2017年03月14日

「セミリタイアするからいいさ」で忘れると損!する、65歳以前の年金支給申請

その「知らずは損」現象の存在を知ったのは。ちょうど私と妻の年金を繰り下げ受給する話をしているときでした。

妻は私と同じ昭和33年生まれだから来年60歳になり、少ないけど年金を受け取れる年齢になります。私は男なので年齢は同じでも63歳からの受け取り。しかし64歳までは個人年金を毎年受け取っているから、公的年金の受け取りは65歳以降に繰り下げしよう!その方が割増になるし・・・などと考えていたら、これが全然勘違いであったことが分かりました。

その勘違いは・・・
65歳以前に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」というモノは、
1.繰り下げても増えない
2.65歳以降に受け取る年金に巻き込んで受給できない
3.支給の申請をせずに放置すると、5年以上前の支給部分は時効で受け取れない
こういうことだと今更ながら知りました!

だから、65歳以前に受け取る“特別な年金”は、65歳以降の“本格的な年金”とは別と考え、できれば予定どおりに、遅くても5年の時効で消える前に受け取っておくべきです。

「特別支給の老齢厚生年金」とはこういうものです、
男性は昭和36年4月1日、女性は昭和41年4月1日生まれまでの人は、保険料納付期間などの基準を満たせば満65歳以前に「特別支給の老齢厚生年金」が受け取れます。
↓↓↓
日本年金機構 特別支給の老齢厚生年金について へのリンク

この年金の金額はちょっと低くて、妻の場合は年額約11万円、私の場合は年額約100万円ですが、65歳以前までの受け取り総額は決してバカにできない額だから、もしそれが時効で受け取れる権利が消滅したら、それはそれはショックで何日も寝たきりになることでしょう。

だから昭和36年4月1日生まれまでの男性と、昭和41年4月1日生まれまでの女性は、必ず60歳以降の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り時期が接近したら、年金事務所から送られてくる給付申請書を忘れないように提出しなければ。

もし、それを放置している場合は、大至急年金事務所に駆け込んで給付申請しなければならないだろうなぁ、と思います。

上述の特別支給の老齢厚生年金が時効で受け取れないことも起き得る可能性は、これから虎の子の年金を受け取ろうと思っている人には切実なことだと思うのに、年金関係の注意喚起案内などには、サラッとしか書いていないので、なかなか事の重要性に気づかない場合もあると思います。

たとえばこんなふうに・・・
↓↓↓
「年金の請求をお忘れではありませんか?」へのリンク

かく言う私も、自分の年金の繰り下げ検討をしている最中に、偶然見つけたことです。なので今日はそのことを記事化しました。
セミリタイアメントは、自身で自分のお小遣い程度は稼げる“軽い仕事”、“ゆるい仕事”をしている人だと私は当ブログで言っています。こういう人々は、元気な間は収入が続くので、できれば年金を繰り下げることを画策するかと思います。ここに上述の「特別支給の老齢厚生年金」受け取り忘れが発生してしまう可能性があります。だからくれぐれも注意しましょう。

別ブログの関連記事へのリンク
「うっかり請求しないと消えてしまう、恐ろしい60歳から64歳まで受け取る年金」へのリンク

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

相続でもらった家は「考えること」が多いよ

不動産を相続で受け取るとは「後々の苦労がけっこう多い」というおはなし。

私は2年前に亡くなった母親が住んでいた築30年超の古家?を相続でゲットしました。私には兄弟がもう一人いるので「お金を受けとるか、それとも家を受けとるか」を話し合った結果、子どもがいる私が「子どもの東京暮らし」の役にたつだろうと、東京にある親の家を相続することにしました。

その家に私の子が暮らしはじめ、約1年が経った昨月のこと・・・
「おとうさん!一階のトイレが、なんか詰まったみたい・・・」と電話がかかってきました。「スッポン(詰まりとり用のラバーカップのこと)でシュポシュポやってみろ!」と私は言いましたが、結局直らなかったようで、二階のトイレを使って事を済ませることにしたみたいで「そんなのアカンやん!」と私は懸念しました。

それから二週間後、また電話で・・・
「二階も詰まった!ヤバイかも」
詳しい話を聞くと、一回目に流したときには流れるけど、たて続けに二回目を流すと便器にちょっと色味がある水が溜まるのだそうです。
「きっとそれは排水パイプの下の方で紙とかが詰まっていて細くなったから、一回目は水やオシッコがパイプ内に溜まるけど、二回目はパイプ内に収まらなくて溢れるのだ」と私が「詰まるしくみ」を解説したら、子は「なるほどね!」と感心していましたが、私はそのぐらお想像できるようにならないとアカンと思います。

とりあえず、パイプフィニッシュを一本か二本分、流し込み、さらに熱いお湯を注ぎ込んで詰まった紙やその他固形物を溶かす作戦に出てみろ、と指示しましたが、それを実行したかどうかが分かる前に「修理業者を呼んで直してもらった」と連絡が来ました。

修理業者が言うには、パイプの構造に問題があって、傾斜がついていない区間で詰まったのだそうです。
さらに、パイプに穴があいていて、そこから水やオシッコや固形物が溶けた「エキス」がたらーりと地面に浸み込んでいる可能性が高い!と指摘があったそうです。
どうやって業者は「穴があいている」と判断したのかは分からないけど、
そういえば「あの家は夏になると居間でアンモニアっぽいニオイがするなぁ・・・」と家族の間で話題になっていたから、もしかしたらその原因はトイレパイプにあいた穴かもしれないです。

最初に一階のトイレで詰まり症状が出たから、地面付近のパイプおそらく地中部分で穴があいているものと思われます。だから急激な激しいニオイではなく、夏になると地中の温度が上昇して、それとともにあのニオイも蒸気となってさまよい出てくるでしょう。

以前から掃除で床下を覗くたびに、なーんか湿っているムードが漂っていました。
それにカビのニオイがしていました。関西にある私の自宅は築20年をもうすぐ迎えるけど、湿っぽくもないしカビ臭くもないのに。。

この違いは、きっとトイレパイプにあいた穴から床下全体を湿っぽくさせるだけの水分が
毎日供給されているからだろうし、その水分にはオシッコや固形物から抽出された「栄養分」がたくさん含まれているだろうから、床下のカビ菌を期待以上に増殖させた結果なのかもです。

だとしたら、やっぱりリフォームを急がねば!
結局、このように、親から相続した家が古いとリフォームするか大規模修繕が必要になるから「お金」がかかるのです。腕に覚えがあるならば自分でリフォームする「リタイア後の楽しみ」にもなりますが、残念ながら私の子は、私の腕前を信頼してくれません。おそらくリフォーム費用は1000万円に上るでしょう。

これを防ぐために簡単に思いつく「いっそ家を売ってしまえー!」の解決策は、かなりの税金がかかることが相続後にネットで調べて初めてわかりました。

親が住んでいた家は、昔に親父が50万円で買いました。それが今では路線価で1800万円しますから売った場合50万円の「仕入れ」で1800万円の「売り上げ」以上になるため、仮にその額で売ったとしたら「儲け」は1750万円出たことになり、1750万円の20%の350万円が税金でお上に持っていかれるのです。

ちなみに関西の私の自宅は5000万円で買ったものが今では2500万円に「損」しているので売っても税金がかかりません。このような理由で古家を売るのはお金「税金」がかかるんです。

その他に家を持っていると、固定資産税が私の場合は年に約7万円かかり、火災保険が3万円かかるので、年間10万円が毎年安定的な経費としてかかります。

お金の他にも、庭に勝手に生える雑草を刈るのもけっこうたいへんな労力。まあ不動産を相続するよりお金を相続した方が、それを元手に株式取引で増やすなどの「運用」ができます(私の場合はちょっとだけ相続したお金を株の資金にあてて少しは増やせています)から、お金の相続の方が「ラク」なことは間違いないです。

でも、子どもが一人で部屋を借りて東京にずっと住む場合には、
月に家賃8万円ぐらいのUR住宅の場合でも40年間借り続けたら3840万円かかります。

一方、1000万円かけてリフォームして、年間10万円の固定資産税と火災保険料を40年間払い続けたとしても、合計で1400万円ですから、やっぱり苦労はするけど部屋を借りる場合と比べたら、相続した家を活用する方がまだ安上がりになることも間違いなさそうです。

その費用1400万円、は私の子が低金利時代の今の時期にローンで借りるとする意見が、我が家では「そうあるべき」と妻は主張しています。

ただ私の意見はちょっと違って・・・
「俺が1400万円の費用を出すから、それで大きく減ってしまう私の老後の余裕資金を、子どもが代わりに貯めて欲しい!」と言っているのですが、これがなかなか真意が伝わりません。
子は「自分が貯めたお金がお父さんが死ぬまで使えないのは嫌だ」と言います。

私がそうしたい理由は・・・
余裕資金は多分大部分が使われずに残るだろうから、私が死んだ後にそれを子が相続するより、最初から子名義の貯金だったならば、相続手続きが要らないし、相続税がかかる心配も解決できるじゃないか!ということなのです。おまけにいかに低金利と言ってもローンを組むのは金利を払う「もったいなさ」がつきまといます。

なかなかそれが理解されません。
どうも子どもは自分のお金でお父さんに口出しされずに好き勝手にリフォームしたいようで、妻は「子が住む家に親がお金出したら、いつまで経っても自立しないじゃない!」と言っています。

そんなこんなで、
家を相続して引き継ぐことは、毎日考えることができることになります。
タグ:家を相続

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:46| Comment(3) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

節約生活ヒント情報サイトを開設しました

大金持ちではない、ふつうのサラリーマン出身者がアーリーリタイアやセミリタイア(働く時間を減らして自由時間を増やすような部分引退のこと。ハーフリタイアとも言う)を実行するためには、持てるお金を有効に使うことが必須です。

その「お金の有効利用」的生活に近づけるような、ヒントになりそうな巷のニュースや目についた記事を、新聞を切り抜いてスクラップブックに貼るみたいに集めたい!
この新しいサイトは、そのような個人的興味で昨年スタートしました。
↓↓↓
節約ネットワーク今日のへのリンク

「お金の有効利用」には・・・
「使うお金を最小限にとどめる」のが「節約」です。トイレットペーパーを30センチ以内で使うなんてことを20年ほど前にある自動車メーカーがやり始めましたが、節約は本来、このようなケチケチ運動でお金をなるべく使わないようにすることです。

それとは別に「無駄なお金を使わない」という考え方もあり、こちらは「倹約」といいます。私は倹約が王道だと思うのですが、どうもニュアンスとしては「倹約家」はすごいケチ、「節約家」はそこそこのケチとして言葉が広まっているような気がします。たぶんこの理由は、倹約家は「自分が無駄だと思うことはまったくやらない」からだと思います。たとえば「仕事帰りの一杯飲みは無駄だ」と考える倹約家は、どんなにひとから誘われても飲み会に行かないので、一杯飲みが大好きな人から見ると「ドケチ」に見えるわけです。きっとマイルドな「節約家」は、3回に2回は一緒に飲みに行くでしょう。そういう違いです。

上記リンク先サイトは、倹約も節約もごちゃ混ぜにして、毎日のニュースやネット徘徊して得られた「ヒントになる情報」を並べてリンクをつけたサイトにしました。各記事にはほぼ必ず四角く囲ってリンク先サイト表示を張ってあるので、それをクリックするとオリジナルの記事にジャンプできる、一種のまとめサイト風です。

倹約と節約は大金持ちには関係ないように冒頭書きましたが・・・
かのトランプ氏は、大金持ちですが、ウィキペディアでドナルド・トランプの記事を見る限り、何度も事業を清算して、つまりうまく行かない“無駄な事業”を切り捨てて倹約してきたようだし「守ってほしけりゃ軍備のためのお金出せ」というのは節約だと思われます。

きっと彼はそのような倹約・節約を続けて欲しいものを手に入れたのだと想像します。
たぶん彼のプライベートジェット「トランプフォースワン」もその「欲しかったもの」なのでしょう。
Trump 757 N757AF

このトランプフォースワンは、はたして無駄ではないのでしょうか?
タグ:節約サイト

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN