2017年05月10日

セミリタイアメントの「余裕資金」とは、いったい何を指す?

金融機関に行くとよく聞かれる「余裕資金」は投資信託や株といった「危ない橋」を渡るようなモノを買おうとするときに登場してきます。今日は現役を辞めたセミリタイアメントが「危ない橋の渡り方」を考えるときに忘れちゃいけない「余裕資金」とは何ぞや?を記事化してみました。

世間には「余裕資金」という言葉があって、銀行で投資信託を買うときなんかに「このお金は余裕資金ですか?」などと聞かれることがあります。このとき「いいえ」と答えたら、もしかしたらお目当ての投資信託は買えないかも知れないです。なぜなら投資信託は元本保証が無く、大事なお金が減ってしまう“可能性”があるから。だから“余裕のないお金”でそんなキケンな投資信託を買わせると、後でお客から訴訟を起こされたときに銀行は困るから、買わせる前に、この資金は“減ってもOK”な余裕資金です!とお客に宣言させておく、こういうときに専ら「余裕資金」という言葉が登場して来るのがいつもです。

他には登場しません。
投資信託よりずっと高価な車を買ったときも、もっと高額な家を買ったときも、海外旅行のために旅行会社にお金払ったときにも「このお金は余裕資金ですか?」と聞かれたことはただの一度もありません。どれもこれも買った後はみるみると価値が下がってしまいますが、誰も買う時に心配しません。考えてみると不思議ですが・・・

まあともかくセミリタイアメントになるなら、自分の余裕資金と、そうでない資金とはよく区別して迷わないようにしておかなきゃならんな、と思ったもんだから、今日あえて記事にしました。

「余裕資金とは」をネットでググると「当面は使う予定の無いお金」みたいな言葉が出てきますが、現実は「もしその価値が減ったら、減ったときに何とかそれで対応できる資金」と考えるのがいいんじゃないかと、そんな気がします。

たとえば銀行に預けておいた50万円を1年後に降ろして、そのお金で海外旅行に行きたいと思う場合、普通預金ならそっくりそのまんま50万円引き出せて、予定していたヨーロッパ旅行に行けるでしょう。
もし銀行で50万円の投資信託を買い、1年後めでたく70万円に増えていたらスイスにも寄って氷河特急の旅も追加できるかもしれません、が逆に30万円に減ってしまったならばヨーロッパ旅行はヤメにして東南アジア旅行に切り替えれば、とにかく海外旅行ができる。そんな具合に“何とかできる”ような目的のお金であれば「余裕資金」と呼んでいいのではないか!?なのです。

海外旅行の場合はそれで済むかも知れませんが、例えば遅かれ早かれ入居するかも知れん「介護施設」の場合はもうちょっとシビアでしょう。今は「まあそんときに持っているお金で入居できるところに行きゃいいんだ」と余裕で考えていても、イザ自分の番が来たとき「こんなハズじゃなかった・・・」と悔やんでみても遅いからです。であれば将来の介護のために貯めているお金を「余裕資金」と考えていいやらいけないのやら・・・。分からなくなってしまいます。

でも現役を退いたからには、投資信託や株やFXをやるのなら、私は「余裕資金」しかそれに費やしてはいけないと思うのですね。だから上述の介護施設はもとより、海外旅行なんかでも「俺は死ぬまでにゼッタイにオーロラを拝みに行く!じゃないと死ぬに死ねない」なんて本気な人は、フィンランド旅行費用は余裕資金にはならないのです。減ってしまっって仕方なく東南アジア旅行で代替しても意味ないですからね。

そう思っても、将来10年先とか20年先のことまで「必要だ」とか「ぜったい必要だとは言えない」と決めることは無理だ!と大勢の人は思うのでしょう。私はけっこう先々のことまで決めたがるタチですが、私の家族は正反対のタチで「そんな先のことまで決められるワケないじゃん!」と真顔で、しかも青ざめて、そう言います。

「決められない」となると、上述の「余裕資金」がいったいどれであるかも決められません。だから投資信託なんか買わないで、みんな安全な預貯金の口座に入れておく、みたいになるのが筋道なのですが・・・よく分からんことに、私の妻もそんな口叩きながら株と投資信託にはずいぶんなお金をつぎ込んでいるから、私から見たら論理がメチャクチャです。

ただそれでも妻が投資信託や株をやっているのは「それで得しているから」。間違いなくその理由です。たぶん「将来どう使うのか分からないけど、とにかく益出しできているんだから、やらない手は無いでしょう」みたいな。

反対に買った株や投資信託が損を出し始めたら、どうなってしまうのか・・・私ん家もそれは心配です。

私としては家族に「将来のことなんて決めるのがムリ!」と断言されているので、決められないのなら代わりに上述海外旅行のはなしのように、そんとき持っているお金の範囲で柔軟にやろう!しかできなくなりました。なので柔軟にできそうな事に使うお金は「余裕資金」。そう考えて、なるべく事を柔軟に済ますようになろう!。これを方針にしようかと。

既に我が家で「柔軟」に決めているものは、例えば「お墓」がありまして、父母が建てた「大庭家のお墓」がありますが、維持管理がキツいとなれば私は墓を畳んで共同墓地に移る気でいます。

こういうような事をもっと増やせないかと考えていますが、今のところここに書けるような良い例がありません。

なぜ「余裕資金」にこだわるのか?
ここまで余裕資金にこだわっている理由は、投資信託と株を続けるためです。

私は銀行に言われる間でもなく、価値が減って困るお金ならそんなものに使えないと思っています。だから真剣に余裕資金の額をはじき出して、その何分の一かで投資信託と株をやり続ける気なんです。両方とも含み損が出ています。利益確定して儲けも出ました。損益を差し引きするとかなり儲けが出ています。なので死ぬまでか?認知低下でやれないところまでやり続けようと決意しました。お金が湧きだしてくるのは金鉱掘りみたいで楽しくてしかたがありません。私が死ぬかお金が分からなくなる認知症になったとき、そのお金が余裕資金なら減ってしまっていたとしても困ることにならないで済むでしょう。減って悔しがるのは、悔しいと思うことすら失った私しかいないのですから。

このような性分は他の人には当てはまることは少ないかもそれないけど、しばらくは銀行の預金というものは「お金の保管と引き落としサービスをタダでしてくれるところ」でしかありませんので、増やすなら何か少しは危ない橋を渡るしかないと思います。

であるならば「危ない橋の渡り方」として落ちても絆創膏貼ればいいや!程度で済む「余裕資金」とは何だ?について考えることが要るんじゃないかと思いました。
タグ:余裕資金

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:44| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

「ゆるい仕事」は、実行するのがゆるくないと思うよ

過日BSジャパンの「日経プラス10」で経済コラムニストの大江英樹氏が「老後赤字は年金+月8万円で防ぐ」について語っていました。「夫婦でそれぞれ4万円づつ稼げばいいんだし、もしかしたらそこまで稼がなくてもいいかもしれません。要はどのような生活を送りたいかで必要な額が決まるんで・・・」こんなお話も。

この話をテレビで見て聞いて、視聴者はいったいどう思ったのか、良さそうだから実行しよう!と思った人はどのぐらいいるのか?私は実に興味ありますが、おそらく視聴者の大半が何だかピンと来ない夢のお話ぐらいにしか受け止めなかったのではないか??という気がします。

しかし、この手の「ゆるい仕事」のことがテレビの、しかもメジャーな経済番組の「日経プラス10」で語られるようになったということは結構なことです。「ちょこっと仕事して稼ぎ、多くを自由時間にあてる式のセミリタイア」がだんだんメジャー域に接近している傾向が見えます。

そのうち政府のやっている「働き方の改革」のひとつに「セミリタイア」も加われたらなぁ、と。

ただ、どうなんでしょうかねぇ。
上述番組では「月8万円」を聞いて、しかも夫婦だったら「月4万円でもOK」と聞いて、多くの視聴者は「たったそれっぽっちの収入でカッコつくかよ!」と思ったのではないでしょうか?しかも「月4万円」レベルの収入で済む仕事は、探すのが難しいかもしれないです。

「月8万円」は、パート勤務者の月収を下回るかもしれないし、「月4万円」のパートというのは日に4時間勤務として週3日勤務ぐらいでしかないので、はたしてそんな楽な、しかもシニアのためのパートがあるのかどうか?

仮にその「ゆるいパート」の仕事が運よく見つかったとして、現役時代は月収40万円だの50万円だったりするサラリーマンが「いい仕事が見つかった!」と喜べるかどうか?

相棒の奥様にしても「ゆるい仕事」を見つけていそいそと開始する旦那を眺めていい気持ちになるかどうか?きわめて懐疑的です。
ウチの場合も、超運よくアーリーリタイアを認めてくれた我が妻ですが、その後は近所のオバはんやパート仲間に「ご主人何やってるの!毎日家に居るなんてダメやんか!なんで早期退職を許したんよ!今度連れていらっしゃい。あたしが就職世話してあげるさかい!」なんてしばらく言われ続けたのですよ。そういうのをふつうの人は馬耳東風で「まあごもっとも、だけど俺はやらないよ」と流せるでしょうか?

私は私の家庭しかよく知らないからよそ様がどう感じ何を考えるか想像するしかありませんが、たまーに近所の方々と町内会つながりでお話すると、私ん家よりとてもとても「他人との比較」の中で、比べながら、負けまいとして、背伸びもして、踏ん張って暮らしているとしか思えない言葉にしばしば直面します。

私が軽く「・・・普段私は家に居ることが多いので・・・」なんて言うと「エ!なんで・・・どうして?」と言うか、顔に書いてあるのが見えるわけです。
そこで「私は家で仕事しているので」というと半分ぐらい納得するみたいで「そーよねー、まだお若いから」などとアラ還まる出しの私をつかまえて「若い」という表現を使うのですね。

このような普段の観察をふまえると、
60歳ぐらいはまだちゃんと仕事していないと世間様に恰好がつかない。ちゃんと仕事するには勤めなさい。しかも世間様に言っても恥ずかしくないぐらい稼いで来なさい!という奥様方の声なき声が聞こえるし、旦那もそれに応えようと考え、自らも「他にはまだ負けたくない」という自尊心も働いて・・・だから「月8万円」だの「月4万円」だのいう収入に満足することは精神上不可能だ、となるんじゃないかなぁ、と予感するのです。ふつうの人であれば。

だから「老後赤字は年金+月8万円で防ぐ」と聞いて、身を乗り出す人は限られていて、月8万円ビジネスは有望だと気付いた僅かな人と、既に老後を毎月赤字で暮らして困り果てている既に相当シニアの人々ではないかなぁ。
でも後者には手を差し伸べる受け皿があるとは思えません。

月8万円とか4万円ビジネスを安定的にやる方法は、ネットを使ったビジネスか、私は経験無いけど自動販売機を置く、駐車場に土地を貸す、不動産賃貸などではなかろうかと思いますが、ネットビジネスは「明日から月8万円」というのは無理な話で、通常長い助走期間が要るし、他の方法も土地やら物件を持たなければできません。
だからふつう?は「日に4時間で週3日勤務のパートは無いかなぁ」と探し回ることになってしまうでしょう。でもそういうの、滅多に無いと思います。

しかし、もし潜在ニーズが多くあることが判明したら、そんな「ゆるいパート」「ゆるいアルバイト」が多く現れるかもしれないですね。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 14:47| Comment(6) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

65歳になったら、とにかく年金事務所に行って尋ねてください、と言われた

とにかく65歳の誕生日には夫婦そろって地元の年金事務所に行き「なんか、忘れている手続きない?」と尋ねることを強くおススメします!と、年金事務所の担当者は私に語りました。

過日「特別支給の厚生年金の受け取り忘れ、時効で消える」という記事を書きましたが、昭和41年4月1日以前が誕生日の人には、妻に「振替加算」が、届け出したら付きますよ!というのもあります。これは旦那の65歳の誕生日というのがポイントです(妻の扶養家族の旦那の場合は逆なので、そう読み替えてください)。

この件について記事にもう一回書こうと思い、間違っちゃイカンとも思い、地元の年金事務所に電話して聞きました。

特に「姉さん女房」の夫婦は、“旦那様が”65歳の誕生日になったら(正確には誕生日の前日から)地元の年金事務所に足を運び「振替加算の手続きに来ました」と言い、振替加算の支給手続きをしてください、と電話の担当者は言いました。姉さん女房の人の場合は加給年金がありませんが振替加算はあります。この存在を忘れてしまっていて、支給手続きしなかったら、時効前に手続きするまで受け取れません。

対象者には旦那の65歳誕生日近くにお知らせがくるそうですが、その知らせを見逃し、あるいは忘れ、もしくは「なんじゃこれ?」と意味不明だと無視したら、5年を過ぎると時効成立で、もはや永久に受け取れなくなります。

私は昭和33年生まれなので、年額3万円ちょっとが「妻の」年金にオンされるようです。
これが振替加算という制度です。
金額はちょっとですが毎年オンされるからバカにできません。忘れると「ヤバ!」と気がついた年の5年前分までは受けられますが、それ以前の年月の権利は消えて無くなります。

ちなみに、昭和33年生まれの支給額はそんなものですが、もっと生まれが早い人はオンされる額がデカく、反対に若い世代はどんどん支給額が小さくなり、昭和41年以降は、もうゼロになる、そんな制度が振替加算です。

年下女房の場合はこれとは別に「加給年金」があります。これと「振替加算」はセットです。なので旦那が年金受給年齢になったら、たぶん間違いなく加給年金を案内され、セットになっている振替加算がくっ付いてきますから忘れることは無いと思うのですが、姉さん女房の人は「加給年金」が無く、いきなり「振替加算」だけ到来しますし、これ自体かなり知名度低いですからお知らせ来ても「なんじゃこりゃ???」でホッタラカシ・・・になってることもあしそうですよね。

上記に限らず、老齢年金は65歳から本格支給が始まりますから、65歳になったら年金事務所に一度出向いて、必要な手続きは無いのかチェックを受けるようにした方が損しないで済みそうです。

ちなみに「振替加算」という制度は、昭和41年4月1日以前が誕生日の人だけが対象です。
↓↓↓
日本年金機構 加給年金額と振替加算へのリンク
タグ:振替加算

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN