2018年07月19日

収入、節約、投資の3点バランス・・・だとさ!

今月のはじめの頃だったと思うけど、放送日時は詳しく覚えていないけれど、BSジャパン「日経プラス10」で、定年後は収入、節約、投資の3つをそれぞれバランスよく行っている暮らしは「心配がない」。少なくともこのうち2つは行った方が良い。1つだけでは、それが格段に優れていれば良いけど、そうでないと老後の生活は心配だ、というゲストの話がありました。

ゲストが誰だったか覚えていないけど、その話を聞いたときには「ふーん」としか思いませんでしたが、なーんとなく頭に残ったので、忘れないようにここに記録することにしました。

1.収入
ここで言っていた収入は、どこかに就職して得られる給料のことを指していました。だから定年後もリタイアするんじゃなくて再就職して、たとえ給料が今までより大きく減っても、他の2つでカバーできれば老後の暮らしが心配ないという「よくある話」のはなしです。だから私は「ふーん」としか思いませんでしたが、実際にこれから再就職しようとするちょうど私と同年代のサラリーマンにとっては「給料が今までより減って・・・」の部分を「ふーん」と素直に受け止め難い。これがプレッシャーなのではないか!?と想像しました。

私の場合はアーリーセミリタイアメントなので再就職しなかったわけですから、52歳からの収入は現役時代の100分の1に減りました。これで何とかなっているのは、上記ゲストの先生が言うところの、残り2つが貢献したこともありますが、もっと貢献したのは大丈夫な貯蓄をしていたからです。

ゲストの先生は貯蓄のことはなーんにも言及していませんでしたが、その理由は、この放送プログラムの対象が「貯蓄が無い、あるいは少ない50歳代」だったからです。

2.節約
ゲストの先生は節約については「出費を抑えた暮らし」について軽く話していました。が、私はこれこそが一番大事だと52歳から、というかもっとずっと前から節約技術力を身に着けることに余念がありませんでした。だから、もしかしたら私は節約生活に類まれな能力を持っているのかもしれません。だからもうすぐ60歳になる身でありながら52歳から就職せずに暮らせていると思っています。

ただ、節約とか倹約は、個人の性格により無理なこともあります。

たとえば、こんなランチでも平気ですか?
私は自分一人のとき、昼食は「煮干しライス」にします。
煮干しは業務スーパーで1キロ1000円ぐらいで売っている、かなり大きめのイワシが使ってある煮干しで、これは毎回10匹ぐらいを袋から出して電子レンジで1分チンして醤油をかけると「カリカリに焼いた目刺し」みたいになります。それなりに目刺しの味がします。そのカリカリ目刺しとご飯の組み合わせがほぼ毎日のランチメニューです。

妻がいるときにはこのメニューは「ご法度」なのですが、自分一人のときには「今日は何食べようか・・・」と迷わないし、1キロの煮干しを食べつくすには2か月以上かかるし、野菜は朝とか夜に食べればいいから、ランチでは炭水化物とタンパク質、それにブログや株をやるための頭の冴えに良いとされるDHAが含まれる煮干しライスが「良いに決まってる」。こう考えて毎日そうしているわけです。

結果的に週に4日は煮干しライスだから、少なくとも私のランチコストは1食50円に満たないでしょう。

このランチには豊かさとか、食べる幸せを感じるものはほとんどありません。定食屋で一番安いランチを注文しても、その方が10倍は豊かでしょう。だけど必要な栄養はこれでOK。私に限ってはまさに午後のためのエネルギーチャージという感じで十分なんです。

このはなしを参考にランチメニューを見直したら・・・ということを私が言いたいのではありません。生活のいろいろな事をこんなセンスで行ったら、相当な節約や倹約につながりますよ、という自伝です。だけど、私はこんな事をすることが本来好きな性格なので「喜んで」そうしているので、我が家の節約度がそれなりにデカいですが、そうでない方々がこれをすると精神的に良くないでしょう。だから「強い節約」は人の性格により難しい場合があると思います。

3.投資
株や投資信託などを売買する、いわゆる「投資」は、練習が要ると思います。それも何年も練習して、大事なことはカッコよく言うとリスクを受け入れられる能力、平たく言うと「株や投信の価格が下がっても鈍感になれる心」を育てることが大事だと思います。

番組ではバランス型の投資信託を紹介していました。バランス型というのは株や債券に分散していて、さらに国内、先進国、新興国などグローバルに投資先を選定している投信のことで、価格の上がりも弱いけれど、下がった場合もそんなに大きく下げない、という低刺激のヤツのことです。こういうのを買う方が利息が実質ゼロ近辺の預貯金より生活の助けになるということのようですが・・・。私の実感では、そういう低刺激の投信だけだと生活への寄与度は「焼け石に水」だと思います。お金がいっぱいあって数千万円とかを低刺激投信にかける場合は別だと思いますけど、貯金ゼロ近辺の50歳代には、これは絵に描いた餅ではないかと、番組を見ていてそう思いました。


上述のように考えると結局のところ再就職に回帰する人が多くなるのかなぁ。そう思えてまいります。
収入、節約、投資の3点バランスは・・・
今までの半分以下に減ってしまったとしても、どこかに勤めて得られる毎月の給料、
世間体に響かないぐらいのほどほどの「軽い節約」
投資信託買ったぞ!と自分で納得できる程度の「軽い投資」
のことを番組では一般的には、と言っていたのかな?

私の暮らしとはずいぶん違うけど。
タグ:豊かな老後

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:20| Comment(1) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

節約ライフ5連発

1.自作
昨日、妻から「庭でキューリ栽培するからポールを買って来なさい」と指示を受け、ホームセンターで長さ1本216円の長さ1.8m園芸用ポール4本を買ったのですが、コレ買う代わりに山で細い竹4本もらって来れば良かった、と悔しかった。
ただ、昨日の場合はそうすると妻は「だれが竹で良いと言った!」などと怒るから、お約束どおり新品の園芸用ポールをお金出して買いましたが、機能さえあれば良いものは私は極力自分で作る方針です。

買うのではなくて、自作したら費用はものすごく安く済み、場合によってはタダでできますから節約効果は大きなものがあります。
最近では、こんなものを自作しました。
beatlebox18050901.jpg

これはカブト虫の幼虫を育てるための箱です。幼虫は6月になると蛹になり、その後に羽化して親虫になって地上に出てきますが、囲いが無いと飛んで行ってしまうから、このように上部網付の飼育箱を自作しました。

ただし普通はいかに自作だと言えど材料費がかかります。おそらく写真の箱を作るだけで3千円ほどかかるでしょう。それをほぼタダにする方法は、建設業者の廃棄物をタダでもらって来る方法が最高!です。写真のものはそれで作りましたし、この他に自宅のテーブルの天板も昨年末に厚板の出物があったので、それでほぼタダで自作し、買ったら2万円する天板をほぼタダで作りました。

買うのはネジや塗料だけで済みます。

この方法で自作するのにはコツがあります。
手に入った材料から出来るものを作るということです。普通は作りたいものを先に決め、それに合わせた大きさの板やら何やらを買いますが、それでは節約は小さくなります。この材料でどう作り上げるか???と創造力たくましくすることでほぼタダで出来るようになるでしょう。

2.職業上の利権
妻はデパ地下で開催される物産展の販売員の仕事をしています。売り上げの腕前はすさまじく、いくつもの業者が妻を指定して仕事の依頼をしてくるほどです。
だから午後3時を過ぎる頃に完売しそうな勢いなのですが、デパートは時間内に完売されたら困るわけです。だから追加注文して商品倍増しちゃうのですね。追加商品が届くのが5時近く、そこから閉店の8時まで売りまくったとしても、やっぱり売り残りが出るときがあります。

その売り残り「持って帰りなよ!」とタダで業者のお兄ちゃんから渡されることがたまに・・・というかしょっちゅうあります。

そういう商品は、だいたいお惣菜系です。なぜならお味噌とか乾物なんかは日持ちするから翌日また販売すりゃいいけど、お惣菜はその日でないと売れません。そういうものが妻が家に帰って来てからの私の胃袋を夕食のおかずとして満たすってわけです。

ひとによってはこういうの嫌がる旦那さんもいるとか。。同業者はそう言って、その人が他でもらった違う総菜ももらって来ることもしばしば。
翌日の昼飯までこれで行けてしまいます。

3.深夜・徹夜・移動
リタイアメントは自由時間がやたらとあります。
だから新幹線に乗る前に、あるいは高速道路を走ろうと思う前に、一度自問自答してみたらいいと思うのですが「そんなに急いで、何になる?」

もし急がなくて良いと結論されたら、新幹線や高速道路で行きたくなるような、そうですねぇ200キロを超える距離なら一般国道を深夜に走ると燃料代だけで目的地に到着することも可能です。しかも深夜は市街を抜けると渋滞皆無で信号も黄色点滅、滅多に止まらないから燃費がすこぶる良くて経済的。私の軽では白昼の市街地での平均燃費はリッター17キロ程度ですが、これが深夜の遠乗りでは27キロぐらいまで伸びています。

最初は不安でした。もう若くない身で一睡もせずに徹夜ドライブできるものかと。。
でも前日に昼まで寝るとか、昼寝を2時間ぐらいやっときゃ、難なく徹夜運転可能なことが判明しました。

ただなぜか早朝の、辺りがぼんやり明るくなる頃、眠気が襲ってきます。
そうしたらグーグルマップで最寄りの道の駅に直行して、後部シートを畳んで1時間寝たら、またおめめパッチリです。軽の後ろでも意外とまっすぐ寝れます。ちなみに私の軽はホンダのN-ONE。


4.おさがり
私は子どもの「おさがり」を重陽します。
そいつはパソコンのおさがり。

私の子はもう成人、しかもIT会社でもう何年も働いたエンジニアです。そういう私の子はなぜか突然自分のパソコンを「いらないから売る」なんて言い出すときが、そのときが出物です。そういうの私はいただいて、持って帰って来て、自分で使います。

「いらないから売る」という「いらない」の理由は、邪魔だからだそうです。
デスクトップPCは邪魔、使いにくい、いらない!売る、とこういう展開になっていまして、決して性能に不満があるわけではなく、事実そのデスクトップPCのプロセッサはIntel Core i5。今も使っていて、したがって私のパソコンの購入費用はゼロ。節約代は10万円規模です。

以前から私のPCは子どものおさがりが多くて、しかも上の子、下の子がそういうの出すので、私はそのたびにコレクションが増え、昨年はさすがに古いPCをジャンク品としてお店にタダで引き取ってもらいました。

5.ものぐさ
最後に、これは節約家の精神論のことではありますが、
私が思うに、節約には「ものぐさ」な性格が向いていると思うんです。

「ものぐさ」の私は、何をするにも『コレやらなくていい方法ないだろうか・・・』とまず考えます。
自作するにしても、綺麗に作る必要あるだろうか?仕上げしないで済ませられないだろうか?もっと手抜きできないだろうか?と寝る時間も布団の中でそう考えます。作るのには体を動かさなくてはなりませんが、考えるだけなら横になっても、飲みながらでも考えていることはできます。そうやっていちばんエネルギーを使わない方法を編み出すってわけです。

こういう「ものぐさ」体質は、何かにつけて節約的です。
ものぐさは出不精にもつながるから交通費の節約にもなるし、余計な衝動買いも根絶できるでしょう。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:46| Comment(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

年金にかけられる所得税や住民税は、ステルスの香り

今日は一日中年金にかかる税金を計算していました。
アーリーリタイアメントの私の生活費は64歳まで毎年受け取る「個人年金(年金払いの傷害保険)」ですが、これは「雑所得」になります。
そして私は昭和33年生まれなので「特別支給の厚生年金」は私が63歳になったときに受け取り権利を得ます。その年は2021年。受け取る額は毎年百数万円。
65歳になる年までは公的年金控除額は70万円だから百数万円から70万円を差し引いた残り三十数万円の雑所得が個人年金の雑所得に乗っかってしまうので「払う税金が増えちゃうじゃないか!」と、一生懸命どの程度増えるかを計算しました。

でも最初は2021年誕生日を過ぎてからの年金支給だから、この年は百数万円の半分も受け取れませんので、これが幸いして受け取る年金額は公的年金控除額の70万円に満たず、雑所得は増えないで済みそう。

翌翌年の2023年には65歳になった年になるから公的年金控除額も120万円に増えるから、基礎年金が加わっても多分問題ないでしょう。

問題は2022年。
ここは「特別支給の厚生年金」の満額が個人年金に加わるから税金が高くなってしまう。
どうしようか・・・
と考えて、60歳から申請可能になる国民年金の任意加入+付加年金を2年半ぐらい遅らせて申請、しかも2022年に2年全納になるように手続きして2倍の年金支払いによる控除(社会保険控除)が効くようにしよう!と作戦を立てました。

まあ、こんなことを考えながら・・・
「公的年金控除って、少ないなぁ~」と考えていたら、将来もしかしたらもっと年金から税金引かれるようになっちゃうんじゃないか!?と、多少ギョエー!しました。

なぜなら日本政府も日銀も一糸乱れずに2%の物価上昇を取り組んでいて、最初は「そんなの無理だろう」と思っていたら、最近だんだん物価上昇というかインフレのエンジンがかかってきたように思えるんです。

そういうように今後は物価上昇が思惑どおり進んで行くとしたら・・・
老齢年金は物価スライドが効き、毎年毎年2%物価上昇したってその分受け取る年金も2%増えて行くんだから問題ないじゃん(マクロスライドっていう支給を減らす伏兵もあるけど)と、昨日までそう考えて安心していましたが、よく考えてみたら、年金受取額は毎年増えたって、公的年金控除額の120万円(65歳になるまでは70万円)は、増えないんですね!課税対象額だけがどんどん増えるんです。

だから、物価上昇して年金受取額もそれに合わせて増えたとしても、増えた分には税金がどんどんかかっちゃうもんだから、物価に追いつけないように目減りすることになってしまう!じゃないか!

「そうは言っても、給与所得控除だって平均給与が上がったからと言って増えないじゃないか!」とサラリーマン現役組から反論あろうかと思います。しかもカイシャの労働組合は「物価上昇分は賃上げしろ!」はお決まりのフレーズ。でも給料っていうのは日本の物価だけじゃなくて会社業績とかいろいろな要素が組み合わさって決まるもんだし、転職してガポッと増やしたり(あるいは減ったり)があるから、完全に物価連動だけで決まっているわけじゃない、けども年金は物価スライドと忌まわしいマクロスライドだけで話し合いなしに賃上げなしで決まっている。

せめて公的年金控除は物価スライド制を入れてよ!
と、老人の声は、ないのかな???

2%の物価スライドで増えた分は、公的年金控除額も2%増やすとか・・・
国会議員の先生方、これどうなんでしょうねぇ。
どこかでコレ質問して見解聞いてみたいです。

試しにネットでこういう問題というか愚痴みたいな議論無いかとググってみましたが、それらしいものは今日は発見できませんでした。

まあ、今まではデフレに慣れてしまっていて、しかも何だかよく分からんような感じで毎年のねんきん定期便見ると将来の年金受け取り予想額が減り続けていたから、
「これが増えてきたらいいよなぁ~」しか考えなかったけど、
今後10年とか経って、
世の中すっかりインフレ基調になったら、2%のインフレ率でも10年続いたら22%も課税対象に突っ込んでいる額が増えちゃって、気がつかないまま税金徴収されていました、つまり増税になっていました、ということになる可能性が低くないように思えます。

ニッポンの国家はそうなって欲しいでしょうねぇ。
だって今後も人口躍進する年金受け取り世代から、分からないように、既存の制度だけを使って、活力あるニッポンを築くためにと物価上昇毎年2%に取り組めば、やがて増え行く年金世代からの所得税や住民税はどんどん増える、というステルス増税ローラー作戦。

この隠れた問題?は、インフレが進んでから議論しても手遅れだと思います。

さんざん議論したあげく「じゃあ、公的年金控除の物価スライドやりましょう!」となった時から、今度は日本の人口減によってまたデフレに世の中進み始めちゃって・・・
「デフレになったんだから、約束どおり公的年金控除の物価スライドによって、控除額は減らさせていただきます」となってしまうでしょう。

今日の妄想は悪夢になって、今日の夜にもう一回夢で見そうです。

インフレまで言及していないけど、関連記事はここにも。。
↓↓↓
年金生活者ターゲット 相次ぐ課税強化に「一揆」第2幕へ(日刊ゲンダイDIGITAL記事)へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 18:39| Comment(4) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


夫婦二人で年間200万円のライフスタイル入門

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


趣味じゃない生業でもない「ゆるい起業」

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN