2017年06月01日

リタイア世代の証券体験記

以前投稿した記事「初めてFXをすると、こうなる」の中で「買い」と「売り」の押しボタンを間違えて、売るつもりが買ってしまったことを書きましたら、先日「ウチの旦那がFXやったら売ろうとしてパソコン操作間違えて、買い増ししてしまった・・・」と言う笑い話?を聞きました。

証券商品を初めてやると、このような失敗談とか、あるある話が少なからず後からついてくる場合があり、後で「そうそう、あの頃はそうだっけ」としみじみ思い起こすことがあります。でもその場の、その当時の、私は真剣そのもので手に汗握りながらやっていました。

これから株やFXに手を染めて、資産を増やす?リタイアメントの方々も少なくないと思い、儲かる儲からないの話題とは離れ、はじめて証券商品を触り始めた頃の心の内を思い出しながら記事化したいと思います。

1.FX
FXは「外国為替証拠金取引」のことです。超簡単に言いきれば「両替」を繰り返して儲けることです。詳しくは下記リンク先サイトをご覧ください。
↓↓↓
そもそもFXとは何ですか?記事へのリンク

ネットにつなげるパソコンと10万円ぐらいの自由になるお金があればFXデビューできるからお手軽でして、私もかつてコレにハマりました。そうしたら・・・
パソコンの前に、へばりつく人生の始まりになってしまいました

FXは手持ちの資金を証拠金として、その何倍かの額まで取引可能だから、儲かるときには儲かるけど、反対に損し出すと予め決まった損金に達したら強制売買されて、大きな損が確定しまうところが怖さ満点のスリルです。
そうならないように「もはやここまで」と自分で損切する額を決めなきゃならないし、なにしろ画面から目を離すと様相がすっかり変わっていることがあるので気が抜けません。

レバレッジという「倍率」を小さくして外貨預金みたいに金利ねらいでやったらいいけど、やっぱり欲が出て為替レートの差でガッポリ稼ぎたい腹黒さが抑えられないから、最初は「ゆるくFXやろう」と思っても、パソコンの前にへばり付いて微々たる値動きでガッポリ儲ける悪魔の道に帰って来てしまいます。

そうすると「俺はギャンブラーだ!」と思えてきます。
値動きを瞬時に追って、どこで買うか売るかを判断するとき、しだいに自分の動物的感覚を信じるようになり、朝早くシドニー市場の開幕からパソコンの前に陣取り、もはや目がショボショボの午前2時まで夜更かし毎日やっちゃいます。

それから寝ても気になるし、ひょっとして今ごろ急落しているか?なんてふと頭を過ると恐怖も感じるから、FXは運動神経も副交感神経も図太くないとできるシロモノではありません!、と私はFXから現在足を洗いました。

もしかしたらパチンコ上手い人はFXも旨いかも?です。

2.株
株もデイトレードをやったらFXと似たような筋になるかと思うかも知れませんが、東京市市場が開くのが午前9時、一旦11時半から12時半まで休憩になり、12時半から15時までまたやって、その日はおしまいになります。だから四六時中パソコンにしがみつくことがありません。定期的にお休みしたり、昼ご飯ちゃんと食べられます。

株の多くは値動きと言ってもFXみたいに激しくないし、現物取引といって自分の資金で買える株式を買う方法なら、その企業が倒産などでもしない限り強制売買はありません。だからFXをやっていると短期売買方向に流れてくるのに対し、株は塩漬けの発生を機に長期持ちの方に流れていきます。

そして「いつ俺の株は上るんや!」と市場動向眺めながら悶絶する日々に様子が変化していき。その結果ネットでは株サイトばっかり、夜になるとテレビで経済ニュースばっかり見るようになり、チャンネル権が奪われた妻や子からかなり大きなブーイングが出てまいります。

でも株はたまにしか値上がりせず、いつもは閑散な銘柄が多いから退屈にもなり、誰かにグチ言いたいけど株やってる「株友」っていうのは意外といません。
でも株話したくてしょうがないから、だれかれ構わず株の話をし出すと「アイツは株であぶく銭貯めている」とか「どうも最近ケチになった」など友人知人の目が白っぽくなるのを感じることがあります。

なぜか分かりませんが、株やっているとドケチになり易いです。株とドケチは相性がいいのでしょう。昔っからテレビで株で儲けている人を取材した番組では、その人の住んでるアパートは電気つけないから真っ暗で、日経新聞は馴染みの証券会社に読みに行き、もう10年履いただろう年季の入った長靴なんかを常用していました。株は大金を元手にしたら儲かるときには儲けも大きいけど、そこそこの資金では「いつになってもマジでボチボチでんなぁ・・・」を超えられません。だから勢いドケチで節約して金残そうとする意識が高まるのですね、きっと。

3.投資信託
FXと株は、もはや実店舗で買う時代ではありません。なんてったってネット証券です。手軽で簡単、銘柄選びも売買も今見ている画面から即できるから、新規公開株を除き、売買するならネット証券がいいんじゃないかなぁ、と大部分の株やってるヤツはそう結論するでしょう。

ところが投資信託は窓口の方が断然いい!と私はそう信じてなりません。
投資信託は、ネットでもできるし、その方が手軽だし、効率考えたらネットで取り引きに越したことはありませんが、私は8割ぐらいは主に銀行に行って担当者から買います。

その理由は、銀行窓口で買う瞬間、優越感に浸れる!があるからです。これは大きいです。
銀行では投資信託売買に力を入れているから、必ずチヤホヤされます。投資信託専任の、特に顧客とのコミュニケーションに向いた人材を選抜して当てているから、投資信託のことだけじゃなくて、世間話から、裏話から、旅行に行った話もそうだし・・・ひとによっては「買うのはアンタの推薦のヤツを買う!だからはなし聞いてよぉ~」みたいに話しばなしして悠々と帰るお得意様もいると、私の掛かりつけ銀行員の人はそう証言しました。ちなみにその人の評価では、私はお金の話と雑談が半々ぐらいらしいです。

しかも投資信託は、FXのように最近世に出だした「新参者」ではなく、年寄も「とうしん」の名は知っていて、でも「とうしんはあぶないよぉ」って思っているから「やっちゃあかんよ!」とお世話されるけど、ちゃんと儲けていると切り返せば「ひょえー!」と驚いてくれます。だから投資信託で儲けを出せば世間から一目置かれるポジションに着けることができます。

しかし正直、投資信託は、どれを買ったらいいのかサッパリ分かりません。本屋で「はじめての投資信託」みたいな本をいくつも眺めても同じようなことが書いてあります。が、本に書いてあるような推薦の投資信託を買ったからといって容易に儲からないのがいつもだし「買ってはイカン」と書いている投資信託買っても、儲かるときには株より儲かるものです。

本には「購入時手数料が高いのは買っちゃイカン」と書いてありますが、私は2%とか3%とかの高い購入時手数料があるから何とか利益が出ているんじゃないか?と思います。

3%購入時手数料の投資信託を100万円分買ったらそのうち3万円は手数料で取られてしまいます。その上で3万円を大きく上回る儲けを叩き出そうとするのだから、まず長期持ちになります。この「長期持ち」こそが悪くない儲けを生む秘訣と言っても過言ではないです。

株は私の場合は短期売買が多いのですが、一生懸命売買するのと、たまーにしか利確しないのでは、もしかしたら儲けはあまり変わらんのではないか?と思えてきます。売った後にまだまだ上がる玉がいっぱいあるからなのですね。

投資信託は、買ったら家宝のようにしばらく眠らせておくようなことに成りがちだから、それでも上がる「俺の目利きに間違いはない」と思える自信家にはもってこいなもの。しかもそんな自信家であればネットでホイッと買うより、銀行か証券会社に行き、担当者にさんざん自慢話聞かせてから銀行や証券会社の「ご推薦」のものを3つ出してもらい、その中から内心『エイ!ヤー』であてずっぽで選んで買えばいいでしょう。

今までの私の経験では、自分で苦労して選んでも、銀行ご推薦のヤツを買っても、あまり運用成績に違いがありません。
タグ:FX 投資信託

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

ギャンブル依存症が問題なら「株依存症」はどうなの?特にリタイアメント

このところIR法案が「ギャンブル依存症の人のことを考えていない!」と問題視されていますが「株」はどうして蚊帳の外、手つかず、治外法権なのでしょうか??
株もギャンブルも、私は本質的に同じものではないか!?と思いますのに・・・

特に会社を辞めて、何も趣味が無く、給料も無くなって寂しいと感じるリタイアメントは「株こそ第二のビジネスである!」と考えて、こともあろうに財産ほとんど株に注ぎ込み、絵に描いたような「老後破産」になる人が実際にいるのではないか、と私は思います。もしその仮説が当たりなら「株は自己責任」という現実と、「ギャンブル依存症の人のことを考えていない!と問題視」とのギャップは、どう埋められるのでしょうか?

「株こそ第二のビジネスである!」と書きましたが、私は実際その通りだと思います。それを裏付けるようにビジネス誌には株の記事が必ずと言っていいほど掲載されているし、名だたる実力派投資家は、ビジネスマンに分類され、ギャンブラーに分類されているのは読んだことはありません。

しかし、私は株式トレードを実際にやっていて、これから狙った銘柄が上がるかどうかは確証が無いのに「おそらく上がるだろう」と予想を立て、お金を払って株を買い、株価が上がって「勝てば」売り・・・をやる気分はギャンブルそのものだ、とも感じます。特にデイトレードは、競馬新聞読んで馬券を買うのとほぼ同じだと言っても言い過ぎではないでしょう。

以前も一度記事に書きましたが、株式トレードは、やり方によっては企業に「投資」して事業に寄与して数年後に事業の成長とともに価値の上がった株を売って利益を生むことができますから、これはビジネスと言えると思います。しかしデイトレードではそんなことお構いなしに今日上がりそうな株を買い、すぐ売却して利益を叩き出す式なので、これはギャンル性が高いです。でもその二つの間には中間があって、中間と中間の間にもまた中間のやり方があって、ビジネスからギャンブル的な行為まで連続してつながっているのが株の世界ではないでしょうか。

一方ギャンブルの世界では・・・
「丁か半か」は確かにギャンブル100%だと思うけど、例えば競馬や競輪、ボートでは、統計を駆使して勝率を探ることも可能なわけだし、馬や選手のコンディションを観察してお金をつぎ込むことができるからビジネスっぽいと言えばビジネスみたいだし、パチンコでも台によって玉の出方が違うから、ある台でしばらくやってダメだと思ったら株で損切するように台を離れて別の出そうな台に移るのも株式トレードの「いつものやり方」とソックリです。

そう考えると、株とギャンブルは片方は立派なビジネスで、もう片方は人を堕落させるだけの娯楽だ、と分ける意味など無いと私は思います。

試しにネットで「株依存症」と検索にかけてヒットしたものを眺めると・・・
ほんとうに「株依存症」が世間には存在していることが如実に分かります。
どの検索結果を読んでみても、ギャンブル依存症とほとんど同じみたい。

私自身は株は毎日やっていまして、でもギャンブルはやりません。
上述では「株とギャンブルは同じもの」と言っておきながら、なぜ株はやるけどギャンブルはやらないか?その理由は・・・
株の場合は「負け」をすぐに決算しなくてもいいから、です。
つまり買った株の株価が下がってしまっても、売らないで持ち続けていることができる。これを「塩漬け」と言いますが、塩漬け株も1年後か5年後か分かりませんがそのうちまた上がる可能性に賭けることができます。つまり「長時間レースが可能だから、すぐに勝敗をつけることが苦手な自分の性格に合っている」。ただこれだけです。

たまーに塩漬けした株が本当に負け、つまり会社が倒産することがありますけど、今まで1回あっただけです。

私はこれから「株依存症」の人が増えることを懸念しています。
「株依存症」がどんな症状なのかは、ここには書きませんが、YahooとかGoogleの検索で「株依存症」と入れて、ズラリと並ぶ検索結果を読んでみてください。株は自宅のインターネットで楽々できます。パチンコ店のように外出する楽しみは無いかと思ったけど、スマホでもトレード簡単でるからスタバやマックやその辺の公園のベンチででも株取り引きは、まさに「身近な存在」です。

更に、株依存症とは「株で負け続ける人」を指すのでしょう。
反対にいくら毎日株に没頭していても「株で勝っている人」は「株依存症」とは言わないはずです。なぜなら株で破綻するどころか暮らしが潤うからです。

言い換えれば「株依存症」にかかった人のお金は、「株で勝っている人」に移動する。そういう法則が読みとれます。

ギャンブルもまったく同じ。借金しまくってギャンブルに突っ込んで一文無しになったそのお金の多くは勝ったギャンブラーのお財布とか銀行口座に入っていくわけ。それが勝ち負けの法則です。

大庭夏男も、たぶん「株依存症」への階段を今日も一歩登りました。
「そのうち上がるだろう」と考えた株を今日一銘柄買って、実際にその株価は買った後から下がり始めたので、また長時間レースへの賭けが始まったのです。

こういうの、自由時間豊富なリタイアメントには、薬にもなるし、毒にもなります。
タグ:株依存症

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

株式トレードの「旬」だと思う、今日この頃

大庭夏男は「万年株式投資初級者」なので、今買えばいいとか、この銘柄が買いだとか言うことはできませんが、今は毎日「小銭が口座に転がり込んでくる」毎日が続いています。だいたい10月あたりからそうなってきました。

だから今は株式トレードの「旬」ではなかろうか?と、
そう感じています。

特に株取り引きの才能が秀でていなくても、単に“無難な株”を保有しているだけでも、含み益が増えていき、たまに“気ままに”(ただし当人は必至に銘柄研究して売り買いしているのですが・・・)銘柄を入れ替えるだけで証券口座は小銭で膨らんできました。そういう時期が株の「旬」ではないか?と感じています。

明日は旬かどうかなんて言えませんが、私は「明日も旬が続いている」と信じて昨日新たに買った銘柄の株価推移を眺めています。でも今日のところはその銘柄の株価は上げ下げがジグザグです。

このような株の旬は昨年夏までは長く続いていて、私は「株をやっています」と言っていながら、たまーにしか株価を見ない「ほったらかし投資」状態でしたが毎年30万円ぐらいの含み益は出ていました。でも昨年秋からそうならなくなってしまい、短期売買に方針を切り替えて、毎日パソコンの前に座り、短期売買で稼ごうとしましたが、今年8月まではあまり効果が上がらず、確定した利益が20万円で含み損が30万円を超えていました。きっとこの時期は株は旬ではなかったのだと思います。

でも10月以降、順調に利益が増え、含み損が減少して、今は確定した利益が40万円で含み損は15万円程度になりました。
これは私が毎日パソコンの前に座って短期売買を必至にやった成果ではないと思います。
単に株式市場が好転して「旬」になったから、私の努力とはあまり関係なく、買った株の値が上がったためだと、直近の過去を振り返るとそう言えます。

事実、ある株を1500円で買い、1550円で売り、さらに株価が上がったので1600円で買い、1620円でまた売って利益を生みました。これが私の「努力」だったのですが、後から眺めると1500円で買ってからしばらく放置して1620円で売ったら、更に利益が増えていることになるので、私の努力はまさに「下手な鉄砲も数撃てば当たる」式で、効率は良くなかったと、今から過去を眺めればそう言えます。

いつまで株の旬が続くかは分からないけど、今はとにかく「旬」だと思っているので、今まで売り買いしてみた「危ない株」とか「得体の知れない株」は避けて「憧れる株」を買うことに方針を変えることにしてみました。

「危ない株」とか「得体の知れない株」とは無難な株の対局にある、なんだか知らないけど急に株価が上げた株のことです。こういう銘柄は、その会社自体はヘンでもヤバくもないマジメな会社だけど、他の銘柄の上げに伴う“連想”で連れ上がりしている銘柄で、タイミングが合えば買ったその日のうちに売って単位株でも何千円かは利益確定できる株です。私は今年に入ってから夏あたりまでそういう「デイトレ気取り」でやっていましたが、タイミングが合わないとか、単に勘違いして塩漬け株になってしまい、1銘柄の単位株で数万円の含み損をまだ抱えているものもあります。いったいいつになったら復活するのでしょう?

そういう株の買い方は一旦やめにして、
「憧れる株」を昨日買いました。
「インベスターズクラウド」というのがその銘柄の会社名で、これは昨年東証マザーズに上場した会社、分類上は「建設業」となっています。が、ITを駆使した建築物や営業をやっている少々変わった会社、まさに「常軌を逸する」経営に私は“憧れる”から、またここの株を、少々値が張るけど買いました。(この銘柄の株価が上がる保証などはありませんので、買いを薦めるものではありません、もし買う場合は自己責任でやってください)

この会社は、昨年上場するまでは知りもしませんでした。しかしもし私が前前職を自己都合退職したあと、再就職先を探している最中に、この会社の存在を発見したら多分少なくとも採用面接には行ったと思います。この会社に憧れる点は、建設業の一種でありながら建築物そのものよりも「使える建物たち」に焦点を当てているところです。その発想が「常軌を逸している」と私は感心するし、そういう「常軌を逸する」ことの連想で、大庭夏男自身のセミリタイアも一種の「変態リタイア」の道を開拓できるのではないか!?と、アイデア出しのヒントにつながる気も感じることができます。

だからここの株を“また”買おう!と決心して、昨日に同銘柄の第三回目を購入しました。

今度は少し長期持ちしたいと考えていますが・・・
今の株の旬は、新年早々あたりに一旦終わってしまい下げるんじゃないか?と気を揉んでいまして、だから下げが明確になる前に一旦売ってしまうでしょう。でも12月末日まで保有すると、この会社の決算になるので、配当金が入るのと合わせて、株主総会の招待状をもらえ、きっとそれは3月下旬にあるから、そのときには総会に出席して話を聞いてみたいなぁ、と考えています。
でも東京で開催だから行けないかもしれないけど。

そういうわけで、
最近は久しぶりに株をやっていて「良かったなぁ」と思えるようになりました。
ただ、儲け自体は年間で税金手数料を差し引いたら30万円を少し超える程度なので、やっぱり万年初級者のままですが。

この儲けは東京の自宅のリフォームをするのに使う予定で、また来年も株式トレードはたゆまずに続けて行きます。

SponsoredLink

posted by 大庭夏男 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆる株式投資 | 更新情報をチェックする


大庭夏男の著作


アーリーリタイヤを果たすためには、会社員時代に極力稼げる働き方をすることが大事です。力を発揮できる部署、給料の上がる職種、スキルが磨ける新しい職場、そのような新天地に単身赴任してでも異動することは利点があります。しかし単身赴任にはデメリットもつきもの。筆者が9年間経験した単身赴任のノウハウをまとめました。

<PHP研究所が内容紹介するページへのリンク>

紙の本につきましては品切れのため、電子書籍のみ購入いただけます。

大庭夏男のeBook


リタイヤメントのための知的生活

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


セミリタイヤになるために

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その2) ~リタイヤ志願者がするシミュレーションとは~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順(実践編 その1) ~いくらあったらリタイヤできる?~

by 大庭夏男 【350 yen】
forkN


サラリーマンからリタイヤする手順

by 大庭夏男 【無料図書】
forkN