2016年11月09日

誰もが?町内会を嫌いになる理由

私自身、4月から始まった町内会活動は夏の盛りまで楽しいものでした。夏祭りの企画をして、景品を買いに行き、実際にお祭りを実行して終わり、打ち上げ宴会するまでは確かにそうでした。が、ここに来て急速に「ウンザリ」しました。ウンザリする理由は、町内会がすごく保守的で問題が起きてもそれを握りつぶすから、というのが私の見方です。

ただ、新しく始めた事はみな似たような経過をたどり、
最初は意気揚々と事に当たり、その結果期待した以上に楽しく面白く、でもそれが頂点に達すると、期待は失望へと変わり、ウンザリしはじめ、もうこれ以上町内会に夢も希望も持てなくなったころ、次年度役員にバトンを引き渡しお役御免となる。
「町内会って、結局だめだわ・・・」の印象だけが残り、次に当番役員が回ってくる前に脱会しておこう、と思うようになる。こんなヤル気と失望の経過を少なくない人が辿るのではないでしょうか。

この「ヤル気カーブ」は町内会のみならず、新入社員が経験するカイシャ実態、新婚から始まる長い夫婦生活、その他学校でもスポーツジムでも、株式投資でも、みな似たような「ヤル気カーブ」を描いて期待し、失望して辞めていく場合が少なくない、と思います。

最近、近所の住人が今年の当番役員の私にところにきて「大庭さん、私、町内会を辞めます」と言いました。

理由を伺うと・・・
3年ほど前に当番役員をやっていたとき、役員会で意見を述べたところ、他の多くの役員連中から「敵視され、陰口をたくさん言われた」ということから延々と愚痴をしゃべり始めました。何を役員会で意見言ったのかは具体的愚痴を判別できませんでしたが、どうも町内会はカルチャークラブのようなスタイルに近づけるべき、みたいな意見を言ったらしいです。それで他の役員から「そんなの町内会じゃないでしょ」と反対された、というか、その場は沈黙で、後で「なに・・・あの人変人じゃない・・・」のように陰口をさんざん言われた模様です。

陰口を言われた当人は、みんなから総スカン食らってしまい、でも役は退くことはできないので我慢に我慢を重ねて1年続けてやっとお役御免になり、もう次回は絶対町内会役員はやりたくない、と決心して私に脱会を告げに来ました。

私はこの人の話を聞き・・・
同感でした。

なので引き止めもしませんでした。

では同感だった私の気持ちは・・・
もし可能なら「来年ももういっぺん役員をやってみようか」です。
理由は上に述べたように、期待が失望へ変わりウンザリしている時期が今だからです。これを越せば・・・どうなるのでしょう??
これを超して軌道に乗ると、たとえば町内会を束ねている上部組織の町内会連合会長になりたいと思うかもしれないです。どうも多くの町内会長がウンザリさせられる原因のひとつが、町内会連合の方針に沿って活動することを強制?されるので、町内会費を払ってまで上のいう事きいて働かされるのは嫌だ、ということのようです。

だとすると、その上部組織の町内会連合の役員は、やってみると“カイシャ役員のように”醍醐味ある仕事なのかもしれない、と予感させられます。私はそうなりたいとは今は思いませんが、町内会の実態を覗いてみたいと思わされます。

もうひとつ、町内会を辞めたい、と言った人はさらに強い憎しみの感情を私に吐露しました。それは近所に「無礼なヤツがいる。あんな人のために私が役員になってお世話することは絶対にできない!」と30分ぐらいその「無礼なヤツ」の無礼な根拠を赤裸々に吐露しはじめました。

話を聞いてみると、それはそれは無礼なことです。
その無礼な人の不注意で、家の一部が壊されてしまったにもかかわらず、その無礼な人は、ちゃんと謝りに来なかったという無礼さかげんです。それが事実かどうかまでは私にジャッジできませんが、まあこの事件が引き金になって、私のところに脱会を告げに来たのでしょう。まあ無理もないです。

では、このように町内会活動が嫌になり辞める人が続き、町内会の加入者が減り続けてしまったら、町内会はいったいどうするのでしょうか?
大変なことになるのでしょうか?

私は結果的に少しも大変にならないのではなかろうか、と予想しています。なぜなら私が育った東京の町には、もう今から60年ぐらい前から町内会が消えて無かったからです。それでも今も何ともありません。そりゃあご近所付き合いも希薄ですが、だからと言って不都合を訴える話は聞こえません。ときどき旧実家に行き、お隣さんと酒飲み話する限りでは「町内会が無くて不便なことは何も無いよ」と証言しているのを聞きます。

私は半年のあいだ町内会役員の仕事をやって、いったい何のための町内会活動なのかサッパリ分からなりました。確かにお祭りは楽しかったです。他に存在意義はあるのでしょうか?楽しいだけで良いのなら「カルチャークラブのような町内会」に、私は大賛成です。なのでもう少し残って中味を調べてみたくなりました。
でも、もしかしたら古色蒼然とした保守的な体質に思わぬ宝があるのかも?知れません。たぶんそんなものは無いでしょうけど。

いったい何のために、毎年当番役員になって集まる人達は、辞めもせずせっせと役員会に出席して、終わるとサッと帰っていくのか、その本当の理由が知りたいです。

そんなことを今日、妻に話してみたら・・・
妻はしっかりと私の目を見て「町内会は当番だけやっていればいいものなの!、いちいち妙な勘ぐり入れないで、黙って一年経ったらみんなと同じように役員は辞めたらいいの。余計なことしないでちょうだい!」と、怒られました。
タグ:町内会

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:53| Comment(8) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

リタイアメントが、思った以上の「タダ働きターゲット」にならない方法

サラリーマン時代には「タダ働き」という概念はありませんでした。もちろん?サービス残業や、付き合い飲み会のような実質タダ働きがありましたが、それらは「慎まれるべき事」という基本合意があったと思います。しかしリタイアメントになり、地域のみで暮らすようになると、忘れたはずの「タダ働き」に直面することがあります。

今日は、そのような「タダ働き」を“ほどほどにしておく”奥義を経験に沿ってまとめてみました。

なぜリタイアメントに「タダ働き」がつきまとうのでしょうか?
この基本は、美しくも高貴な「奉仕の精神」を「貢献活動」がかかわっています。リタイアメントになり現役を離れると「今までお世話になった地元に貢献したい」という願望が湧いてくると思います。この気持ちの裏にあるのは「自分が会社から離れ、社会の役にたたないと思われるのは嫌だ」という心理があるのかもしれません。よく思い出すと会社が社会に役だっていたかどうか?非常に疑問があることに気づきますが「社業を通じて社会に貢献する」はずの会社を辞めてしまったので、まずは地元への奉仕活動に希望をつなぐことはよくあるパターンです。

そこで地元の町内会活動や、自治会が窓口をしているボランティア活動に参加することになるでしょう。そして早速頑張って活動に精を出し、早く自分がやった実績を出せるように努力することでしょう。ちょうど転職後の新しい会社で頑張るのと同じセンスでです。会社では頑張ればまた仕事が来て給料と役職が上がっていきます。しかし奉仕活動ではそれはありません。頑張った結果また新しい仕事が来ることまでは会社と似ています。給料はもともと無いし、しかし役職は「まとめ役」とか「副会長」とか「理事補佐」のように上がり、それが努力と時間がかかり無償奉仕を増幅させるキッカケにもなり得ます。

実際、私のまわりでそのような立派な無償奉仕をされている人はたくさん居ます。でもその誰からも「タダ働きばっかりや」みたいなグチは聞いたことがありません。そういうものだと納得しているのだと見えます。

しかしこのような奉仕活動参加のイメージは、私は万人向けではないと思います。

上述のような、まさに身を捧げるような奉仕活動で良ければそれで問題ありませんが、そこまで献身的になれない人もいるでしょう。私はそうです。ときどき“パートタイムで奉仕活動に参加してもいい”、でもやる日は頑張ってやりたい、そんな感じです。
そういう「パートタイム奉仕活動参加者」のリタイアメントはいったいどう振る舞ったらタダ働きへの誘いから距離を置くことができるでしょうか。

1.「あの人はどうも忙しいようだ」と周囲に思わせておく
地域口コミ情報ネットワークは恐ろしいもので、会社を辞めるやいなや「あの人はいつも自宅に居るらしい」という情報は広い範囲に伝わってしまいます。奉仕活動グループはそのような人の中から活動をやってくれそうな人を探し回っています。このようなグループから「お誘い」があったら、まずはホイホイ安請け合いして話に載らない態度が「パートタイム奉仕活動参加者」の処方箋です。いかにその奉仕活動が面白そうでも、まずは5回に1回ぐらいの参加に留めておき「活動は興味あるけど、私は別のこともやっているので・・・」と「どうもこの人は忙しいようだ」と思わせるのがコツです。

2.一つに集中しないで「別の世界」をもいひとつ持っておく
「どうもこの人は忙しいようだ」と周囲が思うためには、自分が別の世界をもう一つ持っておくことが効果的です。二つとも奉仕活動でも、一つは関西の団体、二つめは東京の活動としておけば毎回の活動できない理由や役が引き受けられない理由付けができます。特に町内会活動ではその歴史の長さのせいで「なんとかかんとか委員会」という関連団体がいっぱいあり、そこの役員に成り手がいないもんだから「大庭さん是非お願いしますよ~、まだお若いし、でももうお勤めじゃないって聞きましたよ」と言ってきます。そのとき「もう○×▽委員会の役をやっていますからもうそれ以上は出来ません。安請け合いして活動参加できないとご迷惑かかるから引き受けられないです」と諦めさせることも可能でしょう。さらにアルバイトや派遣の仕事のような出勤を伴うお仕事を持っていれば相手を諦めさせる力は増しますが「自宅には居るけどネットで仕事をしています」では効果が薄いです。「とにかく自宅には居るのなら引き受けられるでしょ」と相手は思ってしまうみたいです。

3.タダ働き以上に、自分のお金持ち出しもあるんだよ
これはボランティア活動では「よくあること」です。
ボランティア活動は「手弁当の無償奉仕活動」という考え方が日本では?普及しているようで、この「手弁当」の意味は文字通りのお弁当だけでなく交通費や電話代や活動に行くための服とか靴とかホカロンとか、その他のもろもろの道具も実は「含まれるのだよ」という暗黙の理解があります。

これも一般的にはこれで問題は見えません。自分が好きで参加している活動なら多少の交通費を払っても電話代がちょっと増えても、自分で使う道具を自分のお金で買っても全然嫌ではないのですが、これが進むと「ちょっとぐらいなら身銭切ってもいいかな・・・」と思い始める分岐点に差し掛かります。

特に「なんとかうまくやりたいな」と思ったとき、身銭を切って「みんなが使う道具」を買ってあげることが始まり出します。でも実はこれが後々になって「お金を頼られる人」として暗黙に認識されてしまう危険があります。「あの人に頼めば何とか手配してくれるでしょ、今までもそうやっていたから・・・」そうなります。

奉仕活動で自分の時間をいっぱい過ぎて捧げるのが嫌な人は、見えない出費を奉仕活動から頼られるのはやっぱり嫌でしょう。仮にその活動自体はとても好きであっても。

過日、おそらくそのような“痛い目”に遭ったであろう人から私は強いアドバイスを受けました。
「少しであっても奉仕活動に自分のお金を出したらいけない」
やむを得ず自分が出費する場合でも「少なくとも自分がお金を出したことを相手や仲間が分かってはいけない」
アドバイスはこのようなものでした。
一旦お金を出したことが分かると、そのときは感謝されますが、それがクセになり次回も同じことを期待されることになるそうです。

会社を辞めてリタイアメントになると奉仕活動が魅力的に目に映り、実際それに参加することは良いことですが、思った以上のタダ働きや、それ以上の過度な期待には、ときには「冷たい態度」で接することが必要です。
でも、その冷たさは、自分でやりたい事をするためです。
タグ:奉仕活動

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:17| Comment(1) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

リタイアメントに白羽の矢がたつ町内会長は、たーいへん

町内会は、あるべきなのか、無くても困らないのか、ネット上では簡単にたくさんの意見や記事が発見できますが、私はこれについて自分の意見がまとまりません。私が育った東京のある地域では町内会は昔から無かったけど、だからといって何も問題無ありませんでしたが、関西に移住してリタイアメントになってから重い腰あげて参加した町内会は意外にも楽しいものでした。

でも町内会は「お楽しみ」ばかりでもないようです。
今年私はヒラの当番役員でしたが、同じ当番でも町内会長の当番になってしまった人を観察すると「これはたいへんそうだ!町内会長だけはゴメンだな」と思うのです。

なぜならば・・・町内会長は
1.のうなしだと思われる(かもしれない)
もちろんそうでない町内会長は全国津々浦々たくさんいることと思うけど、私んとこの町内会長を、少なくとも私は「のうなしだ」と思っています。けど彼の外観は実に立派な方だから「象徴町内会長」だと言った方がいいかもしれないです。が、彼のしている主な仕事は、上部団体の会議に出た感想を町内会の寄り合いで長々と報告すること。町内で困りごとがあったときは「それは町内の一部の問題だから、関係者で集まって話し合って解決してくださいな」と、問題を「そのまんまお返し」しました。

まあそんなことぐらいで「のうなし」と思うのは行き過ぎかとも思うけど、かつてサラリーマン時代30年間で身に着けた上司評価判定スキルが、辞めた今でも脳内に生きているもんだから『あ、こいつは、のうなしだ!』と勝手に決めつけてしまうわけなのです。

別の人は「あの会長はちょっと面倒くさいお方やろ」との評価。
でも決して町内会長に向かって「のうなし!」だとか「面倒な人やで、あんたは」などと言ったりしません。なぜなら町内会長を煽てて持ち上げてやっていただく御用があるからです。

その御用とは・・・
2.町内会長は、ご祝儀をせがまれる
過日のことでした。お祭りや町内運動会が終わり、じゃあここで一席開きましょう!そうやそうや!というノリで宴会が催されました。

町内会長の挨拶が儀礼的にあり、会長はやっぱり長々と誰も聞いていないだろう出席者に向かって「・・・この町内会がここまで立派に活躍できるのは皆さまのおかげ・・・」と“いい話 (›´ω`‹ ) ゲッソリ”を喋ったあと、缶ビールを一本明けたぐらいの頃でしょうか、町内会長の横の座布団に、幹事役の女の人がペタッと座り、なにやら町内会長に寄り添って耳元でニコニコしながら呟いている光景が目に入りました。

「なにしてんだろうな、まさか!?」と、みんなで見守っていたところ、町内会長は内ポケットから長財布を取り出し、眉間に皺を寄せてその財布の中から一万円札を取り出し、その幹事の女の人に渡しているではありませんか。

そうです、町内会長は幹事の女性から今日の一席のためのご祝儀をせがまれたのでした。
ご祝儀を上役が出すこと自体はカイシャ生活時代では珍しくなかった「○○部長からご祝儀いただきました!」「ワーイ!!」な光景なのですが。ここはカイシャじゃなくて町内会。しかも町内会長といっても単に抽選で負けクジ引いただけなのに、それでもご祝儀を求められるの?

ご祝儀を出すような町内会長さんは、私は個人的にまったく別な場所で、そのお方を知っていますが、その人の場合は当番ではなくて、ましてや抽選で決まった「負けクジ引いて」運悪く町内会長になったのではなくて、町内の人々に「次はあの人」と見染められ、1年間は前任の町内会長に付いて下働きをして修行を積み、それで晴れて町内会長になったケースです。

おそらくこの町内会長さんには、いくばくかのお金が町内会から支払われていて、ご祝儀はその中から出されるのかと思います。ただまあきっとこのケースでも個人持ち出しの方が上回るでしょうけど、私んとこの町内会には会長に町内会費からお金を支払うなんてあり得ません。でもご祝儀を町内会長にせがむことは「あり得る」のです。

いったい任期の1年間でいくらポケットマネーのお金を持ち出すのでしょうか?
期が終わりに近づいたらいっぺん町内会長に苦労話を聞いてみようと思います。
その話次第によっては、
町内会員を抜けようかな!??
タグ:町内会

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN