2017年02月24日

フライトクルーの自由時間に垣間見られる「お国柄」ざまざま

リタイアメントになれば自由時間が劇的に増えて、思う存分好きな事ができると考える人が多いけど、実はそうならない! という巷の説はウソです。

やり方によって、思う存分好きな事ができるようになれます。

ただ、そのためには好奇心と、些細なことに「面白い!」と感じるチカラが必要です。

たとえば・・・
マレーシアのクアラルンプール空港で、こんな些細な「面白い!」を発見しました。
aircraft17022401.JPG

クアラルンプール空港に限らず、空港では乗客の他にフライトのクルー達、機長と副機長、それに客室乗務員の方々が連れだってこれから乗り込む便へ移動していまして、そういうプロ集団に遭遇することがよくあります。

クアラルンプール空港にはチェックインの建物からかなり離れた国際線ゲートの建物まで、電車のようなシャトルが走っていて、乗客もクルーもそれに乗って移動します。私はここでマレーシア航空、チャイナエアライン、KLMオランダ航空のクルー達と遭遇しました。

チャイナエアラインは台湾の航空会社。彼らはこの3つの国別クルーの中で、一番職業人らしいというか、静かに、私語はあまりなく、淡々とシャトルに乗っていました。あたりまえな、いつも見られる「勤務中の人」な雰囲気。カイシャの看板を背負っている!っていうムードに溢れています。

それに比べてマレーシア航空のクルー達は、もっとフレンドリー?で、CAの一人は私の横に立っていた妻に「日本行くの?」と日本語で話しかけてきました。「関空です」と妻が返事すると「わたし成田」とCAは日本語を続けるので、さらに日本語で会話し始めたら、さすがにマレーシア人CAは分からなくなって英語に切り替えてきました。そうなると妻がうまく返事できないようになってしまい、CAは横の私に英語で「○○って質問したのだが・・・」みたいに言ってくる、みたいに「今はまだ勤務中じゃないから、自由にお喋りしましょうよ」なノリ。

マレーシア航空のパーザーらしい別の男性は、私達が出発ギリギリで国内線乗り換えのため入国審査の列に並んで焦っていたら「俺もアンタ達と同じ飛行機に乗るんだが、まだ俺自身がここに居るから、大丈夫さ」と笑ってくれました。こういう光景はあまり日本国内では見られないのではないでしょうか。お国柄の違いだと思いました。

ただマレーシア人がすべてフレンドリーかというとそういうわけではなく、出国審査のとき、前に並んでいたヨーロッパの人?の搭乗券に不備があったらしく、マレーシアの出国審査係の女性は、そのヨーロッパ人を大きな声で𠮟りつけていました。たぶんあっちのカウンターに行って正しい搭乗券に換えてもらって来い!みたいなことを言われたんだと思います。

ヨーロッパ人さんは仕方なくそこを離れ、しばらくしてマレーシア航空の女性の地上職員を連れて出国審査のところに戻ってきました。そうしたら地上職員は激しく審査官に文句を言い、大声で審査官とやり合っていました。何を言い合っているのか分かりませんでしたが「この搭乗券の何がいけないのよ!ちゃんと見なさい!」みたいに地上職員はまくし立てているように見えました。

それを眺めて、私の後ろに並んでいた日本人は「やっぱりお国柄の違いが出てるよね、日本じゃもっと丁寧に、抑えてやるよね」と呟いていましたが、私もそう思います。
日本では「仕事とプライベートは別」「仕事中には仕事中の態度ってもんがあるよね」が一般的だと思いますが、マレーシアではそれは有るものの、かなり差が小さいのだろうと思いました。

この差の一番少ないのはシャトルの中で見たKLMオランダ航空のクルー達だったと思います。
彼らは機長と思われる男性も、CAもシャトル乗車中は「ここはまだ仕事じゃない」という認識を100%持っていると、私は自信を持ってそう思いました。
今まさに「バケーションで遊びに来たところ」な雰囲気で、機長のあのカッコイイ制服の前ボタンを全部外して、あのカッコイイ機長の帽子を後ろにずらしてかぶり、CAと談笑というより爆笑してシャトルの中で盛り上がっていました。

KLMには以前乗りましたが、搭乗中のCA達は決してこんなじゃなく、いつもの機内の様子でしたが、それは「勤務中」つまり「オン」だからです。
このオンがいつからいつまでか、オフはどのような時なのか、がお国柄によって違うのかもしれません。日本ではカイシャに着いたら、それ以降はどこに居ようがオンだから、たとえ仕事に着手していなくても「勤務中は仕事する態度」がアタリマエのお国柄。

でも海外では、国によってはそういうアタリマエな常識は、きっと違うんだ、ということが空港のシャトルの中でも垣間見ることができます。

こういう些細な「面白い!」の発見が「思う存分好きな事ができる」のきっかけになると思うのですが、どうでしょうか。
まあ、どう感じるかは人により違いがあるとは思いますが。


Sponsored Link


タグ:海外旅行
posted by 大庭夏男 at 12:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | リタイア後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

初めて海外の病院で診てもらった。ただし私じゃなくて妻が。

マレーシアの「ペナン島」に、14日間の「滞在旅行」をしました。
ペナン(Penang)は、日本の横浜か神戸に似た街並みで、台湾に似た雰囲気のする中華街です。暖かいというか、程よく?暑いので、いつも二人して日本からマレーシアのペナンに避難しています。
jenhotel17022301.JPG

このところ「イザ!海外旅行」となると、妻は体調を悪くしたり怪我をしたりが偶然?続いていて、まさか今回もそうじゃないんでしょうねぇ・・・と思った矢先、ホテル滞在2日目で、やっぱり妻は発熱しました。

熱を出し、咳込む妻は気弱になり、気弱になると反比例して機嫌が悪くなり、私は旅先でまたもや針の筵を余儀なくされました。さらに妻は「今回は諦めて早急に日本に帰りたい」などとも言い出し、言い出したら聞かないので私は仕方なく旅行社に掛け合ってみましたら「まあ現実的には、飛行機の便が混んでいるから難しいし、チケット取り直しになるから追加料金跳ね上がるし、関西じゃなくて成田着のLCCしか無いかもよ」と言われ、私はこれを理由にして妻に「ペナンに予定通り二週間滞在し、ここの病院に行こう!」と提案してみました。

でもこれじゃあ妻のご機嫌は斜めのまま。
首をなかなか縦に振らないから、ホテルの部屋をワンランク上げて、しかも16階のクラブラウンジが使えるクラスに格上げした結果、妻の目の色が変わり「ここに居る」となりました。
jenhotel17022302.JPG

その結果ホテル代は合計で数万円高くつきましたが、私は「妻が病気したら現地の病院で診察受けさせて、その様子を取材しよう!」と画策していましたら案の定。
私は「外国の病院に行ってみる」っていうのも観光のひとつだと考えていましたから「いつ、病院観光ができるのだろう」と首を長くして待った機会が、ついに今回到来たことになりました。

妻を連れて向かった病院はマレーシア ペナン島にあるキリスト教系の「アドベンティスト病院」。
adventisthospital2017022301.JPG
以前に現地旅行ガイドに案内されて訪問したホテルみたいな「ローガンライスペシャリストセンター」という病院に行きたかったのですが、あににくその日は休診日だったので、ホテルで紹介されたアドベンティスト病院へ妻をタクシーに乗せて向かいました。

病院の雰囲気は日本もマレーシアも似たようなもので、窓口で「どうしましたか?」と聞かれるから患者が症状を言わなければなりません。まあここまでぐらいならカタコトの英語でOKです。「熱が出て頭痛がする」と言ったら「一番窓口に行け」と言われたので、その通りにしたら、一番窓口ではもうちょっと高度な英語力が必要になる質問を受ける段になりました。

保険を使うのか?とか、今日は何をしたい?などと聞かれたので「保険は日本の国民保険の手続き書類に記入して欲しい」ことと「薬をもらいたい」と言ったら、
「書類は担当者に聞いてみます。しかし薬をもらう前にドクターに診てもらわなくてはいけない。分かりますか、受診してから薬ですよ!」と何度も念押しされました。
日本人的には診てもらってから薬をもらうのは病院に来たのだからアタリマエなのですが、海外に来るとこういうことが分かれていて、ドクターによる診察と、薬をもらう、は別の二つのこと、みたいです。こういう違いを拾うのが「旅の楽しさ」だと分かって、私には面白いです。

妻が診てもらった内科医は、中国系の先生で、症状を私や妻の話すカタコト英語では正確に通じないかもしれないから、病院常駐の日本語通訳の人に来てもらいました。マレーシアの大都市のいくつかの病院には日本語通訳がいます。
この日は一見日本人のような、でもやっぱりそうじゃなくてマレーシア人の女性の方が付いてくれました。

妻が「あの~、センセ、私は持病があるのでたくさんの種類の薬を飲んでいるから、今日もらう薬との相性をチャックして欲しいのですが・・・」と言ったら、通訳の人は多分正確にそれを中国語にしました。センセは即座に「ではどんな薬を飲んでいるのですか?」と言ってきました。「はい、コレです」と、妻の出した処方箋は日本語だったので、センセは通訳に「これを訳すように・・・」と命令しました。

私は『エー!そんなたくさんの翻訳作業をここで今すぐしろ!なんて、センセもキツイこと言うなぁ・・・』と他人事ながら心配しました。だけど通訳の人はスラスラ?と翻訳し「できました」?と先生に差し出しました。

それを見たセンセは「・・・ん、ん、こりゃアカンな」「これはな、薬の名前や、しかも日本での薬の名前やから私には成分が判断できへん。こんなんでは必要な情報にならへん。こりゃアカンわ!」
「あんたにアドバイスしとくわ。今後海外旅行するときはな、日本のドクターに言って、処方する薬の名前やなしに薬の成分を英語で書いたリストを作成して、それを持って旅行するとエエ」
「なにしろ英語は世界共通の言語やから、大部分の国では英語の成分説明は通用するんや」
「いいでっか、これ大事なことなんよ。英語は世界標準言語やしね」
センセは診察で妻の喉を見たり聴診器をあてていた時間と同じぐらいの時間を使って、処方されている薬の成分の英語リストを所持する大切さを力説しました。

結局診察の結果は、病状はカゼで、それも大したことはなく、妻が欲しがった抗生物質の錠剤は「熱も大したことないやさかい、抗生物質は出せへんわ。また熱が上がったらいらっしゃい。強い薬出すよりその方がエエ」と言い、期待した「今日飲んだら明日は元気!」になる魔法の抗生物質は処方してもらえませんでした。

結局、診察の後、病院の薬局で出された薬は下の写真です。
adventisthospital2017022302.JPG
唯一薬らしく見える錠剤はPanadol(パナドール)というアセトアミノフェン錠剤で、マレーシアではそんじょそこらの薬局で売っている一番効き目の穏やかな、つまり弱い解熱鎮痛薬。瓶に入ったものは咳止めシロップ。その他にのど飴が出されました。

「こんなもんでホントに治るんかいな?」と思ったのと、薬代を含めて約5千円払ったので、けっこう高い体験しましたが、妻は咳止めシロップがたいそう気に入った様子で、おそらくこの咳止め効果で、その後の妻の体調は良くなりましたし、ついでに機嫌も良くなって、私は・・・助かりました。

私がこのように旅行中に妻の健康に気を遣う理由は、ズバリ妻の機嫌を何とか下げないためです。

海外旅行は楽しくて面白くて、そういう趣向は妻と私で一致しているところまではいいのですが、はたして二週間も毎日毎日朝から晩まで二人きりで一緒に居ると、ホント精神に堪えます。妻は旅行中二人で「共感」したがるのに対し、私は目に飛び込んだ光景をキッカケにして独りで妄想?したがる性格。だからお互いの態度が一致しないので、お互いに「疲れる」のです。でも何とかお互いの機嫌が良ければ旅行は楽しいものになりますが、体調が悪くなると何とかできません。だから旅先で医者にかかることは「必要なこと」なのです。

だから偶然のチャンスではあったけど、
「旅先で外国の医者にかかる練習」ができて、少なくとも私はかなり満足な旅の収穫物になりました。

今回の獲物は・・・
1.持病があるなら飲んでいる薬の「成分」を英語表記したものを所持するようにする。
2.発熱や痛みなどの英語表現は「ズキズキ痛い」など少し細かく英語で説明できるようにしておく。
こういうことでした。


Sponsored Link


タグ:ペナン旅行
posted by 大庭夏男 at 16:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | マレーシアロングステイ事情調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

相続でもらった家は「考えること」が多いよ

不動産を相続で受け取るとは「後々の苦労がけっこう多い」というおはなし。

私は2年前に亡くなった母親が住んでいた築30年超の古家?を相続でゲットしました。私には兄弟がもう一人いるので「お金を受けとるか、それとも家を受けとるか」を話し合った結果、子どもがいる私が「子どもの東京暮らし」の役にたつだろうと、東京にある親の家を相続することにしました。

その家に私の子が暮らしはじめ、約1年が経った昨月のこと・・・
「おとうさん!一階のトイレが、なんか詰まったみたい・・・」と電話がかかってきました。「スッポン(詰まりとり用のラバーカップのこと)でシュポシュポやってみろ!」と私は言いましたが、結局直らなかったようで、二階のトイレを使って事を済ませることにしたみたいで「そんなのアカンやん!」と私は懸念しました。

それから二週間後、また電話で・・・
「二階も詰まった!ヤバイかも」
詳しい話を聞くと、一回目に流したときには流れるけど、たて続けに二回目を流すと便器にちょっと色味がある水が溜まるのだそうです。
「きっとそれは排水パイプの下の方で紙とかが詰まっていて細くなったから、一回目は水やオシッコがパイプ内に溜まるけど、二回目はパイプ内に収まらなくて溢れるのだ」と私が「詰まるしくみ」を解説したら、子は「なるほどね!」と感心していましたが、私はそのぐらお想像できるようにならないとアカンと思います。

とりあえず、パイプフィニッシュを一本か二本分、流し込み、さらに熱いお湯を注ぎ込んで詰まった紙やその他固形物を溶かす作戦に出てみろ、と指示しましたが、それを実行したかどうかが分かる前に「修理業者を呼んで直してもらった」と連絡が来ました。

修理業者が言うには、パイプの構造に問題があって、傾斜がついていない区間で詰まったのだそうです。
さらに、パイプに穴があいていて、そこから水やオシッコや固形物が溶けた「エキス」がたらーりと地面に浸み込んでいる可能性が高い!と指摘があったそうです。
どうやって業者は「穴があいている」と判断したのかは分からないけど、
そういえば「あの家は夏になると居間でアンモニアっぽいニオイがするなぁ・・・」と家族の間で話題になっていたから、もしかしたらその原因はトイレパイプにあいた穴かもしれないです。

最初に一階のトイレで詰まり症状が出たから、地面付近のパイプおそらく地中部分で穴があいているものと思われます。だから急激な激しいニオイではなく、夏になると地中の温度が上昇して、それとともにあのニオイも蒸気となってさまよい出てくるでしょう。

以前から掃除で床下を覗くたびに、なーんか湿っているムードが漂っていました。
それにカビのニオイがしていました。関西にある私の自宅は築20年をもうすぐ迎えるけど、湿っぽくもないしカビ臭くもないのに。。

この違いは、きっとトイレパイプにあいた穴から床下全体を湿っぽくさせるだけの水分が
毎日供給されているからだろうし、その水分にはオシッコや固形物から抽出された「栄養分」がたくさん含まれているだろうから、床下のカビ菌を期待以上に増殖させた結果なのかもです。

だとしたら、やっぱりリフォームを急がねば!
結局、このように、親から相続した家が古いとリフォームするか大規模修繕が必要になるから「お金」がかかるのです。腕に覚えがあるならば自分でリフォームする「リタイア後の楽しみ」にもなりますが、残念ながら私の子は、私の腕前を信頼してくれません。おそらくリフォーム費用は1000万円に上るでしょう。

これを防ぐために簡単に思いつく「いっそ家を売ってしまえー!」の解決策は、かなりの税金がかかることが相続後にネットで調べて初めてわかりました。

親が住んでいた家は、昔に親父が50万円で買いました。それが今では路線価で1800万円しますから売った場合50万円の「仕入れ」で1800万円の「売り上げ」以上になるため、仮にその額で売ったとしたら「儲け」は1750万円出たことになり、1750万円の20%の350万円が税金でお上に持っていかれるのです。

ちなみに関西の私の自宅は5000万円で買ったものが今では2500万円に「損」しているので売っても税金がかかりません。このような理由で古家を売るのはお金「税金」がかかるんです。

その他に家を持っていると、固定資産税が私の場合は年に約7万円かかり、火災保険が3万円かかるので、年間10万円が毎年安定的な経費としてかかります。

お金の他にも、庭に勝手に生える雑草を刈るのもけっこうたいへんな労力。まあ不動産を相続するよりお金を相続した方が、それを元手に株式取引で増やすなどの「運用」ができます(私の場合はちょっとだけ相続したお金を株の資金にあてて少しは増やせています)から、お金の相続の方が「ラク」なことは間違いないです。

でも、子どもが一人で部屋を借りて東京にずっと住む場合には、
月に家賃8万円ぐらいのUR住宅の場合でも40年間借り続けたら3840万円かかります。

一方、1000万円かけてリフォームして、年間10万円の固定資産税と火災保険料を40年間払い続けたとしても、合計で1400万円ですから、やっぱり苦労はするけど部屋を借りる場合と比べたら、相続した家を活用する方がまだ安上がりになることも間違いなさそうです。

その費用1400万円、は私の子が低金利時代の今の時期にローンで借りるとする意見が、我が家では「そうあるべき」と妻は主張しています。

ただ私の意見はちょっと違って・・・
「俺が1400万円の費用を出すから、それで大きく減ってしまう私の老後の余裕資金を、子どもが代わりに貯めて欲しい!」と言っているのですが、これがなかなか真意が伝わりません。
子は「自分が貯めたお金がお父さんが死ぬまで使えないのは嫌だ」と言います。

私がそうしたい理由は・・・
余裕資金は多分大部分が使われずに残るだろうから、私が死んだ後にそれを子が相続するより、最初から子名義の貯金だったならば、相続手続きが要らないし、相続税がかかる心配も解決できるじゃないか!ということなのです。おまけにいかに低金利と言ってもローンを組むのは金利を払う「もったいなさ」がつきまといます。

なかなかそれが理解されません。
どうも子どもは自分のお金でお父さんに口出しされずに好き勝手にリフォームしたいようで、妻は「子が住む家に親がお金出したら、いつまで経っても自立しないじゃない!」と言っています。

そんなこんなで、
家を相続して引き継ぐことは、毎日考えることができることになります。


Sponsored Link


タグ:家を相続
posted by 大庭夏男 at 11:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | リタイア後のお金のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする