取締役総務部長をいくつか経験し、現在は士業と塾の講師をしている個人事業主?だということです。

その友人と先週、近くの24時間やっている居酒屋ナントカ水産に行き、ホッピーセットで飲んだので、
「なんでアンタはそんなように実際の歳よりかなり若く見えるのか?」と雑談の中で尋ねたところ・・・
「俺はひとから『何とかならないか』と言われた問題や課題を、責任感じながら、考えながらやっているからじゃねぇか」
というのが彼のこたえでした。

彼の抱える問題や課題とは・・・
たとえば、保育園を認可保育園にしたいんだけど役所が首を縦に振らない、だから何とかしてくれ、と顧客に相談持ちかけられたとか、国語は成績いいのに、どう教えても算数問題の呑み込みが悪い子を、なんとか進学校に行かせたい、とかいう親の切実な要求とか、そういう「誰かに無理やり突っ込まれた仕事」だと言います。

「そういう難問?を抱えて、毎日解決法を探したり考えたりしているから俺の脳がボケないんだろう」というのが彼の見解で、彼自身も「自分は同年代の他人よりかなり若い」と自信をもっているようなのです。

そういう話を私は「ふーん・・・」と、そのときは聞いていて、でも半分忘れた頃、今日の朝にスマホで寝起きに記事を読んでいたら、似たようなことが書いてあるのを見つけました。
↓↓↓
認知症になりやすい人はどんな人? Mocosuku(もこすく)記事へのリンク

高所得な人は趣味がいろいろできて刺激が多く、低所得者は「とにかく収入を!」と働くから刺激になって認知症が起きにくいけど「中流」が両方無いから一番あぶない!らしいのです。

この記事と上述東京の友人が話したことを組み合わせると・・・
サラリーマン生活のおかげで退職金も厚生年金も含めて「そこそこ生活できるお金を持っているリタイアした人」が「認知症に一番近い人」??なのではなかろうか、という仮説が立てられそうです。

上述私の友人はサラリーマン経験が無く、60歳や65歳は単なる通過点で引退したわけでもなく、士業と塾講師をずーっとやっているから、私と同程度の中流生活者でも「若い」です。

が一方で私自身の場合は、ずっとこれより「認知症に近い人」です。

なにしろ私は「好きな事」しかやらない主義だし、衣食住の基本的生活は終生できる年金プラスお金はあり、めんどうな事は大嫌いな性格だからリンク先記事に書いてある「外界の刺激少なく食うに困らず忙しくもない暮らし」という認知症キケン因子を持ち合わせてしまっていることになっているはずです。私はきっと「認知症に近い人」の資格ありありです。

これは「何とヤバイことに気づいた!ことでしょう」

そう思って、
じゃあ「ひとから『何とかならないか』と無理やり突っ込まれた問題や課題を、責任感じながら、考えながらやる」仕事は、再就職してやりたくない仕事する以外に何があるだろうか?
と想像してみると、あの「町内会」ってヤツが、両手を広げて、ウチへいらっしゃい!ご近所の困りごとや役所からの無茶でタダ働きな要請事の宝庫!町内会へいらっしゃい、と言っているのが見えるようです。

ここに足を突っ込むのは気が進まないなぁ。

年末年始の考え事は、
「認知症に近い人」という多分現実のヤバさをいかに克服していくか?の対策について、がテーマになりそうです。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

師走の計は11月30日にあり、とか

師走って、大事な時期だと思います。
どうも「師走は忙しいらしい」とはなしに聞きますが、私は忙しくないです。普段と変わらないリタイアメント生活が師走も続いているだけで、寒いけど忙しくはありません。

でも今年の師走は「断捨離しよう!」と“師走の抱負”をたてました。だから今年の師走は大事な月です。
1月になったらきっと“新年の抱負”をたてると思いますが、今までの新年の抱負が考えた通りになった試しがありません。でも師走の断捨離は絶対やります。

どうしてか分かりませんが、家の中にモノが増え続けています。
以前からモノが家に集まるのが嫌で、なるべく買わないようにしているのですが、それでもモノが増え続けています。先日は古いパソコンを4台リサイクルショップに持ち込んで、無料で引き取ってもらいました。調子に悪くなったミシンもリサイクルショップに売り、そうしたら急に気分が軽くなり、爽やかな気持ちになりました。

会社員時代には12月の大掃除には、思い切って“見たくない書類”をシュレダーにかけたらスカッ!と爽やかな気持ちになり、その夜の酒が美味かった思い出があります。だから捨ててしまうことは良いことなのだ、と思いながらも、なぜか自宅の使わないモノ達だけは「またいつか使うかもしれない・・・」と残してあるものが残っているのです。

それらを12月に思い切って捨ててしまおう!
これが私の“師走の抱負”なのです。

今まで捨てずにある余計なモノとは、たとえば・・・
スーツ
会社に通っているときには毎日のように着ましたが、会社生活を辞めてからただの一度も袖を通したことがありません。なので捨てます。
学生時代の教科書
こんなモノをまだ持っています。会社を辞めた頃は、将来の“金のかからない趣味”のひとつとして数学や物理などを再勉強しようと思いましたが、今までリタイアメントになってから一度もその本を開けたことがありません。もう二度と開かないでしょう。捨てます。
資料
株式セミナーで「いいこと聞いちゃった!」みたいなとき、席上配布された資料を本棚に並べてありましたが、改めて見ると時代遅れの中味になっていました。捨てます。
ネジや釘
私は日曜大工するので、釘やネジは余ると箱に入れて「宝箱」みたいにしています。何か作るとき「どこかにこの寸法のネジあったっけなぁ・・・」と宝箱の中を10分ぐらいかき回していると目的にかなうネジを見つけられるのですが、最近その宝箱が巨大化して、重くて持てないぐらいに成長してしまいました。分解して外したネジなんかを「そのうち役にたつだろう」とコレクションしていたからです。だから半分以上捨てます。

その他、昔々に秋葉原で買って、結局使わなかった電子部品の数々なんかも収納を占拠しています。

このような断捨離で出荷される不要物認定品は、多種多様で、一度に燃えないゴミ袋に入れて捨てるわけにはいきません。市で捨て方にお約束があって、月に一度ぐらいしか捨てるチャンスが巡って来ないゴミの種類もあります。

でも私には「二か所に自宅がある」というメリットがあります。
関西と東京では、ゴミの捨てルールに違いがあり、それをうまく組み合わせるとゴミが捨てやすくなるんです。

関西の私が住む地域では・・・
大きなゴミは車に積んで焼却場に持ち込んで捨てることができます。もちろん有料ですが、あまり高い値段でもなく、100キロまでドサッと捨てられるので、あの会社員時代に体験した「見たくない書類をシュレッダーにかけて」粉々にしたときに似た爽快感が味わえます。
今回12月には畳をゴミとして出しますが、東京では畳は専門業者に電話して引き取ってもらうお約束になっています。市では引き取ってもらえません。ところが関西の私の住む市では、焼却場へ持ち込んで有料ですが安い値段で燃やしてくれます。

東京では・・・
家電と金属ゴミがタダで出し放題です。
関西の私が住む地域では、金属ゴミでもちょっと大きめのものを出すと「これは条例により回収できません」なんて貼り紙されますが、東京では回収カゴに入りされすれば何でも来い!です。
それに不要家電なども、何でも来い状態です。
さすがにパソコンとディスプレイは「回収しません」となっていますが、かつてパソコンをバラバラに分解して燃えないゴミと金属ゴミと家電のところに基板を入れて、分けて回収カゴに入れておいたら回収されました。パソコンを分解して部品にすると・・・本当はどうなんでしょう?パソコン出身部品なことがバレなかっただけでしょうか?それとも部品にしてしまったモノはもはやパソコンではないからOKなのでしょうか?

なので12月前半に断捨離してゴミを仕分けして、
これは関西で、こっちは東京で、の作業をします。

たまたま12月には東京の自宅の修繕に行く用があります。というか無理やりそういう用事を作りました。愛用の軽自動車に宝箱に入っていたたくさんのネジ達を積み、懐かしい電子部品も積み、東京の家で数日間もういちど眺めて「やっぱりこりゃゴミだわ」と認定できたら、その週にきれいさっぱり捨て去ることにします。

反対に、東京の家の修繕で出る畳は、関西の自宅に持ち帰って2,3日“使い”その後に焼却場に持ち込みします。

これが今年の師走の抱負。
新年の抱負はうまくできませんでしたが、師走の計は、必ず明日からやります。
タグ:抱負

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN