2016年11月26日

一年間の町内会活動の、おさらい

今年の町内会活動はほぼ終わりました。任期は来年3月までですが、もうめぼしい行事がありません。あとは嫌がる来期役員候補者を口説く仕事?だけ残っています。

町内会役員を一期やってみた感想は・・・
やっぱりいわゆる定番スタイルの町内会は、私の住む地域に限っては、住民側からのニーズはあまり無くて「町内会を解散しても困ることは無いんじゃないの!?」です。もし将来も町内にそれに似た集団を残すのであれば、防災、祭り、スポーツ、地域内親睦などのサークルに分けて、それぞれに「その活動に参加してもよいと思う住民が集まって運営する」組織に代えて存続させるのが良いと思う!。これが大庭夏男がやった結果の結論でした。

もし、そのような方向に進めていかなきゃ!と思えるような理由をつくるとしたら・・・
従来型の町内会から脱会する人続出になって、会が存続できず「どうしたもんか・・・」と役員一同頭を抱え、その間に新しい別の地域活動が生まれて盛んに活動しだし、しかたなく町内会もそちらの活動に追従するようになったとき、ではないでしょうか。

一期やってみて、私は夏祭りなどのイベントを企画したり準備したり実行することは楽しいものでした。そう思わずに、しかたなくやっている人もいました。なぜみな一緒に同じことをしなければいけないのでしょう?ここが私の大きな疑問です。

町内会長など上位の方々は「住民一緒になって・・・」というような表現をよく使います。その理由として「地震などの災害時に、近隣の人の把握ができるように・・・」と言っていまして、その効果は確かに町内会活動に無いと言えないけど、私は町内会を存続させるための建前になっているような気がします。

町内会活動の「嫌な仕事」は、町内会上位団体から「これをやるように伝えてください」の仕事を“やらされること”です。町内会上位団体はどこからその「嫌な仕事」を仕入れてくるのか?資料の出典を眺めると、大部分がお役所の関連団体からです。福祉なんとか協議会とか、青少年育成なんとか会とか・・・などなどです。

たぶん(ここからは想像です)お役所は町に町内会があると、お役所の仕事がとてもはかどり、タダで使える便利な組織が「町内会」になっているのでしょう。そのために立派なグラビア印刷された立派なチラシを作って回覧板に入れさせ、行事の参加賞にゴミ袋をプレゼントする予算をつけているのでしょう。

町内から「公園の木が邪魔だから切ってくれ・・・」みたいな苦情もまず町内会に持ち込まれ、その中で井戸端会議にかけられて「ああだこうだ」「それは良い!」「イヤ、あの木は風情があるから切っちゃダメだ」などなどさんざん時間をかけてフィルターにかけられた後の「選りすぐられた問題」だけがお役所に行くことになるだろうから、お役所としては自動的に「住民みんなの意見」になって、木を切ってから「ちゃんと住民に意見聞いてから切れ!」みたいにお役所が文句を言われないだろうし。
なにかとお役所から見れば町内会は便利に使えるので、是が非でも残したい!と、私がお役所の人間なら間違いなくそう考えます。

そのためには、町内会長や町内会連合会役員に「その気」になってもらうような「意識付け」をやらないと、町内会長や町内会連合会役員に偶然なった人もバカらしいとやりません。なぜなら町内会活動はボランティアベースのタダ働きだから?です。

この「タダ働き?」が、私が今のところ実態が分からない最大の興味で、実はオイシイことが隠されているのではなかろうか?と思っています。

町内会長はなぜ行政に協力したいと思うモチベーションが生まれるのか?

私の住む地域には町内会が広く分散してあり、20ぐらいの町内会が「連合会」を作ってその傘下にあります。さらに私が観察する限りでは、その20ぐらいある町内会の会長さん達はみんな従順です。反逆を企てた人のはなしは聞いたことがありません。さらに連合会の会長さんは当番ではなく「適任者?」が長~い期間勤めていて、どうもたまたま地域に住んでいるお役所のOBなんかがやっているようです。

お役所のOBがやる、というのは「天下り」のイメージですが、それにしても手弁当ではきっとやりたがらないでしょうねぇ。
さらに当番町内会長がなぜそのお役所OBの指導?に従順になっているのか?の理由にも、そうなる「力学」があるように思われます。

もしかしたらそれらの力学は、一般には払われていないと思われている「お金」がエネルギー源かもしれないし、そうではなくて地域の名士になれるという健全?なものかもしれませんが、私は来年、町内会の横に位置する「お役所の外郭団体の下部組織の支部」の役員に内定しましたから、上述「力学」の謎が解けるかもしれません。

それで「町内会長って、けっこうオイシイはなしじゃないのぉ!」って思えれば、次回の町内会当番役員がまわって来たときには、渋々のふりをして町内会長に就任したいと思います。

そうでなければ町内会を脱会いたしましょう。
今の私のところの町内会に限っては、住民目線ではほとんど必要性がありません。住民ニーズは「地域会員制フィットネスクラブを」みたいなことです。
それでも旧来の町内会を抜けられない理由は、もし脱会したら「町内会に加入している人から嫌な顔で見られるから」というのが参加を続ける負のモチベーションになっています。
タグ:町内会

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:30| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

インフルエンザ予防注射で思い出した、将来死ぬ間際のこと

今日、インフルエンザ予防注射をしました。
料金3800円は高い!です。
どうして高いのかネットをググってみたら「インフルエンザ予防注射は医者の年末ボーナスみたいだ・・・」という記事がヒットしました。その記事が言うには、そもそもインフルエンザ予防ワクチンは一瓶350円の製造原価だそうで、それが卸しや販売業者の中間マージンにより医者の手にわたるときに1000円になり、客?の私は3800円を払うので、差額ひとり2800円が医者の儲けになるという説が載っていました。

医者でワンショット3800円を聞いたとき、やめようかと思いましたが、今年3月に実物のインフルエンザに罹患してしんどい目に遭ったのを思い出し、痛くても、高くても、一発打ってもらおうと決めました。

今年3月、私はどんな状態だったかというと・・・
熱は38℃ちょうどぐらいしか幸い上がりませんでしたが、なにしろ全身がだるくて力が抜けて、寝返りどころか手を動かすこともままなりませんでした。
実際に寝返りや手を動かすことができなくなってしまったのではありません。気力が完全に抜けてしまったのです。

「・・・何も動かしたくないから、動かさないでじーっとしていたい・・・」状態になり、腰が痛くても、額から顔に寝汗が滴ってきても「そんなことよりじーっとしていたい」「いつまでもこうやってじーっと動かないでいたい」。インフルエンザのおかげで、私はそんな完全無気力状態になってしまいました。

そんな状態だからメシを食うなんてことも興味ありませんでしたし、食欲も無いから2日ぐらいは何も食べず、水も飲まないからトイレにも行きたくありませんでした。
たぶんこんなことが何日も続いたら、きっと死にます。

「いい加減にしなさい!!」と、妻に一喝されたので、しかたなくベッドに座り、フラフラな状態でおかゆを飲み込んでトイレに行ってまた寝たのを覚えています。ということは、怒られたら気力が少し出て、体が動いたわけです。

私は最近このインフルエンザ以外に寝込まなければならない病気をしたことがありません。もう15年以上は病気で寝込んだことが無いです。10年前ぐらい前に一度、二日酔いで寝込んだことがあるだけで、それもキツかったけど、キツくても朝起き上がってカイシャに出かけて、気合いを入れてコーラ飲んでなんとか一日仕事して帰ってくる頃には体がシャンとしていましたから、体がしんどいときにも気合いを入れることは必要じゃないか?と思っていました。

それがアーリーリタイアして、体がしんどいのにわざわざ起きることもなく、ベッドにずーっと寝ていても良いわけだから、そうやって「・・・動きたくない・・・動かないのは楽・・・こうやって死んでいくのかも・・・」となったわけです。

でもこりゃ、将来臨終の床に着いたら、きっと同じことになるんじゃないか!?とも思いました。「・・・こうやって死んでいくのかも・・・」の続きに、そのついでに死ぬことになりますから、やっぱ普段から適当に寝込まなければならない病気をして、体を動かしたくないときに、あえて気合いを入れて体を動かす訓練を積んでおくことが必要ではないでしょうか。

そうしたら、訓練の成果を発揮できて、死にそうになっても、きっと10日間ぐらいは息を引き取るのを延長できるかもしれません。

それだけ長く生きても仕方が無いかもしれませんが、
10日間あったら、死ぬ間際の相続財産の情報を残る家族に正確に伝えられるかもしれないし、もしその頃までブログを書いていたら「アフィリエイト広告は遺族のIDに付け替えとけ」と、収入継続の方法も伝授できるかもしれません。

その臨終のための訓練の場としてインフルエンザにかかるのは「悪くないなぁ」と、確か今年の3月に寝ながらそう考えていたことを思い出しました。

でもそう考えていたこと忘れてました。
もう時すでに遅しです。
注射もしたし、3800円の代金も払ってしまいました。

だから今シーズンはもうインフルエンザに、絶対!かからないでしょう。
しんどいときに体を動かす訓練も、もはやできません。
タグ:予防注射

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

誰もが?町内会を嫌いになる理由

私自身、4月から始まった町内会活動は夏の盛りまで楽しいものでした。夏祭りの企画をして、景品を買いに行き、実際にお祭りを実行して終わり、打ち上げ宴会するまでは確かにそうでした。が、ここに来て急速に「ウンザリ」しました。ウンザリする理由は、町内会がすごく保守的で問題が起きてもそれを握りつぶすから、というのが私の見方です。

ただ、新しく始めた事はみな似たような経過をたどり、
最初は意気揚々と事に当たり、その結果期待した以上に楽しく面白く、でもそれが頂点に達すると、期待は失望へと変わり、ウンザリしはじめ、もうこれ以上町内会に夢も希望も持てなくなったころ、次年度役員にバトンを引き渡しお役御免となる。
「町内会って、結局だめだわ・・・」の印象だけが残り、次に当番役員が回ってくる前に脱会しておこう、と思うようになる。こんなヤル気と失望の経過を少なくない人が辿るのではないでしょうか。

この「ヤル気カーブ」は町内会のみならず、新入社員が経験するカイシャ実態、新婚から始まる長い夫婦生活、その他学校でもスポーツジムでも、株式投資でも、みな似たような「ヤル気カーブ」を描いて期待し、失望して辞めていく場合が少なくない、と思います。

最近、近所の住人が今年の当番役員の私にところにきて「大庭さん、私、町内会を辞めます」と言いました。

理由を伺うと・・・
3年ほど前に当番役員をやっていたとき、役員会で意見を述べたところ、他の多くの役員連中から「敵視され、陰口をたくさん言われた」ということから延々と愚痴をしゃべり始めました。何を役員会で意見言ったのかは具体的愚痴を判別できませんでしたが、どうも町内会はカルチャークラブのようなスタイルに近づけるべき、みたいな意見を言ったらしいです。それで他の役員から「そんなの町内会じゃないでしょ」と反対された、というか、その場は沈黙で、後で「なに・・・あの人変人じゃない・・・」のように陰口をさんざん言われた模様です。

陰口を言われた当人は、みんなから総スカン食らってしまい、でも役は退くことはできないので我慢に我慢を重ねて1年続けてやっとお役御免になり、もう次回は絶対町内会役員はやりたくない、と決心して私に脱会を告げに来ました。

私はこの人の話を聞き・・・
同感でした。

なので引き止めもしませんでした。

では同感だった私の気持ちは・・・
もし可能なら「来年ももういっぺん役員をやってみようか」です。
理由は上に述べたように、期待が失望へ変わりウンザリしている時期が今だからです。これを越せば・・・どうなるのでしょう??
これを超して軌道に乗ると、たとえば町内会を束ねている上部組織の町内会連合会長になりたいと思うかもしれないです。どうも多くの町内会長がウンザリさせられる原因のひとつが、町内会連合の方針に沿って活動することを強制?されるので、町内会費を払ってまで上のいう事きいて働かされるのは嫌だ、ということのようです。

だとすると、その上部組織の町内会連合の役員は、やってみると“カイシャ役員のように”醍醐味ある仕事なのかもしれない、と予感させられます。私はそうなりたいとは今は思いませんが、町内会の実態を覗いてみたいと思わされます。

もうひとつ、町内会を辞めたい、と言った人はさらに強い憎しみの感情を私に吐露しました。それは近所に「無礼なヤツがいる。あんな人のために私が役員になってお世話することは絶対にできない!」と30分ぐらいその「無礼なヤツ」の無礼な根拠を赤裸々に吐露しはじめました。

話を聞いてみると、それはそれは無礼なことです。
その無礼な人の不注意で、家の一部が壊されてしまったにもかかわらず、その無礼な人は、ちゃんと謝りに来なかったという無礼さかげんです。それが事実かどうかまでは私にジャッジできませんが、まあこの事件が引き金になって、私のところに脱会を告げに来たのでしょう。まあ無理もないです。

では、このように町内会活動が嫌になり辞める人が続き、町内会の加入者が減り続けてしまったら、町内会はいったいどうするのでしょうか?
大変なことになるのでしょうか?

私は結果的に少しも大変にならないのではなかろうか、と予想しています。なぜなら私が育った東京の町には、もう今から60年ぐらい前から町内会が消えて無かったからです。それでも今も何ともありません。そりゃあご近所付き合いも希薄ですが、だからと言って不都合を訴える話は聞こえません。ときどき旧実家に行き、お隣さんと酒飲み話する限りでは「町内会が無くて不便なことは何も無いよ」と証言しているのを聞きます。

私は半年のあいだ町内会役員の仕事をやって、いったい何のための町内会活動なのかサッパリ分からなりました。確かにお祭りは楽しかったです。他に存在意義はあるのでしょうか?楽しいだけで良いのなら「カルチャークラブのような町内会」に、私は大賛成です。なのでもう少し残って中味を調べてみたくなりました。
でも、もしかしたら古色蒼然とした保守的な体質に思わぬ宝があるのかも?知れません。たぶんそんなものは無いでしょうけど。

いったい何のために、毎年当番役員になって集まる人達は、辞めもせずせっせと役員会に出席して、終わるとサッと帰っていくのか、その本当の理由が知りたいです。

そんなことを今日、妻に話してみたら・・・
妻はしっかりと私の目を見て「町内会は当番だけやっていればいいものなの!、いちいち妙な勘ぐり入れないで、黙って一年経ったらみんなと同じように役員は辞めたらいいの。余計なことしないでちょうだい!」と、怒られました。
タグ:町内会

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 16:53| Comment(8) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN